発達障害支援のための脳解剖ポイント整理ノート

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2014-05-30
分野: 臨床医学:内科  >  小児科学一般
ISBN: 9784787821003
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,960 円(税込)

商品紹介

発達障害の原因である脳機能障害をしっかりと理解し,発達障害児(者)を支援するための知識が身につく,ノート形式でポイントをおさえたユニークな構成.ヒトの脳の発生からはじまり,発達とはなにか,発達障害とはなにか,発達の適切な評価手順と方法,具体的な検査法,発達障害の子どもを支えるために必要なリハビリテーション,関連する脳解剖の基礎知識,そして,成人期に向かって気をつけるべき疾患を解説する.

目次

  • 発達障害支援のための脳解剖ポイント整理ノート

    ―目次―

    第1章 発達の評価手順と発達障害
     A 発生とは
     B 発達とは
     C 発達は進化の過程
     D 反射の発達
     E 発達障害の考え方
     F 発達障害とは
     
    第2章 発達の検査
     A 小児基本動作スケール(ABMS-C)
     B 小児基本動作スケール・タイプT(ABMS-CT)
     C 新版K式発達検査
     D DENVERII(デンバー発達判定法)
     E 乳幼児発達スケール(KIDS)
     F フロスティッグ視知覚発達検査
     G 田中ビネー式知能検査
     H WISC-?知能検査
     I DN-CAS
     J K-ABC-II
     K ASQ-3
     L M-CHAT

    第3章 発達障害の子どもを支えるリハビリテーション
     A 発達を支えるリハビリテーションの基本ルール
     B 発達を支えるリハビリテーションピラミッド
       (年齢ごとの対応)
     C 発達を支えるリハビリテーションの具体的方法
     D 上手な療育者と下手な療育者
     E 発達障害の8つの症状と対応法の実際
     
    第4章 理解しておくべき脳解剖
     A 中枢神経系の構造
     B 大脳の構造
     C Brodmannの領域
     D 前頭葉
     E 頭頂葉
     F 後頭葉
     G 側頭葉
     H 交連,大脳辺縁系
     I 視床,視床下部,下垂体
     J 大脳基底核
     K 脳
     L 脳幹
     M 脳神経系
     N 小児の頭蓋の特徴
     O 脳を包む3枚の膜
     P 脳脊髄液の循環
     Q 脳血管
     
    第5章 学んでおくべき疾患
     A 頭部外傷・脳外傷の特徴
     B 脳血管障害
     C 新生児頭蓋内出血
     D 低酸素虚血性脳症(HIE)
     E 脳室周囲白質軟化症(PVL)
     F 急性脳炎
     G 急性脳症
     H 水頭症
     I 脳腫瘍
     J 脳性麻痺
     K 二分脊椎

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...