環境と健康 27/2 2014年 SUMMER

出版社: 共和書院
発行日: 2014-06-01
分野: 衛生・公衆衛生  >  雑誌
ISSN: 18804055
雑誌名:
特集: 1.予見と思い誤り―人間の経験のあり方 2.福島原発事故後の状況とその対応
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

815 円(税込)

目次

  • 環境と健康 27/2 2014年 SUMMER

    ―目次―

    特集1 予見と思い誤り―人間の経験のあり方
    特集2 福島原発事故後の状況とその対応

    特集1 予見と思い誤り―人間の経験のあり方
     特集1「予見と思い誤り―人間の経験のあり方」にあたって
     予見と当て外れ?食文化一般から、また特に「豆腐」という
      現象から考察した場合
     化学実験の当て外れと新発見 
     医学の祖ヒッポクラテスと患者の予後の洞察
     都市計画と当て外れ
      ―京都が焼けている、ベネチアが沈みかけている

    特集2 福島原発事故後の状況とその対応
     特集2「福島原発事故後の状況とその対応」にあたって
     東電福島第一原発事故後の状況と対応について
     福島事故後の世論の動向 
     福島原発事故後の放射線に関すリスクコミュニケーション活動

    いのちの科学プロジェクトシリーズ
    テーマ:共に生きる
    (40)ホウ素中性子補足療法 

    連載講座
    統合医療:一人ひとりに合った医療を目指して(4)
    漢字の散歩道(7)殷代の疾病 
    和の風土と食(1) おいしさ感性でいただく

    コラム
    加齢による音感の変化 

    随想
    大旱魃のカリフォルニアで

    サロン談義
    サロン談義12 現在の教育問題を考える(2)
     コメント2:集団指導と個性重視の必要性 
     コメント3:教員の仕事とそれを可能にする能力の育成
     コメント4:キャリア教員の課題と展望

    Books 談義
    Books 談義(18) 人と食と自然シリーズ(4)
     大泉 肇編著
     「食べものとくすり?食の薬効を探る?」をめぐって(1)
     コメント1(内容紹介を兼ねて):
      多様化する栄養摂取の手段として食の薬理的効能を考える

    ほか

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...