分子消化器病 11/2 2014年6月号

出版社: 先端医学社
発行日: 2014-06-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 1348995X
雑誌名:
特集: 消化器疾患と網羅的遺伝子解析
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,484 円(税込)

目次

  • 分子消化器病 11/2 2014年6月号

    ―目次―

    特集 消化器疾患と網羅的遺伝子解析

    Overview
    胃癌におけるゲノム網羅的な解析から何が明らかになったか
    大腸癌の網羅的遺伝子解析は何を教えてくれるか
    肝細胞がんの網羅的遺伝子解析によるHBV,HCV発がんの特徴は
    膵癌の網羅的遺伝子解析の最近の研究で何が明らかになったか
    胆道系疾患の遺伝子多型解析で何が明らかとなったか
    消化器癌のエピジェネティクスの網羅的解析はどこまで進んだか
    遺伝子多型解析は消化器疾患診療に何をもたらしたか
    疾患の腸内マイクロバイオーム解析
      
    □連載
    ■海外ラボ紹介 
      第6回  Targanラボ(Stephan R. Targan,M. D.)
     
    ■新しい消化器疾患動物モデル
      第14回分子標的治療モデル動物: 
      遺伝子改変モデルおよび化学物質誘発モデルを用いた
       大腸癌標的分子の解析 
       
    ■シグナル伝達を理解するために必要な知識 第42回
      インフラマソーム
      シグナロソームとシグナル伝達

    ■アレルギーにかかわる分子と細胞を勉強してみよう!第2回
      フィラグリン(filaggrin)

    ■海外論文解説―World Wide Topics― 第42回
      癌抑制蛋白質PTENはエキソソームによってドナー細胞から
       運搬されレシピエント細胞でホスファターゼ活性を発揮する
       分泌型PTEN蛋白質はレシエント細胞に取り込まれ
       PI3Kシグナルを抑制し抗腫瘍活性を発揮する 

    ■日本人のヒット作品 第30回
      クロマチンリモデリング因子Brg1は
      IPMNおよびIPMN由来膵臓癌の形成を抑制する 

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...