専門医のための眼科診療クオリファイ 22 弱視・斜視診療のスタンダード

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2014-06-19
分野: 臨床医学:外科  >  眼科学
ISBN: 9784521739199
シリーズ: 専門医のための眼科診療クオリファイ
電子書籍版: 2014-06-19 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

15,400 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

15,400 円(税込)

商品紹介

斜視と弱視について、分類・診断、検査法、治療を、最新知見を踏まえて理論から実践までていねいに解説した。微小斜視、立体視、コントラスト感度の視力の理論に加えて、3歳児健診の有効性など「エビデンスの扉」も盛り込んだ。

目次

  • 専門医のための眼科診療クオリファイ 22
    弱視・斜視診療のスタンダード

    ―目次―

    1.弱視・斜視の基礎
    2.弱視の分類、検査、治療
    3.斜視の分類、検査
    4.斜視手術の基本手技
    5.水平斜視、上下斜視の治療とその適応
    6.麻痺性斜視、特殊な斜視の治療

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1 弱視・斜視の基礎

P.2 掲載の参考文献
P.7 掲載の参考文献
1 Helveston EM : Surgical management of strabismus. 5th ed. Oostende : Wayenborgh Publishing ; 2005. p.15-53.
3 丸尾敏夫ら : 斜視と眼球運動異常. 東京 : 文光堂 ; 2002. p.266.
i Wright KW : Surgical Anatomy. Color Atlas of Strabismus Surgery. 3rd ed. New York : Springer Science+Business Media, LLC ; 2007. p.91-101.
ii 林孝雄 : 外眼筋の解剖. 眼科臨床に必要な解剖生理. 東京 : 文光堂 ; 2005. p.38-44.
P.15 掲載の参考文献
P.25 掲載の参考文献
2 Demer JL, et al : Evidence for fibromuscular pulleys of the recti extraocular muscles. Invest Ophthalmol Vis Sci 1995 ; 36 : 1125-1136.
3 Demer JL, et al : Evidence for active control of rectus extraocular muscle pulleys. Invest Ophthalmol Vis Sci 2000 ; 41 : 1280-1290.
4 Kono R, et al : Quantitative analysis of the structure of the human extraocular muscle pulley system. Invest Ophthalmol Vis Sci 2002 ; 43 : 2923-2932.
6 Kono R, et al : Active pulleys : magnetic resonance imaging of rectus muscle paths in tertiary gaze. Invest Ophthalmol Vis Sci 2001 ; 43 : 2179-2188.
P.29 掲載の参考文献
i 内海隆 : 輻湊・開散と調節, AC/A 比. 丸尾敏夫編. 視能矯正学 改訂第3版. 東京 : 金原出版 ; 2012. p.159-171.
ii 不二門尚 : III 両眼視機能と眼球運動. 輻湊・開散と屈折, 調節, AC/A比. 丸尾敏夫編. 視能学 増補版. 東京 : 文光堂 ; 2006. p.166-175.
iii 西本浩之 : 輻湊, 開散, 近見反応の障害. 若倉雅登編. 神経眼科外来. 東京 : メジカルビュー社 ; 1999. p.232-234.
iv 長谷部聡 : 輻湊. 山本節編. 視能矯正学用語解説辞典. 東京 : メディカル葵出版 ; 2010. p.201-202.
P.35 掲載の参考文献
2 『3DC安全ガイドライン』 http://www.3dc.gr.jp/jp/scmt_wg_rep/guide_index.html
3 松下賢治ら : 融像性輻輳と調節の関係 プリズム負荷試験による検討. 視覚の科学 1997 ; 18 ; 80-83.
P.38 掲載の参考文献
1 不二門尚 : AC/A比. 丸尾敏夫ら編. 視能学 第2版. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.190-192.
2 内海隆 : AC/A比. 丸尾敏夫編. 視能矯正学 改訂第3版. 東京 : 金原出版 ; 2012. p.167-171.
3 内海隆ら : 小児における二重焦点レンズの適応とその評価. 眼科臨床医報 1989 ; 83 : 614-622.
4 濱村美恵子ら : 調節性内斜視におけるAC/A比とその臨床的意義. 眼科臨床医報 1993 ; 87 : 1350-1353.
5 澤田園ら : 初診時眼位からみた高度遠視における眼位変動の検討. 眼科臨床紀要 2012 ; 5 : 158-162.
6 加藤和男 : 調節性内斜視の診断, 殊に検査法. 眼科 1990 ; 37 : 775-780.
P.41 掲載の参考文献
P.47 掲載の参考文献
1 粟屋 忍 : 乳幼児の視力発達と弱視. 眼科臨床医報 1985 ; 79 : 1821-1826.
2 大山信郎 : 乳幼児の視力. 日本眼科学会雑誌 1950 ; 54 : 104-107.
3 勝海修ら : Visual hand displayによる生後6か月までの視力発達の測定. 臨床眼科 2008 ; 62 : 1451-1456.
7 湖崎克ら : 幼稚園児の視力について. 臨床眼科 1966 ; 20 : 661-666.
P.50 掲載の参考文献
1 田淵昭雄 : 両眼視機能の発達. 大月洋編. すぐに役立つ眼科診療の知識 : 両眼視. 東京 : 金原出版 ; 2007. p.3-7.
2 矢ヶ崎悌司 : 眼位異常と両眼視. 大月洋編. すぐに役立つ眼科診療の知識 : 両眼視. 東京 : 金原出版 ; 2007. p.101-105.
3 Birch EE : Stereopsis in infants and its developmental relationship to visual acuity. In : Simon K, editor. Early visual development, normal and abnormal. New York : Oxford University Press ; 1993. p.224-236.
7 Kumagami T, et al : Effect of onset age of strabismus on the binocular responses of neurons in the monkey visual cortex. Invest Ophthalmol Vis Sci 2000 ; 41 : 948-954.
8 Mori T, et al : Effects of the duration of early strabismus on the binocular responses of neurons in the monkey visual cortex (V1). Invest Ophthalmol Vis Sci 2002 ; 43 : 1262-1269.

2 弱視の分類, 検査, 治療

P.54 掲載の参考文献
P.58 掲載の参考文献
P.62 掲載の参考文献
1 関谷善文 : 屈折検査・視力検査. 樋田哲夫編. 眼科プラクティス 20 小児眼科診療. 東京 : 文光堂 ; 2008. p.34-39.
2 仁科幸子 : 検影法, 小児の屈折検査のコツ. 坪田一男編. 眼科プラクティス 9 屈折矯正完全版. 東京 : 文光堂 ; 2006. p.25-26.
3 仁科幸子 : 小児眼科検査のポイント, 検査一般. 樋田哲夫編. 眼科プラクティス 20 小児眼科診療. 東京 : 文光堂 ; 2008. p.28-33.
4 三宅三平 : 視力検査. 丸尾敏夫編. 眼科診療プラクティス 27 小児視力障害の診療. 東京 : 文光堂 ; 1997. p.20-29.
5 調廣子 : 乳幼児の視力検査. 日本視能訓練士協会誌 2006 ; 35 : 1-7.
6 植村恭夫 : 視力検査. 弱視の診断と治療. 東京 : 金原出版 ; 1997. p.9-19.
P.70 掲載の参考文献
P.73 掲載の参考文献
P.77 掲載の参考文献
1 佐藤美保 : 学童期における眼科学校医の斜視, 弱視治療. 日本の眼科 2010 ; 81 : 217-220.
2 宮田学ら : 成人弱視治療の可能性. II. 弱視治療. 眼科 2010 ; 52 : 196-202.
3 内海隆 : 多施設共同研究PEDIG における片眼弱視治療の紹介と私見. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 954-959.
5 野邊由美子ら : 小児に対するアトロピンの調節麻痺作用の検討. 日本眼科紀要 1988 ; 39 : 1201-1205.
6 百々令巳子ら : 微小角斜視の臨床像. 眼科臨床医報 1996 ; 90 : 1208-1212.
7 湖崎克ら : 小児視覚発達と可塑性. 神経進歩 1978 ; 22 : 1001-1014.
8 飯田朋美ら : 不同視のアトロピン点眼治療における近見訓練の重要性. 眼科臨床紀要 2012 ; 5 : 134-137.
P.82 掲載の参考文献
3 杉浦寅男 : 三歳児眼科健康診査調査報告 (IV) 平成20年度. 日本の眼科 2010 ; 81 : 311-313.
4 中村桂子ら : 三歳児眼科検診の現状. 日本視能訓練士協会によるアンケート調査結果. 眼科臨床医報 2007 ; 101 : 85-90.
5 山田昌和 : 弱視スクリーニングのエビデンス. あたらしい眼科 2010 ; 27 : 1635-1639.

3 斜視の分類, 検査

P.86 掲載の参考文献
2 Crone RA : Fixation disparity. In : Diplopia. Amsterdam : Excerpta Medica ; 1973. p.81-86.
3 Steffen H, et al : Heterotropie. In : Kaufmann H, et al, editors. Strabismus 4. Auflage. Stuttgart : Thieme Verlag ; 2012. p.221-261.
4 Lang J : Stellungsfehler und konkomitierende Schielformen. In : Strabismus : Diagnostik Schielformen Therapie. 5. Auflage. Bern : Hans Huber Verlag ; 2003. p.119-174.
5 大月洋 : 代償不全性のstrabismus surusoadductorius. 上下斜視・眼筋麻痺の治療. 東京 : 金原出版 ; 1994. p.119-123.
P.95 掲載の参考文献
9 Jacobson LK, et al : Periventricular leukomalacia : an important cause of visual and ocular motility dysfunction in children. Surv Ophthalmol 2000 ; 45 : 1-13.
10 Matsuo T, et al : Heredity versus abnormalities in pregnancy and delivery as risk factors for different types of comitant strabismus. J Pediatr Ophthalmol Strabismus 2001 ; 38 : 78-82.
P.99 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献
1 von Noorden GK : Binocular Vision and Ocular Motility : Theory and Management of Strabismus. 5th ed. St.Louis : CV Mosby ; 2002.
P.109 掲載の参考文献
i Julesz B : Foundations of Cyclopean Perception. Chicago : The University of Chicago Press ; 1971.
vi 増田麗子ら : 遠視性不同視症例に於ける不等像視の測定. 日本視能訓練士協会誌 2007 ; 36 : 37-43.
vii 阿部遥佳ら : Frisby StereotestとTitmus StereoTestとの比較. 眼科臨床紀要 2009 ; 2 : 143-148.
viii Herzau V, et al : Examination of stereoscopic vision with the phase-difference haloscope. Klin Monbl Augenheilkd 1975 ; 167 : 413-420.
xii 勝海修ら : 小児におけるPencil-in-hole法による立体視機能の評価. 第67回日本臨床眼科学会. 2013 ; 東京.
P.122 掲載の参考文献
1 von Noorden GK, et al : Examination of the patient-III sensory signs, symptoms, and binocular adaptations in strabismus. Binocular Vision and Ocular Motility : Theory and Management of Strabismus. 6th ed. St. Louis : Mosby ; 2002. p.211-245.
2 赤津史郎 : 網膜対応 : その理論と実際. 間歇性外斜視における二重対応と正常対応の比較. 日本視能訓練士協会誌 1992 ; 20 : 84-90.
P.130 掲載の参考文献
i 向野和雄ら : 視野, 眼位, 眼球運動, 両眼視の検査. Clinical Neuroscience 2004 ; 22 : 1407-1411.
ii Leigh RJ, et al : The Neurology of Eye Movements. 4nd ed. New York : Oxford University Press ; 2006.
P.139 掲載の参考文献
P.142 掲載の参考文献
i Miller JM : Orbit(TM) 1.8 Gaze Mechanics Simulation User's Manual. 1st edition. San Francisco : Eidactics ; 1999.

4 斜視手術の基本手技

P.146 掲載の参考文献
i Wrigh KW (江本有子ら訳) : 補遺 III 手術器具. 斜視手術カラーアトラス. 東京 : シュプリンガー・ジャパン ; 2009. p.185-186.
ii Ferris JD, et al (佐藤美保監訳) : 第1章 手術の器具と糸. 動画でわかる斜視の手術. 東京 : 中山書店 ; 2010. p.3-11.
P.161 掲載の参考文献
1 Wrigh KW (江本有子ら訳) : 第11章 直筋後転術, 第14章 直筋tightening法. 斜視手術カラーアトラス. 東京 : シュプリンガー・ジャパン ; 2009. p.85-96, p.155-120.
2 Ferris JD, et al (佐藤美保監訳) : 第3章 強膜に固定する直筋後転術, 第4章 固定する直筋短縮術. 動画でわかる斜視の手術. 東京 : 中山書店 ; 2010. p.25-35.
P.164 掲載の参考文献
1 Wright KW (江本有子ら訳) : 第17章 下斜筋弱化術, 第18章 上斜筋腱tightening法, 第19章 上斜筋腱弱化術. 斜視手術カラーアトラス. 東京 : シュプリンガー・ジャパン ; 2009. p.131-142, p.143-153, p.155-162.
2 Ferris JD, et al (佐藤美保監訳) : 第9章 下斜筋手術, 第10章 上斜筋手術. 動画でわかる斜視の手術. 東京 : 中山書店 ; 2010. p.71-77, p.79-92.

5 水平斜視, 上下斜視の治療とその適応

P.168 掲載の参考文献
2 丸尾敏夫 : 長期予後からみた小児の斜視手術. 眼科臨床医報 1999 ; 93 : 422-430.
7 坂井栄一ら : 眼科医のための先端医療. 視覚中枢の発達からみた乳児内斜視のマネージメント. あたらしい眼科 2003 ; 20 : 1405-1407.
8 Ing MR : Early surgical alignment for congenital esotropia. J Pediatr Ophthalmol Strabismus 1983 ; 20 : 11-18.
9 Zak TA, et al : Early surgery for infantile esotropia : results and influence of age upon results. Can J Ophthalmol 1982 ; 17 : 213-218.
12 二宮悦子ら : 乳児内斜視における術後屈折異常の眼位への影響. 臨床眼科 2006 ; 60 : 1189-1192.
P.175 掲載の参考文献
2 中川喬 : 調節性内斜視の治療と管理. 眼科Mook No.31 視能矯正. 東京 : 金原出版 ; 1987. p.187-192.
3 矢ヶ崎悌司 : 内斜視の長期予後. 眼科臨床医報 1999 ; 93 : 734-741.
5 村木早苗 : 調節性内斜視の治療-滋賀医大の症例から. 眼科臨床紀要 2010 ; 3 : 33-39.
6 Wilson ME, et al : Binocularity in accommodative esotropia. J Pediatr Ophthalmol Strabismus 1993 ; 30 : 233-236.
8 久保田伸枝 : 調節性内斜視の治療および長期予後. 眼科 1990 ; 32 : 781-785.
9 早川友恵ら : 部分調節性内斜視の長期管理方法について. 弱視斜視学会雑誌 1992 ; 19 : 288-292.
P.178 掲載の参考文献
1 von Noorden GK : Binocular vision and ocular motility. In : von Noorden GK editor. Esodeviations. 4th ed. St. Louis : CV Mosby ; 1990. p.305-315.
2 矢ヶ崎悌司 : 後天内斜視の管理. 日本の眼科 2007 ; 78 : 1725-1730.
5 荒井元美 : 眼球の輻輳麻痺と開散麻痺. 神経内科 2009 ; 70 : 8-12.
P.185 掲載の参考文献
1 von Noorden GK : Principles of surgical treatment. In : Binocular vision and ocular motility. 4th ed. St. Louis : CV Mosby ; 1990. p.479.
2 Duke-Elder S, et al : Treatment. In : System of Ophthalmology Vol VII. Ocular Motility and Strabismus. St. Louis : CV Mosby ; 1990. p.323-325.
4 初川嘉一ら : 小児の間欠性外斜視に対する後転短縮術の治療成績 : 多施設研究. 日本眼科学会雑誌 2011 ; 115 : 440-446.
6 初川嘉一 : 本音で語ろう間欠性外斜視. 日本視能訓練士協会誌 2010 ; 39 : 29-33.
7 初川嘉一 : 間欠性外斜視に対するFaden手術の治療成績. 眼科臨床紀要 2008 ; 1 : 51-55.
8 Parks MM : Concomitant exodeviations. In : Duane TD, editor. Clinical Ophthalmology. Philadelphia : Lippincott ; 1988.
10 Romano P, et al : World-wide surveys of current management of intermittent exotropia by MD strabologists. Binocular Vision & Eye Muscle Surgery Qtrly 1993 ; 8 : 167-176.
11 小田早苗ら : 外斜視の再手術効果の検討. 眼科臨床医報 2005 ; 99 : 316-319.
14 梶田雅義 : 両眼視を考慮した光学的治療のコツ b. コンタクトレンズ. 大月洋編. すぐに役立つ眼科診療の知識 両眼視. 東京 : 金原出版 ; 2007. p.156-159.
P.193 掲載の参考文献
ii 枩田亨二ら : 外斜視手術の効果について手術年齢と術後のもどりに関する統計学的検討. 日本眼科紀要 1984 ; 35 : 690-696.
iv 笠原史絵ら : 間欠性外斜視術後の遠見立体視の長期予後. 眼科臨床医報 2005 ; 99 : 246-249.
P.197 掲載の参考文献
P.200 掲載の参考文献
1 丸尾敏之ら : 診療所での日帰り斜視手術. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 151-156.
2 Bradbury JA, et al : Secondary exotropia. J Pediatr Ophthalmol Strabismus 1993 ; 30 : 163-166.
3 丸尾敏之ら : 晩期続発外斜視とその手術. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 335-339.
4 丸尾敏之ら : 感覚性斜視とその手術. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 226-230.
5 丸尾敏夫 : 眼科プラクティス 29 これでいいのだ斜視診療. 東京 : 文光堂 ; 2009.
6 丸尾敏之ら : 斜視手術患者の複視と両眼視機能. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 1043-1047.
7 丸尾敏之ら : 成人斜視手術2,000例の種類と両眼視機能. 眼科臨床紀要 2014 ; 7 : 337-342.
8 丸尾敏夫 : 斜視 患者の気持ち・医者の気持ち. 日本視能訓練士協会誌 2011 ; 39 : 9-19.
P.203 掲載の参考文献
1 Jampolsky A : Bilateral anomalies of the oblique muscles. Trans Am Acad 1957 ; 61 : 689-698.
2 von Noorden GK : Binocular Vision and Ocular Motility-Theory and Management of Strabismus. 6th. St. Louis : Mosby ; 2002.
3 田中靖彦 : A-V現象に対する手術の長期予後について. 眼科臨床医報 1976 ; 70 : 1216-1227.
4 杉田潤太郎ら : V型外斜視における両側下斜筋Myectomyの効果. 眼科臨床医報 1978 ; 72 : 1369-1374.
5 坂上達志ら : 下斜筋過動を伴うV型外斜視の手術の量定について. 臨床眼科 1982 ; 36 : 945-950.
P.210 掲載の参考文献
P.217 掲載の参考文献
1 林孝雄 : 交代性上斜位. 丸尾敏夫ら編. 視能学 第2版. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.362-364.
2 大庭正裕 : 交代性上斜位 (DVD). 丸尾敏夫ら編. 眼科プラクティス 29 これでいいのだ斜視診療. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.136-142.
3 久保田伸枝 : 交代性上斜位手術方法と量定. 眼科 1981 ; 23 : 665-669.
4 岩重博康 : 交代性上斜位の治療. 眼科臨床医報 1993 ; 87 : 1111-1118.
5 佐藤美保ら : 下斜筋前方移動術の長期経過. 眼科臨床医報 1997 ; 91 : 191-195.
6 矢ヶ崎悌司ら : 下斜筋前方移動術の適応と手術効果に関する検討. 眼科臨床医報 2000 ; 94 : 666-670.
P.220 掲載の参考文献
1 von Noorden GK, et al : Cyclovertical deviations. In : Binocular Vision and Ocular Motility : Theory and Management of Strabismus. 6th ed. St. Louis : Mosby ; 2002. p.211-245.
3 Wilson ME, et al : Dissociated horizontal deviation. J Pediatr Ophthalmol Strabismus 1991 ; 28 : 90-95.
4 矢ヶ崎悌司ら : 斜視の常識と非常識 斜視手術. あたらしい眼科. 1995 ; 12 : 403-413.
6 Romero-Apis D, et al : Dissociated horizontal deviation : clinical findings and surgical results in 20 patients. Binocular Vision 1992 ; 7 : 135-138.

6 麻痺性斜視, 特殊な斜視の治療

P.224 掲載の参考文献
1 牧野伸二 : プリズム治療. 眼科 2000 ; 52 : 863-869.
2 鈴木利根ら : 種々の部分遮蔽を併用した眼筋麻痺の光学的治療. 神経眼科 2012 ; 29 : 270-275.
3 三宅三平 : 両眼視を考慮した光学的治療のコツ c. プリズム治療. 大月洋編. すぐに役立つ眼科診療の知識 両眼視. 東京 : 金原出版 ; 2007. p.160-164.
4 木村理恵ら : 複視に対するプリズム治療と多様な部分遮閉法との組み合わせ. 臨床眼科 2012 ; 66 : 1677-1681.
5 鈴木利根ら : 眼球運動障害者のロービジョンケア. あたらしい眼科 2013 ; 30 : 465-470.
P.228 掲載の参考文献
1 Ferris JD, et al : Surgical techniques in ophthalmology series : Strabismus Surgery. Philadelphia : Elsevier ; 2007.
2 木村亜紀子 : 複視の手術治療. あたらしい眼科 2010 ; 27 : 889-896.
3 木村亜紀子 : 回旋斜視に対する手術戦略. 眼科臨床医報 2004 ; 98 : 218-222.
4 周允元ら : 動眼神経麻痺による麻痺性斜視手術の検討. 眼科臨床医報 2005 ; 99 : 19-21.
5 石倉涼子ら : 動眼神経麻痺による上斜視に用いた水平筋全幅移動術. 眼科臨床紀要 2011 ; 4 : 165-168.
6 増谷洋子ら : 上下直筋全幅移動術が奏効した動眼神経不全麻痺の1例. 臨床眼科 2012 ; 66 : 987-990.
P.235 掲載の参考文献
1 中馬秀樹 : 脳神経の走行 (III~VII). 大鹿哲郎ら編. 眼科プラクティス 6 眼科臨床に必要な解剖生理. 東京 : 文光堂 ; 2005. p.280-292.
2 江本博文ら : 脳神経疾患と斜視. 丸尾敏夫ら編. 眼科プラクティス 29 これでいいのだ斜視診療. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.170-175.
3 坂上達志 : 核および核下性眼球運動障害 (麻痺性斜視). 大鹿哲郎編. 眼科学 第2版. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.838-846.
4 丸尾敏夫ら : 麻痺性斜視の手術. 斜視と眼球運動異常. 東京 : 文光堂 ; 2002. p.307-336.
5 岡本真奈ら : 代償不全上斜筋麻痺と後天滑車神経麻痺の手術術式の比較. 眼科臨床紀要 2012 ; 5 : 55-58.
6 林孝雄 : 麻痺性斜視の一般的手術法. 眼科臨床紀要 2012 ; 5 : 33-37.
P.247 掲載の参考文献
P.250 掲載の参考文献
P.253 掲載の参考文献
1 Duane A : Congenital deficiency of abduction, associated with impairment of adduction, retraction movements, contraction of the palpebral fissure and oblique movements of the eye. Arch Ophthalmol 1905 ; 34 : 133-159.
6 Traboulsi EI : Congenital abnormalities of cranial nerve development : Overview, molecular mechanisms, and further evidence of heterogeneity and complexity of syndromes with congenital limitation of eye movements. Trans Am Ophthalmol Soc 2004 ; 102 : 373-389.
7 Miyake N, et al : Human CHN1 mutations hyperactivate α2-chimaerin and cause Duane's retraction syndrome. Science 2008 ; 321 : 839-843.
8 Miller NR : Strabismus syndromes : The congenital cranial dysinnervation Disorders (CCDDs). In : Taylor D, et al editors. Pediatric Ophthalmology and Strabismus, 3rd Edition. Edinburgh : Elsevier Saunders ; 2005. p.933-941.
9 丸尾敏夫ら : 背理性神経支配. 斜視と眼球運動異常. 東京 : 文光堂 ; 2002. p.95-101.
10 Jampolsky A : Duane syndrome. In : Rosenbaum AL, et al, editors. Clinical Strabismus Management, principles and surgical techniques. Philadelphia : Saunders ; 1999. p.325-346.
P.263 掲載の参考文献
i 林孝雄 : 斜視特殊型. 眼科プラクティス 29 これでいいのだ斜視診療. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.122-135.
ii 牧野伸二 : 特殊な斜視. 専門医のための眼科診療クオリファイ 9 子どもの眼と疾患. 東京 : 中山書店 ; 2012. p.88-94.
v 矢ヶ崎悌司 : Brown 症候群. あたらしい眼科 2001 ; 18 : 1129-1135.
P.266 掲載の参考文献
1 Heuck G : Uber angeborenen vererbten Beweglichkeits-Defect der Augen. Klin Monatsbl Augenheilked 1879 ; 17 : 253-306.
2 Brown HW : Congenital structural anomalies. In : Allen JH, editor. Strabismus Ophthalmic Symposium 1. St Louis : CV Mosby ; 1950.
3 菅原美雪ら : General Fibrosis Syndromeの7例. 日本眼科学会雑誌 1982 ; 86 : 15-26.
4 馬嶋昭生 : 眼疾患の遺伝. 臨床遺伝学叢書 8. 眼疾患の遺伝. 東京 : 医学書院 ; 1977.
5 武田哲治ら : General fibrosis syndromeの1例. 日本眼科紀要 1977 ; 28 : 1475-1480.
6 久保田真吾ら : 上眼瞼にも線維化を認めたgeneral fibrosis syndromeの症例. 眼科臨床医報 1991 ; 85 : 94-98.
7 中島徹ら : Verga腔, 透明中隔腔嚢胞および巨大大槽とgeneral fibrosis syndrome. 日本眼科学会雑誌 1990 ; 94 : 537-543.
8 佐藤泰広ら : General fibrosis syndromeの1家系. 臨床眼科 1993 ; 47 : 1100-1101.
P.272 掲載の参考文献
1 三村治 : 重症筋無力症の診断. 三村治編 : 新臨床神経眼科学. 東京 : メディカル葵出版 ; 2001. p.149-151.
2 日本神経治療学会治療指針作成委員会 : 標準的神経治療 高齢発症重症筋無力症. 神経治療 2010 ; 27 : 239-254.
P.275 掲載の参考文献
1 三村治 : 外眼筋ミオパチー. 眼科 2012 ; 54 : 399-406.
2 大平明彦ら : 慢性進行性外眼筋麻痺と筋緊張性ジストロフィ各1例の外眼筋の臨床病理. 日本眼科学会雑誌 2012 ; 116 : 657-663.
P.278 掲載の参考文献

7 眼振の診断および治療

P.286 掲載の参考文献
i Liu GT, et al : Neuro-Ophthalmology : Diagnosis and Management. 2nd Edition. Philadelphia : Saunders ; 2010. p.587-610.
P.294 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...