小児の摂食嚥下リハビリテーション 第2版

出版社: 医歯薬出版
著者:
発行日: 2014-07-10
分野: 臨床医学:内科  >  小児科学一般
ISBN: 9784263444184
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,500 円(税込)

商品紹介

現場ですぐに役立つ基礎知識から実際の臨床までを,豊富な図表や写真,イラストでビジュアルに解説したベストセラー書の改訂版. 第2版では,最新の知見,機能障害のない小児や誤嚥性肺炎への対応の考え方などを盛り込み,小児の食の問題を総合的に解説しました.さらに地域医療への関わり方も解説を新たにし,現場の問題により迫った内容となっています.

目次

  • 小児の摂食嚥下リハビリテーション 第2版

    ―目次―

    I 基礎知識編
     1章 小児の摂食嚥下機能のしくみを理解しよう
         ─成人とどう違うのか
     2章 摂食嚥下機能はどのように発達するのか

    II 臨床編
     1章 疾病のある小児の摂食嚥下障害
     2章 小児の摂食嚥下機能の評価・検査・診断
     3章 小児の摂食嚥下リハビリテーションの基本
     4章 小児の口腔ケア
     5章 小児の摂食嚥下機能における栄養の考え方
     6章 小児の摂食嚥下障害と外科的対応
     7章 小児の摂食嚥下障害と看護の基本

    III 症例提示編
     1.新生児からの摂食嚥下リハビリテーション
     2.脳性麻痺を中心とした重症心身障害児の摂食嚥下障害
     3.染色体異常,奇形症候群と摂食嚥下障害
     4.筋ジストロフィー〈Duchenne(デュシャンヌ)型〉と
        摂食嚥下障害
     5.形態異常を伴う疾患と摂食嚥下障害
     6.知的障害(精神発達遅滞)を伴う摂食嚥下障害
     7.自閉症と摂食嚥下障害
     8.機能障害のない摂食嚥下障害─乳幼児摂食障害─
     9.呼吸障害を伴う摂食嚥下障害
     10.誤嚥性肺炎と摂食嚥下障害
     11.胃食道逆流を伴う摂食嚥下障害
     12.外科疾患(食道閉鎖症)と摂食嚥下障害
     13.薬剤と摂食嚥下障害

    IV チーム医療の実際
     1.チーム医療・連携医療を成功させるために
     2.医療の連携と役割の実際

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...