乳癌診療ポケットガイド 第2版

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,960 円(税込)

商品紹介

わが国における乳癌罹患率は増加の一途をたどり、女性の癌罹患率の第1位、死亡数は第5位である。治療としては手術のみならず、薬物療法が日進月歩であり、新薬の導入、国際的な新しい考え方、合意事項を適正に導入し、患者の人生を共に考えたうえで、患者に最大のベネフィットを提供することが求められている。乳癌診療に携わるすべての医療者に向けて、共通認識として必要十分な情報、知見をコンパクトにまとめた書。

目次

  • 乳癌診療ポケットガイド 第2版

    ―目次―

    I 乳癌の発生・進展

    II 疫学・予防
     A 罹患率・死亡率
     B リスクファクター
     C 検診

    III 診断
     A 診断総論
     B 診察
     C 画像診断
     D 細胞診・組織診
     E 病理組織診断

    IV 原発性乳癌の治療
     A 治療総論
     B 術前化学療法
     C 外科的治療
     D 乳房再建術
     E 放射線療法
     F 術後補助薬物療法
     G 妊娠・授乳期乳癌
     H 妊孕性保護の問題
     I 肝炎合併乳癌
     J 術後リハビリテーション・退院指導
     K リンパ浮腫
     L 術後フォローアップ

    V 転移再発乳癌の治療
     A 治療総論
     B 内分泌療法
     C 化学療法
     D 分子標的治療
     E 脳転移・癌性髄膜炎
     F 骨転移
     G 胸水貯留・肺転移
     H 肝転移
     I 皮膚転移

    VI oncologic emergency

    VII 緩和療法
     A 疼痛管理
     B オピオイドの使い方
     C その他の症状の管理

    VIII 薬物療法の副作用
     A 骨髄抑制
     B 悪心・嘔吐
     C 末梢神経障害
     D 口内炎
     E 脱毛
     F 手足症候群(hand-foot syndrome,HFS)
     G 便秘
     H 心毒性
     I 浮腫
     J 化学療法薬剤の減量基準

    IX 遺伝性乳癌

    X 予後予測因子・治療効果予測因子とテーラーメード治療
     A 予後予測因子と治療効果予測因子
     B 予後・治療効果予測ツール
     C 遺伝子発現解析を用いた予後因子

    XI 社会的サポート
     A キャンサーサバイバーシップの概念
     B 訪問看護
     C 社会資源

    XII 乳癌におけるチーム医療
     A 総論
     B 乳がん看護認定看護師
     C がん化学療法看護認定看護師
     D がん専門薬剤師
     E チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)
     F 臨床研究コーディネーター(CRC)
     G 精神的・心理的サポート
     
    付録
      毒性と抗癌剤投与遅延・減量基準/TNM分類

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...