新生児内分泌ハンドブック 改訂2版

出版社: メディカ出版
著者:
発行日: 2014-08-01
分野: 臨床医学:内科  >  周産期(新生児)
ISBN: 9784840449618
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,960 円(税込)

商品紹介

疾患に深く関与することが明らかになってきた新生児内分泌は、呼吸、循環、神経、栄養に続き、新生児の第5のテーマとなりつつある。本書では、新生児内分泌の基礎が学べ、また新生児管理の臨床で役立つように、この領域の第一人者が最新知識を盛り込み、丁寧に解説している。

目次

  • 新生児内分泌ハンドブック 改訂2版

    ―目次―

    【総 論】
    <1 内分泌臓器の発生と発育>
    ・胎内環境下での胎児内分泌系の特徴
    ・胎 盤
    ・下垂体
    ・甲状腺
    ・カテコラミン系
    ・副 腎
    ・膵 臓

    <2 新生児医療と内分泌疾患>
    ・内分泌機能について
    ・胎児・新生児の内分泌環境
    ・新生児内分泌疾患
    ・おわりに

    【各 論】
    <1 下垂体>
    ◆胎児・新生児の下垂体機能

    <2 副腎皮質>
    ◆新生児副腎皮質機能の評価方法
    ◆早産児晩期循環不全(早産児急性期離脱後循環不全)
    ◆先天性副腎過形成(CAH)の新生児期の診断・治療

    <3 甲状腺>
    ◆甲状腺ホルモン:マススクリーニングの問題点
    ◆ヨード過剰と甲状腺機能低下症
    ◆早産児の低サイロキシン血症

    <4 糖代謝>
    ◆新生児期の低血糖症
    ◆新生児糖尿病

    <5 電解質・カルシウム代謝>
    ◆水・電解質管理
    ◆呼吸器疾患と水・電解質管理
    ◆カルシウム代謝・骨代謝

    <6 性 腺>
    ◆外性器異常児の取り扱い(性の決定)

    <7 母体合併症>
    ◆内分泌疾患を有する母体が児に及ぼす影響

    <8 ステロイド療法>
    ◆早産児の急性期の低血圧に対するステロイド療法
    ◆新生児の呼吸器疾患に対するステロイド療法
    ◆慢性肺疾患に対するステロイド吸入療法
    ◆新生児呼吸器疾患に対するステロイドの作用機序
    ◆周産期のステロイド投与が児の副腎機能に及ぼす影響
    ◆母体ステロイド投与が児に及ぼす影響
    ◆新生児期のステロイド投与が児の発達予後に及ぼす影響

    <9 新生児内分泌と循環>
    ◆新生児内分泌と循環管理

    <10 新生児医療と成長ホルモン療法>
    ◆新生児科医が知っておくべき成長ホルモン療法の基礎知識

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...