臨床医のための胃がん病理アトラス

出版社: メディカルレビュー社
著者:
発行日: 2014-09-10
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784779213441
電子書籍版: 2014-09-10 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,970 円(税込)

商品紹介

学術誌『胃がんperspective』に連載された「専門医のためのアトラス」を加筆・修正のうえ合本。

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 目次
  • 執筆者一覧
  • 第1章 炎症と胃がん
  • H. Pylori感染・除菌と組織像
  • 胃癌と背景粘膜
  • 胃のさまざまな隆起性病変
  • 第2章 高分化腺癌
  • 胃腺腫と分化型癌
  • 高分化腺癌の異型度と臨床像
  • 胃癌と粘液形質 (1) 腸型胃癌
  • 胃癌と粘液形質 (2) 胃型胃癌
  • 第3章 低分化腺癌
  • 充実型低分化腺癌の臨床病理学的特徴
  • スキルス胃癌
  • 第4章 転移組織
  • 胃癌の組織型と特徴的な転移像
  • 胃癌原発巣と転移巣の病理像
  • 第5章 Group分類
  • Indefinite for neoplasia, Group 2 とは
  • Group 3 病変
  • 第6章 ESDと病理
  • 内視鏡所見, 生検とESD標本における診断の乖離
  • ESD病理診断 - 壁深達度, 脈管侵襲, 断端 -
  • 第7章 病理と化学療法
  • 胃癌とHER2
  • 術前化学療法と病理像
  • 第8章 その他の胃がん
  • EBV関連胃癌
  • 胃MALTリンパ腫
  • GISTを含む胃粘膜下腫瘍
  • AFP産生胃癌
  • 胃内分泌細胞癌
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 炎症と胃がん

P.11 掲載の参考文献
1) 西倉健, 渡辺英伸 : 潰瘍, 胃炎などで用いられる組織所見用語. 胃と腸 36 : 975-979, 2001
2) Genta RM, Lew GM, Graham DY : Changes in the gastric mucosa following eradication of Helicobacter pylori. Mod Pathol 6 : 281-289, 1993
3) 山下浩子, 渡辺英伸, 味岡洋一, ほか : H. pylori除菌による胃悪性リンパ腫の組織像の変化-low-grade胃MALTリンパ腫を中心に. 胃と腸 33 : 373-382, 1998
P.16 掲載の参考文献
P.21 掲載の参考文献
1) 藤盛孝博 : 消化管の病理学. 医学書院, 東京, 2004
2) 八尾隆史, 恒吉正澄 : 消化管全般にわたる疾患 D) 消化管ポリポーシス. 消化管病理標本の読み方改訂2版. 中村眞一 (編), 日本メディカルセンター, 東京, pp. 203-212, 2008
3) 和田了 : 専門医のためのアトラス Group III 病変. メディカルレビュー社, 東京, 胃がんperspective 2 : 258-260, 2009
5) 和田了, 阿部寛, 滝和博, ほか : 多発性胃粘膜下侵入腺管38例の病理組織学的検討. 癌の臨床 36 : 615-620, 1990
6) 和田了 : 残胃癌. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌. 文光堂, 東京, pp. 144-150, 2009

第2章 高分化腺癌

P.29 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約第14版. 金原出版, 東京, 2010
2) 滝澤登一郎 : 胃の病理形態学. 医学書院, 東京, 2003
3) Bosman T, Carnerio F, eds. : WHO classification of Tumours of the Digestive System. IARC Press, 2010
5) 九嶋亮治, 向所賢一, 馬場正道, ほか : 胃腺腫の病理診断. 特に胃型 (幽門腺型) 腺腫について. 胃と腸 38 : 1377-1387, 2003
P.33 掲載の参考文献
1) Nakamura K, Ueyama T, Yao T, et al : Pathology and prognosis of gastric carcinoma. Findings in 10,000 patients who underwent primary gastrectomy. Cancer 70 : 1030-1037, 1992
2) 山村義孝, 小寺泰弘, 紀藤毅 : 胃癌の組織型と臨床的特徴-転移浸潤形式と予後-. 癌の臨床 45 : 841-846, 1999
3) 廣田映五, 落合淳志, 尾田恭 : 胃癌の組織型と予後. 胃と腸 26 : 1149-1158, 1991
4) 渡辺英伸 : 胃癌・大腸癌の悪性度診断とは. 病理と臨床 23 : 932-943, 2005
7) 海崎泰治, 細川治, 宮永太門, ほか : 低異型度分化型胃癌の自然史. 胃と腸 45 : 1182-1191, 2010
8) 八尾隆史, 上山浩也, 九嶋亮治, ほか : 新しいタイプの胃癌-胃底腺型胃癌-臨床病理学的特徴と発育進展様式および悪性度. 胃と腸 45 : 1192-1202, 2010
9) 石橋英樹, 小林広幸, 堺勇二, ほか : 粘膜下腫瘍様の形態を呈した胃超高分化型腺癌の1例. 胃と腸 44 : 1466-1476, 2009
P.37 掲載の参考文献
1) 八尾隆史, 椛島章, 上月俊夫, ほか : 胃型分化型腺癌. 新しい抗体を用いた免疫染色による癌の形質判定. 胃と腸 34 : 477-485, 1999
3) 八尾隆史, 吉村大輔, 中村典資, ほか : 残胃癌の臨床病理学的特徴と組織発生. 胃と腸 39 : 997-1008, 2004
4) 伊藤栄作, 滝澤登一郎 : 分化型胃癌の悪性度-形質発現の点から. 胃と腸 38 : 701-706, 2003
P.45 掲載の参考文献

第3章 低分化腺癌

P.52 掲載の参考文献
P.57 掲載の参考文献
1) 緒方知三郎, 三田村篤志郎, 緒方富雄 : 病理學線論 下の巻. 南山堂, 東京, 1933
2) 中村恭一, 菅野晴夫, 杉山憲義, ほか : 胃硬癌の臨床的ならびに病理組織学的所見. 胃と腸 11 : 1275-1284, 1976
3) 喜納勇 : 胃スキルス-その発生と進展 胃癌の臨床 (城所仂監修). へるす出版, 東京, 1983
4) 吉井隆博 : スキルスの概念と組織発生. 胃と腸 11 : 1297-1305, 1976
5) 中村恭一, 菅野晴夫, 丸山雅一, ほか : Linitis plasticaの原発巣についての病理組織学的研究-胃底腺粘膜から発生した癌とlinitis plasticaとの関係-. 胃と腸 10 : 79-86, 1975
6) 中村恭一 : 胃癌の構造 第3版. 医学書院, 東京, 2005
7) 杉山憲義, 馬場保昌, 竹腰隆男, ほか : Linitis plastica状態の胃癌の臨床経過の検討-癌の発育曲線と臨床経過の比較検討-. 胃と腸 15 : 1153-1163, 1980
8) 三富弘之, 菊池史郎 : Linitis plastica型胃癌. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌 (深山正久, 大倉康男編), 文光堂, 東京, 2009

第4章 転移組織

P.64 掲載の参考文献
1) 中村恭一 : 胃癌の構造. 第3版. 医学書院, 東京, 2005
2) 廣田映伍, 落合淳志, 尾田 恭, ほか : 胃癌の組織型と予後. 胃と腸 26 : 1149-1158, 1991
3) 深山正久, 大倉康男 (編) : 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌. 文光堂, 東京, 2009
4) 河内洋, 滝澤登一郎, 堀口慎一郎, ほか : 胃乳頭状腺癌の悪性度と病理診断. 病理と臨床 23 : 960-965, 2005
P.65 掲載の参考文献
5) 原岡誠司, 池田圭祐, 田邉寛, ほか : カルチノイド・内分泌細胞癌-病理の立場から. 胃と腸 45 : 1894-1905, 2010
6) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約. 第14版. 金原出版, 東京, 2010
7) 岸本充 : 肝様腺癌-病理の立場から. 胃と腸 45 : 1935-1940, 2010
P.69 掲載の参考文献
1) 深山正久, 大倉康男 : 腫瘍病理鑑別診断アトラス胃癌. 文光堂, 東京, 2009
2) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約 : 第14版. 金原出版, 東京, 2010
3) 滝澤登一郎 : 胃の病理形態学. 医学書院, 東京, 2003

第5章 Group分類

P.83 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 (編) : 胃生検組織診断分類 (Group分類). 胃癌取扱い規約第14版, p. 26, 金原出版, 東京, 2010
2) 胃癌研究会 (編) : 胃生検組織診断基準 (Group分類). 外科・病理胃癌取扱い規約第8版, p. 74, 金原出版, 東京, 1971
3) 胃癌研究会 (編) : 胃生検組織診断基準 (Group分類). 胃癌取扱い規約第12版, p. 92, 金原出版, 東京, 1993
4) 大腸癌研究会 (編) : 大腸生検組織分類 (Group分類). 大腸癌取扱い規約第7版補訂版, pp. 65-66, 金原出版, 東京, 2009
7) 下田忠和, 二村聡, 関根茂樹, ほか : 胃癌の病理学的研究の進歩と臨床との接点. 胃と腸 38 : 43-56, 2003
8) 九嶋亮治, 松原亜季子, 谷口浩和, ほか : 低異型度分化型胃癌の病理学的特徴-腺腫との鑑別も含めて. 胃と腸 45 : 1086-1096, 2010
9) 遠藤泰志, 渡辺英伸, 本山悌一, ほか : 【胃癌-診断と治療の最先端】胃型・腸型腺癌の特性. 胃と腸 38 : 57-65, 2003.
10) 小田一郎, 後藤田卓志, 蓮池典明, ほか : 【胃型早期胃癌の病理学的特徴と臨床像 分化型癌を中心に】胃型分化型早期胃癌の内視鏡像. 胃と腸 38 : 684-692, 2003
11) 今井健一郎, 小野裕之, 角嶋直美, ほか : 低異型度分化型胃癌の内視鏡診断-通常内視鏡の立場から-. 胃と腸 45 : 1131-1144, 2010
P.86 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約 (第13版). 金原出版, 東京, pp. 92-93, 1999
2) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約 (第14版). 金原出版, 東京, pp. 66-68, 2010
4) 中山宏文, 安井弥 : 胃腺腫の病理診断-分子生物学的な解析. 胃と腸 38 : 1427-1431, 2003
5) 九嶋亮治 : 管状腺腫 (腸型・胃型). 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌, 深山正久, 大倉康男 (編), 文光堂, 東京, pp. 38-48, 2009

第6章 ESDと病理

P.101 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌治療ガイドライン. 第3版, 金原出版, 東京, 2010
3) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約. 第14版, 金原出版, 東京, 2010

第7章 病理と化学療法

P.107 掲載の参考文献
P.111 掲載の参考文献

第8章 その他の胃がん

P.118 掲載の参考文献
2) Fukayama M, Hayashi Y, Iwasaki Y, et al : Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma and Epstein-Barr virus infection of the stomach. Lab lnvest 71 : 73-81, 1994
9) 牛久哲男, 篠崎綾, 深山正久 : 特殊な成り立ちの早期胃癌 : Epstein-Barr virus関連胃癌. 胃と腸 44 : 723-729, 2009
10) Tokunaga M, Land CE : Epstein-Barr virus involvement in gastric cancer : biomarker for lymph node metastasis. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 7 : 449-450, 1998
P.122 掲載の参考文献
2) 佐野量造 : 胃の肉腫. 胃疾患の臨床病理. 医学書院, 東京, pp. 257-283, 1982
3) 中村常哉, 鈴木隆史, 柏木昭人, ほか : 胃粘膜関連リンパ組織型低悪性度B細胞リンパ腫 (MALTリンパ腫) の臨床病理学的検討. Gastroenterol Endosc 35 : 2409-2419, 1993
4) Bayerd6rffer E, Neubauer A, Rudolph B, et al : Regression of primary gastric lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue type after cure of Helicobacter pylori infection. MALT Lymphoma Study Group. Lancet 345 : 1591-1594, 1995
5) Ott G, Katzenberger T, Greiner A, et al : The t (11 ; 18) (q21 ; q21) chromosome translocation is a frequent and specific aberration in low-grade but not high-grade malignant non-Hodgkin's lymphomas of the mucosa-associated lymphoid tissue (MALT-) type. Cancer Res 57 : 3944-3948, 1997
P.128 掲載の参考文献
P.133 掲載の参考文献
4) Kinjo T, Taniguchi H, Kushima R, et al : Histologic and immunohistochemical analyses of α-fetoprotein-producing cancer of the stomach. Am J Surg Pathol 36 : 56-65, 2012
13) Zamecnik M, Patrikova J, Gomolcak P : Yolk sac carcinoma of the stomach with gastrin positivity. Hum Pathol 24 : 927-928, 1993
14) Motoyama T, Aizawa K, Watanabe H, et al : α-fetoprotein producing gastric carcinomas : a pomparative study of three different subtypes. Acta Pathol Jpn 43 : 654-661, 1993
17) 牛久哲男, 深山正久 : glypican3, SALL4発現からみたAFP産生胃癌の再検討. 胃と腸 45 : 1950-1958, 2010
18) Chang Y-C, Hagasue N, Abe S, et al : Comparison between the clinicopathologic features of AFP-positive and AFP-negative gastric cancers. Am J Gastroenterol 87 : 321-325, 1992
19) 高橋豊, 磨伊正義, 荻野知巳, ほか : AFP産生胃癌の臨床病理的検討-胃癌におけるAFPの意義. 日外会誌 88 : 696-700, 1987
20) 加藤清, 赤井貞彦, 飛田祐吉, ほか : ヘバトーマ・悪性奇形腫以外のα-Fetoprotein陽性癌についての考察 : 全国調査を中心として. 癌の臨床 20 : 376-382, 1974
22) 小沢俊文, 奥山裕子, 奥村浩二, ほか : 急激な形態変化とともにAFPの上昇をきたした早期胃癌の1例. Gastroenterol Endosc 40 : 1864-1871, 1998
23) Chang Y-C, Nagasue N, Abe S, et al : α-Fetoprotein producing early gastric cancer with liver metastasis : reports of three cases. Gut 32 : 542-545, 1991
P.143 掲載の参考文献
1) 岩渕三哉, 渡辺英伸, 野田裕, ほか : 腸カルチノイドの病理. 胃と腸 24 : 869-882, 1989
2) 岩渕三哉, 渡辺英伸, 石原法子, ほか : 消化管のカルチノイドと内分泌細胞癌の病理. 臨牀消化器内科 5 : 1669-1681, 1990
3) 岩渕三哉, 西倉健, 渡辺英伸 : 胃と大腸の早期内分泌細胞癌. 消化器内視鏡 7 : 275-284, 1995
4) Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH, et al (eds) : WHO Classification of Tumours of the Digestive System. IARC Press, Lyon, 2010, pp. 10-417.
5) 日本胃癌学会 (編) : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010, pp. 27-69
6) 瀬戸山博子, 多田修治, 上原正義, ほか : 短期間に急速増大を示した胃内分泌細胞癌の2例. 日消内会誌 49 : 1413-1418, 2007
8) 日比知志, 寺崎正起, 岡本恭和, ほか : 腺癌と共存した胃内分泌細胞癌の1例とわが国の報告71例の検討. 癌の臨床 48 : 807-812, 2002

最近チェックした商品履歴

Loading...