看護のための病態生理とアセスメント VOL.2  <栄養・代謝> 悪心嘔吐

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

30,240 円(税込)

商品紹介

本シリーズは、臨床でよく見られる症状について、本来の生理学的知識、病態の理解、検査や治療について、看護のために必要な内容を分かりやすく解説しています。また具体的に患者を設定し、病態生理を踏まえた上でのアセスメントや看護目標・援助といった看護過程でのポイントの例を示しています。看護学生には、ヘルスアセスメント、臨床看護過程、老年看護、成人看護などの学習の教材としてご活用いただけます。

目次

  • 看護のための病態生理とアセスメント
    VOL.2 <栄養・代謝> 悪心嘔吐

    ―内容―

    ■ 悪心嘔吐のメカニズム
     ●悪心嘔吐とは
      (悪心嘔吐の定義、症状、悪心と嘔吐の関連、防御反応)
     ●メカニズム(嘔吐のメカニズム、嘔吐の種類)

    ■ 悪心嘔吐の原因・誘因
     ●主な原因、誘因 ●原因、誘因による特徴
      (嘔吐物の性状との関連、発現状況との関連)
     ●随伴症状(特に注意が必要な症状、ショック状態)

    ■ 診察・検査・治療・ケア
     ●原因疾患の診察・検査
     ●悪心嘔吐の治療
     ●ケアとアセスメントのポイント

    ■ アセスメント(具体例:閉塞性イレウス)
     ●患者プロフィール(患者、年齢、性別、現病歴、既往歴、
       入院までの状況、入院時の状況、入院時所見)
     ●イレウスについて(病態、診察・検査・治療)

    ■ 看護目標と援助(具体例:閉塞性イレウス)
     ●看護の焦点と目標
     ●看護のポイント
      (状態の把握、ケア・看護のポイント、看護の経過)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...