• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  オペナーシング 2014年秋季増刊号 術式別でわかりやすい! 内視鏡外科手術実践マニュアル

オペナーシング 2014年秋季増刊号 術式別でわかりやすい! 内視鏡外科手術実践マニュアル

出版社: メディカ出版
発行日: 2014-09-15
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 09135014
雑誌名:
特集: 6科24術式 術式別でわかりやすい! 内視鏡外科手術実践マニュアル  
電子書籍版: 2014-09-15 (電子書籍版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,400 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,400 円(税込)

目次

  • オペナーシング 2014年秋季増刊号
    術式別でわかりやすい! 内視鏡外科手術実践マニュアル

    ―目次―

    特集 6科24術式
       術式別でわかりやすい! 内視鏡外科手術実践マニュアル

    【第1章 初心者オペナースのためのベーシックマニュアル】
    ・内視鏡外科手術における「器械出し」と「外回り」のポイント
    ・どうすればいい?体位固定
    ・気をつけよう!体温管理
    ・道具を知る!内視鏡手術でよく使用する器械
    ・再確認!基本的な手順

    【第2章 レベルアップを目指すオペナースのための
         術式別マニュアル】
    <1>消化器外科
    (1) 腹臥位胸腔鏡下食道切除術
    (2) 腹腔鏡補助下胃全摘術
    (3) 腹腔鏡下胃切除術(LDG)
    (4) 腹腔鏡下胆嚢摘出術
    (5) 腹腔鏡下膵体尾部切除術
    (6) 腹腔鏡下脾臓切除術
    (7) 腹腔鏡下肝外側区域切除術
    (8) 腹腔鏡下結腸切除術
    (9) 腹腔鏡下低位前方切除術
    (10) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
    ・ワンポイントレクチャー

    <2>呼吸器外科
    (1) 胸腔鏡下肺葉切除術(左肺下葉切除)
    ・ワンポイントレクチャー

    <3>整形外科
    (1) 顕微鏡視下腰椎後方手術
    (2) 内視鏡下腰椎後方椎間板摘出術
    (3) 肩関節鏡手術
    (4) 膝関節鏡手術
    (5) 足関節前方インピンジメント症候群に対する
        鏡視下骨棘切除術
    (6) 関節鏡下TFCC断裂縫合術
    (7) 肘関節鏡手術
    ・ワンポイントレクチャー

    <4>泌尿器科
    (1) 経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)
    (2) 経尿道的尿管結石砕石術(TUL)
    (3) ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)
    (4) ロボット支援下前立腺全摘術
    ・ワンポイントレクチャー

    <5>耳鼻咽喉科
    (1) 鼻内内視鏡手術

    <6>産婦人科
    (1) 腹腔鏡下子宮全摘術
    ・ワンポイントレクチャー

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 初心者オペナースのためのベーシックマニュアル

P.10 掲載の参考文献
1) 白石憲男. "安全な気腹の作成法". 消化管がんに対する腹腔鏡下手術のいろは 技術認定に求められる基本手技の鉄則. 北野正剛監. 東京, メジカルビュー社, 2013, 34-7.
2) 安田李道. "腹腔鏡下手術の麻酔". 周術期管理チームテキスト. 第2版. 日本麻酔科学会・周術期管理チームプロジェクト編. 兵庫, 日本麻酔科学会, 2011, 420-2.
3) Ryan S. Schellpfeffer, M. D, et al. "低侵襲の麻酔". 麻酔科シークレット. 第2版. 太城力良ほか監訳. 東京, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007, 527-33.
4) 内視鏡外科手術に関するアンケート調査第11回集計結果報告. 日内視鏡外会誌. 17 (5), 2012, 650.
5) 久布白兼行ほか. 腹腔鏡下手術患者の周術期管理の要点. 臨婦産. 59 (3), 2005, 263-6.
6) 片岡恵子ほか. 一施設において16年間に経験した腹腔鏡下手術4,069例の合併症の検討. 日産婦内視鏡会誌. 24 (2), 2008, 331-5.
P.14 掲載の参考文献
1) 田中マキ子ほか. "手術患者のポジショニングの意義と重要性". 動画でわかる 手術患者のポジショニング. 東京, 中山書店, 2007, 4.
2) 松下典正ほか. 腹腔鏡補助下直腸低位前方切除術後に発症した左腕神経叢障害の1例. 日臨外会誌. 71 (4), 2010, 177-81.
3) 水野樹ほか. 腹腔鏡補助下S状結腸切除術後に発症した右側正中神経障害. 麻酔. 57 (6), 2008, 752-5.
4) 近藤洋司ほか. 腹腔鏡下直腸手術後に腕神経叢損傷を来した1例. 麻酔と蘇生. 49 (5), 2013, 3-6.
5) 高野公徳ほか. 腹腔鏡補助下前方切除術後に合併した重症下肢コンパートメント症候群の1例. 日消外会誌. 45 (1), 2012, 101-6.
P.16 掲載の参考文献
1) 溝部俊樹. 麻酔で低体温が起こる機序 周術期低体温の予防とアウトカム改善は道半ば. LiSA. 19 (1), 2012, 2-5.
2) 加藤崇央ほか. 各種加温機器の効果, 適応, 工夫-加温機器の適正使用により再分布性低体温までも予防できる. LiSA. 19 (1), 2012, 30-5.
3) 山内正憲ほか. "体温測定". 周術期管理チームテキスト. 第2版. 日本麻酔科学会・周術期管理チームプロジェクト編. 兵庫, 日本麻酔科学会, 2011, 304-6.
P.21 掲載の参考文献
1) 和田則仁ほか. 内視鏡外科手術をめぐる最近のトピックス 手術器具・機器の開発と進歩 自動縫合器・吻合器. 消化器外科. 34 (1), 2011, 39-45.
P.26 掲載の参考文献
1) 白石憲男. "超音波凝固切開装置の特性を生かした使用法". "血管シーリングシステムの特性を生かした使用法". "腹腔鏡外科手術における止血法の基本". 消化管がんに対する腹腔鏡下手術のいろは 技術認定に求められる基本手技の鉄則. 北野正剛監. 東京, メジカルビュー社, 2013, 55-8, 63-5, 88-91.

第2章 レベルアップを目指すオペナースのための術式別マニュアル

P.36 掲載の参考文献
1) 池田貯ほか. "進行食道癌に対しする胸腔鏡下手術の現状と課題". Annual Review消化器 (2013). 林紀夫ほか編. 東京, 中外医学社, 2013, 280-5.
2) 能城浩和ほか. 腹臥位胸腔鏡下食道切除術の利点と問題点. 手術. 65 (11), 2011, 1603-8.
P.44 掲載の参考文献
1) 瀧口修司ほか. 腹腔鏡下胃全摘術・噴門側胃切除における体腔内再建手技 (手縫いまつり縫い法). 手術. 64 (1), 2010, 17-21.
2) 岡部寛ほか. 腹腔鏡下胃全摘術における機能的端々吻合による食道空腸吻合法. 手術. 67 (5), 2013, 567-74.
P.53 掲載の参考文献
1) kanaya, S. et al. Delta-shaped anastomosis in totally laparoscopic Billroth I gastrectomy : new technique of intraabdominal gastroduodenostomy. J Am coll Surg. 195 (2), 2002, 284-7.
P.61 掲載の参考文献
1) 徳村弘実ほか. ぜひ知っておきたい内視鏡外科技術認定制度 ; 胆道手術に必要な手技. 外科治療. 95 (2), 2006, 139-48.
2) 松村直樹ほか. 腹腔鏡下胆管結石切石術の導入に必要な器機, 基本手技と困難例に対するコツ. 手術. 67 (8), 2013, 1217-27.
P.72 掲載の参考文献
P.87 掲載の参考文献
1) 中平伸. "腹腔鏡下肝切除術・膵切除術の特性". 消化器外科の術式別ケアはやわかりノート. 消化器外科ナーシング秋季増刊. 大阪, メディカ出版, 2013, 158-63.
2) 大塚由一郎ほか. 肝胆膵脾の内視鏡手術. 消化器外科学レビュー. 東京, 総合医学社, 2013, 186-91.
3) 長谷川康ほか. "肝胆膵 腹腔鏡下肝切除における肝実質切離の基本手技". 手術. 臨時増刊号, 東京, 金原出版, 2012, 747-51.
P.104 掲載の参考文献
1) 奥田準二編著. "Team J" が贈る最先端の内視鏡下大腸手術-単孔式からロボット手術まで-. 東京, 永井書店, 2011, 236p.
2) Heald, RJ. et al. The mesorectum in rectal cancer surgery : The clue to pelvic recurrence? Br. J. Surg. 69, 1982, 613-6.
3) 大塚幸喜ほか. 腹腔鏡下低位前方切除術. 消化器外科, 32 (6), 2009, 1175-86.
4) 大塚幸喜ほか. 直腸癌に対する腹腔鏡手術. 外科治療, 102 (1), 2010, 77-84.
5) 大腸癌研究会 (編). 大腸癌治療ガイドライン (医師用2014年度版). 東京, 金原出版, 2014.
6) 大塚幸喜ほか. 腹腔鏡下大腸癌手術におけるエネルギーデバイスの使い方とコツ. 消化器外科. 35 (4), 2012, 437-47.
7) 大塚幸喜ほか. 進行S状結腸・直腸S状部癌に対する腹腔鏡下D3郭清の手術手技と成績. 日鏡外会誌. 9 (6), 2004, 687-92.
8) 大塚幸喜ほか. 結腸癌に対する腹腔鏡下D3郭清の手術手技. 手術. 61 (7), 2007, 999-1005.
9) 大塚幸喜ほか. 結腸癌に対する安全な腹腔鏡下手術. 手術. 61 (9), 2007, 1239-44.
10) 大塚幸喜ほか. 左半・S状結腸切除術 そのコツとピットフォール. 臨外. 65 (11), 2010, 319-25.
P.113 掲載の参考文献
1) 早川哲史ほか. 経腹アプローチTAPP (transabdominal pre-peritoneal repair) 法による腹腔鏡下鼠径部ヘルニア修復術. 外科治療. 100 (5), 2009, 653-61.
2) 星野明弘ほか. TAPP法 (腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術). 消化器外科. 36 (6), 2013, 941-50.
3) 和田英俊ほか. 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術TAPP法 (経腹的腹膜前修復法). 消化器外科. 36 (5), 2013, 850-61.
4) 和田寛也. 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術TEP法 (経腹的腹膜前修復法). 消化器外科. 36 (5), 2013, 862-9.
5) 川原田陽ほか. TEP法. 消化器外科. 36 (6), 2013, 959-72.
P.129 掲載の参考文献
1) 播广谷勝三. 椎弓切除術の基本手技. OS NOW Instruction. 18, 2011, 10-6.
P.135 掲載の参考文献
1) 藤林俊介. 腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下ヘルニア摘出術 (MED法) と顕微鏡下ヘルニア摘出術 (Micro-Love法). OS NOW Instruction. 18, 2011, 34-51.
2) 長谷川和宏. "[MED] ベーシックセットアップ". 脊椎内視鏡下手術. 東京, 文光堂, 2013, 18-21.
P.147 掲載の参考文献
1) 藤原明ほか. 膝前十字靱帯再建術後における移植腱の至適ねじれに関する実験的研究. 福岡大学医学紀要. 26 (3), 1999, 137-49.
2) 藤原明ほか. 膝蓋腱を用いた前十字靱帯再建術における骨孔作成の工夫~Rectangular bone tunnelの試み. 整形外科と災害外科. 48 (1), 1999, 324-8.
3) Yasuda K, et al. Anatomical reconstruction of the anteromedial and posterolateral bundles of the anterior cruciate ligament using hamstrings tendon grafts. Artroscopy. 20, 2004, 1015-25.
P.153 掲載の参考文献
1) 篠原靖司ほか. 足関節インピンジメントの診断と治療. 整形・災害外科. 53, 2010, 1489-500.
2) 林宏治. "骨性前方インピンジメント症候群に対する骨棘切除術". 足関節鏡下手術. 田中康仁編. 東京, 文光堂, 2011, 158-61.
P.160 掲載の参考文献
1) 岩崎倫政ほか. "TFCC三角靱帯損傷に対する新規鏡視下縫合術の術後成績". 日手会誌. 27 (1), 2010, S85.
P.169 掲載の参考文献
1) 青木光広. 肘関節鏡におけるポータル設定の安全性と斜視鏡の選択による視野. J MIOS. 56, 2010, 2-8.
P.194 掲載の参考文献
1) 大堀理. 早期前立腺癌の根治的恥骨後式前立腺全摘除術-術式の実際とポイント-. 東京, ベクトル・コア, 2012, 21-3.
P.204 掲載の参考文献
1) 森山寛. 内視鏡下鼻内副鼻腔手術. 耳鼻咽喉・頭頸部手術アトラス 上巻. 犬山征夫ほか編. 小松崎篤監. 東京, 医学書院, 1999, 259-70.
2) 柳清. 入院診療における看護 鼻内内視鏡手術. JOHNS. 27 (3), 2011, 337-41.
P.213 掲載の参考文献
1) 忠内薫. "産婦人科". オペナースのための毎日使える解剖図カラーイラストブック. 大阪, メディカ出版, 2011, 102.
2) Johnson, N. et al. Surgical approach to hysterectomy for benign gynaecological disease. Cochrane Database Syst Rev. 1, 2005, CD003677.

最近チェックした商品履歴

Loading...