分子消化器病 11/3 2014年9月号

出版社: 先端医学社
発行日: 2014-09-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 1348995X
雑誌名:
特集: 腸内細菌研究の展望
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,484 円(税込)

目次

  • 分子消化器病 11/3 2014年9月号

    ―目次―

    特集 腸内細菌研究の展望

    Overview
    腸内細菌は炎症性腸疾患(IBD)とどのように関係しているか
    腸内細菌は過敏性腸症候群(IBS)とどのようにかかわっているか
    腸内細菌は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)と 
      どのようにかかわっているか
    腸内細菌はアレルギー疾患とどのようにかかわっているか
    腸内細菌と生活習慣病
    プロバイオティクスを用いたClostridium difficile腸炎への対応
    腸内細菌による食物抗原に対する免疫応答の制御
      
    □連載
    ■海外ラボ紹介 
      第7回 Gaoラボ(Nan Gao,Ph. D.) 
     
    ■新しい消化器疾患動物モデル 第15回
      非アルコール性脂肪性肝障害モデル動物: 
      脂肪性肝障害モデルを用いた肝炎発症メカニズムの解析
       
    ■シグナル伝達を理解するために必要な知識 第43回
      シグナル伝達の数理モデル
      肝細胞癌のシグナル伝達と治療標的 

    ■アレルギーにかかわる分子と細胞を勉強してみよう!第3回
      グリアジン(gliadin)

    ■海外論文解説―World Wide Topics― 第43回
     潰瘍性大腸炎の治療においてインフリキシマブとアザチオプリン
      の併用療法はそれぞれの単独療法よりも有効性が高い 
     クローン病疾患感受性遺伝子多型をもつATG16l1遺伝子産物は,
      カスパーゼ3により分解されやすい 

    ■日本人のヒット作品 第31回
     びまん性胃癌における反復性の機能獲得型RHOA変異 
     エピゲノム調節因子Uhrf1は大腸制御性T細胞の増殖および
      機能的成熟を保証する

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...