基本からわかる! 歯科矯正用アンカースクリュー

出版社: クインテッセンス出版
著者:
発行日: 2014-10-10
分野: 歯科学  >  臨床歯科学
ISBN: 9784781203874
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

8,424 円(税込)

商品紹介

かつてなかったシンプルなメカニクスや、患者の協力性に依存しない治療を実現する歯科矯正用アンカースクリュー・アブソアンカー〔松風〕を豊富なエビデンスを基に解説、その基本から理解できる。またセルフタッピング法による傾斜埋入、スクリューの選択基準、植立部位・植立方向の設定、荷重方法、撤去までを詳解。さらに各章末に実際の症例を掲載し、豊富な臨床経験を持つ著者だからわかる“臨床のコツ”を伝授する。

目次

  • 基本からわかる! 歯科矯正用アンカースクリュー

    ―目次―

    Chapter 1 なぜ,アンカースクリューが矯正歯科治療に必要か?
    1.歯科矯正用アンカースクリューとは
    2.アンカースクリューの臨床応用
    3.なぜスクリューが固定源として優れているか
    4.アンカースクリューで矯正歯科治療が変わる
    [Case Study 1] 上顎前突と過蓋咬合を改善した症例

    Chapter 2 最適な歯科矯正用アンカースクリューの選択基準とは?
    1.適切なアンカースクリューの直径と長さ
    2.植立方法・部位別のアンカースクリューの選択基準
    [Case Study 2] 上下顎前突を改善した症例(1)

    Chapter 3 植立部位はどう設定する?
    1.アンカースクリューの植立部位
    2.各植立部位を考察する
    [Case Study 3] ガミースマイルを改善した症例

    Chapter 4 植立方向を考える―傾斜埋入の勧め
    1.なぜ傾斜埋入を勧めるか
    2.傾斜埋入の利点(1) スクリューの歯根近接が起こりにくい
    3.傾斜埋入の利点(2) 動的治療中の歯根とスクリューの接触を回避
    4.傾斜埋入の利点(3) 付着歯肉部への植立が可能となる
    5.傾斜埋入の利点(4) スクリューの維持力を向上させる
    6.傾斜埋入に対する力学的考察
    [Case Study 4] 
     上顎前突を全顎的な歯列の遠心移動で改善した症例(1)

    Chapter 5 植立前の診査と手術の手順
    1.術前の診査項目
    2.消毒・麻酔
    3.植立部位と植立方向の確認
    4.2つの植立方法―セルフタッピング法とセルフドリリング法―
    5.手術後の診査
    6.薬の処方について
    [Case Study 5] 
     上顎前突を全顎的な歯列の遠心移動で改善した症例(2)

    Chapter 6 スクリュー植立後,どのように荷重する?
    1.アンカースクリューに適した荷重方法
    2.抜歯空隙の閉鎖
    3.荷重の検証
    [Case Study 6] 上下顎前突を改善した症例(2)

    Chapter 7 動的治療後のスクリューの撤去
    1.スクリューの撤去
    2.撤去に必要なトルク
    3.撤去が困難なケース
    4.撤去時のスクリュー破折
    [Case Study 7] 抜歯症例の後戻りを再治療した症例

    Chapter 8 アンカースクリューを用いた矯正歯科治療で
          起こりうる偶発症
    1.アンカースクリューでの治療中に起こる偶発症の分類
    2.軟組織の損傷を防ぐために
    3.硬組織の損傷を防ぐために
    4.スクリュー自体に起こりうる問題
    [Case Study 8] 下顎偏位と交叉咬合を改善した症例

    Chapter 9 アンカースクリューを用いた矯正歯科治療の実際
    1.アンカースクリューの使用目的
    2.臼歯の絶対的な圧下(前歯部開咬)
    3.歯列の全顎的な遠心移動
    4.前歯の圧下(過蓋咬合)
    5.小臼歯抜歯症例での前歯牽引
    6.包括的歯科治療におけるアンカースクリューの役割
    [Case Study 9] 前歯部開咬を改善した症例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...