小児科臨床ピクシス 3 小児てんかんの最新医療 改訂第2版

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2014-11-10
分野: 臨床医学:内科  >  小児科学一般
ISBN: 9784521739953
シリーズ: 小児科臨床ピクシス
電子書籍版: 2014-11-10 (改訂第2版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

8,580 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

8,580 円(税込)

商品紹介

初版から約6年,日本では有効な新規抗てんかん薬が次々と使用できるようになった.てんかんの原因遺伝子が新たに判明し,国際抗てんかん連盟(ILAE)が提唱するてんかん症候群・発作分類が臨床の場で広がりをみせている.小児てんかんの高い治癒率を支えるのは,正確な症候群診断と予後予測に基づく治療方針であり,最新の知識が欠かせない.

目次

  • 表紙
  • 刊行にあたって
  • 序 - 改訂にあたって
  • 目次
  • Quick Index 本書を使った小児てんかんの診療
  • 執筆者一覧
  • 1章 総論
  • てんかん診療へのアプローチ
  • 初診から発作型診断まで
  • 発作型からてんかん症候群診断と治療方針へ
  • いつ治療を開始するか
  • 病名をどう告げるか
  • 2章 てんかんの原因
  • てんかんの病態生理
  • 発作時に何が起こっているのか
  • 原因
  • 1 脳形成障害
  • 2 イオンチャネル異常
  • 3 内側側頭葉硬化
  • 4 染色体異常・先天性代謝異常・神経変性疾患
  • 代表的な原因疾患
  • 結節性硬化症
  • Sturge - Weber症候群
  • Angelman症候群
  • Down症候群
  • 4p - 症候群 ( Wolf - Hirschhorn症候群 )
  • ミトコンドリア異常症
  • Menkes病
  • Gaucher病
  • DRPLA
  • 3章 発作の見方と診断
  • 発作の分類と病歴のとり方
  • 部分発作・焦点発作
  • 全般発作
  • 4章 鑑別すべき疾患
  • 失神
  • 非てんかん性発作症状
  • 熱性けいれん
  • テオフィリン関連けいれん
  • 5章 検査
  • 血液検査
  • 初診時の血液検査
  • 脳波検査
  • 脳波検査で何がわかるのか
  • 発作間欠期 ( 非発作時 ) 脳波の見方
  • 発作時脳波検査 : 適応と所見
  • 脳磁図検査
  • 脳磁図の目的と適応
  • 画像検査
  • CTで何を見るのか
  • MRIで何を見るのか
  • PETで何を見るのか
  • SPECTで何を見るのか
  • 6章 てんかん症候群
  • 新生児期
  • 新生児けいれん
  • ビタミンB6依存性てんかん
  • 良性家族性新生児 / 乳児けいれん
  • 乳児期
  • 大田原症候群
  • West症候群 : 原因
  • West症候群 : 症状
  • West症候群 : 検査
  • West症候群 : 治療
  • Dravet症候群 ( 乳児重症ミオクロニーてんかん )
  • 良性乳児てんかん
  • 軽症下痢に伴うけいれん
  • 幼児期
  • Lennox - Gastaut症候群
  • ミオクロニー失立てんかん
  • Panayiotopoulos症候群
  • 小児欠神てんかん
  • 学童期
  • 中心・側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん
  • 思春期
  • 若年欠神てんかん
  • 覚醒時大発作てんかん
  • 若年ミオクロニーてんかん
  • 7章 治療
  • 外来診療のポイント
  • 薬剤選択のポイント
  • 単剤治療と多剤併用療法
  • 薬の飲み方の指導法
  • 治療の終了と再発
  • 治療期間中の定期検査の進め方
  • 発作のある生活の注意点
  • 保育所・幼稚園・学校生活の調整
  • 予防接種
  • かぜ薬などの併用
  • 運転免許の取得について
  • 発達障害への配慮
  • 10代の患者に必要な配慮
  • 女性患者に必要な配慮
  • 外傷性てんかん
  • てんかんとリハビリ支援
  • 重症心身障害児 ( 者 ) のてんかん治療
  • 遺伝に関する相談にどう答えるか
  • 8章 てんかん外科
  • 小児科から外科治療へ
  • 脳外科治療の実際
  • 9章 薬剤治療の実際
  • バルプロ酸 ( VPA )
  • フェノバルビタール ( PB )
  • カルバマゼピン ( CBZ )
  • ゾニサミド ( ZNS )
  • ジアゼパム ( DZP )
  • フェニトイン ( PHT ), ホスフェニトイン ( FOS )
  • クロバザム ( CLB ), クロナゼパム ( CZP ), ニトラゼパム ( NZP )
  • エトスクシミド ( ESM )
  • ガバペンチン ( GBP )
  • トピラマート ( TPM )
  • ラモトリギン ( LTG )
  • レベチラセタム ( LEV )
  • アセタゾラミド ( AZA )
  • 臭化カリウム ( KBr )
  • スルチアム ( STM )
  • プリミドン ( PRM )
  • スチリペントール ( STP )
  • ルフィナミド ( RFN )
  • Further Reading
  • Quick Reference
  • 抗てんかん薬の用量・薬理
  • けいれん重積
  • 付録
  • てんかんへの社会支援
  • 付表 先天性代謝異常, 発作型
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1章 総論

P.13 掲載の参考文献
P.16 掲載の参考文献
P.21 掲載の参考文献
1) Freeman JM, et al. Seizures and Epilepsy in Childhood : A Guide for Parents. 2nd ed. Baltimore : Johns Hopkins Univeristy Press ; 1997.
2) Engel J, Pedley TA, editors. Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd ed. Philadelphia : Wolters Kluwer ; 2008.

2章 てんかんの原因

P.27 掲載の参考文献
1) Wyllie E, et al. editors. The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006.
P.31 掲載の参考文献
P.35 掲載の参考文献
P.37 掲載の参考文献
P.39 掲載の参考文献
1) 領域別症候群シリーズ 37. 神経症候群 VI. 大阪 : 日本臨牀社 ; 2002.
2) Haslem RHA. The nervous system. Neonatal seizures. In : Behrman RE, et al. Nelson Textbook of Pediatrics. 16th ed. Philadelphia : WB Saunders ; 2000. p. 1825-7.
P.41 掲載の参考文献
1) Gomez MR, et al, editors. Tuberotis Sclerosis Complex. 3rd ed. London : Oxford University Press ; 1999.
2) 水口雅. 結節性硬化症. 小児内科 2006 ; 38 : S664-5.
P.43 掲載の参考文献
1) 新島新一ほか. Sturge-Weber症候群の脳神経学的治療. 日小皮会誌 1994 ; 13 : 141-7.
2) 野村耕治. 母斑症. 小児科診療 2004 ; 67 : 1249-55.
3) 大槻泰介. 小児のてんかん外科治療. 小児内科 2007 ; 39 : 952-5.
5) 洲鎌盛一. Sturge-Weber症候群. 小児内科 (増刊) 2006 ; 38 : 668-9.
P.45 掲載の参考文献
P.47 掲載の参考文献
1) 中井博史. Down症候群. 小児内科 (増刊) 2003 ; 35 : 170-5.
2) 平山義人ほか. ダウン症候群のライフサイクルに応じた健康管理. 大野耕策ほか編. 知的障害者の健康管理マニュアル. 東京 : 診断と治療社 ; 2007. p. 71-81.
3) Roger J, et al. Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood and Adolescence. 4th ed. Montrouge, France : John Libbey Eurotext ; 2005. p. 475-6.
P.49 掲載の参考文献
P.51 掲載の参考文献
P.55 掲載の参考文献
1) 青木経稔ほか. Menkes病からoccipital horn症候群の臨床病型と遺伝型. 小児科 1997 ; 38 : 247-58.
2) Das S, et al. Similar splicing mutations of the Menkes/mottled copper-transporting ATPase gene in occipital horn syndrome and blotchy mouse. Am J Hum Genet 1995 ; 56 : 570-6.
3) 小沢浩ほか. Menkes病の早期診断に向けての検討. 脳と発達 2002 ; 34 : 387-90.
4) 小沢浩, 児玉浩子. Menkes病. 小児内科 (増刊) 2007 ; 39 : 523-5.
5) 小沢浩ほか. 膀胱出血により死亡したMenkes病の一例. 脳と発達 2002 ; 34 : 431-5.
P.57 掲載の参考文献
1) 井田博幸. Gaucher病. 先天代謝異常症候群 (下巻). 別冊日本臨牀 領域別症候群 19. 大阪 : 日本臨牀社 ; 1998. p. 356-9.
2) Pastores GM, Kolodny EH. Gaucher's Disease. In : Swaiman KF, et al, editors. Pediatric Neurology : Principles and Practice. 4th ed. Philadelphia : Mosby ; 2006. p.670-3.
P.59 掲載の参考文献
1) 辻省次. DRPLAの分子遺伝学的研究の展望. 日本臨牀 1999 ; 57 : 843-9.
4) 辻省次ほか編. DRPLA臨床神経学から分子医学まで. 東京 : 医学書院 ; 1997.
3}廣瀬三恵子ほか. Piracetamが動作性ミオクローヌスに有効であった歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症の1例. 脳と発達 2004 ; 36 : 75-9.

3章 発作の見方と診断

P.63 掲載の参考文献
1) Commission on Classification and Terminology of the International League Against Epilepsy. Proposal for revised clinical and electroencephalographic classification of epileptic seizures. Epilepsia 1981 ; 22 : 489-501.
4) 椎原弘章. てんかんの定義と鑑別診断. 小児内科 2002 ; 34 : 691-9.
P.66 掲載の参考文献
2) Engel J Jr. 国際抗てんかん連盟 てんかん発作とてんかんの診断大要案. てんかん研究 2003 ; 21 : 242-51.
3) 風祭元, 菅野道. てんかんの臨床像. 発作症状 (1). 秋元波留夫, 山内俊雄編. てんかん学. 東京 : 岩崎学術出版社 ; 1984. p. 75-91.
4) 八木和一. てんかん発作型分類について. 日本小児神経学会卒後教育委員会編. 小児神経学の進歩 第25集. 東京 : 診断と治療社 ; 1996. p. 2-12.
P.70 掲載の参考文献
2) Engel J Jr. 国際抗てんかん連盟 てんかん発作とてんかんの診断大要案. てんかん研究 2003 ; 21 : 242-51.
3) 風祭元, 菅野道. てんかんの臨床像. 発作症状 (1). 秋元波留夫, 山内俊雄編. てんかん学. 東京 : 岩崎学術出版社 ; 1984. p. 75-91.
4) 八木和一. てんかん発作型分類について. 日本小児神経学会卒後教育委員会編. 小児神経学の進歩 第25集. 東京 : 診断と治療社 ; 1996. p. 2-12.

4章 鑑別すべき疾患

P.75 掲載の参考文献
1) 磯田貴義. 失神. 五十嵐隆ほか編. 今日の小児診断指針. 第4版. 東京 : 医学書院 ; 2004. p. 55-8.
2) 賀藤均. 失神. 小児科 2001 ; 42 (4) : 492-7.
3) 山田克彦, 犬塚幹. 小児の神経調節性失神. 小児科 2005 ; 46 (12) : 2016-23.
5) QT延長症候群 (先天性・二次性) とBrugada症候群の診療に関するガイドライン. Circulation Journal 2007 ; 71 (Suppl. IV) : 1257-70.
P.79 掲載の参考文献
1) 藤原建樹監修, 高橋幸利編. 小児てんかん診療マニュアル. 東京 : 診断と治療社 ; 2006.
2) 神山潤. 睡眠の生理と臨床-健康を育む「ねむり」の科学. 東京 : 診断と治療社 ; 2003.
3) 花井敏男. けいれんとけいれん類似症状との鑑別. 小児内科 1999 ; 31 : 455-9.
P.83 掲載の参考文献
1) Camfield CS, et al. Febrile seizures. In : Engel J, Pedley TA, editors. Epilepsy : A Comprehensive Textbook. 2nd ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2007. p. 659-64.
2) 福山幸夫ほか. 熱性けいれんの指導ガイドライン. 小児科臨床 1996 ; 49 : 207-15.
3) 松沢純子, 小西徹. 熱性けいれんの臨床症状から. 小児科診療 2001 ; 64 : 323-5.
4) Sadleir LG, Scheffer IE. Febrile seizures. BMJ 2007 ; 334 : 307-11. (熱性けいれんに関するWeb-site情報も掲載)
5) 伊藤正利. 熱性けいれん-再発防止を含めて. 小児内科 2006 ; 38 : 406-9.
P.85 掲載の参考文献
1) 阿部裕樹ほか. Theophylline関連けいれんに対する初期治療効果の検討. 日本小児科学会雑誌 2003 ; 107 : 1356-60.
2) 松岡典子ほか. テオフィリン治療中に生じたけいれん重積状態の臨床的検討. 日本小児科学会雑誌 2006 ; 110 : 1234-41.
3) 塩見正司. テオフィリンは治療域濃度であってもけいれん重積型急性脳症の原因となる. 小児科臨床 2006 ; 59 : 187-96.

5章 検査

P.87 掲載の参考文献
2) 先天代謝異常症候群〔上・下〕. 領域別症候群シリーズ No. 18, 19. 大阪 : 日本臨牀社 ; 1998.
3) Scriver CR, editor. The Metabolic and Molecular Basis of Inherited Disease. 8th ed. Chapter 66. New York : McGraw-Hill ; 2001.
P.89 掲載の参考文献
P.95 掲載の参考文献
1) 前垣義弘. 実践 小児脳波入門-日常診療に役立つ脳波アトラス. 大阪 : 永井書店 ; 2007.
P.99 掲載の参考文献
1) 前垣義弘. 実践 小児脳波入門-日常診療に役立つ脳波アトラス. 大阪 : 永井書店 ; 2007.
P.101 掲載の参考文献
1) Kubota M. Modern neurophysiological methods in pediatric practice with special reference to magnetoencephalography. In : Panteliadis CP, Darras BT, editors. Encyclopaedia of Paediatric Neurology, Theory and Practice. 3rd ed. Stuttgart : Georg Thieme Verlag ; 2005. p. 113-34.
P.111 掲載の参考文献
1) 日柳章, 新井信隆編著. 難治性てんかんの画像と病理. 東京 : 秀潤社 ; 2007
2) Barkovich AJ. Pediatric Neuroimaging. 4th ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins 2005. p. 252-8.
P.113 掲載の参考文献
2) Carreno M, Luders HL. General principles of presurgical evaluation. In : Luders HO, Comair YG, editors. Epilepsy Surgery. 2nd ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2001. p. 185-99.
5) 百瀬敏光. てんかん. クリニカルPET編集委員会編. クリニカルPETの最前線. 東京 : 先端医療技術研究所 ; 2004. p. 182-5.
P.115 掲載の参考文献
2) Beer HF, et al. In vitro and in-vivo evaluation of iodine-123 Ro16-0154 : a new imaging agent for SPECT investigations of benzodiazepine recertors. J Nucl MED 1990 ; 31 : 1007-14.
4) 百瀬敏光. SPMを用いて発作焦点が同定された頭頂葉てんかんの一例. Rad Fan 2004 ; 2 : 125.

6章 てんかん症候群

P.119 掲載の参考文献
1) Volpe JJ. Neurology of the Newborn. 4th ed. Philadelphia : WB Saunders ; 2001. p. 179-214.
2) Mizrahi EM, Kellaway P. Diagnosis and Management of Neonatal seizures. Philadelphia : Lippincott-Raven ; 1998.
3) Aicardi J. Epilepsy in Children. International Review of Child Neurology Series. New York : Raven Press ; 1994. p. 217-43.
P.121 掲載の参考文献
P.123 掲載の参考文献
1) Antoni N. Aketenskapsforbudet for epileptiker bor upphavas atminstone tills vidard. Svensk Laktartidningen 1941 ; 38 : 233-43.
2) Rett A, Teubel R. Neugeborenenkraempfe im Rahmen einer epileptisch belasteten Familie. Wien Klin Wschr 1964 ; 76 : 609-13.
P.128 掲載の参考文献
1) 大田原俊輔ほか. 特異な年齢依存性てんかん性脳症the early-infantile epileptic encephalopathy with suppression-burstに関する研究. 脳と発達 1976 ; 8 : 270-80.
2) Ohtahara S, et al. Early-infantile epileptic encephalopathy with suppression-bursts. In : Roger J, et al, editors. Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood, and Adolescence. 2nd ed. London : John Libbey ; 1992. p. 25-34.
10) Nakamura K. De Novo mutations in GNAO1, encoding a Gαo subunit of heterotrimeric G proteins, cause epileptic encephalopathy. Am J Hum Genet 2013 ; 93 : 496-505.
12) Aicardi J. Early myoclonic encephalopathy (neonatal myoclonic encephalopathy). In : Roger J, et al, editors. Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood, and Adolescence. 2nd ed. London : John Libbey ; 1992. p. 13-23.
13) 久保田雅也ほか. 非ケトーシス高グリシン血症 (P-蛋白欠損症) に対する大量V・B6および大量DZP投与. 日児誌 1990 ; 94 : 926-30.
P.131 掲載の参考文献
1) 福山幸夫, 小国弘量. West症候群 (infantile spasms, 電撃・点頭・礼拝けいれん). 清野昌一, 大田原俊輔編. てんかん症候群. 東京 : 医学書院 ; 1998. p. 244-57.
3) Dulac O, Tuxhorn I. Infantile spasms and West syndrome. In : Roger j, et al, editors. Epileptic Syndrome in Infancy, Childhood and Adlescence. 4th ed. Montrouge : John Libbey Eurotext ; 2005. p. 53-72.
P.133 掲載の参考文献
1) Dulac O, Tuxhorn I. Infantile spasms and West syndrome. In : Roger J, et al, editors. Epileptic Syndrome in Infancy, Childhood and Adlescence. 4th ed. Montrouge : John Libbey Eurotext ; 2005. p. 53-72.
3) 福山幸夫, 小国弘量. West症候群 (infantile spasms, 電撃・点頭・礼拝けいれん). 清野昌一, 大田原俊輔編. てんかん症候群. 東京 : 医学書院 ; 1998. p. 244-57.
P.135 掲載の参考文献
1) 浜野晋一郎. West症候群. 小児内科 2002 ; 34 : 951-6.
2) 浜野晋一郎. 難i治性てんかんの診断・治療-West症候群. 小児科診療 2003 ; 66 : 1722-8.
3) Roger J, et al. Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood and Adolescence. 3rd ed. Eastleigh, UK : John Libby and Co Ltd ; 2002.
P.137 掲載の参考文献
P.141 掲載の参考文献
P.145 掲載の参考文献
P.147 掲載の参考文献
1) 諸岡啓一. 軽症下痢とけいれん. 小児科 1982 ; 23 : 131-7.
2) 市山高志ほか. 軽症胃腸炎関連けいれんに対する少量carbamazepine療法. 脳と発達 2005 ; 37 : 493-7.
P.151 掲載の参考文献
1) Blume WT. Pathogenesis of Lennox-Gastaut syndrome : considerations and hypotheses. Epileptic Disord 2001 ; 3 : 183-96.
P.155 掲載の参考文献
P.158 掲載の参考文献
P.163 掲載の参考文献
1) Hirsch E, Panayiotopoulos CP. 小児欠神てんかんと関連症候群. Roger Jほか編. 井上有史監訳. てんかん症候群-乳幼児・小児・青年期のてんかん学. 第4版. 東京 : 中山書店 ; 2007. p. 298-319.
P.170 掲載の参考文献
1) Dalla Bernardina B, et al. Epilepsy with centro-temporal spikes and related syndrome. In : Roger J, et al. Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood and Adolescence. 4th ed. London : John Libbey ; 2005. p. 203-25.
2) Fejerman N, editors. Benign Focal Epilepsies in Infancy, Childhood and Adolescence. London : John Libbey ; 2007.
3) Lerman P. Benign partial epilepsy with centro-temporal spikes. In : Roger J, et al, editors. Epileptic Syndromes in Infancy, Childhood and Adolescence. 2nd ed. London : John Libbey ; 1992. p. 189-200.
4) Panayiotopoulos CP. Benign Childhood Partial Seizures and Related Epileptic Syndromes. London : John Libbey ; 1999.
P.173 掲載の参考文献
1) Wolf P, Inoue Y. 若年欠神てんかん. Roger Jほか編. 井上有史監訳. てんかん症候群-乳幼児・小児・青年期のてんかん学. 第4版. 東京 : 中山書店 ; 2007. p. 345-8.
P.176 掲載の参考文献
P.180 掲載の参考文献

7章 治療

P.183 掲載の参考文献
1) 井上有史. てんかんの薬物療法ガイドライン. Annual Review神経 2008. 東京 : 中外医学社 ; 2008. p. 328-39.
2) 日本神経学会監. 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会編. てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
3) 須貝研司. 抗てんかん薬. 小児科臨床 2004 ; 57 : 813-22.
4) The epilepsies : diagnosis and management of the epilepsies in adults and children in primary and secondary care. NICE clinical guideline 2012. p. 137.
5) 日本てんかん学会編. てんかん専門医ガイドブック. 東京 : 診断と治療社 ; 2014.
P.185 掲載の参考文献
1) 日本神経学会監. 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会編. てんかん治療ガイドライン 2010. 東京 : 医学書院 ; 2010.
2) 須貝研司. 抗てんかん薬. 小児科臨床 2004 ; 57 : 813-22.
3) 服部春生. てんかん治療の原則とポイント. 小児内科 2002 ; 34 : 737-42.
4) 須貝研司. 抗てんかん薬update. 鈴木則宏編. Annual Review神経 2010. 東京 : 中外医学社 ; 2010. p. 273-81.
P.187 掲載の参考文献
1) 山元恵子監修. 写真でわかる小児看護技術. 東京 : インターメディカ ; 2006. p. 88-94.
2) 筒井真優美監修. 小児看護実習ガイド. 東京 : 照林社 ; 2007. p. 144-9.
2) 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会. 成人てんかんにおける薬物治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 249-53.
4) 須貝研司. 抗てんかん薬. 小児科臨床 2004 ; 57 : 813-22.
5) 服部春生. てんかん治療の原則とポイント. 小児内科 2002 ; 34 : 737-42.
6) Wyllie E, et al. The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006.
P.189 掲載の参考文献
1) 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会. 小児てんかんの包括的治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 244-8.
P.191 掲載の参考文献
2) 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会. 小児てんかんの包括的治療ガイドライン. てんかん研究 2005 ; 23 : 244-8.
P.193 掲載の参考文献
1) 長村敏生ほか. てんかん児の保護者の意識調査 (第2報) -発作誘発因子について. 小児科診療 2003 ; 66 : 1257-62.
2) 篠原一彰ほか. 運転中に意識障害を起こした症例の検討. 日本交通科学協議会誌 2003 ; 3 : 45-50.
P.197 掲載の参考文献
1) 藤井正美ほか. てんかん Q&A-こんなことも聞いていいでしょうか. 東京 : 日本文化科学社 ; 2001.
P.201 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所・感染症情報センター. http://idsc.nih.go.jp/vaccine-j.html
1) 予防接種ガイドライン等検討委員会. 予防接種ガイドライン. 東京 : (財) 予防接種リサーチセンター ; 2014年度版.
2) 厚生労働省. ワクチンに関するファクトシート http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000bx23.html
2) 伊予田邦昭ほか. てんかん接種基準案による前方視的アンケート調査 (最終報告) -難治なけいれん発作をもつ小児に対する予防接種実施に関する多施設共同調査. 脳と発達 2007 ; 39 : 456-8.
3) 厚生労働省. 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会資料 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000008f2q.html#shingi127715
3) 粟屋豊ほか編. 神経疾患をもつ小児に対する予防接種ガイドブック. 東京 : 診断と治療社 ; 2007.
4) (財) 予防接種リサーチセンター. 予防接種ガイドライン 2014年度版 http://www.yoboseshu-rc.com/topics.php?
5) (財) 予防接種リサーチセンター. 予防接種と子どもの健康 2014年度版 http://www.yoboseshu-rc.com/topics.php?
6) Brighton協会 (副反応症例の標準化国際団体). http://www.brightoncollaboration.org
P.203 掲載の参考文献
P.205 掲載の参考文献
1) 川合謙介. てんかんのある人の自動車運転. 月刊「波」2014 ; 6 : 4-11. 日本てんかん協会.
2) 伊藤正利ほか. てんかんをもつ人と運転免許. 小児科臨床 2004 ; 57 : 1689-97.
P.209 掲載の参考文献
1) 杉山登志郎. 子ども虐待という第四の発達障害. 東京 : 学習研究社 ; 2007.
3) 本田秀夫ほか. 自閉症児の睡眠脳波検査-少量のレボメプロマジン内服による前処置の効果. 臨床精神医学 1995 ; 24 : 343-9.
5) 広瀬宏之. 自閉症「治療」論. 現代思想 2007 ; 35 : 224-32.
P.213 掲載の参考文献
P.215 掲載の参考文献
1) 伊藤ますみ. てんかんにおける性機能障害とその対策. 精神科治療学 2007 ; 22 : 1147-51.
5) 原美智子. 思春期慢性疾患患児への対応 てんかん. 小児科 2003 ; 44 : 1497-503.
6) 兼子直ほか. てんかんをもつ妊娠可能年齢の女性に対する治療ガイドライン. てんかん研究 2007 ; 25 : 27-31.
7) 管るみ子. てんかん患者の妊娠, 出産, 育児. 小児内科 2002 ; 34 : 830-3.
P.217 掲載の参考文献
1) 日本神経外傷学会編 (山浦晶, 重森稔代表). 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン. 第2版. 神経外傷29巻増刊号. 2006.
4) 栗原まな. 小児脳外傷の長期予後. 小児科診療 2007 ; 70 : 129-34.
5) 太田富雄編. 脳神経外科学. 第8版. 京都 : 金芳堂 ; 2000.
P.223 掲載の参考文献
1) 久保田英幹, 八木和一. てんかんの包括治療-社会資源の活用とリハビリテーション. 松下正明総編集. 臨床精神医学講座 9 てんかん. 東京 : 中山書店 ; 1994. p. 531-45.
2) 松浦雅人. てんかんにおける精神障害の合併とその対策. 小児内科 2002 ; 34 : 807-10.
3) 井上有史. 焦点性か全般性か不明なてんかん. 高橋幸利編. アトラスてんかんの発作間欠期・発作時脳波を読む. 東京 : 診断と治療社 ; 2007. p. 158-67.
4) 栗原まな. 眼でみる小児のリハビリテーション. 東京 : 診断と治療社 ; 2004. p. 72-7.
P.227 掲載の参考文献
1) 小西徹. 重症心身障害児 (者) のライフステージとてんかんの活動性について. 日本重症心身障害学会誌 2004 ; 29 (3) : 205-10.
2) 林優子ほか. 重症心身障害児 (者) に合併するてんかんの長期予後. 脳と発達 2001 ; 33 : 416-20.
3) 松本昭子. 重症心身障害児に伴うてんかん. 脳と発達 1990 ; 22 : 149-53.
4) 須貝研司. 重症心身障害児 (者) のてんかん薬物療法. 日本重症心身障害学会誌 2008 ; 33 : 13-20.
P.230 掲載の参考文献

8章 てんかん外科

P.237 掲載の参考文献
2) 金澤治ほか. てんかんの外科治療-いつどのような患者を紹介すべきか. 小児科診療 2007 ; 70 : 61-8.
3) Gupta A, et al. Epilepsy surgery in infants and children. In, Wyllic E, et al, editors. The Treatment of Epilepsy : Principles and Practice. 4th ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006. p. 1143-57.
P.245 掲載の参考文献
3) 川合謙介. てんかんの外科. 松谷雅生ほか編. 脳神経外科周術期管理のすべて. 第4版. 東京 : メジカルビュー社 ; 2014. p. 536-47.
4) 川合謙介. てんかんに対する迷走神経刺激療法. BRAIN and NERVE-神経研究の進歩 2011 ; 63 : 331-46.
5) 大槻泰介ほか編. 難治性てんかんの外科治療-プラクティカル・ガイドブック. 東京 : 診断と治療社 ; 2007. p. 35-9.

9章 薬剤治療の実際

P.246 掲載の参考文献
P.247 掲載の参考文献
P.248 掲載の参考文献
P.250 掲載の参考文献
P.251 掲載の参考文献
1) 福山幸夫監修. 熱性けいれんの指導ガイドライン. 小児科臨床 1996 ; 49 : 207-15.
3) 武井研二ほか. Acetaminophen坐剤の併用がdiazepam坐剤の直腸からの吸収に及ぼす影響. 小児科臨床 1998 ; 51 : 2297-301.
P.252 掲載の参考文献
P.254 掲載の参考文献
P.255 掲載の参考文献
P.256 掲載の参考文献
P.257 掲載の参考文献
P.258 掲載の参考文献
P.259 掲載の参考文献
P.260 掲載の参考文献
P.261 掲載の参考文献
P.262 掲載の参考文献
P.263 掲載の参考文献
P.264 掲載の参考文献
P.265 掲載の参考文献
P.266 掲載の参考文献
P.273 掲載の参考文献
1) Bourgeois BFD. Pharmacokinetics and pharmacodynamics of antiepileptic drugs. In : Wyllie E, et al, editors. Wyllie's Treatment of Epilepsy. 4th ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006. p. 655-64.
2) 須貝研司. てんかんの治療. 加我牧子ほか編著. 国立精神・神経センター 小児神経科診断・治療マニュアル. 改訂第2版. 東京 : 診断と治療社 ; 2009. p. 288-99.
3) Thomas WH. Medications and Mother's Milk 2012 : A Manual of Lactational Pharmacology. 15th ed. Texas : Hale Publisher ; 2012.
4) Jeannine MC, et al. Antiepileptic drug therapy in children. In : Swaiman KF, et al, editors. Swaiman's Pediatric Neurology : Principles and Practice. 5th ed. Philadelphia : Elsevier Saunders ; 2012. p. 811-35.
P.277 掲載の参考文献
1) 須貝研司. てんかん重積状態の診断と治療. 小児科診療 2007 ; 70 : 119-27.
2) 大澤眞木子. けいれん重積の治療. 脳と発達 2007 ; 39 : 185-92.
3) 吉成聡ほか. Human herpesvirus 6脳症のMRI拡散強調画像. 脳と発達 2005 ; 37 : 374-9.

付録

P.281 掲載の参考文献
1) 林隆ほか, てんかん患者の社会福祉制度. 小児内科 2002 ; 34 : 834-9.
2) 日本てんかん協会ホームページ <てんかんについて…使える制度と現在の課題> http://www.jea-net.jp/tenkan/seido.html

最近チェックした商品履歴

Loading...