考えるER サムライ・プラクティス

出版社: シービーアール
著者:
発行日: 2014-11-10
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784908083020
電子書籍版: 2014-11-10 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,500 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

5,500 円(税込)

商品紹介

救急医個人として知っておきたいことや救急部門の円滑な運営に必須の知識を解説。症例ごとに診断の考え方、必須のプレディクションルール、ピットフォール回避のための症例演習も収録

目次

  • 表紙
  • 推薦のことば
  • 序文
  • 編著者略歴
  • 執筆者一覧
  • Contents
  • I. 救急医個人として知っておきたいこと
  • 1) ER での心得・プロフェッショナリズム
  • 2) 6 competencies ~ER における研修カリキュラム
  • 3) 医師の QOL・疲労時の対処法
  • II. より良い部門運営のために
  • 1) 問題患者への対応
  • 2) 法律関係
  • 3) M & M カンファレンス
  • III. より良い救急システムのために
  • 1) トリアージ
  • 2) コンサルテーション
  • 3) Disposition
  • 4) 電子カルテの利用
  • 5) 帰宅指示書について
  • IV. 救急臨床力を磨こう
  • 1) ER での診断推論
  • 2) Clinical Prediction Rule
  • 総論 プレディクション・ルールを使おう !
  • 各論 その (1) 膝外傷・足外傷
  • 各論 その (2) 小児の頭部外傷
  • 各論 その (3) 頭部外傷
  • 各論 その (4) 一過性脳虚血発作
  • 各論 その (5) 失神
  • 各論 その (6) 髄膜炎
  • 各論 その (7) 咽頭炎
  • 各論 その (8) 頸椎損傷
  • 各論 その (9) 胸痛, 急性冠症候群
  • 各論 その (10) 心房細動
  • 各論 その (11) 市中肺炎
  • 各論 その (12) 肺動脈血栓塞栓症
  • 各論 その (13) 上部消化管出血
  • 各論 その (14) 急性虫垂炎
  • 各論 その (15) 小児の発熱
  • 3) ケース・スタディ~ER に潜む落とし穴~
  • Case 1 Wellens 症候群
  • Case 2 閉鎖孔ヘルニア
  • Case 3 網膜剥離
  • Case 4 甲状腺クリーゼ
  • Case 5 咽後膿瘍
  • Case 6 抗ヒスタミン薬中毒
  • Case 7 肺塞栓症
  • Case 8 橈骨遠位端骨折
  • Case 9 小児の尿路感染症
  • Case 10 転換性障害
  • Case 11 WPW 症候群
  • Case 12 壊死性軟部組織感染症
  • Case 13 QT 延長症候群
  • Case 14 消化管出血
  • Case 15 溶血性尿毒症症候群 ( HUS )
  • Case 16 肘内障
  • Case 17 Wallenberg 症候群
  • Case 18 糖尿病性ケトアシドーシス
  • Case 19 タコツボ心筋症
  • Case 20 急性心原性肺水腫
  • Case 21 COPD 急性増悪
  • Case 22 過換気症候群
  • Case 23 アナフィラキシー
  • Case 24 化膿性椎間板炎
  • Case 25 腸結核
  • Case 26 ギランバレー症候群
  • Case 27 腹腔内膿瘍
  • Case 28 脳底動脈閉塞症
  • Case 29 特発性急性硬膜外血腫
  • Case 30 男性の尿路感染症
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I. 救急医個人として知っておきたいこと

P.18 掲載の参考文献
P.27 掲載の参考文献
2) S. Shay Bintliff, MD, FACEP et al : Wellness Book for Emergency Physicians ACEP 2004
3) Mayo Alumni : The best physicians are well physicians. Mayo Clinic. Summer 2012 : 13-24
7) Vener KJ et al : The effect of shift work on gastrointestina (l GI) function : A review. Chronobiologia 1989 ; 16 : 421-439

II. より良い部門運営のために

P.35 掲載の参考文献
1) John A. Marx et al : Rosen's Emergency Medicine, 8th edition Chapter 189 The Difficult Patient
2) Alan R. Teo et al : How can we better manage difficult patient encounters? J Fam Pract 2013 ; 62 : 414-418, 421
3) James G. Adams et al : Emergency Medicine. SAUNDERS ELSEVIER, 2008
P.41 掲載の参考文献
2) 前田泉 : 患者不満とリスクマネジメント. CBR, 2008
3) 太田凡ほか : ER・救急のトラブルファイル. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007
5) 森山満 : 医療現場における法的対応の実務. 中央経済社, 2012
6) 日経メディカル. 医療訴訟のそこが知りたい. 日経BP社, 2010
7) 平沼直人 : 医療訴訟 Q&A. 財団法人労災保険情報センター, 2012
P.50 掲載の参考文献
3) 児玉貴光, 藤谷茂樹監修 : RRS 院内救急対応システム. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2012

III. より良い救急システムのために

P.58 掲載の参考文献
2) Tanabe P, et al : Reliability and validity of scores on The Emergency Severity Index version
6) Emergency Severity Index, Version 4. Implementation Handbook, 2005
P.66 掲載の参考文献
1) 寺沢秀一 : 研修医当直御法度 百例帖 第2版. 三輪書店, 2013
2) 林寛之 : Dr. 林の当直 (裏) 御法度 ER問題解決の極上 Tips70. 三輪書店, 2006
3) 岩田充永 : 救急外来でのキケンな一言. 羊土社, 2008
3) 林寛之ほか : 特集 うまいコンサルトとは?. ERマガジン 2006 ; 3 : 291-310
4) 加藤博之 : ER流研指導医 (秘) 心得 47. 羊土社, 2006
P.70 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献
10) D. Sullivan : Discharge Instructions : A Committment to Patient Safety and Risk Reduction, Edited by The Sullivan Group, ExitCare, 2009
14) 札幌地判平成13年4月19日判例時報1756号121頁
15) 前田泰 : 治療行為における同意能力 群馬大学社会情報学部研究論. 第14巻, 337-357頁, 2007

IV. 救急臨床力を磨こう

P.115 掲載の参考文献
P.120 掲載の参考文献
P.125 掲載の参考文献
5) Michelle J. Hydel, et al : Indications For Computed Tomography In Patients With Minor Head Injury. NEJM 2011 ; 343 : 100-105
P.131 掲載の参考文献
1) Mattew S. Siket, et al : Transient Ischemic Attack : An Evidence-Based Update. Emergency Medicine Practice 2013 ; 15 : 1-27
10) Merwick A, et al : Addition of brain and carotid imaging to the ABCD2 score to identify patients at early risk of stroke after transient ischemic attack : a multicenter observational study. Lancet Neurol 2010 ; 9 : 1060-1069
P.138 掲載の参考文献
P.143 掲載の参考文献
P.149 掲載の参考文献
P.155 掲載の参考文献
P.165 掲載の参考文献
8) Martin Than, et al : A 2-h diagnostic protocol to assess patients with chest pain symptoms in the Asia-Pacific region (ASPECT) : a prospective observational validation study. Lancet 2011 ; 377 : 1077-1084
10) Louise Cullene, et al : Validation of High-Sensitivity Troponin I in a 2-Hour Diagnostic Strategy to Assess 30-Day Outcomes in Emergency Department Patients With Possible Acute Coronary Syndrome. J Am Coll Cardiol 2013 ; 62 : 1242-1249
P.174 掲載の参考文献
2) Fang MC, et al : ATRIA Study Group. Comparison of risk stratification schemes to predict thromboembolism in people with nonvalvular atrial fibrillation. J Am Coll Cardiol 2008 ; 51 : 816-817
7) Camm AJ, et al : Guidelines for the management of atrial fibrillation The Task Force for the Management of Atrial Fibrillation of the European Society of Cardiology (ESC). European Heart Journal 2010 ; 31 : 2369-2429
9) Lip GYH, et al : Comparative Validation of a Novel Risk Score for Predicting Bleeding Risk in Anticoagulated Patients With Atrial Fibrillation. The HAS-BLED (Hypertension, Abnormal Renal/Liver Function, Stroke, Bleeding History or Predisposition, Labile INR, Elderly, Drugs/Alcohol Concomitantly) Score. J Am Coll Cardiol 2011 ; 57 : 173-180
P.183 掲載の参考文献
4) B. E. Andrews, et al : Community-acquired Pneumonia in Adults in British Hospitals in 1982-1983 : A Survey of Aetiology, Mortality, Prognostic Factors and Outcome. Quarterly Journal of Medicine 1982 ; 239 : 195-220
13) Mandell LA, et al : Infectious Disease Society of American/American Thoracic Society consensus guidelines for the management of community acquired pneumonia in adults. Clin Infect Dis 2007 ; 44 : 27-72
P.194 掲載の参考文献
P.202 掲載の参考文献
P.210 掲載の参考文献
8) Kalan M, et al : Evaluation of the modified Alvarado score in the diagnosis of acute appendicitis : a prospectivestudy. Ann R Coll Surg 1994 ; 76 : 418-419
P.219 掲載の参考文献
P.226 掲載の参考文献
P.232 掲載の参考文献
1) Thanapaisan C, et al : Sixty-one cases of obturator hernia in Chiangrai Regional Hospital : retrospective study. J Med Assoc Thai 2006 ; 89 : 2081-2085
P.238 掲載の参考文献
2) Roberes, James R, Hedges, Jerris R : Clinical Procedures in Emergency Medicine. 4th ed. W B Saunders Co, 2013
P.244 掲載の参考文献
2) 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2013年改訂版). Guidelines for Pharmacotherapy of Atrial Fibrillation (JCS 2013)
P.250 掲載の参考文献
P.255 掲載の参考文献
P.261 掲載の参考文献
P.267 掲載の参考文献
2) Eiff MP, Hatch R, et al : Fracture Management for Primary Care. 2nd ed. WB Saunders, 2002
3) Marx JA, et al : Rosen's Emergency Medicine : Concepts and Clinical Practice. 6th ed. Mosby Elsevier, 2006
P.272 掲載の参考文献
P.277 掲載の参考文献
1) Wolfson AB, et al : Harwood-Nuss' Clinical Practice of Emergency Medicine. 5th ed. Lippincott Williams & Wilkins, 2009
2) 林寛之 : ステップ ビヨンド レジデント 1-救急診療の基本編. 羊土社, 2006
5) Purcell TB : The somatic patient. Emerg Med Clin North Am 1991 ; 9 : 137-159
P.282 掲載の参考文献
P.288 掲載の参考文献
P.294 掲載の参考文献
P.299 掲載の参考文献
P.305 掲載の参考文献
P.310 掲載の参考文献
P.316 掲載の参考文献
P.322 掲載の参考文献
P.327 掲載の参考文献
P.333 掲載の参考文献
P.339 掲載の参考文献
P.344 掲載の参考文献
P.350 掲載の参考文献
P.356 掲載の参考文献
P.361 掲載の参考文献
2) POULSEN A : Some clinical features of tuberculosis. Acta Tuberc Scand 1957 ; 33 : 37-92 ; concl
3) 四元秀毅 : 医療者のための結核の知識 第4版. 医学書院, 2013
4) Marshall JB : Tuberculosis of the gastrointestinal tract and peritoneum. Am J Gastroenterol 1993 ; 88 : 989-999
5) 日本結核病学会 : 結核診療ガイドライン. 南江堂, 2012
P.368 掲載の参考文献
P.376 掲載の参考文献
P.383 掲載の参考文献
P.390 掲載の参考文献
P.395 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...