日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

出版社: 日本臨牀社
発行日: 2014-11-20
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 00471852
雑誌名:
特集: 神経症候群(第2版)V―その他の神経疾患を含めて―
電子書籍版: 2014-11-20 (第2版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

19,980 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

19,980 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • No.26 神経症候群I ( 第2版 ) 内容項目一覧
  • No.27 神経症候群II ( 第2版 ) 内容項目一覧
  • No.28 神経症候群III ( 第2版 ) 内容項目一覧
  • No.29 神経症候群IV ( 第2版 ) 内容項目一覧
  • No.31 神経症候群VI ( 第2版 ) 内容項目一覧
  • 序文
  • IX 周産期障害
  • 1. 新生児低酸素性虚血性脳症
  • 2. 頭蓋内出血
  • 3. 硬膜下血腫
  • 4. 脳梗塞
  • 5. 脳室周囲白質軟化症
  • 6. 低血糖症と脳障害
  • 7. ビリルビンと脳傷害
  • 8. TORCH症候群
  • (1) 先天性トキソプラズマ症
  • (2) 先天梅毒
  • (3) 先天性水痘帯状疱疹ウイルス感染症
  • (4) 先天性サイトメガロウイルス感染症
  • (5) 先天性風疹症候群
  • (6) 先天性ヒトパルボウイルスB19感染症
  • 9. HIV - 1感染症
  • 10. 細菌性髄膜炎
  • 11. 真菌感染症
  • 12. 分娩損傷
  • 13. 羊膜索症候群
  • 14. 新生児薬物離脱症候群
  • 15. 双胎間輸血症候群
  • X 脊髄・脊椎疾患, 髄液動態異常
  • 1. 平山病 ( 若年性一側上肢筋萎縮症 )
  • 2. 頸椎症性脊髄症
  • 3. 頸椎症性神経根症
  • 4. 頸椎症性筋萎縮症
  • 5. 椎間板ヘルニア
  • 6. 後縦靱帯骨化症
  • 7. 黄色靱帯骨化症
  • 8. 腰部脊柱管狭窄症
  • 9. 特発性側彎症
  • 10. Brown - Sequard症候群
  • 11. 脊髄癒着性くも膜炎
  • 12. HIV - 1関連脊髄症
  • 13. HTLV - 1関連脊髄症 ( HAM )
  • 14. 脊髄出血性疾患 ( 脊髄硬膜外血腫, 脊髄硬膜下血腫, 脊髄くも膜下血腫, 脊髄髄内出血 )
  • 15. Cobb syndrome ( spinal arteriovenous metameric syndrome )
  • 16. 髄液動態異常
  • (1) 正常圧水頭症
  • (2) 低髄液圧症候群 ( 脳脊髄液減少症 )
  • (3) 特発性頭蓋内圧亢進症
  • XI 内科疾患にみられる神経障害 ( 疾患 )
  • 1. 内分泌疾患, 糖尿病
  • (1) 視床下部・下垂体疾患
  • 1) 下垂体機能低下症
  • 2) 下垂体卒中
  • 3) 下垂体炎
  • 4) バソプレシン不適合分泌症候群
  • 5) 尿崩症
  • 6) トルコ鞍空洞症候群
  • 7) 間脳症候群
  • (2) 甲状腺疾患
  • 1) 甲状腺機能亢進症
  • 2) 甲状腺機能低下症
  • 3) 橋本脳症
  • (3) 副甲状腺疾患
  • 1) 副甲状腺機能亢進症
  • 2) 副甲状腺機能低下症
  • 3) 偽性副甲状腺機能低下症
  • (4) 副腎疾患
  • 1) 副腎皮質機能亢進症
  • 2) 副腎皮質機能低下症, 副腎クリーゼ
  • 3) 原発性アルドステロン症
  • (5) 膵内分泌腫瘍
  • (6) 多発性内分泌腫瘍症
  • (7) 糖尿病
  • 1) 糖尿病性神経障害
  • (1) 全般性対称性多発神経障害
  • (2) 糖尿病性自律神経障害
  • (3) 局所性および多巣性神経障害
  • 2) 糖尿病性昏睡
  • (8) 高インスリン性低血糖症
  • (9) 膵性脳症
  • 2. ビタミン欠乏・過剰症
  • (1) ビタミン欠乏症
  • 1) チアミン欠乏
  • 2) ピリドキシン欠乏症
  • 3) ニコチン酸 ( ナイアシン ) 欠乏症
  • 4) ビタミンB12欠乏症
  • 5) 葉酸欠乏症
  • 6) ビタミンA欠乏症
  • 7) ビタミンD欠乏症
  • 8) ビタミンE単独欠損性運動失調症
  • 9) ビタミンK欠乏症
  • (2) ビタミン過剰症
  • 1) ピリドキシン過剰症
  • 2) ビタミンA過剰症
  • 3) ビタミンD過剰症
  • 3. 肝・腎・肺疾患
  • (1) 肝疾患
  • 1) 肝性脳症
  • 2) 門脈 - 大循環性脳症, シャント脳症, 猪瀬型肝脳疾患
  • 3) シトルリン血症
  • 4) 肝性ミエロパチー, 肝性ニューロパチー
  • 5) Chronic acquired ( non - Wilsonian ) hepatocerebral degeneration
  • (2) 腎疾患
  • 1) 尿毒症性脳症, 透析脳症
  • 2) 尿毒症性ニューロパチー
  • 3) 透析不均衡症候群
  • 4) 長期透析症候群
  • 5) 透析アミロイドーシス, 透析手根管症候群
  • 6) レストレスレッグ症候群
  • 7) 灼熱脚症候群
  • (3) 肺疾患
  • 1) 肺性脳症
  • (1) CO2ナルコーシス
  • (2) 低酸素性脳症
  • 2) 睡眠時無呼吸症候群 ( SAS ) ( 肥満低換気症候群含む )
  • 3) 過換気症候群
  • 4. 血液疾患
  • (1) 造血幹細胞異常 : 再生不良性貧血
  • (2) 赤血球の異常
  • (3) 白血球 ( 顆粒球 ) の異常 ( 悪性腫瘍を除く )
  • 1) Chediak - Higashi症候群
  • 2) Shwachman - Diamond症候群
  • 3) 全身性肥満細胞症
  • 4) 特発性好酸球増加症候群
  • 5) 脳脊髄液リンパ球増多症を伴う一過性頭痛と神経学的欠損症候群 ( HaNDL )
  • (4) 免疫不全症候群
  • (5) 血小板異常
  • (6) 凝固線溶異常
  • (7) 血栓形成性疾患
  • (8) 造血器悪性腫瘍と類縁疾患
  • 1) 白血病
  • 2) 成人T細胞白血病 / リンパ腫
  • 3) リンパ腫
  • 4) 血管内リンパ腫
  • 5) 血球貪食症候群
  • (9) 血漿タンパクの異常
  • 1) 多発性骨髄腫
  • 2) POEMS症候群
  • 3) 原発性マクログロブリン血症
  • 4) 単クローン性免疫グロブリン沈着病
  • (1) ALアミロイドーシス
  • (2) 単クローン性軽鎖重鎖沈着病
  • 5) クリオグロブリン血症
  • (10) その他
  • 1) 海青組織球症候群 ( sea - blue histiocyte症候群 )
  • 2) 慢性移植片対宿主病
  • 3) 高血液粘度症候群
  • 4) 造血幹細胞移植におけるthrombotic microangiopathy
  • XII 医薬品副作用, 中毒性疾患
  • 1. 医薬品による神経・筋骨格系障害
  • (1) 医薬品による神経・筋骨格系障害概論
  • (2) 運動失調
  • (3) ギラン・バレー症候群
  • (4) 痙攣・てんかん
  • (5) ジスキネジア
  • (6) アカシジア
  • (7) 薬剤性白質脳症
  • (8) 末梢神経障害
  • (9) 薬剤性パーキンソニズム
  • (10) 無菌性髄膜炎
  • (11) 小児急性脳症
  • (12) 横紋筋融解症
  • (13) 悪性症候群
  • (14) 悪性高熱症
  • 2. 金属, 薬品・化学物質による中毒性疾患
  • (1) 金属
  • 1) 水銀
  • 2) 慢性カドミウム中毒
  • 3) ヒ素
  • 4) 鉛中毒
  • 5) 微量元素
  • (2) 薬品・化学物質
  • 1) 農薬
  • 2) 工業用品
  • 3) 有機溶剤
  • 4) アクリルアミド
  • 5) エタノール ( アルコール )
  • 6) サリン
  • 7) 一酸化炭素中毒
  • (3) 自然毒
  • 1) ボツリヌス毒
  • 2) フグ毒
  • 3) シガテラ魚類食中毒
  • 4) パリトキシン様毒とパリトキシン
  • 5) 貝毒
  • 6) ヘビ毒
  • 7) クモ毒
  • 8) ハチ ( ハチ刺傷 )
  • 9) クラゲ - カギノテクラゲ刺傷を中心に -
  • 10) ダニ
  • 11) キノコ毒
  • 12) 有毒植物
  • 13) 銀杏 ( ぎんなん )
  • 14) ニコチン ( タバコ )
  • XIII その他の神経疾患
  • 1. Adie症候群
  • 2. Anton症候群
  • 3. Balint症候群
  • 4. Fahr病
  • 5. Gerstmann症候群
  • 6. HELLP症候群
  • 7. Infantile bilateral striatal necrosis ( IBSN )
  • 8. Kluver - Bucy症候群
  • 9. Marchiafava - Bignami病
  • 10. Melkersson - Rosenthal症候群
  • 11. Posterior cortical atrophy ( 後部皮質萎縮 )
  • 12. Ross症候群
  • 13. Sener症候群
  • 14. Sneddon症候群
  • 15. 低酸素性虚血性脳症, 蘇生後脳症
  • 16. 急性壊死性脳症
  • 17. 古典的Reye症候群, Reye様症候群
  • 18. 出血性ショック脳症症候群
  • 19. けいれん重積型急性脳症 ( 二相性けいれんと遅発性拡散能低下を呈する急性脳症 )
  • 20. 可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症
  • 21. 偽性髄膜瘤
  • 22. 緊張性気脳症
  • 23. 高山病
  • 24. 減圧障害
  • 25. 子癇
  • 26. 首振り人形症候群
  • 27. 新生児早老症様症候群
  • 28. 浸透圧性髄鞘崩壊症
  • 29. 電解質異常による神経障害
  • 30. 特発性分節性無汗症
  • 31. 脳表ヘモジデリン沈着症
  • 32. 不思議の国のアリス症候群
  • 33. 放射線脊髄症 ( ATRMとCPRM )
  • 34. 脳放射線壊死
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

IX 周産期障害

P.9 掲載の参考文献
15) 早川昌弘 : 周産期学シンポジウム アンケート調査報告, 本邦における新生児低酸素性虚血性脳症の現状と病態に関する研究. 周産期学シンポジウム抄録集 31 : 23-27, 2013.
P.16 掲載の参考文献
5) 川口千晴, 高橋幸博 : 正期産児の特発性頭蓋内出血-全国アンケート調査結果の解析-. 日未熟児新生児会誌 23 : 595, 2011.
12) 長江千愛ほか : 血友病患者における新生児の出血に関する検討. 日小児会誌 118 : 314, 2014.
16) Davis AS, et al ; Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human Development Neonatal Research Network : Outcome of extremely preterm infants following severe intracranial hemorrhage. J Perinatol 34 : 203-208, 2014.
P.20 掲載の参考文献
1) Volpe JJ : Intracranial hemorrhage. In : Neurology of the Newborn, p 481-588, Saunders, Philadelphia, 2008.
2) 平川公義ほか : テント裂傷による新生児の側頭後頭葉底面硬膜下血腫. 脳神経外科 7 : 735-742, 1979.
5) 丸山麻美ほか : 新生児後頭蓋窩硬膜下血腫の脳エコー像. Neurosonology 26 : 102-105, 2014.
6) Whitby EH, et al : Frequency and natural history of subdural haemorrhages in babies and relation to obstetric factors. Lancet 362 : 846-851, 2003.
7) 林隆士ほか : 天幕裂傷に伴う新生児硬膜下血腫-生存48例に関する臨床的分析-. 脳神経 38 : 669-676, 1986.
8) 高田明ほか : 新生児硬膜下血腫の検討. 日未熟児新生児会誌 24 : 641, 2012.
9) 前田知己 : 外傷性頭蓋内出血の診断. 周産期医学 43 増刊号 : 586-589, 2013.
10) 玉井普, 船戸正久 : 新生児頭蓋内出血の診断. 産婦人科治療 72 : 747-754, 1996.
13) 伊東洋ほか : 新生児急性後頭蓋窩硬膜下血腫の予後. Neurol Med Chir (Tokyo) 25 : 374-380, 1985.
15) 片山義規, 李容桂 : -周産期脳障害の要因-頭蓋内出血. 周産期医学 38 : 689-693, 2008.
P.24 掲載の参考文献
1) Lynch JK, et al : Report of the National Institute of Neurological Disorders and Stroke workshop on perinatal and childhood stroke. Pediatrics 109 : 116-123, 2002.
5) 石和俊ほか : 新生児脳梗塞の1例とその文献的考察. 日周産期・新生児会誌 26 : 797-802, 1990.
10) 菊池健二郎ほか : 過去25年間における新生児動脈性脳梗塞症例. 日小児会誌 116 : 1094-1101, 2012.
12) 脳卒中合同ガイドライン委員会 (編) : 脳卒中治療ガイドライン2009. [http://www.jsts.gr.jp/main08a.html]
P.29 掲載の参考文献
9) O'Callaghan ME, et al : Fetal and maternal candidate single nucleotide polymorphism associations with cerebral palsy : a case-control study. Pediatrics 129 : e414-423, 2012.
15) Kubota T, et al : Symptomatic Localized-Related Epilepsy Associated with Periventricular Leukomalacia. Epilepsia 46 (s2) : 11-14, 2005.
P.34 掲載の参考文献
P.39 掲載の参考文献
2) 中村肇ほか : 早産児の黄疸管理の現状と課題. 日未熟児新生児会誌 26 : 57-66, 2014.
3) Volpe JJ : Bilirubin and brain injury. In : Neurology of the Newborn, 5th ed (ed by Volpe JJ), p 619-651, Saunders Elsevier, Philadelphia, 2008.
4) Van Praagh R : Diagnosis of kernicterus in the neonatal period. Pediatrics 28 : 870-876, 1961.
5) 大西鐘寿ほか : 新生児黄疸におけるビリルビン代謝の基礎的並びに臨床的研究 : 光療法の作用機構の解明への道. 日新生児会誌 35 : 589-642, 1999.
6) 中村肇 : 高ビリルビン血症の管理. 未熟児新生児の管理 (神戸大学医学部小児科編), p 225-240, 日本小児医事出版社, 2000.
P.44 掲載の参考文献
1) Dubey JP : Toxoplasmosis of Animals and Man, 2nd ed, CRC Press, Boca Raton, FL, 2010.
3) 矢野明彦, 青才文江 : トキソプラズマ症理解のための基礎編. 日本におけるトキソプラズマ症 (矢野明彦編, 青才文江・野呂瀬一美共同執筆), p 1-24, 九州大学出版会, 2007.
4) 矢野明彦, 青才文江 : 臨床編 : 先天性トキソプラズマ症. 日本におけるトキソプラズマ症 (矢野明彦編, 青才文江・野呂瀬一美共同執筆), p 25-68, 九州大学出版会, 2007.
5) Shiono Y, et al : Maternal-fetal transmission of Toxoplasma gondii in interferon-γ deficient pregnant mice. Parasitol Int 56 (2) : 141-148, 2007.
6) 青才文江 : トキソプラズマ感染の予防・疫学と母子感染. 母子感染 (川名尚・小島俊行編), p 160-166, 金原出版, 2011.
8) 青才文江 : トキソプラズマ. バイオセーフティの事典 : 病原微生物とハザード対策の実際 (バイオメディカルサイエンス研究会編), p 132-133, みみずく舎, 2008.
9) He N, et al : Parasite load in pregnant mice infected by Toxoplasma gondii assayed by quantitative competitive-PCR. Parasitol Int 46 : 143-147, 1997.
10) 小島俊行 : トキソプラズマの母子感染. 母子感染 (川名尚, 小島俊行編), p 136-154, 金原出版, 2011.
11) 矢野明彦 : 非感染性先天性トキソプラズマ症-高度先進医療における新たな先天性トキソプラズマ症の確立に向けて-. 感染・炎症・免疫 34 : 2-13, 2004.
P.47 掲載の参考文献
1) 堀成美, 多田有希 : 増加が懸念される先天梅毒と公衆衛生上の課題. IASR 29 : 245-246, 2008.
2) 国立感染症研究所感染症情報センター : 年別報告数一覧. [http://idsc.nih.go.jp/idwr/ydata/report-Ja.html]
3) Gutman LT : Syphilis. In : Textbook of Pediatric Infectionus Diseases, Vol 2, 4th ed, p 1543-1556, Saunders, Philadelphia, 1998.
4) 米国小児科学会 : 梅毒. 最新感染症ガイドRed Book, 27th ed, p 631-644, 日本小児医事出版社, 2007.
5) 日本性感染症学会 : 梅毒. 性感染症診断・治療ガイドライン2008. 日本感染症学会誌 19 (Suppl) : 46-48, 2008.
6) 宮園弥生, 宮本泰行 : 先天梅毒. 周産期医学 29 (増刊号) : 487-490, 1999.
P.51 掲載の参考文献
2) McCarter-Spaulding DE : Varicella infection in pregnancy. J Obstet Gynecol Neonatal Nurs 30 : 667-673, 2001.
4) Sauerbrrei A, Wutzler P : The congenital varicella syndrome. J Perinatal 20 : 548-554, 2000.
10) Grose C : Variation on a theme by Fenner : the pathogenesis of chickenpox. Pediatrics 68 : 735-737, 1981.
11) Arvin AM : Investigation of the pathogenesis of varicella zoster virus infection in the SCIDhu mouse model. Herpes 13 : 75-80, 2006.
12) 寺田喜平ほか : 生後2か月で水痘感染し, 2か月後に帯状疱疹を発症した1乳児例. 小児科臨床 54 : 2061-2064, 2001.
14) 寺田喜平ほか : 小児期における帯状疱疹77例とRamsay Hunt症候群7例の特徴. 小児感染免疫 13 : 163-167, 2001.
P.55 掲載の参考文献
2) 山田秀人 : 先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討, 妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究, 厚生労働科学研究費補助金 (成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業), 平成23-24年度 総合研究報告書, p 11-27, 2013.
3) 沼田義夫 : 本邦におけるサイトメガロウイルス感染症. 日本臨牀 35 (増刊号 9) : 2738-2742, 1977.
7) Yoshinaga-Itano C, et al : Language of early-and later-identified children with hearing loss. Pediatrics 102 : 1161-1171, 1998.
14) 森内浩幸 : 先天性CMV感染治療プロトコール. 小児感染免疫 22 : 385-389, 2010.
P.59 掲載の参考文献
1) Committee on Infectious Diseases, American Academy of Pediatrics : Rubella. In : Red Book : 2012 Report of the Committee on Infectious Diseases, 29th ed, p 629-634, American Academy of Pediatrics, Elk Grove Village, 2012.
2) 厚生労働科学研究費補助金新興・再興感染症研究事業分担研究班「風疹流行にともなう母児感染の予防対策構築に関する研究」研究班 : 風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言, 2004.
3) 国立感染症研究所 : 先天性風しん症候群 (CRS) の報告 (2014年3月26日現在). [http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/ha/rubella.html]
4) Maldonado YA : Rubella virus. In : Principles and Practice of Pediatric Infectious Diseases, 4th ed, p 1112-1117, Elsevier Saunders, Philadelphia, 2012.
5) 宮崎千明 : 風疹, 先天性風疹症候群. 小児科疾患診療のための病態生理, 第4版 (「小児内科 」, 「小児外科」編集委員会共編), p 1115-1119, 東京医学社, 2008.
6) 加藤茂孝 : 先天性風疹症候群および胎児風疹感染のウイルス遺伝子診断. 母子感染 (川名尚, 小島俊行編), p 173-178, 金原出版, 2011.
7) 日本周産期・新生児学会 (編) : 先天性風疹症候群 (CRS) 診療マニュアル, 2014. [http://www.jspnm.com/Teigen/docs/CRSver7.pdf]
10) 日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会 (編) : 妊婦における風疹罹患の診断と対応は? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2011, p 246-249, 2011.
11) 国立感染症研究所 : 先天性風疹症候群の1例-岡山県. 病原微生物検出情報 24 (3) : 59-60, 2003.
P.64 掲載の参考文献
1) 成瀬寛夫 : ヒトパルボウイルスB19の母子感染-予防・治療とその限界-. 臨床とウイルス 40 : 82-89, 2012.
3) 成瀬寛夫ほか : 3,000人の妊婦血清が語るヒトパルボウイルスB19感染の実態 感染の特徴と母子感染予防の可能性. 周産期学シンポジウム 18 : 65-71, 2000.
10) 田中敏博 : TORCH09先天性・周産期感染症の実態調査 : 先天性パルボウイルスB19感染症. 日周産期・新生児会誌 47 : 356, 2011.
15) Yaegashi N, et al : The incidence of, and factors leading to, parvovirus B19-related hydrops fetalis following maternal infection ; report of 10 cases and meta-analysis. J Infect 37 : 28-35, 1998.
P.69 掲載の参考文献
1) CDC : 1994 Revised Classification System for Human Immunodeficiency Virus Infection in Children Less Than 13 Years of Age. MMWR 43 (RR-12) : 1-10, 1994.
2) 中川正法 : 精神疾患と神経疾患の境界領域 エイズ脳症. 分子精神医学 13 : 185-191, 2013.
4) Belman AL : HIV-1/AIDS in infants and children. In : Current Management in Child Neurology, 3rd ed (ed by Maria BL), p 356-365, BC Decker Inc, London, 2005.
9) 外川正生, 天羽清子 : 小児HIV感染症における免疫再構築症候群. 小児の発熱A to Z (原寿郎編), p 244-247, 診断と治療社, 2012.
P.73 掲載の参考文献
2) 新庄正宜ほか : 本邦における小児細菌性髄膜炎の動向 (2009~2010). 感染症誌 86 : 582-591, 2012.
4) 市之宮健二ほか : Campylobacter fetusによる新生児髄膜炎の1例-自験例および本邦報告例の検討-. 日周産期・新生児会誌 47 : 113-118, 2011.
7) 野々山勝人 : 新生児の髄膜炎. 小児科診療 72 : 1601-1605, 2009.
8) 及川純子, 石和田稔彦 : 髄膜炎の迅速診断-最新の診断法を含めて. 感染と抗菌薬 14 : 334-339, 2011.
9) 細菌性髄膜炎の診療ガイドライン作成委員会 (編) : 細菌性髄膜炎の診療ガイドライン (日本神経治療学会, 日本神経学会, 日本神経感染症学会監修), p 52-61, 医学書院, 2007.
P.77 掲載の参考文献
1) 衛藤義勝 (監) : 真菌感染症. ネルソン小児科学 (第17版), p 1036-1039, エルゼビア・ジャパン, 2005.
2) 大石昌典 : 真菌感染症. 周産期医学 29 (増刊号) : 483-486, 1999.
3) 安積明子ほか : 新生児におけるβ-D-グルカン値の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌 41 (2) : 291, 2005.
4) Stoll BJ, et al : Early-onset sepsis in very low birth weight neonates : a report from the National Institute of Child Health and Human Development Neonatal Research Network. J Pediatr 129 : 63-71, 1996.
6) 太田栄治ほか : 過去8年間の当院NICUにおける深在性カンジダ症の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌 45 (4) : 1361-1365, 2009.
7) Taeusch HW, et al : Fungal infections in the neonatal intensive care unit. In : Avery's Disease of the Newborn, 8th ed (ed by Hostetter MK), p 595-600, Elsevier Saunders, Philadelphia, 2004.
8) 嶋田泉司 : 真菌感染症. 周産期医学 36 (増刊号) : 543-544, 2006.
9) 岡部信彦 (監) : 最新感染症ガイド R-Book 2012, p 265-269, 日本小児医事出版社, 2012.
10) 山田恭聖 : 真菌. 周産期医学 41 : 405-410, 2011.
12) 深在性真菌症のガイドライン作成委員会 : 深在性真菌症の診断と治療のフローチャート解説. 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2007, p 113-115, 協和企画, 2007.
13) 太田栄治ほか : 生下時の皮疹が診断の契機となった先天性カンジダ症の2例. 小児感染症免疫 24 (3) : 279-284, 2012.
14) 大城誠ほか : 超早産児に対するフルコナゾールを用いた真菌感染予防対策. 日未熟児新生児会誌 20 (2) : 95-102, 2008.
15) Johnson DE, et al : Systemic candidiasis in very low-birth-weight infants (less than 1,500 grams). Pediatrics 73 (2) : 138-143, 1984.
P.81 掲載の参考文献
1) 中澤祐介, 茨聡 : 分娩損傷. 周産期医学 40 : 95-98, 2010.
8) Toker A, et al : Cesarean section and the risk of fractured femur. Isr Med Assoc J 11 : 416-418, 2009.
12) 上原陽治ほか : 可逆的両側声帯麻痺を呈した新生児の1症例 : 文献的考察を含めて. 日未熟児新生児会誌 26 : 105-109, 2014.
P.84 掲載の参考文献
3) Streeter GL : Focal deficiencies in fetal tissues and their relation to intrauterine amputation. Contr Embryol Carnegie Inst 22 : 1-44, 1930.
4) Tropin R : Amniochorionic mesoblastic fibrous stings and amniotic band. Am J Obstet Gynecol 91 : 65-75, 1965.
P.89 掲載の参考文献
1) 伊藤直樹, 伊藤真也 : 妊娠中の選択薬セロトニン再取り込み阻害剤服用に伴う胎児・新生児への影響. 日児誌 110 : 1632-1637, 2006.
2) 伊藤進ほか : 抗痙攣剤・向精神薬服用妊婦より出生した新生児の管理. 「新生児期の疾患とケアに関する研究」平成7年度厚生省心身障害研究報告書, p 23-24, 1996.
3) 伊藤進ほか : 抗痙攣剤・向精神薬服用妊婦より出生した新生児の管理. 「新生児期の疾患とケアに関する研究」平成8年度厚生省心身障害研究報告書, p 22-23, 1997.
4) 磯部健一ほか : 薬物内服中の母親から出生した新生児の管理の現状. 「ハイリスク児の総合的ケアシステムに関する研究」平成5年度厚生省心身障害研究報告書, p 71, 1994.
5) 磯部健一ほか : 薬物内服中の母親から出生した新生児の管理の現状. 「ハイリスク児の総合的ケアシステムに関する研究」平成5年度厚生省心身障害研究報告書, p 60, 1995.
6) 伊藤進ほか : 新生児薬物離脱症候群. 重篤副作用疾患別対応マニュアル (第4集) (一般財団法人日本医薬情報センター編), p 211-224, JAPIC, 2010.
9) Pruitt AW, et al : Committee on drug ; neonatal drug withdrawal. Pediatrics 72 : 895-903, 1983.
10) Finnegan LP, et al : Neonatal abstinence syndrome : assessment and management. Addict Dis 2 : 141-158, 1975.
12) 磯部健一ほか : 新生児離脱症候群の管理と薬物代謝 ; 抗痙攣剤と向精神薬. 周産期学シンポジウム 14 : 65-75, 1996.
13) Dow K, et al ; Neonatal Abstinence Syndrome Work Group : Neonatal abstinence syndrome clinical practice guidelines for Ontario. J Popul Clin Pharmacol 19 : e488-e506, 2012.
14) Finnegan LP, et al : Management of neonatal narcotic abstinence utilizing a phenobarbital loading dose method. Int J Clin Pharmacol Biopharm 12 : 19-32, 1975.
15) Neonatal drug withdrawal. American Academy of Pediatrics Committee on Drugs. Pediatrics 101 : 1079-1088, 1998.
P.93 掲載の参考文献

X 脊髄・脊椎疾患, 髄液動態異常

P.101 掲載の参考文献
1) 平山惠造ほか : 筋萎縮症の一新特異型の存在について-若年に発病し一側前腕より末梢に限局する進行の遅い特殊な筋萎縮症. 精神経誌 61 : 2180-2198, 1959.
2) 平山惠造ほか : 若年性一側上肢筋萎縮症の初剖検例. 神経内科 22 : 85-88, 1985.
4) 平山惠造 : 若年性一側上肢筋萎縮症-その発見から治療まで. 臨床神経 33 : 1235-1243, 1993.
5) 平山惠造 : 若年性一側上肢筋萎縮症 (平山病)-発見からの半世紀. Brain Nerve 60 : 17-29, 2008.
6) 平山惠造, 田代邦雄 : 平山病-発見から半世紀の歩み. 診断・治療・病態機序, p 1-150, 文光堂, 2013.
7) 田代邦雄ほか : 平山病の全国疫学調査. 神経内科 65 : 222-230, 2006.
8) 得丸幸夫, 平山惠造 : 若年性一側上肢筋萎縮症における下部頸髄硬膜後壁の前方移動について. 臨床神経 29 : 1237-1243, 1989.
9) 平山惠造, 得丸幸夫 : 若年性一側上肢筋萎縮症の頸椎カラー治療とその予後. 神経内科治療 8 : 523-526, 1991.
10) 北耕平, 平山惠造 : 神経疾患治療ノート. 平山病 (若年性一側上肢筋萎縮症). Clin Neurosci 31 : 120-121, 2013.
P.105 掲載の参考文献
1) 小田裕胤 : 疫学・自然経過. NEW MOOK整形外科 No.6 頸椎症 (越智隆弘, 菊地臣一編), p 22-29, 金原出版, 1999.
2) 安藤哲朗ほか : 頸椎症および頸椎後縦靱帯骨化症の頸椎動態MRI-dynamic compressionの意義-. 臨床神経 32 : 30-36, 1992.
3) 亀山隆, 橋詰良夫 : 変形性頸椎症の病理. 神経内科 55 : 333-345, 2001.
4) 服部奨, 河合伸也 : 頸椎症の臨床診断, 整形外科の立場から. 整形外科MOOK No.6 頸椎症の臨床 (伊丹康人, 西尾篤人編), p 13-40, 金原出版, 1979.
6) 国分正一 : 頸椎症性脊髄症における責任椎間板高位の神経学的診断. 臨床整形外科 19 : 417-424, 1984.
8) 中島雅士, 平山惠造 : 深部感覚障害型頸椎症の病態. 神経研究の進歩 37 : 235-244, 1993.
10) 加藤寿雄ほか : Cervical spondylosisにおける脊椎管対椎体前後径比の診断的意義. 臨床神経 16 : 319-325, 1976.
12) 安藤哲朗 : 頸椎症の診療. 臨床神経学 52 : 469-479, 2012.
13) 安藤哲朗, 土方靖浩 : 脊髄サルコイドーシスの診療. 神経内科 77 : 72-81, 2012.
15) 安藤哲朗 : 頸椎症性脊髄症の自然経過からみた手術適応. 脊椎脊髄ジャーナル 12 : 676-680, 1999.
P.110 掲載の参考文献
2) Campbell WW : DeJong's The Neurologic Examination, 7th ed, Wolters Kluwer, Philadelphia, 2013.
3) 田中靖久, 国分正一 : 頸部神経根症と頸部脊髄症の症候による診断. New Mook整形外科 頸椎症 (越智隆弘, 菊池臣一編), p 30-38, 金原出版, 1999.
5) 藤本吉範 : 頸椎症性脊髄症, 頸椎症性神経根症. 脊椎脊髄ジャーナル 19 : 454-465, 2006.
6) 安井敬三ほか : 頸椎症における神経根症と脊髄症の鑑別. 脊椎脊髄ジャーナル 15 : 434-439, 2002.
8) 福武敏夫 : 病歴聴取および診察のポイント : 神経内科から. 脊椎脊髄ジャーナル 18 : 378-389, 2005.
10) 松田芳郎 : 頸椎症の鑑別診断-診断上のpitfall. New Mook整形外科 頸椎症 (越智隆弘, 菊池臣一編), p 39-47, 金原出版, 1999.
12) 高宮孝悟 : 下垂手を主訴とする脳梗塞の一例. 臨床神経 29 : 778-780, 1989.
13) 福武敏夫 : 脳梗塞によるpseudo-ulnar syndrome (偽性尺骨神経症候群) : 頸椎椎間板ヘルニア合併例での検討. 脊椎脊髄ジャーナル 19 : 883-885, 2006.
14) 橘滋国 : シビレを感じたら読む本 : 自己診断と正しい医者えらび, p 101-102, 講談社, 1993.
15) 福武敏夫 : 頸椎症に対する保存療法-特に夜間カラー療法について. 脊椎脊髄ジャーナル 15 : 543-546, 2002.
P.115 掲載の参考文献
1) 柳務ほか : Cervical spondylotic amyotrophyの臨床特徴. 臨床神経 16 : 520-528, 1976.
3) 亀山隆, 安藤哲朗 : 頸椎症性筋萎縮症. 神経内科 77 : 15-23, 2012.
4) 坪井義夫ほか : 頸部脊椎症性筋萎縮症-近位型と遠位型の臨床, 画像, 電気生理学的比較. 臨床神経 35 : 147-152, 1995.
6) 伊藤達雄ほか : 頸椎疾患におけるdissociated motor loss (Keegan) の臨床的検討. 日整会誌 54 : 135-151, 1980.
8) 亀山隆, 橋詰良夫 : 変形性頸椎症の病理. 神経内科 55 : 335-345, 2001.
9) 柳務, 安藤哲朗 : 筋萎縮型頸椎症の病態. 神経研究の進歩 37 : 226-234, 1993.
10) 田中靖久ほか : 上肢帯の筋萎縮をきたす頸椎変性疾患の脊柱因子. 整形・災害外科 39 : 117-123, 1996.
12) 園生雅弘 : ALSと脊椎脊髄疾患の鑑別 : 針筋電図から. 脊椎脊髄ジャーナル 23 : 1075-1082, 2010.
P.119 掲載の参考文献
2) 花北順哉 : 腰椎椎間板ヘルニア. 脊椎脊髄ジャーナル 14 : 673-679, 2001.
3) 花北順哉 : 腰椎椎間板ヘルニアをめぐるいくつかの問題点について. 脳神経外科ジャーナル 6 : 674-681, 1997.
4) 花北順哉 : 未成年者における腰椎椎間板ヘルニアの病像と治療上での問題点. 小児の脳神経 22 : 216-220, 1997.
5) 花北順哉ほか : 胸椎後縦靱帯骨化症, 胸椎椎間板ヘルニアの検討. Neurologia medico-chirurgica 31 : 936-942, 1992.
6) 花北順哉 : 胸椎椎間板ヘルニアに対する手術. 脊椎脊髄ジャーナル 7 : 525-532, 1994.
7) 花北順哉ほか : Far lateral typeの腰椎椎間板ヘルニアの画像診断と手術法の検討. 脳神経外科ジャーナル 10 : 647-653, 2001.
9) 花北順哉 : 腰椎椎間板ヘルニアのマイクロサージャリー. 脊椎脊髄ジャーナル 5 : 41-48, 1992.
12) Smyth H, et al : Surgery in lumbar disc protrusion-a long-term follow-up. Ir Med J 76 : 25-26, 1983.
13) 花北順哉, 諏訪英行 : Microsurgical lumbar discectomyの長期成績. 脊椎脊髄ジャーナル 8 : 521-529, 1995.
14) 花北順哉 : 腰椎椎間板ヘルニア摘出術の基本的手術手技. 脳神経外科ジャーナル 11 : 461-467, 2002.
P.125 掲載の参考文献
1) 月本裕国 : 頸椎後縦靱帯骨により脊髄圧迫症候を呈した1剖検例. 日本外科宝函 29 : 1003-1007, 1960.
3) 吉村典子ほか : 頸椎後縦靱帯骨化症の形態学的特徴 : 大規模コホートより. 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究 平成23年度総括・分担研究報告書, p 27-32, 2012.
4) 山浦伊裟吉 : 脊柱後縦靱帯骨化症の病態と治療. 日整会誌 63 : 355-369, 1989.
5) 田口敏彦 : 頸椎後縦靱帯骨化症の診断について. 脊椎脊髄ジャーナル 19 : 125-131, 2006.
6) 田中雅人 : 頸椎後縦靱帯骨化症の疫学・自然経過について. 脊椎脊髄ジャーナル 19 : 100-105, 2006.
8) 三浦幸雄, 河合清 : 脊柱靱帯骨化症の成因. 後縦靱帯骨化像の双生児調査. 整形外科 44 : 993-998, 1993.
11) 松永俊二ほか : 頸椎後縦靱帯骨化症の成因・病態について. 脊椎脊髄ジャーナル 19 : 107-116, 2006.
13) 後藤澄雄, 丹野隆明 : 後縦靱帯骨化症における骨化の病態, 病因. 脊椎脊髄ジャーナル 2 : 647-652, 1989.
14) 山浦伊裟吉 : 椎間板変性とOPLLの局所要因. 脊椎脊髄 6 : 795-801, 1993.
15) 橋詰良夫ほか : 後縦靱帯骨化症の脊髄の病理. 脊椎脊髄ジャーナル 2 : 641-646, 1989.
16) 大塚訓喜ほか : 頸椎後縦靱帯骨化症の長期経過からみた保存的治療法の適応と限界. 脊椎脊髄ジャーナル 2 : 653-658, 1989.
18) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 /頚椎後縦靱帯骨化症診療ガイドライン策定委員会 (編) : 頚椎後縦靱帯骨化症診療ガイドライン, 改訂第2版 (日本整形外科学会/日 本脊椎脊髄病学会監), 南江堂, 2011.
19) 小柳貴裕ほか : 脊柱靱帯骨化症の画像診断. 頸椎後縦靱帯骨化症における脊髄面積計測の実際と臨床的意義. 脊椎脊髄ジャーナル 6 : 853-858, 1993.
20) 片岡治ほか : 脊柱靱帯骨化症の脊髄障害-頸椎後縦靱帯骨化症における脊髄magnetic resonance imaging所見. 整形外科 44 : 1159-1163, 1993.
22) 岩崎幹季 : 頸椎後縦靱帯骨化症. 脊椎脊髄病学 (岩崎幹季編), p 154-169, 金原出版, 2010.
23) 岩崎幹季ほか : 頸椎後縦靱帯骨化症 : 治療に関するシステマティックレビュ-. 脊椎脊髄ジャーナル 19 : 133-142, 2006.
P.128 掲載の参考文献
1) Polgar F : Uber interarkuelle wirbelverkalkung. Fortschr Geb Roentgenstr Nuklearmed Erganzungsband 40 : 292-298, 1920.
2) 安斉直 : 肥厚硬化セル黄靱帯ニ依ル脊髄神経根圧迫症例. 日整会誌 13 : 305-316, 1938.
3) 佐々木隆一郎ほか : 脊柱靱帯骨化症の全国疫学調査-全国有患者数. 厚生省特定疾患脊柱靱帯骨化症調査研究班, 昭和60年度研究報告書, p 43-54, 1986.
5) Ohtsuka K, et al : An epidemiological survey on ossification of ligaments in the cervical and thoracic spine in individuals over 50 years of age. Nihon Seikeigeka Gakkai Zasshi 60 : 1087-1098, 1986.
7) 相澤俊峰ほか : 黄色靱帯骨化. 脊椎脊髄ジャーナル 20 : 117-124, 2007.
11) 角田圭司, 永田泉 : 腰椎病変を合併した胸椎黄色靱帯骨化症の治療. 3例報告. J Spine Res 2 : 1285-1289, 2011.
P.134 掲載の参考文献
1) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会/腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン策定委員会 (編) : 腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011, 南江堂, 2011.
2) Verbiest H : A radicular syndrome from developmental narrowing of the lumbar vertebral canal. J Bone Joint Surg Br 36-B : 230-237, 1954.
3) North American Spine Society clinical guidelines for multidisciplinary spine care : diagnosis and treatment of degenerative lumbar spinal stenosis. [http://www.spine.org/Documents/NASSCG_Stenosis.pdf]
4) 大谷晃司 : 神経性間欠跛行 1) 疫学. 医薬ジャーナル 43 : 129-131, 2007.
5) Boden SD, et al : Abnormal magnetic-resonance scans of the lumbar spine in asymptomatic subjects. A prospective investigation. J Bone Joint Surg Am 72 : 403-408, 1990.
6) 金景成, 井須豊彦 : 腰部脊柱管狭窄症の治療. Annual Review神経 2008 (柳澤信夫ほか編), p 313-317, 中外医学社, 2008.
8) 金景成, 井須豊彦 : 圧迫性脊髄障害 ; 頸髄, 腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲手術の現状と可能性. ペインクリニック 33 : 939-947, 2012.
10) 金景成ほか : 腰椎後方除圧術-よりよい手術成績を得るための我々の工夫-. 脳神経外科ジャーナル 23 : 468-475, 2014.
12) 佐藤公昭ほか : 腰部脊柱管狭窄症に対する経口プロスタグランジンE1誘導体製剤 (リマプロストアルファデスク) の治療効果. 新薬と臨床 54 : 37-51, 2005.
13) 日本ペインクリニック学会 神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン作成ワーキンググループ (編) : 神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン, 真興交易株式会社医書出版部, 2011.
P.138 掲載の参考文献
1) Stirling AJ, et al : Late-onset idiopathic scoliosis in children six to fourteen years old. A cross-sectional prevalence study. J Bone Joint Surg Am 78 (9) : 1330-1336, 1996.
3) Soucacos PN, et al : School-screening for scoliosis. A prospective epidemiological study in northwestern and central Greece. J Bone Joint Surg Am 79 (10) : 1498-1503, 1997.
5) James JI : Idiopathic scoliosis ; the prognosis, diagnosis, and operative indications related to curve patterns and the age at onset. J Bone Joint Surg Br 36-B (1) : 36-49, 1954.
6) Lonstein JE, Carlson JM : The prediction of curve progression in untreated idiopathic scoliosis during growth. J Bone Joint Surg Am 66 (7) : 1061-1071, 1984.
7) Weinstein SL, Ponseti IV : Curve progression in idiopathic scoliosis. J Bone Joint Surg Am 65 (4) : 447-455, 1983.
8) Edgar MA : The natural history of unfused scoliosis. Orthopedics 10 (6) : 931-939, 1987.
12) Okada E, et al : Comparison of Stainless Steel and Titanium Alloy Instruments in Posterior Correction and Fusion Surgery for Adolescent Idiopathic Scoliosis-Prospective Cohort Study with Minimum 2-year Follow-Up. J Med Biol Eng 33 (3) : 325-329, 2013.
15) 岡田英次朗ほか : 思春期特発性側彎症Lenke type 5カーブに対する後方矯正固定術における固定範囲短縮の試み. 臨床整形外科 47 (7) : 613-618, 2012.
P.142 掲載の参考文献
3) 平山惠造 : 神経症候学 改訂第二版 II, p 411-413, 文光堂, 2010.
4) 新野正明ほか : Brown-Sequard syndromeを呈したmultiple sclerosis. 神経内科 43 : 464-465, 1995.
5) 中根俊成ほか : Brown-Sequard syndromeを呈した中枢神経脱髄性疾患. 脳と神経 50 : 200-201, 1998.
6) 織茂智之ほか : Brown-Sequard症候群の脊髄MRI. 神経内科 49 : 185-186, 1998.
7) 尾崎勇ほか : Brown-Sequard症候群. 神経内科 53 : 386-387, 2000.
8) 杉本英樹ほか : Brown-Sequard症候群を呈した多発性硬化症のGd-MRI. 神経内科 53 : 73-74, 2000.
9) 別所恵ほか : 帯状疱疹後に不完全型Brown-Sequard症候群を呈した1例. 臨床神経 50 : 175-177, 2010.
10) 玉川公子 : 小児の症候群 脳・神経・筋 Brown-Sequard症候群. 小児科診療 64 : 87, 2001.
11) 平澤恭子 : 小児の症候群 神経・精神 Brown-Sequard症候群. 小児科診療 72 : 125, 2009.
12) 加藤博子, 安藤哲朗 : 知っておきたい内科症候群 I. 神経・筋 ≪臨床徴候≫ 4. ブラウン・セカール症候群. 内科 109 : 922-923, 2012.
13) 服部孝道 : 脊椎脊髄疾患への神経学的アプローチ. 臨床脊椎脊髄医学 (伊藤達雄ほか編), p 52-75, 三輪書店, 1996.
14) 伊藤彰一, 服部孝道 : 脊椎脊髄の機能解剖とアプローチ基礎編 脊髄障害の局在診断 高位診断と横位診断. 脊椎脊髄ジャーナル 17 : 383-391, 2004.
P.148 掲載の参考文献
2) Long DM : Chronic adhesive spinal arachnoiditis : pathogenesis, progenosis and treatment. Neurosurgery Q 2 : 296-319, 1992.
14) Chen MZ : Arachnoiditis, lumber. In : Diagnostic Imaging : Spine (ed by Ross JS, et al), p III.2.10-13, Amirsys, Salt Lake City, 2004.
15) 光山哲滝, 久保田基夫 : 神経障害性疼痛の治療. 脊髄外科-脳神経外科医が識っておくべきエッセンシャル (NS NOW No.14) (大畑建治編), p 186-198, メジカルビュー社, 2011.
P.151 掲載の参考文献
10) Keibutz KD, et al : Abnormal vitamin B12 metabolism in human immunodeficiency virus infection. Association with neurological dysfunction. Arch Neurol 48 : 312-314, 1991.
P.156 掲載の参考文献
2) Kaplan JE, et al : The risk of development of HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis among persons infected with HTLV-I. J Acquir Immune Defic Syndr 3 (11) : 1096-1101, 1990.
3) World Health Organization (WHO) : Human T lymphotropic virus type 1, HTLV-1. Wkly Epidemiol Rec 64 : 382-383, 1989.
13) 山内淳司ほか : Human T-lymphotropic virus type 1 感染者における腎移植の影響. 日臨腎移植会誌 1 (1) : 55-60, 2013.
14) Taylor GP, et al : Zidovudine plus lamivudine in human T-lymphotropic virus type-l-associated myelopathy : a randomised trial. Retrovirology 3 : 63, 2006.
15) Yamano Y, et al : Abnormally high levels of virus-infected IFN-γ+ CCR4+ CD4+ CD25+ T cells in a retrovirus-associated neuroinflammatory disorder. PLoS One 4 : e6517, 2009.
P.160 掲載の参考文献
13) Leep Hunderfund AN, Wijdicks EF : Intramedullary spinal cord hemorrhage (hematomyelia). Rev Neurol Dis 6 : E54-61, 2009.
14) 鈴木将史ほか : 18錐体レベルにわたり広がった非外傷性脊髄内出血の1例. 臨床神経 53 : 536-542, 2013.
P.164 掲載の参考文献
2) Bonnet P, et al : L'anevrisme cirsoide de la retine. (Anevrisme recemeux) Ses relations avec l'a nevrysms cirsoide du cerveau. Le Journal Medical de Lyon 18 : 165-178, 1937 [cited in Bhattacharya 2001].
3) Wyburn-Mason R : Arteriovenous aneurysm of midbrain and retina, facial naevi and mental changes. Brain 66 : 163-203, 1943.
6) Puellus L, Rubinstein JL : Expression patterns of homeobox and other putative regulatory genes in the embryonic mouse forebrain suggest a neuromeric organization. Trends Neurosci 16 : 472-479, 1993.
7) Bhattacharya JJ, et al : Wyburn-Mason or Bonnet-Dechaume-Blanc as cerebrofacial arteriovenous metameric syndrome (CAMS). A new concept and a new classification. Interv Neuroradiol 7 : 5-17, 2001.
9) Matsumaru Y, et al : Multifocal and metameric spinal cord arteriovenous malformations. Review of 19 cases. Interv Neuroradiol 5 : 27-34, 1999.
11) Etchevers HC, et al : The cephalic neural crest provides pericytes and smooth muscle cells to all blood vessels of the face and forebrain. Development 128 : 1059-1068, 2001.
P.170 掲載の参考文献
6) 日本正常圧水頭症学会特発性正常圧水頭症診療ガイドライン作成委員会 (委員長 : 森悦朗) : 特発性正常圧水頭症診療ガイドライン第2版, メディカルレビュー社, 2011.
9) 森悦朗 : 特発性正常圧水頭症の歩行障害. Brain and Nerve 60 : 219-224, 2008.
11) Ray B, et al : Biochemical studies in Normal Pressure Hydrocephalus (NPH) patients : change in CSF levels of amyloid precursor protein (APP), amyloid-beta (Aβ) peptide and phospho-tau. J Psychiatr Res 45 : 539-547, 2011.
12) Miyajima M, et al : Soluble amyloid precursor proteinα t he cerebrospinal fluid as a diagnostic and prognostic biomarker for idiopathic normal pressure hydrocephalus. Eur J Neurol 20 : 236-242, 2012.
15) 中島円ほか : 特発正常圧水頭症の治療. 老年精医誌 23 : 821-827, 2012.
P.174 掲載の参考文献
1) Headache Classification Subcommittee of the International Headache Society : The International Classification of Headache Disorders : 2nd edition. Cephalalgia 24 (Suppl 1) : 9-160, 2004.
2) 日本頭痛学会新国際分類普及委員会 : 国際頭痛分類 第2版 日本語版. 日本頭痛学会誌 31 : 1-188, 2004.
3) 喜多村孝幸 : 低髄液圧症候群 (脳脊髄液減少症). 今月の治療 13 : 549-553, 2005.
6) 喜多村孝幸, 寺本明 : 低髄液圧症候群 (脳脊髄液減少症). 臨床検査 49 : 431-434, 2005.
P.180 掲載の参考文献
1) Quincke H : Uber meningitis serosa. Sammlung Klinische Vortrage 67 : 655-694, 1893.
11) 加藤裕司, 棚橋紀夫 : 特発性頭蓋内圧亢進症. Medical Practice 28 : 744-745, 2011.
12) Binder DK, et al : Idiopathic intracranial hypertension. Neurosurgery 54 : 538-552, 2004.
13) Skau M, et al : What is new about idiopathic intracranial hypertension? An updated review of mechamism and treatment. Cephalalgia 26 : 384-399, 2005.
14) Celebisoy N, et al : Treatment of idiopathic intracranial hypertension : topiramate vs acetazoramide, an open-label study. Acta Neurol Scand 116 : 322-327, 2007.

XI 内科疾患にみられる神経障害 ( 疾患 )

P.187 掲載の参考文献
P.191 掲載の参考文献
10) Wang XL, et al : Spontaneous remission of acromegaly or gigantism due to subclinical apoplexy of pituitary growth hormone adenoma. Chin Med J (Engl) 124 : 3820-3823, 2011.
13) 谷岡大輔ほか : 外転神経単独麻痺で発症し腫瘍内出血を伴った非機能性下垂体腺腫の1例. 脳神経外科 33 : 473-479, 2005.
P.198 掲載の参考文献
2) 大磯ユタカほか : 自己免疫性視床下部下垂体炎の診断と治療の手引き (平成21年度改訂), 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 間脳下垂体機能障害に関する調査研究班, 2010.
4) 立花修 : IgG4関連下垂体炎. 内分泌・糖尿病・代謝内科 38 (2) : 176-183, 2014.
7) Park JK, et al : Optimal surgical approaches for Rathke cleft cyst with consideration of endocrine function. Neurosurgery 70 (2 Suppl Operative) : 250-256 ; discussion 256-257, 2012.
P.202 掲載の参考文献
P.206 掲載の参考文献
2) 難病情報センターホームページ : ADH分泌異常症 (公費対象). [http://www.nanbyou.or.jp/entry/49]
3) 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 間脳下垂体機能障害に関する調査研究 平成25年度総括・分担研究報告書, p 76-83, 2014.
6) 有馬寛 : 家族性中枢性尿崩症. ホルモンと臨床 59 : 41-48, 2011.
9) 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 間脳下垂体機能障害に関する調査研究 平成22年度総括・分担研究報告書, p 155-157, 2011.
10) 有馬寛 : 特集/下垂体疾患の最前線 尿崩症の新しい治療製剤. ホルモンと臨床 60 : 83-87, 2012.
P.209 掲載の参考文献
2) Bjerre P : The empty sella. A reappraisal of etiology and pathogenesis. Acta Neurol Scand 82 : 1-25, 1990.
3) Connolly ES Jr, Carmel PW : Empty sella syndrome. In : Neurosurgery (ed by Wilkins RH, Rengachary SS), p 1367-1373, McGraw-Hill Companies, 1996.
4) 栗原淳 : Empty sella症候群. 小児科診療 72 suppl : 134, 2009.
5) 荒井宏司 : Empty sella症候群. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版) I, p 212-216, 日本臨牀社, 2006.
6) Ammer A, et al : Empty sella syndrome : Does it exist in children? J Neurosurg 91 : 960-963, 1999.
P.212 掲載の参考文献
P.218 掲載の参考文献
1) 日本甲状腺学会 : バセドウ病の診断ガイドライン, 2013年6月24日改定. [http://www.japanthyroid.jp/doctor/uideline/japanese.html]
2) 緒方昭彦, 菊池誠志 : 甲状腺機能亢進症. Clinical Neuroscience 24 : 38-39, 2006.
3) 「甲状腺クリーゼの診断基準の作成と全国調査」班 : 甲状腺クリーゼ診断基準 (第2版). [http://square.umin.ac.jp/endocrine/rinsho_juyo/pdf/koujosen01.pdf]
4) 深田修司 : 甲状腺中毒性クリーゼ. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版), p 243-246, 日本臨牀社, 2006.
5) 廣松雄治 : バセドウ眼症. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版), p 307-310, 日本臨牀社, 2006.
6) 廣松雄治 ; 「バセドウ病悪性眼球突出症の診断基準と治療指針」作成委員会 : バセドウ病悪性眼球突出症 (甲状腺眼症) の診断基準と治療指針. 日本甲状腺学会誌 87 : 501, 2011.
7) 廣松雄治 : バセドウ病眼症. Modern Physician 31 : 449-452, 2011.
8) 田上哲也 : 甲状腺中毒性ミオパチー. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版), p 319-320, 日本臨牀社, 2006.
9) 埜中柾哉 : 甲状腺中毒性ミオパチー. 臨床のための筋病理 (第3版), p 119, 日本医事新報社, 1999.
10) 田上哲也 : 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版), p 316-318, 日本臨牀社, 2006.
11) 安藤隆雄, 江口勝美 : 甲状腺機能亢進症に伴う重症筋無力症. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版), p 321-333, 日本臨牀社, 2006.
P.223 掲載の参考文献
1) 浜田昇 : 潜在性甲状腺機能低下症の管理. 日甲状腺会誌 4 : 35-39, 2013.
2) 甲状腺粘液水腫性昏睡の診断基準と治療指針の作成 (担当者責任者 ; 笠井貴久男) : 粘液水腫性昏睡診断基準第3次案 (2010年12月). [http://www.japanthyroid.jp/doctor/img/shindan.pdf]
3) 田中祐司ほか : 粘液水腫性昏睡の診断基準と治療方針. 日甲状腺会誌 4 : 47-52, 2013.
5) 内野誠 : 内分泌・代謝性疾患に伴う神経障害 甲状腺機能低下症. Clinical Neuroscinece 24 : 40-42, 2006.
6) 栗山勝 : 甲状腺機能低下症. 臨床神経内科学 (廣瀬源二郎ほか編), p 570-573, 南山堂, 2006.
7) Shaw PJ : Neurological abnormalities associated with thyroid disease. In : Handbook of Clinical Neurology-Revised Series 26 (70) : Systemic diseases Part II (ed by Vinken PJ, Bruyn GW), p 81-110, Elsevier, Amsterdam, 1998.
10) 松本博之 : 甲状腺機能低下症の神経・筋症状. 神経内科 45 : 445-451, 1996.
11) Beghi PJ, Lambert EH : Polyneuropathy associated with hypothyroidism. J Neuropathol Exp Neurol 29 : 631-658, 1970.
P.226 掲載の参考文献
3) 米田誠 : 橋本脳症と抗体. BRAIN and NERVE : 神経研究の進歩 65 : 365-376, 2013.
7) Peschen-Rosin R, et al : Manifestation of Hashimoto's encephalopathy years before onset of thyroid disease. Eur Neurol 41 : 79-84, 1999.
8) Fujii A, et al : Autoantibodies against the amino terminal of α-enolase are a useful diagnostic marker of Hashimoto's encephalopathy. J Neuroimmunol 162 : 130-136, 2005.
9) Yoneda M, et al : High prevalence of serum autoantibodies against the amino terminal of α-enolase in Hashimoto's encephalopathy. J Neuroimmunol 185 : 195-200, 2007.
14) 米田誠 : 橋本脳症. 今日の神経疾患治療指針, 第2版 (水澤英洋ほか編), p 499-500, 医学書院, 2013.
P.230 掲載の参考文献
1) 奥田諭吉, 山下亀次郎 : 原発性副甲状腺機能亢進症・二次性副甲状腺機能亢進症. 内科学 (杉本恒明, 小俣政男編), p 1418-1424, 朝倉書店, 1999.
2) Thompson NW, et al : Anatomy of primary hyperparathyroidism. Surgery 92 : 814-821, 1982.
3) 中駄邦博ほか : 副甲状腺の画像診断の進歩 MIBIシンチグラフィ, CTを中心に. 内分泌甲状腺外会誌 29 (3) : 176-182, 2012.
4) Abrams GM, Cheryl J : Neurological disorders of mineral metabolism and parathyroid disease. In : Handbook of Clinical Neurology ; Systemic Diseases Part II (ed by Goetz CG, Aminoff MJ), p 111-129, Elsevier Science BV, Amsterdam, 1998.
6) Kaminsky HJ, Ruff RL : Muscle disorders of calcium and vitamin D metabolism. In : Myology (ed by Engel AG, Franzini C), p 1744-1753, McGraw-Hill, New York, 1994.
13) Bostrom H, Alveryd A : Stroke in hyperparathyroidism. Acta Med Scand 192 : 299-308, 1972.
14) Bileizikian JP, et al : Guideline for the management of asymptomatic primary hyperparathyroidism : summary statement from the third international workshop. J Clin Endocrinol Metab 94 : 335-339, 2009.
17) 富永芳博 : 腎性副甲状腺機能亢進症に対する外科治療. 内分泌甲状腺外会誌 29 (1) : 21-25, 2012.
19) 飯野昌樹ほか : 脊髄小脳変性症に合併した原発性副甲状腺機能亢進症の1例. 内科 83 : 397-399, 1999.
P.235 掲載の参考文献
1) 池田恭治 : 副甲状腺機能低下症. 内科学 (杉本恒明, 小俣政男編), p 1425-1427, 朝倉書店, 1999.
3) Abrams GM, Cheryl J : Neurological disorders of mineral metabolism and parathyroid disease. In : Handbook of Clinical Neurology ; Systemic Diseases Part II (ed by Goetz CG, Aminoff MJ), p 111-129, Elsevier Science B.V., Amsterdam, 1998.
4) Hyldstrup L, et al : Reversible dementia in idiopathic hypoparathyroidism. Dan Med Bull 28 : 74-75, 1981.
6) Kaminsky HJ, Ruff RL : Muscle disorders of calcium and vitamin D metabolism. In : Myology (ed by Engel AG, Franzini C), p 1744-1753, McGraw-Hill, New York, 1994.
12) Garty BZ, et al : Hearing impairment in idiopathic hypoparathyroidism and pseudohypoparathyroidism. Isr J Med Sci 30 : 587-591, 1994.
13) 栗原照幸 : テタニー. 新内科学体系 内分泌疾患 (井村裕夫ほか編), p 204-207, 中山書店, 1997.
14) 岡本純明 : 副甲状腺機能低下症. 新内科学体系 内分泌疾患 (井村裕夫ほか編), p 80-90, 中山書店, 1997
P.238 掲載の参考文献
P.241 掲載の参考文献
1) Hoschl C, Hajek T : Hippocampal damage mediated by corticosteroids-a neuropsychiatric research challenge. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci 251 (Suppl 2) : 81-88, 2001.
15) Brunetti A, et al : Decreased brin glucose utilization in patients with Cushing's disease. J Nucl Med 39 : 786-790, 1998.
P.246 掲載の参考文献
1) Longo D, et al (ed) : Harrison's Principle of Internal Medicine, 18th ed, McGraw-Hill, New York, 2012.
2) 柳瀬敏彦ほか : アジソン病, 副腎性サブクリニカルクッシング症候群の全国における実態調査. 厚生労働省科学研究費補助金, 平成22年度研究報告書, p139-146, 2011.
6) 日本内分泌学会 : 副腎クリーゼを含む副腎皮質機能低下症の診断と治療に関するガイドライン, 第8版, p 1-91, 2014.
P.251 掲載の参考文献
P.256 掲載の参考文献
1) 膵・消化管神経内分泌腫瘍 (NET) 診療ガイドライン 第1版 (2013年11月). [http://jnets.umin.jp/pdf/guideline001.pdf]
5) Bosman FT, et al : WHO Classification of Tumors of the Digestive System (World Health Organization Classification of Tumors), IARC Press, Lyon, 2010.
7) 五十嵐久人ほか : 膵内分泌腫瘍の診断と内科的治療 インスリノーマ. 膵臓 23 : 676-684, 2008.
8) 今村正之 (監) : 膵・消化管神経内分泌腫瘍 (NET) 診断・治療・実践マニュアル, 総合医学社, 2011.
10) Ito T, Jensen RT : Primary hepatic gastrinoma : an unusual case of zollinger-ellison syndrome. Gastroenterol Hepatol (NY) 6 : 57-59, 2010.
12) Yao JC, et al ; RAD001 in Advanced Neuroendocrine Tumors, Third Trial (RADIANT-3) Study Group : Everolimus for advanced pancreatic neuroendocrine tumors. N Engl J Med 364 : 514-523, 2011.
17) 五十嵐久人ほか : 膵神経内分泌腫瘍 (pNET) に対するソマトスタチンアナログ療法. 胆と膵 32 : 235-241, 2011.
18) Rinke A, et al ; PROMID Study Group : Placebo-controlled, double-blind, prospective, randomized study on the effect of octreotide LAR in the control of tumor growth in patients with metastatic neuroendocrine midgut tumors : a report from the PROMID Study Group. J Clin Oncol 27 : 4656-4663, 2009.
19) Caplin M, et al : A randomized, double-blind, placebo-Controlled study of Lanreotide Antiproliferative Response in patients with gastroenteropancreatic NeuroEndocrine Tumors (CLARINET), 2013 European Cancer Congress. Abstract 3. Presented September 28, 2013.
P.263 掲載の参考文献
3) Kloos RT, et al : Medullary thyroid cancer : management guidelines of the American Thyroid Association. Thyroid 19 : 565-612, 2009.
6) 多発性内分泌腫瘍症診療ガイドブック (多発性内分泌腫瘍症診療ガイドブック編集委員会編), p 1-155, 金原出版, 2013.
7) CQ26髄様癌症例に対するRET遺伝子検査はどのような点で有用か? 甲状腺腫瘍診療ガイドライン2010年版 (日本内分泌外科学会, 日本甲状腺外科学会編), p 102-104, 金原出版, 2010.
8) 土井隆一郎, 河本泉 : 膵・十二指腸NET. 膵・消化管神経内分泌腫瘍 (NET) 診断・治療実践マニュアル (今村正之総監修), p 108-119, 総合医学社, 2011.
P.271 掲載の参考文献
6) 糖尿病性神経障害を考える会 : 糖尿病性多発神経障害の簡易診断基準の改定について. 末梢神経 14 : 225-227, 2003.
7) 糖尿病性神経障害を考える会 : 簡易診断基準をもとにした糖尿病性多発神経障害の病期分類の公表にあたって. Peripheral Nerve 21 : 372-373, 2010.
8) 後藤由夫 : 分担研究報告書 糖尿病性神経障害の診断基準と重症度判定基準に関する研究. 平成6年度糖尿病調査研究報告書 (厚生省), p 293-295, 1994.
9) 八木橋操六 : 糖尿病性ニューロパチーの臨床と研究の進歩. BRAIN and NERVE 63 : 571-582, 2011.
11) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group : The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 329 : 977-986, 1993.
P.277 掲載の参考文献
4) 馬場正之 : 糖尿病神経障害の発症と進展. 糖尿病診療マスター 8 : 46-50, 2010.
6) Watahiki Y, et al : Sympathetic skin response in diabetic neuropathy. Electromyogr Clin Neurophysiol 29 : 155-159, 1989.
12) Liu G, Daneshgari F : Diabetic bladder dysfunction. Chin Med J 127 : 1357-1364, 2014.
P.281 掲載の参考文献
3) 出口尚寿ほか : 糖尿病と自己免疫性ニューロパチー. BRAIN and NERVE-神経研究の進歩 66 : 135-147, 2014.
P.287 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編) : 糖尿病専門医研修ガイドブック, 改定第6版. 診断と治療社, 2014.
2) Wyckoff J, Abrahamson MJ : 糖尿病ケトアシドーシスと高浸透圧性高血糖状態. ジョスリン糖尿病学第2版 (Kahn CRほか著, 金澤康徳ほか監訳), p 989-1002, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007.
3) 山田研太郎 : 清涼飲料水ケトーシス. 別冊日本臨牀 内分泌症候群 (第2版) III, p 795-800, 日本臨牀社, 2006.
4) 野本昭三ほか : V. 糖質とその代謝関連物質. 7. ケトン体. 臨床検査法提要 改訂第31版 (金井正光ほか編), p 541-543, 金原出版, 2001.
6) 日本糖尿病学会ホームページ : ビグアナイド薬の適正使用に関する委員会「ビグアナイド薬の適正使用に関するRecommendation」, 2014. [http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=20]
8) Rosenbauder J, et al ; DPV Initiative and the German BMBF Competence Network Diabetes Mellitus : Improved metabolic control in children and adolescents with type 1 diabetes : a trend analysis using prospevtive multicenter data from Germany and Austria. Diabetes Care 35 : 80-86, 2012.
10) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group ; Gerstein HC, et al : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008.
P.292 掲載の参考文献
2) 川北理恵ほか : 本邦における先天性高インスリン血症の実態調査. 日児誌 115 : 563-569, 2011.
5) Then C, et al : Refractory idiopathic non-insulinoma pancreatogenous hypoglycemia in an adult : case report and review of the literature. JOP 14 : 264-268, 2013.
14) Barkovich AJ, et al : Imaging patterns of neonatal hypoglycemia. AJNR Am J Neuroradiol 19 : 523-528, 1998.
P.297 掲載の参考文献
3) Zhang XP, Tian H : Pathogenesis of pancreatic encephalopathy in severe acute pancreatitis. Hepatobiliary Pancreat Dis Int 6 (2) : 134-140, 2007.
5) 急性膵炎診療ガイドライン 2010改訂出版委員会ほか (編) : 急性膵炎診療ガイドライン2010 (第3版), 金原出版, 2009.
7) Ding X, et al : Pancreatic encephalopathy in 24 patients with severe acute pancreatitis. Hepatobiliary Pancreat Dis Int 3 (4) : 608-611, 2004.
8) Vogel FS : Cerebral demyelination and focal visceral lesions in a case of acute hemorrhagic pancreatitis, with a consideration of the possible role of circulating enzymes in the causation of the lesions. AMA Arch Pathol 52 (4) : 355-362, 1951.
11) Brucher JM, De Smet Y : A rarely reported multifocal demyelinating disease : pancreatic encephalopathy. In : Immunological and Clinical Aspects of Multiple Sclerosis : the Proceedings of the XXV Anniversary Symposium of the Belgian Research Group for Multiple Sclerosis (ed by Gonsette RE, Delmotte P), MTP Press, Lancaster, 1988.
12) Farkas G, et al : Experimental acute pancreatitis results in increased blood-brain barrier permeability in the rat : a potential role for tumor necrosis factor and interleukin 6. Neuroscience Letters 242 : 147-150, 1988.
P.303 掲載の参考文献
1) Osiezagha K, et al