周産期医学 Vol.44 2014年増刊号 周産期感染症2014

出版社: 東京医学社
発行日: 2014-11-27
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03869881
雑誌名:
特集: 周産期感染症2014
電子書籍版: 2014-11-27
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

9,900 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

9,900 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 企画意図
  • CONTENTS
  • [I] 概論
  • 1. 周産期感染症における今日の話
  • 2. 法定伝染病と感染症新法
  • 3. 妊産婦の免疫学的特徴
  • 4. 新しい抗ウイルス薬と妊婦への投与
  • 5. 新型インフルエンザから学んだこと
  • 6. 鳥インフルエンザの動向
  • 7. Infection control teamとの協力体制
  • [II] 産科からみた周産期感染症
  • 1. 不妊症と感染症
  • 2. 精液中の細菌
  • 3. 妊婦のトキソプラズマ感染症
  • 4. 妊婦のケジラミ症
  • 5. 妊婦梅毒
  • 6. 妊婦結核
  • 7. 妊婦のかぜ症候群
  • 8. 妊婦の下痢
  • 9. 妊娠中の虫垂炎
  • 10. 妊婦の尿路感染症
  • 11. 妊婦のトリコモナス・カンジダ腟炎
  • 12. 妊婦のクラミジア感染症
  • 13. 妊婦のリステリア感染症
  • 14. 妊婦の細菌性腟症
  • 15. 絨毛膜羊膜炎
  • 16. 劇症型A群溶血性レンサ球菌感染症
  • 17. 妊婦のB群溶血性レンサ球菌感染症
  • 18. 妊娠・分娩とMRSA感染
  • 19. 妊婦とtoxic shock syndrome
  • 20. 妊娠とHTLV - 1
  • 21. 妊婦とHIV感染症
  • 22. 妊婦のヘルペスウイルス感染症
  • 23. 妊婦のサイトメガロウイルス感染症
  • 24. 妊婦とウイルス性肝炎
  • 25. 妊婦の水痘
  • 26. 妊婦のヒトパピローマウイルス感染症
  • 27. 妊婦の麻疹
  • 28. 妊婦の伝染性紅斑
  • 29. 妊婦と風疹
  • 30. 妊婦のインフルエンザ
  • 31. 産科手術と感染
  • 32. 産褥熱
  • 33. 産褥期乳腺炎
  • 34. 胎盤からみる産科周産期感染の病理 Why we examine the placenta
  • 35. 胎児死亡と周産期感染症
  • 36. 妊婦と輸入感染症
  • 37. 前回早産, pPROM症例妊婦の管理
  • 38. 妊婦と予防接種
  • 39. 妊婦への抗菌薬投与上の注意点
  • 40. 妊婦およびこれから妊娠したい女性が海外渡航する場合の感染への留意点
  • [III] 新生児からみた周産期感染症
  • [1] 基礎編
  • 1. 小児の免疫系の発達とその機能 - 総論
  • 2. 胎児・新生児の免疫系の発達とその機能 - 獲得免疫系
  • 3. 胎児・新生児の免疫系の発達とその機能 - 自然免疫系
  • 4. 腸内細菌叢と感染防御
  • 5. 母乳の免疫能
  • [2] 臨床編
  • (1) 総論
  • 6. 新生児感染症の疫学と起炎菌の変遷
  • 7. 耐性菌の動向
  • 8. 母体抗菌薬投与が児に与える影響
  • 9. 母子感染からみた新生児細菌感染症
  • 10. 母子感染からみた新生児ウイルス感染症
  • 11. 新生児感染症とサイトカイン
  • 12. 新生児細菌感染症の診断
  • 13. 抗菌薬の選択
  • 14. 抗菌薬の投与法
  • 15. 抗ウイルス薬, 抗真菌薬, 抗原虫薬の選択
  • 16. パリビズマブ
  • 17. 免疫強化療法
  • 18. 血液浄化療法
  • 19. 予防接種
  • 20. NICU入院児への予防接種
  • 21. プロバイオティクス, プレバイオティクス
  • 22. 院内感染対策 - 経路別予防策
  • 23. 院内感染対策 - 手指衛生
  • 24. 院内感染対策 - ICTとの協力体制
  • 25. 院内感染対策 - 児の眼, 皮膚, 臍ケア
  • 26. 院内感染対策 - 医療器具・器材の滅菌, 消毒と消毒薬一覧
  • 27. 院内感染対策 - 新生児室・母児同室での感染防止策
  • 28. 院内感染対策 - MRSAに対する院内感染防止策
  • 29. 院内感染対策 - 医療従事者の健康管理
  • 30. パスツライゼーションによる経母乳感染予防
  • 31. 災害時の新生児感染対策
  • 32. 超・極低出生体重児の感染症
  • (2) 各論
  • 1) 起因菌からみた感染症
  • 33. 先天性風疹症候群
  • 34. 先天性サイトメガロウイルス感染症
  • 35. 後天性サイトメガロウイルス感染症
  • 36. 新生児単純ヘルペス感染症
  • 37. 水痘, 麻疹の胎内感染症
  • 38. HIV感染症
  • 39. HTLV - 1感染症
  • 40. B型肝炎ウイルス
  • 41. C型肝炎ウイルス
  • 42. RSウイルス感染症
  • 43. エンテロウイルスとパレコウイルス
  • 44. インフルエンザ
  • 45. ロタウイルス
  • 46. 先天性トキソプラズマ感染症
  • 47. クラミジア感染症
  • 48. 真菌感染症 - 深在性真菌症について
  • 49. 先天梅毒
  • 50. 結核
  • 51. ウレアプラズマ感染症
  • 52. GBS感染症
  • 53. GBS以外のレンサ球菌
  • 54. 大腸菌感染症
  • 55. クレブシエラ, セラチア感染症
  • 56. レジオネラ症
  • 57. リステリア感染症
  • 58. 緑膿菌感染症
  • 59. 表皮ブドウ球菌感染症
  • 60. MRSA感染症
  • 61. バチルス属
  • 2) 疾患部位別にみた感染症
  • 62. 新生児敗血症
  • 63. 新生児髄膜炎
  • 64. 新生児肺炎
  • 65. 新生児の心内膜炎, 心筋炎, 心外膜炎
  • 66. 新生児壊死性腸炎
  • 67. 新生児の関節炎・骨髄炎
  • 68. 新生児の尿路感染症
  • 69. 新生児の皮膚・皮下組織の感染症
  • 70. 新生児TSS様発疹症
  • 71. 人工呼吸器関連肺炎
  • 72. カテーテル関連血流感染症
  • 73. シャント感染
  • 74. HLH
  • Key words
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[I] 概論

P.7 掲載の参考文献
1) 厚生労働統計協会 (編) : 国民衛生の動向・厚生の指標 増刊・第60号第9号, 厚生労働協会, 東京, 2013
2) 吉田眞一 : 感染症の現状と対策. 微生物学, 医学書院, 東京, pp197-211, 2014
6) 塚原優己 : 脳性麻痺に至った子宮内感染 (絨毛膜羊膜炎) の胎児心拍数モニタリングの特徴. 第66回日本産科婦人科学会学術講演会生涯研修プログラム資料, 2014
7) 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会 (編) : 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, 日本産科婦人科学会事務局, 東京, 2014
8) 厚生労働統計協会 (編) : 図説国民衛生の動向, 厚生労働統計協会, 東京, 2013
10) 細矢光亮 :日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール-合併症をもつ小児への対応を含めて. 日医雑誌 142 : 1729-1733, 2013
11) 日本周産期・新生児医学会 (http://www.jspnm.com/topics/data/topics20130515.pdf)
P.10 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 (感染症法) (平成10年 (1998年) 10月2日公布) (http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO114.html)
2) 厚生省結核感染症課長滝澤秀次郎 : 感染症新法の施行について (http://idsc.nih.go.jp/training/11kanri/99takizawa.html)
3) 厚生労働省 : 感染症法に基づく医師の届出のお願い (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkakukansenshou11/01.html)
4) 国立感染症研究所感染症情報センター (http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html)
P.15 掲載の参考文献
1) 齋藤滋, 島友子, 中島彰俊 : 制御性T細胞・制御性NK細胞から見た妊娠維持機構. 日本臨床免疫学会誌 35 : 424-428, 2012
2) Saito S, Motoyoshi K, Takaku F, et al : High serum human macrophage colony-stimulating factor level during pregnancy. Int J Hematol 55 : 219-225, 1992
P.19 掲載の参考文献
P.25 掲載の参考文献
1) Centers for Disease Control and Prevention : Swine influenza A (H1N1) infection in two children-Southern California, March-April 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 360 (15) : 2605-2615, 2009
3) 岡部伸彦 : 新型インフルエンザ (パンデミック2009) の総括および鳥インフルエンザ (A/H5N1) の流行の現状 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkakukansenshou01/pdf/kouen-kensyuukai_03.pdf)
5) The ANZIC investigators, Australinan Maternity Outcomes Surveillance System : Critical illness due to 2009 A/H1N1 influenza in pregnant and postpartum women : population based cohort study. BMJ 340 : c1279-c1284, 2010
9) 日本産科婦人科学会 : 妊娠している婦人もしくは授乳中の婦人に対してのインフルエンザに対する対応 Q&A. 日本産科婦人科学会ホームページ (http://www.jsog.or.jp/news/h1n1_index.html)
P.32 掲載の参考文献
3) Ito T, Couceiro JN, Kelm S, et al : Molecular basis for the generation in pigs of influenza A viruses with pandemic potential. J Virol 72 : 7367-7373, 1998
7) Wang C, Yu H, Horby PW, et al : Comparison of patients hospitalized with influenza A subtypes H7N9, H5N1, and 2009 pandemic H1N1. Clin Infect Dis 58 : 1095-1103, 2014
13) Li Q, Zhou L, Zhou M, et al : Epidemiology of human infections with avian influenza A (H7N9) virus in China. N Engl J Med 370 : 520-532, 2014
P.36 掲載の参考文献
1) Long SS, Pickering LK, Prober CG : Principles and practice of pediatric infectious diseases, 4th ed, Churchill Livingstone/Elsevier, Philadelphia, 2012
6) Dellit TH, Owens RC, McGowan JE, et al : Infectious Diseases Society of America and the Society for Healthcare Epidemiology of America guidelines for developing an institutional program to enhance antimicrobial stewardship. Clin Infect Dis 44 : 159-177, 2007
7) American Academy of Pediatrics Committee on Infectious Diseases : Report of the Committee on Infectious Diseases, American Academy of Pediatrics, Evanston, 1970
8) Advisory Committee on Immunization Practices, Centers for Disease Control and Prevention : Immunization of health-care personnel : recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 60 : 1-45, 2011
9) Centers for Disease Control and Prevention : Nationwide rubella epidemic-Japan, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 62 : 457-462, 2013

[II] 産科からみた周産期感染症

P.46 掲載の参考文献
1) 松田静治 : 性器クラミジア感染症. 鈴木光明編 : 産婦人科診療指針, 中外医学社, 東京, pp498-501, 2005
2) 野口昌良, 田中正利, 松田静治 : 性器クラミジア感染症. 日本性感染症学会雑誌 17 : 40-43, 2006
3) World Health Organization : Global prevalence and incidence of selected curable sexually transmitted infections : overview and estimates, World Health Organization, Geneva, 2001
4) 厚生労働省ホームページ性感染症報告数 (http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html)
7) 高橋聡, 塚本泰司 : 男性不妊と感染症. 産婦人科治療 90 : 814-816, 2005
8) 伊藤正裕, 平井宗一, 内藤宗和, 他 : 男性生殖器における感染防御機構-オーバービュー. HORM FRONT GYNECOL 16 : 301-307, 2009
11) Ostaszewska-Puchalska I, Wilkowska-Trojniel M, Zdrodowska-Stefanow B, et al : Chlamydia trachomatis infections in women with adverse pregnancy outcome.Med Wieku Rozwoj 9 : 49-56, 2005
15) 竹村由里, 西井修 : クラミジア感染症. 産婦の実際 62 : 471-477, 2014
18) 日本性感染症学会 : 性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日本性感染症学会雑誌 22 : 60-64, 2011
19) 柴原浩章, 高見澤聡, 平野由紀, 他 : クラミジアトラコマティスによる骨盤内慢性炎症への新たな治療戦略の開発. (財) 赤枝医学研究財団助成研究報告集 No.12, pp8-16, 2005
20) 柴原浩章, 島田和彦, 山中尋子, 他 : 不妊. 産婦人科診療 70 : 1540-1549, 2003
25) 柴原浩章, 高見澤聡, 藤原寛行, 他 : 経腟的腹腔鏡 (THL) クリニカルポイント. 産婦の実際 52 (別冊) : 1-92, 2003
26) 高見澤聡, 柴原浩章, 平野由紀, 他 : 超音波造影剤とソノヒステログラフィーの併用による子宮・卵管性不妊症の診断. 産婦の実際 50 : 1363-1368, 2001
27) 島津由加里, 星和彦 : 女性不妊と感染症. 産婦人科治療 90 : 809-812, 2005
31) 高見澤聡, 柴原浩章, 平野由紀, 他 : 経腟腹腔鏡の子宮内膜症診断への応用. エンドメトリオーシス研究会会誌 23 : 88-93, 2002
P.54 掲載の参考文献
1) 永尾光一, 白井將文 : 精液中の細菌, 産科から見た周産期感染症. 周産期医学 29 (増刊) : 230-235, 1999
2) Guidelines on Urological Infections ; Urological Infections-Limited Update March 2013, European Association of Urology, 2014
3) 性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日本性感染症学会誌 22 (1 Suppl), 2011
4) Guidelines on Male Infertility ; Male Infertility-Update March 2013, European Association of Urology, 2013
P.58 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
2) 小島俊行, 他 : トキソプラズマの母子感染の診断・予防に関する研究. 周産期シンポジウム 18 : 9-19 (II), 1999
3) 矢野明彦, 他 : 先天性トキソプラズマ症. 矢野明彦編 : 日本におけるトキソプラズマ症, 九州大学出版会, 福岡, pp25-67 (III), 2007
4) 佐藤孝洋, 他 : トキソプラズマ. 臨婦産 67 : 93-98, 2013
5) 仲村将光 : トキソプラズマ感染症. 産婦の実際 62 : 1443-1446, 2013
6) 永宗喜三郎 : トキソプラズマ症とは. 国立感染症研究所HP (http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/3009-toxoplasma-intro.html)
7) Gilbert R, Petersen E : Toxoplasmosis and pregnancy. UpToDate, 2013
P.63 掲載の参考文献
1) 大滝倫子, 加藤卓朗 : ケジラミ症の年次推移. 皮膚病診療 7 : 261-264, 1985
2) 大滝倫子 : アタマジラミの流行状況. 日本医事新報 (3878) : 111, 1998
3) 夏秋優 : シラミ症 (pediculosis). MB Derma 127 : 199-203, 2007
4) 大滝倫子, 大河原脩介, 小林寿美子, 他 : 頭髪にも寄生したケジラミ症の3家族例. 皮膚臨床 21 : 655-660, 1979
5) 佐藤俊次, 坪井良治 : まつ毛に多量に付着したケジラミ. J Visual Dermatol 12 : 158-159, 2013
6) Busvine JR : Pediculosis : Biology of the parasites. Orkin M, et al ed : Scabies and pediculosis. J. B. Lippincott Co., p143, 1977
8) 熊切正信, 安田秀美, 村松隆一, 他 : ケジラミとヒトジラミの卵子による鑑別. 臨床皮膚科 36 : 1121-1125, 1982
10) 馬場俊一 : ケジラミ症. MB Derma 33 : 57-64, 2000
11) Galiczynski EM Jr, Elstoin DM : What's eating you? Pubic lice (Pthirus pubis). Cutis 81 (2) : 109-114, 2008
P.67 掲載の参考文献
1) WHO : Report on global sexually transmitted infection surveillance 2013, WHO Document Production Services, Geneva, p9, 2014
3) WHO : The global elimination of congenital syphilis : rationale and strategy for action, WHO Document Production Services, Geneva, 2007
4) CDC : 2012 Sexually Transmitted Disease Surveillance. Centers for Disease Control and Prevention, Atlanta, pp28-39, 2014
5) Savage EJ, Marsh K, Duffell S, et al : Rapid increase in gonorrhea and syphilis diagnoses in England in 2011. Euro Surveill 17 (29) : 1-4, 2012
6) Bremer V, Marcus U, Hamouda O : Syphilis on the rise again in Germany-results from surveillance data for 2011. Euro Surveill 17 (29) : 1-5, 2012
7) 高橋琢理, 山岸拓也, 齊藤剛仁, 他 : 増加しつつある梅毒-感染症発生動向調査からみた梅毒の動向-. IASR 35 : 79-80, 2014
8) 堀成美, 多田有希 : 増加が懸念される先天梅毒と公衆衛生上の課題. IASR 29 : 245-246, 2008
9) 堀成美, 多田有希 : 本邦における先天梅毒発生予防に向けて-感染症発生動向調査報告症例におけるリスク因子の検討-. IASR 34 : 113-114, 2013
10) 梅毒血清反応検討委員会報告書. 日本性感染症学会誌 24 (1) : 47-54, 2013
11) 健感発0428第2号 厚生労働省健康局結核感染症課長 : 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について (一部改正), 平成26年4月28日
12) CQ613 : 妊娠中の梅毒スクリーニングと感染例の取り扱いは-日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編・監 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 日本産科婦人科学会, 東京, pp331-335, 2014
P.74 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成24年結核登録者情報調査年報集計結果 (概況) (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou03/12.html)
2) World Health Organization : Global tuberculosis report 2013 (http://www.who.int/tb/publications/global_report/en/)
3) 日本結核病学会 (編) : 結核診療ガイドライン改訂第2版, 南江堂, 東京, pp11-13, 2012
8) 五味淵秀人 : 周産期感染症マニュアル母体感染症結核. 産婦の実際 60 : 291-295, 2011
9) Centers for Disease Control and Prevention : Latent tuberculosis infection : a guide for primary health care providers (. http://www.cdc.gov/tb/publications/LTBI/treatment.htm)
10) 日本結核病学会 (編) : 結核・非結核性抗酸菌症診療 Q&A, 南江堂, 東京, pp24-27, 2014
P.77 掲載の参考文献
3) 日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会 : 成人気道感染症診療の基本的考え方, 2003
7) Van Marter LJ, Leviton A, Allred EN, et al : Persistent pulmonary hypertension of the newborn and smoking and a spirin and nonsteroidal anti inflammatory drug consumption during pregnancy. Pediatrics 97 (5) : 658-663, 1996
11) Van Leeuwen G, Guthrie R, Stange F : Narcotic withdrawal reaction in a newborn infant due to codeine. Pediatrics 36 (4) : 635-636, 1965
14) 荒田尚子 : 妊婦に適切なヨード摂取量と妊婦のヨード過剰摂取の弊害. ホルモンと臨床 55 (6) : 559-567, 2007
15) 日本性感染症学会 : 性感染症診断・治療ガイドライン 2008, 2008
17) Loebstein R, Addis A, Ho E, et al : Pregnancy outcome following gestational exposure to fluoroquinolones : a multicenter prospective controlled study. Antimicrob Agents Chemother 42 (6) : 1336-1339, 1998
P.89 掲載の参考文献
1) Mazze RI, Kallen B : Appendectomy during pregnancy : a Swedish registry study of 778 cases. Obstet Gynecol 77 (6) : 835-840, 1991
2) Hee P, Viktrup L : The diagnosis of appendicitis during pregnancy and maternal and fetal outcome after appen-dectomy. Int J Gynaecol Obstet 65 (2) : 129-135, 1999
10) Babaknia A, Parsa H, Woodruff JD : Appendicitis during pregnancy. Obstet Gynecol 50 (1) : 40-44, 1977
18) European Society of Urogenital Radiology : ESUR Guidelines on Contrast Media ver. 8.1. (http://www.esur.org/guidelines/)
19) ACOG Committee on Obstetric Practice : ACOG Committee Opinion. Number 299, September 2004 (replace No.158, September 1995). Guidelines for diagnostic imaging during pregnancy. Obstet Gynecol 104 (3) : 647-651, 2004
20) CQ103 妊娠中の放射線被曝の胎児への影響についての説明は? 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編, 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp58-61, 2014
23) Young BC, Hamar BD, Levine D, et al : Medical management of ruptured appendicitis in pregnancy. Obstet Gynecol 114 (2 Pt 2) : 453-456, 2012
P.94 掲載の参考文献
2) 広瀬崇興, 熊本悦明 : 尿路感染症の発症病理. 川田幸道編 : 尿路感染症の基礎と臨床, 日本医事新報社, 東京, pp2-16, 1992
3) Hermann V, Palma P, Geo MS, et al : Urinary tract infections : Pathogenesis and related conditions. Int Urogynecol J 13 : 210-213, 2002
4) 伊藤康久 : 尿路感染症の原因菌. 川田幸道編 : 尿路感染症の基礎と臨床, 日本医事新報社, 東京, pp35-54, 1992
6) 荒川創一 : 腎・泌尿器疾患診療マニュアル細菌性尿路感染症 : 膀胱炎. 日本医師会雑誌 136 (特別号) : S272-S273, 2007
7) 平岡政弘 : 腎・泌尿器疾患診療マニュアル細菌性尿路感染症 : 腎盂腎炎. 日本医師会雑誌 136 (特別号) : S270-S271, 2007
8) Cunningham FG, Leveno KJ, Bloom SL : Maternal physiology. Williams Obstetrics 24th, McGraw-Hill, pp46-77, 2014
12) ACOG educational bulletin. Antimicrobial therapy for obstetric patients. Int J Gynecol Obstet 245 : 299-308, 1998
13) Shnarr J, Smail F : Asymptomatic bacteriuria and symptomatic urinary tract infections in pregnancy. Eur J Clin Invest 38 : 50-57, 2008
15) Romero R, Oyarzun E, Mazor M, et al : Metaanalysis of the relationship between asymptomatic bacteriuria and preterm delivery/low birth weight. Obstet Gynecol 73 : 576-582, 1989
17) Smail FM, Vazquez JC : Asymptomatic bacteriuria in pregnancy. Cochrane Database Syst Rev 2 : CD000490, 2007
18) North DH, Speed JE, Weinter WB, et al : Correlation of urinary tract infection with urinary screening at the first antepartum visit. J Miss State Med Assoc 31 : 331-333, 1990
20) Cunningham FG, Leveno KJ, Bloom SL : Renal and urinary tract disorders. Williams Obstetrics 24th, McGraw-Hill, pp1051-1068, 2014
21) Vazques JC, Villar J : Treatments for symptomatic urinary tract infections during pregnancy. Cochrane Database Syst Rev 4 : CD002256, 2003
P.100 掲載の参考文献
2) 三鴨廣繁, 玉舎輝彦 : トリコモナス腟炎. 治療 82 (Suppl) : 512-514, 2000
3) 松田静治 : 腟トリコモナス症. 臨床と研究 80 : 855-858, 2003
4) 日本性感染症学会 : 腟トリコモナス症 (性感染症診断・治療ガイドライン 2011), 日性感染症会誌 22 (Suppl 1) : 77-79, 2011
5) Centers for Disease Control and Prevention (CDC) : Trichomoniasis. Sexually transmitted diseases treatment guidelines 2002. MMWR Recomm Rep 51 (RR-6) : 1-78, 2002
7) 日本性感染症学会 : 性器カンジダ症 (性感染症診断・治療ガイドライン 2011), 日性感染症会誌 22 (Suppl 1) : 87-91, 2011
9) Workowski KA, Berman S ; Centers for Disease Control and Prevention (CDC) : Sexually transmitted diseases treatment gidelines, 2010. MMWR Recomm Rep 59 (RR-12) : 1-110, 2010
P.106 掲載の参考文献
1) 萩原敏且 : 性器クラミジア感染症とは. 国立感染症研究所感染症情報センター (http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/sa/chlamydia-std/392-encyclopedia/423-chlamydia-std-intro.html)
2) ACOG Committee Opinion : Number 301, Sexually transmitted diseases in adolescents. Obstet Gynecol 104 : 891-898, 2004
3) CDC : Sexually transmitted diseases treatment guidelines. MMWR 59 : RR-12, 2010
4) Meyers D, Wolff T, Gregory K, et al : USPSTF Recommendations for STI Screening. Am Fam Physician 77 : 819-824, 2008
5) 日本性感染症学会2011ガイドライン委員会 : 性器クラミジア感染症. 日本性感染症学会 : 性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日本性感染症学会誌 22 (1) : 60-64, 2011
6) 国立感染症研究所 : The Topic of This Month性感染症最近の動向. IASR 19 (9) (No.223), 1998
7) 国立感染症研究所 : The Topic of This Month性器クラミジア感染症 1999~2003. IASR 25 (8) (No.294), 2004
8) 中田博, 山崎勉, 橋詰壮, 他 : Chlamydia trachomatis母子感染防止について. 小児感染免疫 11 (3) : 247-252, 1999
9) ガイドライン産科編2014委員会 : CQ602 妊娠中の性器クラミジア感染の診断, 治療は-日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp292-294, 2014
P.110 掲載の参考文献
2) Adams DA, Gallagher KM, Jajosky RA, et al : Summary of notifiable diseases-United States, 2011. Division of Notifiable Diseases and Healthcare Information, Office of Surveillance, Epidemiology, and Laboratory Services, CDC. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 60 : 1-117, 2013
3) Silk BJ, Date KA, Jackson KA, et al : Invasive listeriosis in the Foodborne Diseases Active Surveillance Network (Food Net), 2004-2009 : further targeted prevention needed for higher-risk groups. Clin Infect Dis 54 (Suppl 5) : S396-404, 2012
4) 小林浩 : 周産期感染症ハンドブック2006 リステリア. 産婦の実際 55 : 511-517, 2006
5) FAO/WHO : Risk assessment of Listeria monocytogenes in ready to eat foods? Technical report. Microbiological risk assessment series 5, 2004
8) Cunningham FG, Leneon KJ, Bloom SL, et al (ed) : Listeriosis. Williams Obstetrics, 23rd ed, McGraw-Hill Co., New York, pp1224-1225, 2010
9) Management of pregnant women with presumptive exposure to listeria monocytogenes. Obstet Gynecol 2014 [Epub ahead of print]
10) Gelfand MS : Treatment, prognosis, and prevention of Listeria monocytogenes infection. UpToDate(R), 2012
P.115 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編 : CQ601 妊娠中の細菌性腟症の取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, pp289-291, 2014
3) 性感染症診断・治療ガイドライン 2008. 日本性感染症学会誌 19 (1), pp77-80, 2008
7) Nugent RP, et al : Reliability of diagnosing bacterial vaginosis is improved by a standardized method of Gram stain interpretation. J Clin Microbiol 29 : 297-301, 1991
9) Workowski KA, et al : Centers for Disease Control and Prevention ; Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2006. MMWR Recomm Rep 55 (RR-11) : 1-94, 2006
P.122 掲載の参考文献
1) 中山雅弘 : 目で見る胎盤病理, 医学書院, 東京, pp19-22, 2002
6) 斎藤滋 : 早産の予防 (2) 細菌性腟症 : わが国の現状と対策. 母子保健情報 61 : 12-16, 2010
9) 平野秀人 : 絨毛膜羊膜炎と早産対策. 産婦の実際 61 (4) : 571-576, 2012
18) 有澤正義 : 絨毛膜羊膜炎. 臨床胎盤学, 金芳堂, 京都, pp82-91, 2013
20) Rousw DJ, Landon M, Leveno KJ, et al : The Maternal-Fetal Medicine Units cesarean registry : chorioamnionitis at term and its duration-relationship to outcomes. Am J Obstet Gynecol 191 (1) : 211-216, 2004
P.126 掲載の参考文献
2) 生方公子 : 重症型のレンサ球菌・肺炎球菌感染症に対するサーベイランスの構築と病因解析, その診断・治療に関する研究 (H22-新興-一般-013). 厚生労働省新興・再興感染症研究事業 (http://strep.umin.jp/breakingnews/GAS.html)
4) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編・監 : 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014. CQ506稀な予後不良合併症は-日本産科婦人科学会, 東京, pp285-288, 2014
8) 小林康祐 : Septic shock, TSS, TSLS, 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 (産褥熱, 早産, 破水, 子宮内容除去術等). 日産婦誌 62 : N247-251, 2010
9) 堤誠司, 倉智博久 : 劇症型A群溶連菌感染症周産期救急の初期対応. 臨婦産 67 : 162-165, 2013
10) 清水可方, 五十嵐英夫, 村井貞子, 他 : 劇症型A群レンサ球菌感染症の診断基準案の提示 (http://idsc.nih.go.jp/iasr/18/204/dj204-1.html)
13) Stevens DL, Bisno AL, Chambers HF, et al ; Infectious Diseases Society of America : Practice guidelines for the diagnosis and management of skin and soft-tissue infections. Clin Infect Dis 41 : 1373-1406, 2005
16) 中川淳一郎, 布施貴司, 室谷卓他 : 劇症型A群溶連菌感染症による敗血症性ARDSに対してシベレスタットナトリウム投与が有効であった1例. 新薬と臨牀 56 : 484-491, 2007
17) 押領司友和, 垣花泰之, 安田智嗣, 他 : Disseminated intravascular coagulation (DIC) 治療における遺伝子組換え型ヒトトロンボモジュリン製剤併用療法の有用性の検討. 日集中医誌 18 : 583-590, 2011
P.129 掲載の参考文献
2) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 (編) : CQ603 B群溶血性レンサ球菌 (GBS) 保菌診断と取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, 日本産科婦人科学会, 東京, pp295-297, 2014
3) 松原康策 : 早発型・遅発型B群レンサ球菌感染症. 日本臨牀感染症症候群 (第2版) 下 新領域別症候群シリーズNo.25, 日本臨牀社, 大阪, pp712-716, 2013
4) Verani JR, McGee L, Schrag SJ ; Division of Bacterial Diseases, National Center for Immunization and Respiratory Diseases, Centers for Disease Control and Prevention (CDC) : Prevention of perinatal group B streptococcal disease-revised guidelines from CDC. MMWR Recomm Rep 59 (RR-10) : 1-36, 2010
5) Boyer KM, Gotoff SP : Prevention of early-onset neonatal group B streptococcal disease with selective intrapartum chemoprophylaxis. N Engl J Med 314 : 1665-1669, 1986
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 (編) : CQ603 B群溶血性レンサ球菌 (GBS) 保菌診断と取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2008, 日本産科婦人科学会, 東京, pp148-150, 2008
7) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 (編) : CQ603 B群溶血性レンサ球菌 (GBS) 保菌診断と取り扱いは? 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2011, 東京, 日本産科婦人科学会, pp239-241, 2011
8) The UK Royal College of Obstetricians and Gynaecologists : The prevention of early-onset neonatal group B streptococcal disease. Green-Top Guideline, No.36, 2nd ed, 2012
P.134 掲載の参考文献
1) 平松啓一, 中込治 (編) : 標準微生物学 (第10版), 医学書院, 東京, 2009
2) 河野茂 (編) : MRSA-基礎・臨床・対策-, 医歯薬ジャーナル社, 大阪, 2006
3) 亀田高志, 竹中俊文, 深石孝夫 : MRSAによる絨毛膜羊膜炎から, 敗血症, 感染性心内膜炎を発症した1例. 日周産期・新生児会誌 48 : 712-716, 2012
5) 渡辺彰 : メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症. 感染症の診断・治療ガイドライン編集委員会編 : 感染症の診断・治療ガイドライン 2004. p304, 日本医師会, 東京, 2004
6) 上野香織, 三田尾賢, 重光昌信 : MRSA保菌妊婦とその管理. 産婦治療 90 : 190-193, 2005
9) 公益社団法人日本化学療法学会・一般社団法人日本感染症学会MRSA感染症の治療ガイドライン作成委員会編 : MRSA感染症の治療ガイドライン, 2013
10) SSIサーベイランス委員会 : JHAISシステムサーベイランスサマリー [No.13, 1998.11~2011.12] (http://www.kankyokansen.org/modules/iikai/index)
11) Gilstrap LC III, Cunningham FG : The bacterial pathogens of infection following cesarean section. Obstet Gynecol 53 : 545-549, 1979
12) Cunningham FG, et al (ed) : Williams obstetrics, 24th ed, McGraw-Hill, New York, 2014
13) 藤田直久 : MRSAの院内感染対策 (手指衛生, 環境整備と保菌者の除菌に注目して). 日本外科感染症学会雑誌 10 : 283-292, 2013
P.139 掲載の参考文献
1) 内山竹彦, 松田義雄 : II 敗血症の病態生理 1. 発症のトリガーとなる要因 2) スーパー抗原性細菌毒素と疾患. 舟田久編 : 敗血症の解明と治療戦略, 医薬ジャーナル社, 東京, pp85-93, 2006
3) Miller D, Urdaneta V, Weltman A : Vancomycinresistant Staphylococcus aureus-Pennsylvania, 2002. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 51 : 902, 2002
4) Chang S, Sievert MS, Hageman JC : Infection with vancomycin-Resistant Staphylococcus aureus containing the vanA Resistance Gene. N Engl J Med 348 : 1342-1347, 2003
5) Kacica M, McDonald LC : Vancomycin-Resistant Staphylococcus aureus-New York. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 53 : 322-323, 2004
9) 内山竹彦, 他 : 新生児TSS様発疹症 (NTED) とスーパー抗原性毒素. 感染, 炎症, 免疫 31 : 34-42, 2001
10) Matsuda Y, Kato H, Yamada R, et al : Early and definitive diagnosis of toxic shock syndrome by detection of marked expansion of T-cell-receptor Vβ2-positive T cells. Emerg Infect Dis 9 : 387-389, 2003
11) 中江孝, 他 : Toxic Shock Syndrome Toxin-1 (TSST-1) に対するヒト免疫グロブリン製剤による中和作用について. 感染症 76 : 195-202, 2002
P.144 掲載の参考文献
1) 山口一也 : 厚生労働科学研究費補助金本邦におけるHTLV-1感染及び関連疾患の実態調査と総合対策. 平成20年度研究総括報告書, 2009
2) 齋藤滋 : 特集産婦人科感染症 HTLV-1-その発見から母子感染対策事業となるまで-. 日産婦誌 66 : 1155-1161, 2014
3) 森内浩幸 : 平成22年度厚生労働科学特別研究事業「ヒトT細胞白血病ウイルス-1型 (HTLV-1) 母子感染予防のための保健指導の標準化に関する研究」 HTLV-1母子感染予防対策保健指導マニュアル (改訂版), 2011
4) 塚崎邦弘 : 成人T細胞白血病/リンパ腫と抗体薬治療. 日医雑誌 140 : 1465-1469, 2011
5) 山口一也 : 厚生労働科学研究費補助金本邦におけるHTLV-1感染及び関連疾患の実態調査と総合対策. HTLV-1キャリア指導の手引き, 2011
6) 齋藤滋 : 厚生労働科学特別研究事業 HTLV-1の母子感染予防に関する研究」平成21年度総括研究報告書, 2010
7) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 (編) : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, 2014
P.149 掲載の参考文献
1) 喜多恒和 : 研究分担報告書HIV感染妊婦とその児に関する臨床データの集積およびHIV感染妊婦データの解析. 平成25年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 (H24-エイズ-一般-002) 平成24~26年度 (研究代表者塚原優己), pp30-76, 2014
2) 妊婦健康診査の実施について. 厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長通知, 雇児母発第0227001号, 平成21年2月27日
3) 吉野直人 : 研究分担報告書 HIV感染妊婦とその出生児の動向および妊婦HIV検査実施率に関する全国調査. 平成25年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 (H24-エイズ-一般-002) 平成24~26年度 (研究代表者塚原優己), pp12-29, 2014
4) 山田里佳, 塚原優己, 谷口晴記, 他 : ハイリスク妊婦への情報提供実例集 HIV. 周産期医学 39 : 14-19, 2009
5) 日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp322-324, 2014
6) 塚原優己 : II. HIV母子感染予防対策. 平成25年度HIV母子感染予防対策マニュアル第7版 (研究分担者塚原優己), pp21-81, 2014
8) Read JS, Newell MK : Efficacy and safety of cesarean delivery for prevention of mother-to-child transmission of HIV-1. Cochrane Database Syst Rev 19 (4) : CD005479, 2005
9) 蓮尾泰之, 明城光三, 和田裕一, 他 : Human Immunodeficiency virus (HIV) 陽性妊婦への医療側の対応-HIV母子感染予防におけるHIV拠点病院の現状-. IRYO 66 : 49-54, 2012
10) 明城光三 : 研究分担報告書 HIV感染妊婦の診療体制整備 (地域連携) に関する研究. 平成25年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 (H24-エイズ-一般-002) 平成24~26年度 (研究代表者塚原優己), pp106-111, 2014
P.157 掲載の参考文献
2) 森島恒雄, 川名尚, 平山宗宏 : 新生児ヘルペス全国調査. 日児誌 93 : 1990-1995, 1989
3) 森島恒雄, 山崎俊夫 : 母子感染全国実態調査平成6年度厚労省心身障害研究「母子感染防止に関する研究」 (主任研究者 : 川名尚), 1994
4) 川名尚 : 単純ヘルペスウイルス感染妊婦の取扱い. 川名尚, 小島俊行編 : 母子感染, 金原出版, pp219-234, 2012
7) 川名尚 : 単純ヘルペスウイルスの母子感染-産婦人科の立場から-. 日周産期新生児誌 44 : 902-905, 2008
11) Royal College of Obstetricians and Gynecologists : Management of genital herpes in pregnancy. RCOG Green-top Guideline No30, 2007
14) ACOG Committee on Practice Bulletins : ACOG Practice Bulletin. Clinical management guidelines for obstetrician-gynecologists. No.82 June 2007. Management of herpes in pregnancy. Obstet Gynecol 109 (6) : 1489-1498, 2007
P.163 掲載の参考文献
1) 東寛, 高梨美乃子, 神前昌敏, 他 : 1996年から2009年における妊婦のサイトメガロウイルス抗体保有率の推移について. 日周産期・新生児会誌 46 : 1273-1279, 2010
2) 古谷野伸 (代表研究者) : 全新生児を対象とした先天性サイトメガロウイルス (CMV) 感染スクリーニング体制の構築に向けたパイロット調査と感染児臨床像の解析エビデンスに基づく治療指針の基盤策定. 厚生労働科学研究費補助金 (成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業) 平成20年度~22年度総合研究報告書, pp1-188, 2011 (http://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIST00.doよりダウンロード可能)
3) 山田秀人 (研究代表者) : 先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討, 妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金 (成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業) 平成23~24年度総合研究報告書, pp1-201, 2013 (http://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIST00.doよりダウンロード可能)
4) Vauloup-Fellous C, Picone O, Cordier AG, et al : Does hygiene counseling have an impact on the rate of CMV primary infection during pregnancy? Results of a 3-year prospective study in a French hospital. J Clin Virol 46 Suppl 4 : S49-53, 2009
12) 山田秀人 : 「特集産婦人科感染症」サイトメガロウイルス母子感染の現況. 日産婦誌 66 : 1137-1145, 2014
13) Nigro G, Adler SP, La Torre R, et al ; Congenital Cytomegalovirus Collaborating Group : Passive immunization during pregnancy for congenital cytomegalovirus infection. N Engl J Med 353 : 1350-1362, 2005
15) Negishi H, Yamada H, Hirayama E, et al : Intraperitoneal administration of cytomegalovirus hyperimmunoglobulin to the cytomegalovirusinfected fetus. J Perinatol 18 : 466-469, 1998
16) The Japanese Congenital Cytomegalovirus Infection Immunoglobulin Fetal Therapy Study Group : A trial of immunoglobulin fetal therapy for symptomatic congenital cytomegalovirus infection. J Reprod Immunol 95 : 73-79, 2012
P.167 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : B型肝炎について (一般的なQ&A), 改訂第3版, 2008 (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/)
2) 厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長 : B型肝炎母子感染防止対策の周知徹底について雇児母発第0427002号, 2004 (http://www.jsog.or.jp/kaiin/html/infomation/info_27apr2004.html)
3) 日本小児科学会 : B型肝炎ウイルス母子感染予防のための新しい指針, 2013 (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/HBV20131218.pdf )
4) 日本小児科学会 : B型肝炎ワクチン接種時期の変更に伴う母子感染予防指針低出生体重児等の特別な場合に対する日本小児科学会の考え方, 2014 (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/hbboshikansen.pdf)
5) 厚生労働科学研究補助金「肝炎等克服緊急対策研究事業」C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究班 : C型肝炎ウイルス (HCV) キャリア妊婦とその出生児の管理指導指針 (平成16年12月). 日児誌 109 : 78-79, 2005 (http://www.vhfj.or.jp/06.qanda/pdfdir/HCV_guideline_050531.pdf)
6) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 : CQ607 妊娠中にHCV抗体陽性が判明した場合は? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014, pp311-312, 2014
7) McIntyre PG, Tosh K, McGuire W : Caesarean section versus vaginal delivery for preventing mother to infant hepatitis C virus transmission. Cochrane Database Syst Rev 18 : CD005546, 2006
8) 久保隆彦 : HCV母子感染防止のための分娩方法についての文献的考察. C型肝炎ウイルス等の母子感染防止に関する研究. 平成17年度総括・分担研究報告書, pp107-112, 2006
P.171 掲載の参考文献
1) Cohen JI, et al : Varicella-zoster virus replication, pathogenesis, and management. Virology, 5th ed, Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, pp2773-8184, 2006
2) Preblud SR : Varicella : complication and costs. Pediatrics 78 : 728-735, 1986
3) Larmont RF, et al : Varicella-zoster virus (chickenpox) infection in pregnancy. Br J Obstet Gynecol 118 : 1155-1162, 2011
5) 浅野喜造 (編) : 水痘・帯状疱疹のすべて, メジカルビュー社, 東京, 2012
8) 日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会 : CQ611 妊娠中の水痘感染の取扱い. 産婦人科診療ガイドライン産科編, 2011
9) Asano Y, et al : Postexposure prophylaxis of varicella in family contact by oral acyclovir. Pediatric 33 : 128-132 1993
10) 新庄正宜 : 流行性ウイルス疾患対策の実際-麻疹, 風疹水痘, ムンプス. 小児内科 44 : 1133-1138, 2012
P.177 掲載の参考文献
2) 漆川邦, 他 : 若年女性におけるヒトパピローマウイルス感染の拡がり. 日本性感染症学会誌 12 : 170-175, 2001
3) 藤原道久, 他 : 若年者におけるhuman papillomavirusの蔓延状況. 日本性感染症学会誌 11 : 104-106, 2000
4) 前田信彦, 他 : 妊婦における妊娠初期及び分娩後のHPV感染の状況. 日本性感染症学会誌 11 : 107-114, 2000
5) 熊本悦明, 他 :日本における性感染症 (STD) サーベイランス-2001年度調査報告-. 日本性感染症学会誌 13 : 147-167, 2002
6) 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会 (編・監) : 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2011, 日本産科婦人科学会, 東京, 2011
9) Workowski KA, Berman S : Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR Recomm Rep 59 : 1-110, 2010
P.181 掲載の参考文献
1) 多屋馨子 : 麻疹. 小児内科 34 (増刊) : 954-961, 2002
2) 本田義信 : 新生児の感染症, 麻疹. 小児科診療 67 : 438-443, 2004
3) 神部友香理, 久保隆彦 : 麻疹の妊婦スクリーニング. 産婦治療 95 (1) : 50-54, 2007
4) 庄田亜紀子, 岡崎隆行, 高山直秀, 他 : 妊婦における麻疹抗体保有状況. Progress in Medicine 26 : 3297-3300, 2006
5) 早田英二郎, 松田秀雄, 高橋宏典, 他 : 妊産婦における麻疹抗体スクリーニング検査の検討. 産婦の実際 55 (6) : 1007-1012, 2006
6) 奥田美加, 高橋恒男, 平原史樹 : 周産期管理からみた麻疹・風疹感染対策. 日周産期・新生児会誌 44 : 910-912, 2008
7) Eberhart-Phillips JE, Frederick PD, Baron RC, et al : Measles in pregnancy : a descriptive study of 58 cases. Obstet Gynecol 82 : 797-801, 1993
8) 笠井正志, 玉井普, 船戸正久 : 麻疹-妊娠中の麻疹罹患への対応と新生児期の麻疹感染. 周産期医学 32 : 853-856, 2002
10) 野坂啓介, 佐賀正彦, 徳山真弓 : 妊婦の麻疹感染. 周産期医学 29 (増刊) : 155-160, 1999
11) Gershon AA : Measles. Remington JS, Klein JO ed : Infectious diseases of the fetus and newborn infant, 5th ed, Saunders, Philadelphia, pp712-732, 2001
P.185 掲載の参考文献
1) Virus taxonomy update : The International Committee on Taxonomy of Viruses. Arch Virol 133 : 491-492, 1993
6) Prospective study of human parvovirus (B19) infection in pregnancy : Public Health Laboratory Service Working Party on Fifth Disease. BMJ 300 : 1166-1176, 1990
9) Koch WC, et al : Human parvovirus B19 infection in women of childbearing age and within families. Pediatr Infect Dis J 8 : 83-87, 1989
12) Francesca B, et al : Gestational and fetal outcome in B19 maternal infection : a problem of diagnosis. J Clin Microbiol 49 (10) : 3514-3518, 2011
13) Center for Disease Control. Risks associated with human parvovirus B19 infection. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 38 : 81, 1989
16) Fairly CK, et al : Observational study of effect of intrauterine transfusions on outcome of fetal hydrops after parvovirus B19. Lancet 346 : 1335-1337, 1995
19) 松田秀雄 : 妊婦のパルボウイルス感染症-リンゴ病患者と接触した可能性がある妊婦から相談されたら-. 日産婦誌 59 : 1077-1083, 2007
P.192 掲載の参考文献
1) 奥野秀雄, 多屋馨子 : 風疹. 臨床検査 58 : 485-490, 2014
2) 国立感染症研究所 : 風疹Q&A (2012年改訂版). (http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html)
3) 国立感染症研究所 : 風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言 (http://idsc.nih.go.jp/disease/rubella/rec200408.html)
4) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査 (2014年1月7日現在), 2014 (http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/idwr/diseases/rubella/rubella2013/rube13-52.pdf)
5) 宮城雅也 : 周産期医学必修知識 205風疹感染症. 周産期医学 41 : 600-602, 2011
6) 国立感染症研究所 : <注目すべき感染症> 先天性風疹症候群. 感染症発生動向調査感染症週報2014年第12週, 2014 (http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/idwr/IDWR2014/idwr2014-12.pdf)
7) 日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会 (編) : CQ605 妊婦における風疹罹患の診断と対応は? 産婦人科ガイドライン産科編 2014, pp303-307, 日本産科婦人科学会, 2014
8) 国立感染症研究所 : 風しん抗体価の換算 (読み替え) に関する検討 (2013年3月6日) (http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/rubella/RubellaHI-EIAtiter.pdf)
10) 国立感染症研究所 : 病原微生物検出情報 34 (4), pp1-3, 2013
P.198 掲載の参考文献
1) 齋藤滋 : 妊娠母体および胎児・新生児の免疫特性と母児の免疫特性と母児感染防御対策. 日産婦誌 50 : 538-548, 1998
4) ANZIC Influenza Investigators and Australasian Maternity Outcomes Surveillance System : Critical illness due to 2009 A/H1N1 influenza in pregnant and postpartum women : population based cohort study. BMJ 340 : c1279, 2010
8) 宮越敬, 吉村泰典 : インフルエンザの予防・治療. 菅谷憲夫編 : インフルエンザ診療ガイド 2013-14, 日本医事新報社, 東京, pp79-87, 2013
15) 丸山有子 : インフルエンザ. 産科合併症 (改訂第2版) MCメディカ出版, 大阪, pp631-642, 2011
16) 田代眞人 : 国立感染症研究所の業務と役割. インフルエンザ 15 : 81-85, 2014
20) 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会 (編・監) : 産人科診療ガイドライン : 産科編, pp41-43, 2011
22) 竹本毅 (訳) : インフルエンザ. Christine L, David RG編 : イン・ザ・クリニック-診療現場ですぐに役立つエビデンス, MEDSi, 東京, pp140-153, 2012
23) 川嶋章弘, 松田秀雄, 古谷健一 : インフルエンザ. 周産期医学 41 : 151-153, 2011
24) 齋藤孔良 : ノイラミニダーゼ阻害剤の種類による耐性ウイルスについて. インフルエンザ 15 : 90-91, 2014
25) 本郷誠司 : インフルエンザウイルス (http://tohoku-b.umin.ac.jp/data/18bukaizassi/18_page024.pdf)
P.203 掲載の参考文献
1) 三鴨廣繁 : 感染防止と抗菌薬. 日産婦誌 59 : N496-501, 2007
2) 三鴨廣繁, 他 : 産婦人科領域の術後感染症起炎菌. 産婦の実際 50 : 553-561, 2001
3) 品川長夫 : 術後感染予防の理論. 外科医のための抗菌薬療法, 医薬ジャーナル社, 大阪, pp408-455, 2011
5) Suzanne CF, et al : Surgical site infection after cesarean section : Implementing 3 changes to improve the quality of patient care. American Journal of Infection Control 41 : 1258-1263, 2013
9) Scott S, et al : Administration of cefazolin prior to skin incision is superior to cefazolin at cord clamping in preventing postcesarean infectious morbidity : a randomized, controlled trial. Am J Obstet Gynecol 196 : 455.e1-455.e5, 2007
10) Maged C, et al : Timing of perioperative antibiotics for cesarean delivery : a metaanalysis. Am J Obstet Gynecol 199 : 301.e1-301.e6, 2008
11) CDC and HICPAC DRAFT Guideline for Prevention of Surgical Site Infection (http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/dynamic/forums/20130319_111419_13595.pdf)
15) 日本感染症学会・日本化学療法学会編 : JAID/JSC感染症治療ガイド 2011. ライフサイエンス出版, 東京 pp182-188, 2012
P.209 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会 (編) : 産科婦人科用語集・用語解説集改訂第3版, 金原出版, 東京, p197, 2013
3) Center for Maternal and Child Enquiries (CMACE) : Saving mothers' lives : reviewing maternal deaths to make motherhood safer : 2006-08. The eighth report on confidential enquiries into maternal deaths in United Kingdom. BJOG 118 (Suppl 1) : 1-203, 2001
4) The Working Group on Severe Streptcoccal Infection : Defining the group A streptococcal toxic shock syndrome. JAMA 269 : 390-391, 1993
6) ACCP/SCCP Consensus Conference Committee : Difinitions for sepsis and organ failure and guidelines for the use of innovative therapies in sepsis. Chest 101 : 1644-1655, 1992
9) Atkinson MW, Owen J, et al : The effect of manual removal of placenta on post cesarean endometritis. Obstet Gynecol 176 : 1250, 1997
10) Jacobs-Jockhan D, Hofmeyr G : Extra-abdominal versus intra-abdominal repair of the uterine incision at cesarean section. Cochrane Database Syst Rev (4) : CD000085, 2004
11) Barton EJ, Miller JM, Weinstein MP, et al : A guide to utilization of the microbiology laboratory for diagnosis of infectious disease : 2013 recommendations by the Infectious Diseases Society of America (IDSA) and the American Society for Microbiology (ASM) (a). Clin Infect Dis 57 : e22, 2013
P.216 掲載の参考文献
1) WHO Department of Child and Adolescent Health and Development : Mastitis : causes and management, WHO, Geneva, 2000
4) Kuniko M, Kazuyoshi D, Minoru U, et al : Effectiveness of breast cancer screening during prgnancy and lactation using serum tumor markers : Study of pregnant women after treatment for primary breast cancer. J Jpn Assoc Breast Cancer Screen 14 : 81-85, 2005
5) 赤川元, 土橋一慶 : 妊娠初期における妊婦乳房検診方法の検討. 日乳癌検診会誌 12 : 193-198, 2003
6) 藤原葉一郎, 遠藤紫穂 : 乳腺炎が原因と考えられたMRSAによるToxic Shock Syndrome (TSS) の1例. 感染症誌 75 : 898-903, 2001
P.221 掲載の参考文献
1) 中山雅弘 : 目で見る胎盤病理, 医学書院, 東京, 2002
2) 有澤正義 : 臨床胎盤学, 金芳堂, 京都, 2013
3) 有澤正義 : 新生児慢性肺疾患 (CLD) と胎盤病理. 日周産期・新生児誌 50 : 132-135, 2014
4) 岩田みさ子, 有澤正義 : Villitis of unknown etiology (VUE) 胎盤検査の必要性について. 産と婦 78 (6) : 710-718, 2011
5) 谷口千津子, 金山尚裕, 有澤正義 : Villitis of unknown etiology (VUE) 胎児死亡例の胎盤病理検査の意義. 産婦の実際 60 (4) : 597-602, 2011
6) 有澤正義 : 妊娠糖尿病の胎盤病理. 糖尿病と妊娠 2 : 84, 2013
7) Arizawa M : An insight into GDM (gestational diabetes mellitus) through placental pathology. 日産婦誌 66 (2) : 959, 2014
P.225 掲載の参考文献
1) 中井祐一郎, 峯真紀子, 西尾順子, 他 : 胎児死亡と周産期感染症. 周産期医学 29 : 241-245, 1999
3) Holtorff J, Justus J, Justus B : Die Bedeutung der Infektion der Secundinae fur den intrauterinen Fruchttod. Z Geburtshilfe Gynakol 170 : 177-192, 1969
10) 三木鈴 : 妊婦手足口病感染による一症例. 治療 42 (増2) : 457, 1988
11) 宇田川秀雄 : A群溶連菌による重大な分娩合併症妊娠末期の母児死亡3例について. 日産婦誌 49 : 125-128, 1997
P.229 掲載の参考文献
2) 田中忠夫 : 免疫学的妊娠維持機構, 慈恵医大誌 118 : 229-241, 2003
4) 山口晃史 : 妊婦における予防接種の安全性と有効性に関する研究, 生育医療研究委託事業総括研究報告書, 21指定-23, 2009
7) 金川修造 : 新興感染症. 周産期医学 41 : 280-283, 2011
8) 竹下望, 他 : ワクチンで困るケースをみんなで話してみましたケースで学ぶ予防接種の実際, 南山堂, 東京, pp168-179, 2014
P.233 掲載の参考文献
9) Cohe n -Cli n e HN, Kahn TR, Hut t e r CM : A population-based study of the risk of repeat clinical chorioamnionitis in Washington State, 1989-2008. Am J Obstet Gynecol 207 (6) : 473.e1-e7, 2012
10) Nugent RP, Krohn MA, Hillier SL : Reliability of diagnosing bacterial vaginosis is improved by a standardized method of gram stain interpretation. J Clin Microbiol 29 (2) : 297-301, 1991
12) 日本性感染症学会 : 性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日性感染症会誌 22 : 5, 2011
15) Iams JD, et al : The Preterm Prediction Study : recurrence risk of spontaneous preterm birth. National Institute of Child Health and Human Development Maternal-Fetal Medicine Units Network. Am J Obstet Gynecol 178 (5) : 1035-1040, 1998
16) Final report of the Medical Research Council/Royal College of Obstetricians and Gynaecologists multicentre randomised trial of cervical cerclage. MRC/RCOG Working Party on Cervical Cerclage. Br J Obstet Gynaecol 100 (6) : 516-523, 1993
23) 塩崎有宏, 齋藤滋 : 細菌性腟症と早産について-腸内細菌叢の変化も含めて-. 腸内細菌学雑誌 27 (2) : 2, 2013
P.237 掲載の参考文献
1) 岡部信彦・多屋馨子 : 予防接種に関するQ&A集, 一般社団法人日本ワクチン産業協会, 2013
2) Briggs GG, Freeman RK, Yaffe SJ : Drugs in pregnancy and lactation, 8th ed, Lippincott Williams and Wilkins, Philadelphia, 2008
P.245 掲載の参考文献
1) Content and format of labeling for human prescription drug and biological products ; requirements for pregnancy and lactation labeling. Federal Register 73 (104) Thursday, May 29, 2008
2) 林昌洋, 佐藤孝道, 北川浩明 (編) : 妊娠と薬, じほう, 東京, 2010
3) Loebstein R, Addis A, Ho E, et al : Pregnancy outcome following gestational exposure to fluoroquinolones : A multicenter prospective controlled study. Antimicrob Agents Chemother 42 (6) : 1336-1339, 1998
4) Colley DP, Kay J, Gibson GT : Amoxycillin and ampicillin : a study of their use in pregnancy. Aust J Pharm 64 : 107-111, 1983
8) Koren G : Maternal-Fetal Toxicology, 2nd ed, Marcel Dekker, New York, pp1-7, 1994
9) 加藤隆一 : 臨床薬物動態学, 第4版, 南江堂, 東京, pp257-259, 2009

[III] 新生児からみた周産期感染症

P.256 掲載の参考文献
1) Abbas AK, Lichtman AH, Pillai S : Cellular and Molecular Immunology, 6th ed, Saunders, Philadelphia, pp3-71, 2009
2) Abbas AK, Lichtman AH : 基礎免疫学原著第2版, 松島綱治, 山田幸宏訳, エルゼビアジャパン, 東京, pp1-21, 2007
3) 矢田純一 : 医系免疫学改訂12版, 中外医学社, 東京, 748-764, 2013
4) 浅野茂隆, 池田康夫, 内山卓 : 三輪血液病学第3版, 文光堂, 東京, pp31-43, 2006
5) Chapel H, Haeney M, Misbah S, et al : Essentials of clinical immunology, 6th ed, Wiley-Blackwell, Hoboken, pp54-58. pp324-328, 2014
6) 白木和夫, 前川喜平 : 小児科学第2版, 医学書院, 東京, pp699-703, 2002
P.261 掲載の参考文献
1) 宮脇利男, 谷内江昭宏, 谷口昂 : 未熟児・新生児の免疫学的発達. 日本臨床免疫学会会誌 17 : 974-978, 1994
8) Yachie A, Miyawaki T, Nagaoki T, et al : Regulation of B cell differentiation by T cell subsets defined with monoclonal OKT4 and OKT8 antibodies in human cord blood. J Immunol 127 : 1314-1317, 1981
P.267 掲載の参考文献
1) 牛島廣治 : 免疫系の個体発生とその成熟, 中山書店, 東京, 1979
2) 原寿郎 : 発育に伴う免疫能の変化. 小児内科 37 : 739-746, 2005
P.272 掲載の参考文献
7) Kelly D, et al : Commensal anaerobic gut bacteria attenuate inflammation by regulation nuclear cytoplasmic shuttling of PPAR-gamma and RelA. Nat Immunol 5 : 104-112, 2004
P.278 掲載の参考文献
21) Erba-ci AB, Cekmen MB, Balat O, et al : Persistency of high proinflammatory cytokine levels from colostrum to mature milk in preeclampsia. Clin Biochem 38 : 712-716, 2005
P.285 掲載の参考文献
1) 北島博之, 近藤乾, 志賀清悟, 他 : 新生児集中治療室 (NICU) における院内感染対策サーベイランス項目の検討. 日未熟児新生児誌 17 : 89-97, 2005
2) 大城誠, 他 : 極低出生体重児における感染症に関する全国調査 : 2000年と2010年出生児の比較. 日未熟児新生児誌 26 : 99-104, 2014
P.289 掲載の参考文献
1) WHO : Antimicrobial resistance : global report on surveillance, 2014 (http://www.who.int/drugresistance/documents/surveillancereport/en/)
3) 北島博之, 近藤乾, 志賀清悟, 他 : 新生児集中治療室 (NICU) における院内感染対策サーベイランス項目の検討. 日未熟児新生児誌 17 : 247-255, 2005
4) 厚生労働省 : 院内感染対策サーベイランス公開情報NICU部門 2007年-2012年季報・年報 (http://www.nih-janis.jp/report/nicu.html)
6) 久田研, 松永展明, 清水俊明 : 新生児集中治療室における市中獲得型MRSAの現状. 日未熟児新生児誌 25 : 429, 2013
7) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査年別一覧表 (http://www.nih.go.jp/niid/ja/all-surveillance/2085-idwr/ydata/4405-report-ja2012.html)
9) 脇本寛子, 脇本幸夫, 矢野久子, 他 : 新生児および妊婦褥婦由来B群レンサ球菌の薬剤感受性と血清型. 感染症誌 85 : 155-160, 2011
P.293 掲載の参考文献
1) 林昌洋 : 妊婦に対する抗菌薬投与の注意点. Medical Practice 22 : 2135-2142, 2005
2) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会産婦人科診療ガイドライン産科編作成委員会 : CQ104 妊娠中投与された薬物の胎児への影響について質問されたら? 産婦人科診療ガイドライン産科編 2011, pp48-50, 2011
3) 林時仲 : 正常細菌叢の確立による感染予防. Neonatal Care 20 : 33-38, 2007
6) 大塚宜一, 清水俊明 : 出生後の抗菌薬使用はアレルギー疾患と関係するか. 周産期医学 41 : 629-632, 2011
10) 山城雄一郎 : 新生児壊死性腸炎. 臨床栄養 120 : 696-703, 2012
17) 下条直樹 : アレルギー疾患と腸内細菌叢. 実験医学 32 : 824-829, 2014
18) Bjorksten B, Sepp E, Julge K, et al : Allergy development and the intestinal microflora during the first year of life. J Allergy Clin Immunol 108 : 516-520, 2001
P.296 掲載の参考文献
1) 鮫島浩, 是澤光彦, 佐々木繁 : 母子感染症からみた性感染症. 日産婦会誌 56 (9) : N526-529, 2004
2) Niget V, Klein JO : Bacterial Infections. Infectious Diseases of the Fetus and Newborn Infant, 7th ed, pp221-275, 2011
3) 堤裕幸, 要腰裕孝 : 母子感染症, ウイルス感染症. 小児科臨床ピクシス 16 新生児医療, 中山書店, 東京, pp138-143, 2010
4) 高橋尚人 : 細菌感染. 小児科臨床ピクシス 16 新生児医療, 中山書店, 東京, pp144-146, 2010
5) 大塚春美 : 新生児のクラミジア感染症. 周産期医学 36 (増刊) : 541-542, 2006
6) 俣野美雪 : 敗血症・髄膜炎・GBS感染症への対応. 周産期医学 40 (6) : 957-960, 2010
7) 齊藤三佳, 市場博幸 : 感染症母体からの新生児-結核. 周産期医学 40 (増刊) : 614-615, 2010
8) 矢田ゆかり : 感染症母体からの新生児-梅毒. 周産期医学 40 (増刊) : 616-618, 2010
P.299 掲載の参考文献
3) 森内浩幸 : 先天性CMV感染治療プロトコール. 小児感染免疫 22 (4) : 385-389, 2010
6) 今後定期接種に追加するワクチン及び対応について (案) 厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai/0000034762_2.pdf)
8) 日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール, 2014年4月1日版日本小児科学会ホームページ (http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf)
9) 白木和夫, 大戸斉, 稲葉憲之, 他 : C型肝炎ウイルスキャリア妊婦とその出生児の管理ならびに指導指針. 日児誌 109 (1) : 78-79, 2005
10) HIV感染予防対策マニュアル第7版, エイズ予防情報ネット (http://api-net.jfap.or.jp/library/guideLine/boshi/images/H25_manual.pdf)
P.305 掲載の参考文献
2) 高橋尚人 : 新生児感染症とサイトカイン. 小児科診療 75 : 1538-1544, 2012
4) Kojima K, Takahashi N, Yada Y, et al : White matter damage in a neonate of disseminated herpes simplex virus infection. Pediatr Int 54 (3) : 409-412, 2011
6) 高橋尚人 : 新生児敗血症に対する交換輸血は不要である. 周産期医学 43 : 1127-1129, 2013
P.312 掲載の参考文献
1) Haque KN : Neonatal sepsis in the very low birth weight infants : part 1 : review of patho-phyiology. J Med Sci 3 : 1-10, 2010
2) Edwards MS, Baker JB : Bacterial infections in the neonatae. Long SS ed : Principles and practice of pediatric infectious diseases, 4th ed, pp532-539, Saunders, Philadelphia, 2012
3) Bailt JL, Gregory KD, Reddy UM, et al : Maternal and neonatal outcomes by labor onset type and gestational age. Am J Obstet Gynecol 202 : 245.e1-e12, 2010
4) Cohen-Wolkowiez M, Moran C, Benjamin DK, et al : Early and late onset sepsis in late preterm infants. Pediatric Infect Dis J 28 : 1052-1056, 2009
6) JANIS (厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業) (https://www.nih-janis.jp/report/nicu.html)
7) 城裕之 : 院内感染への対応 III. 部署別感染対策NICU. 小児科診療 12 : 1895-1901, 2006
8) 日本新生児感染対策研究会 (http://plaza.umin.ac.jp/~nippon/dl/index.html)
9) 城裕之 : 感染症の検査. 周産期医学 30 (増刊) : 678-684, 2000
10) Schelonika BL, Chai MK, Yoder BA, et al : Volume of blood required to detect common neonatal pathogens. J Pediatr 129 : 275-278, 1996
11) Wiswell TE, Baumgart S, Gannon CM, et al : No lumbar puncture in the evaluation for early neonatal sepsis : will meningitis be missed? Pediatrics 95 : 803-806, 1995
12) Stocker M, Fontana M, EL Helou S, et al : Use of procalcitonin-guided decision making to shorten antibiotic therapy in suspected neonatal EOS : prospective, randomized intervention trial. Neonatology 97 : 165-174, 2009
13) Kuster H, Weiss M, Willeitner AE, et al : Interleukin-1 receptor antagonist and interleukin-6 for early diagnosis of neonatal sepsis 2 days before clinical manifestation. Lancet 352 : 2171-2177, 1998
14) Verani JR, McGee L, Schrag SJ, et al : Prevention of Perinatal Group B Streptococcal Disease Revised Guideline from CDC, 2010. MMWR Recomm Rep 59 : 1-36, 2010
P.321 掲載の参考文献
1) 砂川慶介, 佐藤吉壮 : 新生児・未熟児への抗菌化学療法薬の使い方. 治療 82 (suppl) : 558-562, 2000
2) 五十嵐隆 : 小児の腎機能の特徴と腎排泄性薬剤の小児での薬物動態. 日小児臨薬理会誌 26 (1) : 3-7, 2013
3) 斎藤宏 : 胎児・新生児の腎・泌尿器の発達・新生児の尿. 周産期医学 41 (suppl) : 499-501, 2011
4) 佐藤吉壮 : 新生児感染症の抗菌薬療法. 小児感染免疫 9 (1) : 43-48, 1997
5) 佐藤吉壮 : 抗菌薬の使い方. 小児科診療 73 (9) : 1577-1584, 2010
6) 山藤満, 佐藤吉壮, 砂川慶介, 他 : 新生児における各種抗菌薬の蛋白結合率. 日化療会誌 52 (10) : 568-573, 2004
7) 山藤満, 佐藤吉壮, 砂川慶介, 他 : 新生児における遊離ビリルビン濃度に与える抗菌薬の影響. 日化療会誌 52 (10) : 574-582, 2004
8) 佐藤吉壮 : 小児の抗菌薬療法-新生児への使い方-. 小児感染免疫 18 (2) : 152-159, 2006
9) Stoll BJ : Infections of the neonatal infant. Kliegman RM ed : Nelson textbook of pediatrics 19th ed, Saunders, Philadelphia, pp629-648, 2011
P.325 掲載の参考文献
1) Bradley JS, Nelson JD, Kimberlin DW, et al : 2012-2013 Nelson's Pediatric Antimicrobial Therapy, 19th ed, American Academy of Pediatrics, pp32-35, 2012
P.328 掲載の参考文献
1) アシクロビル注射液添付文書, 2010
P.332 掲載の参考文献
5) 堤裕幸 : 呼吸器ウイルス感染症 (RSウイルス感染症). 小児感染免疫 18 : 161-166, 2006
6) パリビズマブの使用に関するガイドライン作成検討委員会 : RSウイルス感染症の予防について (日本におけるパリビズマブ使用に関するガイドライン). 日児誌 106 : 1288-1292, 2002
7) ガイドライン作成検討委員会 : 先天性心疾患児におけるパリビズマブの使用に関するガイドライン. 日児誌 108 : 1548-1551, 2004
8) 鈴村宏 : Late preterm児とRSウイルス感染. 小児科 52 : 1471-1476, 2011
9) 森雅亮, 森尾友宏, 伊藤秀一, 他 : 免疫不全児およびダウン症候群におけるRSウイルス感染重症化リスクとその感染予防. 日児誌 118 : 9-16, 2014
10) The IMpact-RSV Study Group : Palivizumab, a humanized respiratory syncytial virus monoclonal antibody, reduces hospitalization from respiratory syncytial virus infection in high-risk infants. Pediatrics 102 : 531-537, 1998
11) Feltes TF, Cabalka AK, Meissner HC, et al : Palivizumab prophylaxis reduces hospitalization due to respiratory syncytial virus in young children with hemodynamically significant congenital heart disease. J Pediatr 143 : 532-540, 2003
14) 鈴村宏, 高橋尚人, 新田晃久, 他 : 栃木県における早産児への在胎週数別パリビズマブ投与率, および乳児RSウイルス感染症入院数の在胎週数調査 (2010年度シーズン). 小児科臨床 66 : 1101-1105, 2013
P.337 掲載の参考文献
3) 周産期医療の質と安全の向上のための研究『根拠に基づく標準的治療の考え方 (周産期診療ガイドライン』, 2011
4) Ohlsson A, Lacy J : Intravenous immunoglobulin for preventing infection in preterm and/or low birthweight-infants. Cochrane Database Syst Rev 5 : CD000361, 2010
5) Ohlsson A, Lacy J : Intravenous immunoglobulin for suspected or subsequently proven infection in neonates. Cochrane Database Syst Rev 3 : CD001239, 2010
6) Ohlsson A, Lacy J : Intravenous immunoglobulin for preventing infection in preterm and/or low birthweight-infants. Cochrane Database Syst Rev 7 : CD000361, 2013
7) Ohlsson A, Lacy JB : Intravenous immunoglobulin for suspected or proven infection in neonates. Cochrane Database Syst Rev 7 : CD001239, 2013
11) Marlow N, Morris T, Brocklehurst P, et al : A randomised trial of granulocyte-macrophage colonystimulating factor for neonatal sepsis : outcomes at 2 years. Arch Dis Child Fetal Neonatal Ed 98 (1) : F46-53, 2013
13) Cairo MS, Worcester CC, Rucker RW, et al : Randomized trial of granulocyte transfusions versus intravenous immune globulin therapy for neonatal neutropenia and sepsis. J Pediatr 120 (2 Pt 1) : 281-285, 1992
16) 布施養善 : 新生児の免疫強化療法. 周産期医学 24 (9) : 1256-1262, 1994
20) Societa Italiana di Medicina Trasfusionale e Immunoematologia, Societa Italiana di Neonatologia : Recommendations on transfusion therapy in neonatology. Blood Transfus 4 (1) : 158-180, 2006
22) 嶋田優美 : 免疫療法. 周産期医学 29 : 356-364, 1999
P.342 掲載の参考文献