神経疾患最新の治療 2015-2017

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2015-01-30
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784524265954
シリーズ: 南江堂 最新の治療シリーズ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

9,350 円(税込)

商品紹介

神経科領域の最新情報と診療指針を簡潔に提供.巻頭トピックスでは,iPS細胞遺伝子治療,遠隔医療システム,脳血管内治療の進歩,新規経口抗凝固薬など話題の12テーマを取り上げた.疾患別各論の解説では,検査・診断,処方例も含めた治療方針,生活指導,リハビリテーションまで具体的に解説され,神経疾患の診療を完全網羅.PCなどで閲覧できる便利なオンラインアクセス権付.

目次

  • 神経疾患最新の治療 2015-2017

    ―目次―

    巻頭トピックス
     1.iPS細胞:神経疾患治療に挑戦
     2.神経疾患の遺伝子治療の現状と展望
     3.Telemedicine system(遠隔医療システム)を用いた
       脳卒中医療
     4.脳血管内治療の進歩
     5.心原性脳塞栓症予防:新規経口抗凝固薬(NOAC)
     6.アルツハイマー型認知症と血管性認知症の接点と治療戦略
     7.レビー小体型認知症の薬物治療
     8.多発性硬化症・視神経脊髄炎の再発予防と最新治療
     9.新しい診療ガイドラインによる頭痛診療の最先端
     10.パーキンソン病の運動症状治療の進歩
     11.パーキンソン病の非運動症状治療の進歩
     12.高齢社会における重症筋無力症の治療指針

    I.緊急時の神経症候とその対処法
    II.治療手技
    III.疾患別各論
    IV.神経疾患のリハビリテーション

    付録
     1.進行中の大規模臨床試験
     2.神経疾患の福祉・介護施策
     3.治療ガイドライン

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...