臨床医のための慢性便秘マネジメントの必須知識

出版社: 医薬ジャーナル社
著者:
発行日: 2015-04-15
分野: 臨床医学:内科  >  胃/腸
ISBN: 9784753227082
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

3,740 円(税込)

商品紹介

“病”という意識が薄く、患者数の多さに比べ、治療に対する患者満足度が低い「慢性便秘」。治療薬の効果的な使用を視野に入れながら、慢性便秘の治療はどうあるべきか、その疫学的現状から病態、治療に至るまで、網羅的に解説。治療薬と他の薬剤との相互作用のほか、患者QOLを向上させるための必須知識、また、プライマリケア医が注意すべき点、専門医との連携のあり方についても言及。臨床現場で役立つ知識を盛り込んだ、医療従事者におすすめの一冊!

目次

  • 臨床医のための慢性便秘マネジメントの必須知識

    ―目次―

    1.慢性便秘症の疫学
     1)慢性便秘の疫学、QOL、なぜ治療が必要か、予後
     2)慢性便秘のQOL定量的評価方法
     3)慢性便秘の予後、生命予後

    2.慢性便秘症の病態と種類
     1)慢性便秘の疾患定義と分類、各分類における病態
     2)便秘型IBSの病態、慢性機能性便秘との差異
     3)難治性便秘とは
     4)排便障害の病態・分類

    3.慢性便秘症の診断
     1)鑑別疾患 地雷を踏まないように
     2)快便を目指した便秘診断のコツ
     3)排便機能障害の診断のコツ

    4.慢性便秘症の治療
     1)治療の総論
     2)生活習慣、排便習慣の是正をどう指導するべきか。
        患者を前にどう実践するか
     3)内科的薬物治療の基本的戦略 患者満足度の高い治療とは?
     4)刺激性下剤への依存性の高い患者の治療をどうするか
     5)便秘型IBSの治療の基本
     6)漢方薬の使い方のコツ
     7)難治性便秘治療のコツ
     8)麻薬などの薬物性便秘患者への対処の基本
     9)機能性便排出障害型便秘症に対する
        バイオフィードバック療法の実際

    付録 本書で記載された主な便秘薬一覧

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...