卵巣がん治療ガイドライン 2015年版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2015-04-15
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307301213
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,080 円(税込)

商品紹介

5年ぶりの改訂となる2015年版では、総説的な記載からCQ形式に大改訂。手術進行期は旧分類と新分類(日産婦2014、 FIGO 2014)を併記し、また2014年に改訂されたWHOの卵巣腫瘍組織学的分類も掲載。さらに、遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)の検査基準と対応、分子標的治療薬を用いた治療の項目を新設したほか、緩和ケアの概念も重視。計41のCQを収載している。卵巣がん、腹膜癌、卵管癌の治療にあたる医療従事者必携の書。

目次

  • 卵巣がん治療ガイドライン 2015年版

    ―目次―

    第1章 ガイドライン総説

    第2章 卵巣癌
     総説
     CQ01 病巣が卵巣に限局していると予想される卵巣癌に対して
         推奨される手術術式は?
     CQ02 術前にII期以上と考えられる進行卵巣癌に対して
         推奨される手術術式は?
     CQ03 初回手術(PDS)でsuboptimal surgeryとなった
         進行卵巣癌に対して,interval debulking surgery
         (IDS)は推奨されるか?
     CQ04 妊孕性温存を希望する場合の取り扱いは?
     CQ05 BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性に対する
         risk─reducing salpingo─oophorectomy(RRSO)は
         推奨されるか?
     CQ06 腹腔鏡下手術は可能か?
     CQ07 術中迅速病理検査が奨められる症例は?
     CQ08 術後に卵巣癌と判明した症例の取り扱いは?
     CQ09 推奨される初回化学療法のレジメンは?
     CQ10 TC療法以外に推奨される初回化学療法のレジメンは?
     CQ11 術後化学療法が省略できる条件は?
     CQ12 組織型を考慮した初回化学療法は推奨されるか?
     CQ13 腹腔内化学療法は初回化学療法として推奨されるか?
     CQ14 Optimal surgeryが不可能と予想される進行卵巣癌に
         対して,術前化学療法(NAC)+interval debulking
          surgery(IDS)は推奨されるか?
     CQ15 完全寛解が得られた後の維持化学療法は推奨されるか?
     CQ16 初回治療で完全寛解が得られなかった場合の対応は?
     CQ17 化学療法の重篤な有害事象の対策は?
     CQ18 初回化学療法もしくは再発症例に対する治療薬として
         推奨される分子標的治療薬はあるか?
     CQ19 治療後の経過観察の間隔は?
     CQ20 治療後の経過観察で実施すべき診察・検査項目は何か?
     CQ21 無症状でCA125上昇のみに基づく再発治療の介入は
         推奨されるか?
     CQ22 ホルモン補充療法?(HRT)?は推奨されるか?

    第3章 上皮性境界悪性腫瘍
     総説
     CQ23 上皮性境界悪性腫瘍に対して推奨される手術術式は?
     CQ24 化学療法の適応と推奨されるレジメンは?
     CQ25 上皮性境界悪性腫瘍治療後の経過観察で留意すべき点は?

    第4章 再発卵巣癌
     総説
     CQ26 Disease free interval(DFI)が6カ月未満の再発で
         推奨される化学療法のレジメンは?
     CQ27 Disease free interval(DFI)が6カ月以上の再発で
         推奨される化学療法のレジメンは?
     CQ28 再発に対するsecondary debulking surgery(SDS)の
         適応と手術方針は?
     CQ29 再発に対する放射線治療の適応は?
     CQ30 腸閉塞,腹水貯留にどのように対応するか?

    第5章 腹膜癌・卵管癌
     総説
     I 腹膜癌
     II 卵管癌
     CQ31 腹膜癌に対して推奨される手術術式は?
     CQ32 腹膜癌に対して推奨される化学療法のレジメンは?
     CQ33 卵管癌に対して推奨される手術術式は?
     CQ34 卵管癌に対して推奨される化学療法のレジメンは?

    第6章 胚細胞腫瘍
     総説
     CQ35 悪性卵巣胚細胞腫瘍に対して推奨される手術術式は? 
     CQ36 悪性卵巣胚細胞腫瘍に対して推奨される術後治療は?
     CQ37 悪性卵巣胚細胞腫瘍の初回化学療法後の再発例に対して
         推奨される治療は?
     CQ38 悪性卵巣胚細胞腫瘍治療後の経過観察で留意すべき点は?

    第7章 性索間質性腫瘍
     総説
     CQ39 性索間質性腫瘍に対して推奨される手術術式は?
     CQ40 性索間質性腫瘍に対して推奨される術後治療は?
     CQ41 性索間質性腫瘍治療後の経過観察で留意すべき点は?

    第8章 資料集
    I 抗がん剤の有害事象一覧
    II 略語一覧

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...