• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  インターナショナルナーシングレビュー 35/3 2012年臨時増刊号 看護における社会学的アプローチと実践

インターナショナルナーシングレビュー 35/3 2012年臨時増刊号 看護における社会学的アプローチと実践

出版社: 日本看護協会出版会
発行日: 2012-05-31
分野: 看護学  >  雑誌
ISSN: 09193804
雑誌名:
特集: 看護における社会学的アプローチと実践
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,200 円(税込)

目次

  • インターナショナルナーシングレビュー 35/3 2012年臨時増刊号
    看護における社会学的アプローチと実践

    ―目次―

    特集 看護における社会学的アプローチと実践

    第1章:看護と社会学?双方からのアプローチ
     [1]看護学研究者の社会学的アプローチ
      看護学研究と社会学
      健康社会学とヘルスプロモーション
      急性期看護への社会学的アプローチ
      若年認知症者へのケアの記述に会話分析を応用して
      産業・労働・職業に関する社会学的アプローチと看護学への示唆
     [2]社会学研究者の「ケア」へのアプローチ
      カルチュラルプローブを使った高齢者施設でのケアと
       インクルーシブデザインの試み
       (「尊厳とデザイン」プロジェクト報告)  
      認知症の人を介護する家族とその支援から学ぶこと 
      遺伝相談の医療化再考  
      能動的な「生活者」をケアする:ハンセン病療養所の
       看護ケアを事例として 
      会話についての会話を用いたケアのケア:
       リフレクティング・プロセスの臨床社会学 
      度化・複雑化する災害とナースプラクティショナー:
       アメリカの現状と今後の展望 
      がん闘病記の社会学:患者が主体的に生きるために 
      健康と病の「知」の社会学 
      看護の質を評価する:看護学は何を社会に伝えるべきか? 
      日本保健医療社会学会看護・ケア研究部会での学際的交流 

    第2章:「社会」へのアクション
     [1]座談会
      当事者みんなで守る健康:社会に開かれた看護をめざして 
     [2]特別寄稿
      社会が求める看護に対するニーズの変化:
       看護師のアイデンティティ再考  
     [3]これからの社会と看護・医療の関係を考える
      メディアを介した現場からの情報発信  
      社会的共通資本としての医療の復興をめざして  
      障害や疾患をもつ医療従事者の歴史と展望  
      アメリカでナースプラクティショナーが果たしている役割と
       日本でのその可能性 
      病院・施設と在宅のはざまで生じる社会的問題と退院支援 
      東日本大震災における被災地復興に向けた保健師の取り組み 
      災害におけるさまざまなコミュニティとの相互作用 
      病を得て再び生きるということ 

    第3章:社会学を学ぶ
     社会学・医療社会学を知るための33冊/さらに読みたい+2冊

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...