高齢血液透析患者の治療とケアのガイドブック

出版社: 東京医学社
著者:
発行日: 2015-06-20
分野: 臨床医学:内科  >  腎臓
ISBN: 9784885632549
電子書籍版: 2015-06-20 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,320 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,320 円(税込)

商品紹介

高齢血液透析患者の治療とケアについてのエビデンスと、病状に応じた管理方法をわかりやすくまとめる。高齢者の療養生活支援、終末期における透析の見合わせの実際と注意点にも言及する。

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • 英略語表
  • [I] 高齢血液透析患者の現況と解決すべき課題
  • 現状と解決すべき課題
  • [II] 高齢血液透析患者のEBMとADLによる管理目標と注意点
  • 1. 血圧
  • 2. 血糖
  • 3. リン・カルシウム・副甲状腺ホルモン
  • 4. 脂質
  • 5. 尿酸
  • 6. ヘモグロビン・鉄飽和度・フェリチン
  • 7. 食事
  • 8. 運動
  • 9. 透析条件と透析量
  • 10. 透析方法
  • 11. バスキュラーアクセス
  • [III] 病態別高齢血液透析患者の治療と看護ケア
  • 1. 精神疾患
  • 【症例】認知症
  • 【症例】うつ病
  • 精神疾患 看護ケアのポイント
  • 2. 脳血管疾患
  • 【症例】脳出血
  • 【症例】脳梗塞
  • 脳血管疾患 看護ケアのポイント
  • 3. 末梢動脈疾患
  • 【症例】慢性閉塞性動脈硬化症
  • 【症例】糖尿病性壊疽
  • 末梢動脈疾患 看護ケアのポイント
  • 4. 循環器疾患
  • 【症例】慢性うっ血性心不全 ( 高心拍出性心不全 )
  • 【症例】労作性狭心症 ( 慢性冠動脈疾患 )
  • 【症例】大動脈弁狭窄症
  • 循環器疾患 看護ケアのポイント
  • 5. 呼吸器疾患
  • 【症例】肺結核
  • 呼吸器疾患 看護ケアのポイント
  • 6. 消化器疾患
  • 【症例】逆流性食道炎
  • 【症例】虚血性腸炎
  • 【症例】宿便潰瘍
  • 消化器疾患 看護ケアのポイント
  • 7. 肝疾患
  • 【症例】C型慢性肝炎
  • 【症例】肝硬変・肝細胞癌
  • 肝疾患 看護ケアのポイント
  • 8. 感染症
  • 【症例】カテーテル関連血流感染症
  • 感染症 看護ケアのポイント
  • 9. 皮膚のかゆみ
  • 【症例】皮膚掻痒症
  • 皮膚のかゆみ 看護ケアのポイント
  • 10. 腰痛症
  • 【症例】破壊性脊椎関節症
  • 腰痛症 看護ケアのポイント
  • [IV] 高齢血液透析患者の療養生活支援
  • 1. 療養生活支援のためのケア目的
  • 2. セルフケア支援
  • 3. 在宅療養生活の継続支援
  • 4. 社会資源の活用
  • [V] 高齢血液透析患者の透析の見合わせ
  • 透析の見合わせ
  • 【症例】意思表示できる患者が透析開始を拒否した例
  • 【症例】意思表示できない患者の家族が透析維持を拒否した例
  • 透析の見合わせ後 看護ケアのポイント
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[I] 高齢血液透析患者の現況と解決すべき課題

P.6 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 2014
3) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2005年12月31日現在), 2006
6) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2009年12月31日現在), 2010
8) 日本透析医学会血液透析療法ガイドライン作成ワーキンググループ透析非導入と継続中止を検討するサブグループ : 維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言. 日透析医学会誌 47 : 269-285, 2014

[II] 高齢血液透析患者のEBMとADLによる管理目標と注意点

P.18 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 2014
5) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2005年12月31日現在), 2006
6) 日本高血圧学会 : 高血圧治療ガイドライン 2014
13) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2001年12月31日現在), 2002
17) 日本透析医学会 (編) : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 339-425, 2011
18) 新里高弘, 佐中孜, 菊池健次郎, 他 : わが国の慢性透析療法の現況 (1999年12月31日現在). 日透析医学会誌 34 : 1-33, 2001
20) K/DOQI Workgroup : K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients. Am J Kidney Dis 45 (4 Suppl 3) : S1-153, 2005
24) 熊谷裕生, 門川俊明, 稲本元, 他 : 高齢透析患者の予後を規定する因子の多変量解析. 日透析医学会誌 37 : 131-133, 2004
26) Cice G, Ferrara L, D'Andrea A, et al : Carvedilol increases two-year survival in dialysis patients with dilated cardiomyopathy : a prospective, placebo-controlled trial. J Am Coll Cardiol 41 : 1438-1444, 2003
27) Nakao K, Makino H, Morita S, et al : β-blocker prescription and outcomes in hemodialysis patients from the Japan dialysis outcomes and practice patterns study. Nephron Clin Pract 113 : c132-c139, 2009
30) Nicholas M, McIntyre CW : A systemic review of the clinical effects of reducing dialysate fluid temperature. Nephrol Dial Transplant 21 : 1883-1898, 2006
32) Nakamoto H : Telemedicine system for patients on continuous ambulatory peritoneal dialysis. Perit Dial Int 27 (Suppl 2) : S21-S26, 2007
34) 泉和生, 加藤昌之, 野田光彦 : 最近の話題 わが国におけるメガスタディーへの期待. 日内会誌 98 : 824-833, 2009
35) 竜崎崇和 : 透析患者の血圧管理. 奈透析会誌 16 : 15-23, 2011
P.27 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 2014
2) 日本透析医学会 : 血液透析患者の糖尿病治療ガイド 2012. 日透析医学会誌 46 : 311-357, 2013
6) Shima K, Komatsu M, Kawahara K, et al : Stringent glycemic control prolongs survival in diabetic patients with end-stage renal disease on haemodialysis. Nephrology 15 : 632-638, 2010
12) Johnston PS, Lebovitz HE, Coniff RF, et al : Advantage of α-glucosidase inhibitor as monotherapy in elderly type 2 diabetic patients. J Clin Endocrinol Metab 83 : 1515-1522, 1998
15) Seltzer HS : Drug-induced hypoglycemia : a review of 1418 cases. Endocrinol Metab Clin 18 : 163-183, 1989
16) Ben-Ami H, Nagachandran P, Mendelson A, et al : Drug-induced hypoglycemia in 102 diabetic patients. Arch Intern Med 159 : 281-284, 1999
19) The United Kingdom Prospective Diabetes Study (UKPDS) Group : Relative efficacy of randomly allocated diet, sulphonylurea, insulin, or metformin in patients with newly diagnosed non-insulin dependent diabetes followed for three years (UKPDS13). BMJ 310 : 83-88, 1995
22) The United Kingdom Prospective Diabetes Study (UKPDS) Group : Intensive blood-glucose control with sulphonylureas or insulin compared with conventional treatment and risk complications in patients with type 2 diabetes (UKPDS 33). Lancet 352 : 837-853, 1998
27) 日本糖尿病学会 (編) : 糖尿病治療ガイド 2014-2015, 文光堂, 29, 2014
P.35 掲載の参考文献
1) Kidney Disease : Improving Global Outcomes (KDIGO) CKD-MBD Work Group : Collaborators KDIGO clinical practice guideline for the diagnosis, evaluation, prevention, and treatment of chronic kidney disease-mineral and bone disorder (CKD-MBD). Kidney Int Suppl 113 : S1-130, 2009
2) Massry S : K/DOQI clinical practice guidelines. Am J Kidney Dis 42 (Suppl 3) : S1-201, 2003
3) 日本透析医学会 : 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン. 日透析医学会誌 45 : 301-356, 2012
4) 日本骨粗鬆症学会, 日本骨代謝学会, 骨粗鬆症財団 : 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版, 2011
17) Poultsidi A, Liakopoulos V, Eleftheriadis T, et al : Gross calcification of the small bowel in a continuous ambulatory peritoneal dialysis patient with sclerosing peritonitis. Adv Perit Dial 22 : 104-107, 2006
19) Block GA, Bone HG, Fang L, et al : J A single-dose study of denosumab in patients with various degrees of renal impairment. Bone Miner Res 27 : 1471-1479, 2012
P.41 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 337-425, 2011
3) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2001年12月31日現在), 567-597, 622-648, 2002
5) Kidney Disease Outcomes Quality Initiative (K/DOQI) Group : K/DOQI clinical practice guidelines for management of dyslipidemias in patients with kidney disease. Am J Kidney Dis 41 (Suppl 3) : S1-91, 2003
P.47 掲載の参考文献
4) Fang J, Alderman MH : Serum uric acid and cardiovascular mortality the NHANES I epidemiologic follow-up study, 1971-1992 : national health and nutritional examination survey. JAMA 283 : 2404-2410, 2006
11) 藤森新, 伊藤洋, 加藤敬三, 他 : 我が国の高尿酸血症・痛風は増えているか ; 我が国の動向. 高尿酸血症と痛風 12 : 114-119, 2004
12) 日本痛風・拡散代謝学会ガイドライン改訂委員会 (編) : 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン, 第2版, メディカルレビュー社, 2010
13) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現状 (2011年12月31日現在), 2012
P.52 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 2014
2) 日本透析医学会 : 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン. 日透析医学会誌 41 : 661-716, 2008
4) Drueke TB, Locatelli F, Clyne N, et al (CREATE investigators) : Normalization of hemoglobin level in patients with chronic kidney disease and anemia. N Eng J Med 355 : 2071-2084, 2006
P.58 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会 (編) : 慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年版, 日腎会誌 56 : 553-599, 2014
2) 金澤良枝, 小倉誠, 中尾俊之, 他 : 糖尿病性腎不全による透析患者の味覚障害と塩分, 水分管理. 日透析医学会誌 28 : 1063-1067, 1995
4) 金澤良枝, 中尾俊之 : 糖尿病性腎不全による透析患者の食事療法に関する研究-適正なエネルギー, たんぱく質摂取量について-. 日透析医学会誌 21 : 825-830, 1988
5) 金澤良枝, 高橋創, 中尾俊之, 他 : 血液透析患者における血清K値変動に占める食事療法の意義の再検討. 日透析医学会誌 27 : 47-51, 1994
6) Clyne N : The importance of exercise training in predialysis patients with chronic kidney disease. Clin Nephron 61 (Suppl 1) : 10-13, 2004
P.71 掲載の参考文献
1) 上月正博 (編著) : 腎臓リハビリテーション, 医歯薬出版, 2-9, 2012
2) Schatell D, Thompson N, Oberley E : Life options patient opinion study identifies keys to a long life for dialysis patients. Nephrol News Issues 13, 24-26, 1999
3) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 2014
4) 上月正博 : 透析患者における障害とリハビリテーションの考え方. 臨床リハ 19 : 531-537, 2010
6) 上月正博 : 腎不全透析患者における運動療法の効果. 腎臓リハビリテーション, 14, 2013
7) ACSM's Guidelines for Exercise Testing and Prescription, 8th ed, 2010
8) NKF-K/DOQI : K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients. Am J Kid Dis 45 (Suppl 3) : S1-S128, 2005
9) O'Hare AM, Tawney K, Bacchetti P, et al : Decreased survival among sedentary patients undergoing dialysis : results from the dialysis morbidity and mortality study wave 2. Am J Kidney Dis 41 : 447-454, 2003
14) 齊藤正和, 安藤美輝, 上脇玲奈, 他 : 慢性腎臓病 (CKD) ステージ分類からみた心臓手術後リハビリテーションの安全性と効果の検討. 心臓リハビリテーション 16 : 202-206, 2011
P.75 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 維持血液透析ガイドライン : 血液透析処方. 日透析医学会誌 46 : 587-632, 2013
2) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2006年12月31日現在), CD-ROM版, 2007
P.84 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 1-49, 2014
2) 日本透析医学会 : 維持血液透析ガイドライン : 血液透析処方. 日透析医学会誌 46 : 587-632, 2013
10) 政金生人 : 愛Pod調査による患者愁訴のモニタリング : 患者視点の新しい透析治療, 新興医学出版社, 45-53, 2011
11) 政金生人 : HDFにまさる治療はあるのか-治療プログラムの多様化と課題-. 腎と透析 70 (別冊) : 43-45, 2011
12) Kalantar-Zadeh K, Kopple JD, Block G, et al : A malnutrition-inflammation score is correlated with morbidity and mortality in maintenance hemodialysis patients. Am J Kidney Dis 38 : 1251-1263, 2001
14) 鈴木一之, 井関邦敏, 中井滋, 他 : 透析条件・透析量と生命予後-患者背景別の検討-. 日透析医学会誌 45 : 143-155, 2012
15) 日本透析医学会血液透析療法ガイドライン作成ワーキンググループ, 透析非導入と継続中止を検討するサブグループ : 維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言. 日透析医学会誌 47 : 269-285, 2014
P.90 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析患者の現況 (2013年12月31日現在), 2014
2) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 現在のわが国の慢性透析療法の現況 (2008年12月31日現在), CD-ROM版, 表4027, 2009
3) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 現在のわが国の慢性透析療法の現況 (2008年12月31日現在), CD-ROM版, 表4021, 2009
4) 廣瀬大輔, 野田恵美, 道脇宏行, 他 : 膜面積アップの有用性についての検討. 腎と透析 75 (別冊) : 160-163, 2013
5) 大平整爾, 辻寧重, 伊丹儀友 : 慢性血液透析患者のブラッドアクセス感染症. 日透析医会誌 15 : 221-224, 2000
6) Ueda U, Nagai K, Okada D, et al : Evaluation of sterilization using the MEH200R (cotton pack) in vascular access puncture. J Vasc Access (in press)

[III] 病態別高齢血液透析患者の治療と看護ケア

P.97 掲載の参考文献
3) Kumella TK : Recognizing delirium, dementia and depression. Geriatric Nephrology Curriculum, 2009
11) Hedayti SS, Yalmanchili V, Finkelstein FO : A practical approach to the treatment of depression in patients with chronic kidney disease and end-stage renal disease. Kidney Int 81 : 247-255, 2012
12) 堀川直史 : 向精神薬の至適投与. 腎と透析 74 : 415-420, 2013
13) 堀川直史 : 透析患者の認知症-最近の知見-. 日透析医会誌 29 : 356-362, 2014
14) 日本神経学会認知症疾患治療ガイドライン 2010 コンパクト版 2012, http://www.neurology-jp.org/guidelinem/nintisyo_compact.html
15) Kumella MT, Yaffe K : Dementia and cognitive impairment in ESRD : diagnostic and therapeutic strategies. Kidney Int 79 : 14-22, 2011
18) 堀川直史 : 認知症への対策. 臨牀透析 31 : 238-241, 2015
P.101 掲載の参考文献
1) 一宮洋介, 他 : 認知症患者のケアはこう考える!. ナース専科Special 34 : 29-70, 2014
2) 大森健一 : 高齢者のうつ病およびうつ状態. 透析ケア 12 : 30-34, 2006
3) 小川治美 : うつで気力を失っている……. 透析ケア 16 : 32-35, 2010
4) 小長谷陽子 : 高齢者によくみられるうつ病 要介護高齢者のうつに対するデイケアの効果. Geriatric Medicine 52 : 1205-1209, 2014
5) 鈴木智恵 : 認知症患者への対応. 透析ケア 20 : 46-49, 2014
6) 高山成子, 他 : 認知症の人の急性・病態変化時の対応. 新版認知症の人々の看護, 中島紀惠子 (編), 医歯薬出版, 133-145, 2014
7) 竹原美由紀, 他 : 妄想, 見当識障害, 危険行為がある患者へのケア. 透析ケア 11 : 27-32, 2005
8) 春樹繁一 : 老年の身体疾患にみられる精神症状と対策, 老年期の透析に伴う精神症状. 老年精医誌 7 : 43-49, 1996
9) 水谷信子, 他 : 認知症と看護. 新版認知症の人々の看護, 中島紀惠子 (編), 医歯薬出版, 1-5, 2014
P.107 掲載の参考文献
1) Special report from the national institute of neurological disorders and stroke : classification of cerebrovascular diseases III. Stroke 21 : 637-676, 1990
2) 平方秀樹 : 脳血管障害. 透析療法事典, 中本雅彦, 佐中孜, 秋葉忠男 (編), 医学書院, 232-233, 1999
6) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 337-425, 2011
7) 脳卒中合同ガイドライン委員会 : 脳卒中治療ガイドライン 2009, 篠原幸人, 鈴木則宏, 片山泰朗, 他 (編), 協和企画, 2009
8) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 : 高血圧治療ガイドライン 2009, ライフサイエンス出版, 2009
P.114 掲載の参考文献
1) 平方秀樹, 小林修三, 他 : 末梢動脈疾患 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 412-418, 2011
2) 石岡邦啓, 本田謙次郎, 岡真知子, 他 : 透析導入時における下肢末梢動脈疾患 (PAD) 合併頻度の検討. 日透析医学会誌 42 (Suppl) : 525, 2009
5) 安武夫, 宮坂善之, 仲鉢英夫, 他 : 感染を合併した重症下肢虚血に対する経験的抗生剤療法としてのメロペネム, バンコマイシン併用の重要性. 日本下肢救済足病学会誌 4 : 193-197, 2012
9) Aurivola B, Hile CN, Hamdan AD, et al : Major lower extremity amputation : outcome of a modern series. Arch Surg 139 : 395-399, 2004
P.116 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病教育・看護学会 : 糖尿病看護, フットケア技術, 第3版, 日本看護協会出版会, 2013
2) 上村哲司, 他 : 下肢救済マニュアル, 秀潤社, 2014
3) 宮地良樹, 他 : ナースのための糖尿病フットケア技術, メディカルビュー社, 2014
4) 日本フットケア学会 : はじめよう! フットケア, 第3版, 日本看護協会出版会, 2013
P.125 掲載の参考文献
5) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 337-425, 2011
7) 日本透析医学会 : 慢性血液透析用バスキュラーアクセスの作成および修復に関するガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 855-937, 2001
P.136 掲載の参考文献
1) 山口泰弘 : 高齢者の気道・肺機能. 日気管食道会報 5 : 395-402, 2014
2) 坂東政司, 杉山幸比古 : 呼吸器疾患診療マニュアル 呼吸器疾患の治療 尿毒症および透析に伴う呼吸器疾患. 日医師会誌 137 (特別2) : S288-S289, 2008
4) Haag-Weber M, et al : Dysfunction of polymorphonuclear leukocytes in uremia. Seinin Nephrol 161 : 192-201, 1996
5) 日本透析医学会統計調査委員会. 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2010年12月31日現在), 2011
6) 平成19 年度厚生労働科学研究費補助金肝炎等克服緊急対策研究事業. 透析医療における標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル, 3訂版, 2008
8) Passalent L, Khan K, Richardson R, et al : Detecting latent tuberculosis infection in hemodialysis patients : a head-to-head comparison of the T-SPOT. TB test, tuberculin skin test, and an expert physician panel. Clin J Am Soc Nephrol 2 : 68-73, 2007
11) 透析医療おける標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル, 3 訂版, 平成19年度厚生労働科学研究費補助金 (肝炎等克服緊急対策研究事業) 事業, 2008
12) 日本結核病学会 (編) : 結核診療ガイドライン, 改訂第2版, 南江堂, 2012
13) 平田純生, 和泉智, 古久保拓 : 透析患者への投薬ガイドブック, 改訂2版, じほう, 2009
15) 日本呼吸器学会COPDガイドライン作成委員会 (編) : COPD (慢性閉塞性肺疾患) 診断と治療のためのガイドライン, 第3版, 日本呼吸器学会COPDガイドライン, メディカルレビュー社, 2009
16) Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease (GOLD) : Global strategy for the diagnosis, management, and prevention of chronic obstructive pulmonary disease revised 2011. 2011 Global Initiative for Chronic Obstru Lung Disease, 2011
17) Glaxo Smith Kline group of companies : COPD Assessment Test, 2009
19) 小池茂文 : 慢性腎不全患者の睡眠障害. Medical ASAHI 11 : 82-83, 2006
20) Yaggi HK, Concato J, Kerman WN, et al : Obstructive sleep apnea as a risuk factor for stroke and death. N Engll Med 353 : 1078-1084, 1998
22) 池田貴子 : 血液透析患者の夜間無呼吸とQOL. 新潟医学会雑誌 124 : 146, 2010
23) 小池茂文 : 睡眠時無呼吸症候群と腎疾患. 精神科. 治療学 21 : 691-696, 2006
24) 睡眠呼吸障害研究会 (編) : 成人の睡眠時無呼吸症候群 診断と治療のためのガイドライン, 睡眠呼吸障害研究会, 15- (ア) 22, 2005
25) Zoccali C, Mallamaci F, TripepL G : Nocturnal hypoxemia predicts incident cardiovascular complications in dialysis patients. J Am Soc Nephrol 13 : 729-733, 2002
P.140 掲載の参考文献
1) 石原英樹, 他 (編) : 呼吸器看護ケアマニュアル, 中山書店, 2014
2) 呼吸器ケア3月号, 4月号, 2012
3) 近藤達也, 他 (監) : 呼吸器看護ポケットナビ, 第2版, 中山書店, 85-88, 2008
4) 城戸朗子 : 結核 87 : 71-81, 2012
P.148 掲載の参考文献
1) 胃食道逆流症 (GERD) 診療ガイドライン委員会 : 胃食道診療 (GERD) ガイドライン, 日本消化器病学会 (編), 南江堂, 2009
2) 西本史哉, 高橋寛 : 逆流性食道炎, 胃炎. 腎と透析 70 : 548-550, 2011
3) 日本腎臓病薬物療法学会 : 腎機能低下時の主な薬剤投与量一覧, ホームページ
4) 細江直樹, 緒方晴彦 : 虚血性腸炎. 腎と透析 74 (増刊号) : 535-536, 2013
5) 番匠谷将孝, 矢野将嗣, 川西秀樹 : 見逃してはならない急性腹症. 臨牀透析 29 : 197-204, 2013
6) 押谷伸英, 湯川知洋, 山上博一, 他 : 大腸出血の現況と対応. 臨床消化器内科 24 : 1137-1143, 2009
7) 清水誠治 : 長期臥床患者にみられる消化器疾患. 臨床消化器内科 24 : 301-306, 2009
8) 倉林和隆, 逸見大造, 加家壁健, 他 : 血液透析患者の便秘 (消化器症状) に対するクエン酸モサプリドの有効性について. 日透析医学会誌 40 : 731-736, 2008
P.150 掲載の参考文献
1) 佐藤淳子, 石山ひとみ, 田海美子 : 維持透析患者の消化器疾患-維持透析患者の便通異常対策. 臨牀透析 22 : 1095-1098, 2006
2) 川西秀樹 : 虚血性腸炎が発症したらどう対応したらよいでしょうか?. 腎と透析 66 : 656-659, 2009
3) 今裕史, 柴崎晋, 吉田雅, 他 : 維持透析患者の消化器疾患-維持透析患者の腸管虚血. 臨牀透析 22 : 1137-1142, 2006
4) 飯田章人, 小長谷敏浩, 金子宏 : 維持透析患者の消化器疾患-機能性胃腸症 (機能性ディスペプシア). 臨牀透析 22 : 1077-1087, 2006
5) 三浦美奈子 : 消化器疾患-逆流性食道炎患者の看護. 疾患別看護過程+病態関連図, 第2版, 医学書院, 312-317, 2012
6) 本郷道夫 : 嚥下困難および消化管運動異常へのアプローチ. 内科学, 2分冊版 [I] , 文光堂, 794-797, 1999
P.158 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 国説 わが国の慢性透析療法の現況 (2007年12月31日現在), 2008
3) Nakayama E, Akiba T, Marumo F, et al : Pathogenesis of anti-hepatitis C virus antibody-positive patients on regular hemodialysis therapy. J Am Soc Nephrol 11 : 1896-1902, 2000
8) 日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会 (編) : B型肝炎治療ガイドライン, 第2版, 2014
9) 日本透析医学会 : 透析患者のC型ウイルス肝炎治療ガイドライン. 日透析医学会誌 44 : 481-531, 2011
10) 日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会 (編) : C型肝炎治療ガイドラン, 第3版, 2014
11) Kikuchi K, Akiba T, Nitta K, et al : Multicenter study of pegylated interferon α-2a monotherapy for hepatitis C virus-infected patients on hemodialysis : REACH study. Ther Apher Dial 18 : 603-611, 2014
12) 黒崎雅之, 泉並木 : 治療困難例への対象拡大の可能性. 肝胆膵 69 (増刊号) : 675-680, 2014
13) 日本肝臓学会 (編) : 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン 2013年版, 第3版, 金原出版, 2013
P.171 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2013年12月31日現在), 2014
3) 日本透析医会・日本透析医学会新型インフルエンザ対策合同委員会 : 透析施設における新型インフルエンザ対策ガイドライン. 日透析医学会誌 41 : 2008
4) Dellinger RP, Carlet JM, Masur H, et al : Surviving sepsis campaign : international guidelines for management of severe sepsis and septic shock. Crit Care Med 32 : 858-873, 2004
6) 日本集中治療医学会Sepsis Registry委員会 : 日本版敗血症診療ガイドライン. The Japanese Guidelines for the Management of Sepsis. 日集中医誌 20 : 124-173, 2013
P.180 掲載の参考文献
3) 大森健太郎, 成田一衛, 下条文武, 他 : 透析皮膚掻痒症の実態-新潟県内41施設2474名の調査報告-. 日透析医学会誌 34 : 1469-1477, 2001
5) 吉川邦彦 : 乾癬, 乾皮症, 老人のかゆみと対策. 綜合臨牀 53 : 1718-1722, 2004
6) 高森建二, 種田研一, 根木治 : 透析の痒み. その病態. Visual Dermatology 11 : 708-713, 2012
7) 熊谷裕生, 丸山資郎, 高森建二, 他 : 透析患者のかゆみに対するκ-アゴニストTRK-820透析治療における新しい薬物. 臨牀透析 22 : 763-772, 2006
9) 熊谷裕生, 江畑俊哉, 鈴木洋通, 他 : 血液透析患者のかゆみに対する病態と, カッパ受容体作動薬ナルフラフィンの有効性. 日透析医会誌 24 : 387-395, 2009
P.188 掲載の参考文献
2) 加藤義治 : 慢性関節疾患 血液透析による骨・関節症. 関節外科 31 : 103-106, 2012
3) 加藤義治 : 我が国における慢性透析療法の現況と透析脊椎手術の問題点. 日脊会誌 16 : 461-471, 2005
4) 今井亮 : 破壊性脊椎関節症 (DSA). 臨牀透析 24 : 274-277, 2008
5) Kuntz D, et al : Destructive spondyloarthropa thy in heamodialyzed patients : a new syndrome. Arthritis Rheum 27 : 369-375, 1985
6) 吉川和寛, 水口潤, 土井俊夫 : 腎疾患の病態と治療 (II) 破壊性脊椎関節症. 医学と薬学 65 : 471-477, 2011
7) 久野木順一 : 腰椎, 胸椎透析脊椎症の診断と治療. 関節外科 30 : 1125-1132, 2011
8) Kidney Disease : Improving Global Outcomes (KDIGO) CKD-MBD Work Group : KDIGO clinical practice guideline for the diagnosis, evaluation, prevention and treatment of chronic kidney disease-mineral and bone disorder (CKD-MBD). Kidney Int 76 (Suppl 113) : S1-S130, 2009
P.190 掲載の参考文献
1) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会, 腰痛診療ガイドライン策定委員会 (編) : 腰痛診療ガイドライン 2012, 南江堂, 2012
2) 内田淳正 (監), 中村利孝, 松野丈夫, 井樋栄二, 他 (編) : 標準整形外科学, 医学書院, 359, 2011
3) 久木野順一, 佐野浩志, 奥津一郎, 他 : 透析アミロイドーシスによる頸部脊髄症, 腰部脊柱管狭窄症の検討-後縦靱帯・黄色靱帯肥厚例を中心に-. 日透析医学会誌 27 : 354, 1994

[IV] 高齢血液透析患者の療養生活支援

P.199 掲載の参考文献
2) 平成26年度日本看護協会通常総会レポート. 看護 66 : 40-41, 2014
3) 太田圭洋, 他 : 診療報酬から捉える要介護透析患者に対する在宅医療のあり方. 臨牀透析 29 : 267-268, 2013
4) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2009年12月31日現在), 2010
5) 日本透析医学会統計調査委員会 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (2010年12月31日現在), 2011
6) 本庄惠子 (監) : セルフケア看護の根底に流れる理念 : 基礎から実践まで学べるセルフケア看護. ライフサポート社, 17-19, 2015
7) 全国腎臓病協議会 : 2011年血液透析患者実態調査報告書, 2012
8) 桐明あゆみ, 他 : 慢性疾患患者の家族心理とケア. 臨牀透析 27 : 1427-1439, 2011
9) 厚生労働省老健局総務課 : 公的介護保険制度の現状と今後の役割 : 平成26年, http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000080254.pdf
10) 林田洋子, 他 : 要介護透析患者への在宅支援の現状と問題点. 臨牀透析 26 : 1189-1194, 2010
11) 若林和枝, 他 : 要介護高齢血液透析患者の生活状況と訪問看護介入実態に関する研究. 在宅医療助成勇美記念財団在宅医療助成, 2009
12) 杉崎弘章, 他 : 透析患者の高齢化・長期化による問題点と透析提供体制に関する将来予測についてのアンケート調査. 日透析医会誌 28 : 80-89, 2013
13) 中井滋, 他 : わが国の慢性維持透析人口将来推計の試み. 日透析医学会誌 45 : 599-613, 2012
P.200 掲載の参考文献
1) 日本看護協会 (編) : 地域包括ケアシステムと看護. 平成26年版看護白書, 日本看護協会出版会, 2014
2) 日本腎不全看護学会 (編) : 腎不全看護, 第4版, 医学書院, 2012
3) 宇都宮宏子, 他 : 在宅療養移行支援における看護ケアのマネジメント : 看護がつながる在宅療養移行支援, 日本看護協会出版会, 6-28, 2014
4) 松岡由美子, 梅村美代志 (編) : 腎不全・透析看護の実践, 医歯薬出版, 2010
5) 林田洋子, 他 : 高齢透析患者の家族支援. 臨牀透析 27 : 1441-1448, 2011

[V] 高齢血液透析患者の透析の見合わせ

P.207 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン. http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/05/dl/s0521-11a.pdf (access 2014.12.1)
2) 岡田一義 : 透析患者の終末期における治療見合わせ. 大阪透析研究会会誌 30 : 5-8, 2012
2) 日本集中治療医学会 : 集中治療領域における終末期患者家族のこころのケア指針, 2011
3) 日本透析医学会 : 維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言. 日透析医学会誌 47 : 269-285, 2014
3) 日本集中治療医学会, 日本救急医学会, 日本循環器学会 : 救急, 集中治療における終末期医療に関するガイドライン, 2014
4) 岡田一義, 今田聰雄, 海津嘉蔵, 他 : 透析医への意識調査 : 維持血液透析患者の悪性腫瘍終末期における透析中止について. 日透析医学会誌 36 : 1315-1326, 2003
4) 日本老年医学会 : 高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン 人工的水分・栄養補給の導入を中心として, 2012
5) 日本透析医学会 : 維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言, 2014
5) 岡田一義 : これからの終末期医療-現状と未来-. 腎と透析 73 : 421-426, 2012
6) 日本緩和医療学会 : 苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン, 2005
6) 岡田一義 : 超高齢者医療における倫理的側面を考える. 腎と透析 71 : 409-413, 2011
9) 岡田一義 : 終末期における透析中止. 日透析医学会誌 41 : 29-37, 2008
10) 岡田一義, 大平整爾, 伊丹儀友, 他 : 慢性血液透析療法の導入と終末期患者に対する見合わせに関する提言 (案). 日透析医学会誌 45 : 1090-1095, 2012
P.211 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン, 2007

最近チェックした商品履歴

Loading...