リサーチ・クエスチョンの作り方 第3版

出版社: 健康医療評価研究機構
著者:
発行日: 2015-06-30
分野: 臨床医学:一般  >  臨床医学一般
ISBN: 9784903803241
電子書籍版: 2015-06-01 (第3版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,160 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 「臨床家のための臨床研究デザイン塾テキスト」シリーズについて
  • 監修者序文にかえて 臨床研究デザイン 7つのステップ
  • 目次
  • はじめに
  • 第3版のはじめに
  • 第1章 : リサーチ・クエスチョンとは ?
  • 臨床研究7つのご法度
  • 従来の抄録スタイル
  • 構造化抄録の提唱
  • リサーチ・クエスチョンとは何か ?
  • 臨床研究で取り上げるリサーチ・クエスチョンの種類
  • 第1章のまとめ
  • 第2章 : クリニカル・クエスチョンの見つけ方
  • 対談 : クリニカル・クエスチョンの作り方
  • クリニカル・クエスチョンを見つけ, 整理する 実践ガイド
  • 第3章 : よいリサーチ・クエスチョンとは ?
  • よいリサーチ・クエスチョンの要件
  • Novel : 新しい / Interesting : 興味深い
  • Ethical : 倫理性
  • Measurable : 測定可能性 / Modifiable : 改善可能性
  • Feasible : 実施可能性
  • Relevant : 切実さ
  • Structured : 構造化された / Specific : 具体性
  • 例題 : このリサーチ・クエスチョンはどこがよくない ?
  • 第3章のまとめ
  • 第4章 : リサーチ・クエスチョンの構造化
  • リサーチ・クエスチョンの構造 : PECOまたはPICO
  • PECOとPICOの場合分け
  • リサーチ・クエスチョンの構造化はなぜ重要か
  • Patients : 対象
  • Exposure / Intervention : 説明変数
  • Comparison : 比較群
  • 交絡要因は調整変数に
  • Outcomes : アウトカム
  • 例題 : PECOに構造化してみよう
  • 第4章のまとめ
  • 第5章 : リサーチ・クエスチョンを作ってみよう
  • リサーチ・クエスチョンを作ってみよう
  • 例題
  • リサーチ・クエスチョン1
  • リサーチ・クエスチョン2
  • 究極のリサーチ・クエスチョン
  • 付録 : 臨床研究デザインに関する学習情報源
  • QMentorを用いた実践演習
  • 略歴
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

付録 : 臨床研究デザインに関する学習情報源

P.135 掲載の参考文献
● 臨床研究の道標 7つのステップで学ぶ研究デザイン 福原俊一著
● 臨床研究の道標 7つのステップで学ぶ研究デザイン」書評から 上野文昭 (大船中央病院 特別顧問)
● Designing Clinical Research, 2nd ed Hulley SB, Cummings SR編 Williams & Willikins, 2001
● Epidemiology in Medicine Hennenkens CH, Buring JE. 著 Little, Brown and Company, 1987
● 臨床研究の新しい潮流-医学研究のパラダイム・シフト 福原俊一編 医歯薬出版株式会社, 2008
● はじめてのメタアナリシス 野口善令著 特定非営利活動法人健康医療評価研究機構, 2009

最近チェックした商品履歴

Loading...