循環器疾患最新の治療 2016-2017

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2016-03-31
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784524258352
シリーズ: 南江堂 最新の治療シリーズ
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

11,000 円(税込)

商品紹介

最新の診療指針がわかる好評シリーズの循環器疾患版。巻頭トピックスとして「心血管画像診断の進歩(心臓CT・MRI)」「PCIにおけるFFRの活用」「慢性心不全の新しい薬物療法」「肺動脈血栓塞栓症に対するバルーン拡張術」など注目のテーマを11題掲載。主な循環器疾患を網羅し、診断・検査から処方例を含めた標準的治療までを解説。巻末には薬剤一覧も収載。PCやスマートフォンでも利用できる便利な“オンラインアクセス権”付き。

目次

  • 循環器疾患最新の治療 2016-2017

    ―目次―

    巻頭トピックス
     1.心血管画像診断の進歩(心臓CT・MRI)
     2.PCIにおけるFFRの活用―医療経済の観点も含めて
     3.次世代冠動脈ステントの展開
     4.Transcatheter aortic valve implantation(TAVI)の将来
        ―日本人に適したTAVIは可能か
     5.急がれる成人先天性心疾患への対応
        ―Fallot四徴症術後を中心に
     6.慢性心不全の新しい薬物療法
     7.心房細動における薬物療法―NOACとβ遮断薬
     8.重症心室不整脈に対するカテーテルアブレーション
     9.ペースメーカ・ICDの遠隔モニタリング
     10.肺動脈血栓塞栓症に対するバルーン拡張術
     11.高血圧治療ガイドライン2014を臨床に活かす

    I. 循環器疾患の基本的治療方針
    II. 心肺蘇生の実際とACLS
    III. 循環器診療における医療安全
    IV. 冠動脈疾患
    V. 弁膜疾患
    VI. 心筋疾患
    VII. 心膜疾患、腫瘍
    VIII. 先天性心疾患
    IX. うっ血性心不全
    X. 不整脈
    XI. 肺循環
    XII. 大動脈疾患
    XIII.末梢血管疾患
    XIV. 肺高血圧症
    XV. 脳血管障害
    XVI. その他

    循環器領域における最新の注目エビデンス
     1.虚血性心疾患のエビデンス
     2.慢性心不全のエビデンス
     3.不整脈のエビデンス
     4.脂質異常症のエビデンス
     5.抗血栓療法のエビデンス

    循環器関連ガイドライン一覧

    循環器疾患の薬物一覧

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...