周産期医学 Vol.52 2022年増刊号
動脈硬化性疾患予防ガイドライン
小児内科 2021年増刊号
治療薬・診療報酬 関連書籍
動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2022年版
前版から5年ぶりの改訂となる。
非空腹時におけるトリグリセライド(TG)の基準値を初めて設定したほか、動脈硬化性疾患発症の絶対リスク評価に久山町研究によるスコアを採用した。

同ガイドライン2022年版は「動脈硬化の臨床診断」から始まり、「動脈硬化性疾患予防のための包括的リスク評価」「続発性脂質異常症」「女性」「小児」…など、全9章から成る。
このうち「続発性脂質異常症」の章は、今回の改訂で新たに追加された。
周産期医学 Vol.52 2022年増刊号
191の疑問に答える周産期の栄養
妊娠前~授乳期からはじまり母体栄養の基礎知識、新生児や乳児の栄養管理にまつわる191の疑問を産科医や栄養の専門家が丁寧に解説。「母乳育児に向けた食生活」「授乳と食物アレルギーの関係」など、752ページにわたる大ボリュームの充実した内容でお届け。
巻末には周産期の栄養管理に必要な資料集も掲載されています。
小児内科 Vol.53 2021年増刊号 小児疾患診療のための病態生理 2 改訂第6版
小児領域のさまざまな疾患の病態生理を、最新の知識を交えて各領域のスペシャリストが解説する、人気特集の第6版。
病態生理2では、新生児疾患、染色体異常・先天異常、内分泌疾患、腎・泌尿器疾患、免疫不全、アレルギー疾患、リウマチ性疾患とその周辺疾患、中毒、事故を取扱う。
治療薬・診療報酬 関連書籍
年末年始に発売される書籍をはじめ、
治療薬・診療報酬に関する書籍を集めました。

おすすめ書籍

最近チェックした商品履歴

Loading...