医師人生は初期研修で決まる!って、知ってた?

出版社: メディカルサイエンス社
著者:
発行日: 2016-11-25
分野: 医学一般  >  医学教育
ISBN: 9784903843889
電子書籍版: 2016-11-25 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,960 円(税込)

商品紹介

病院見学、研修病院の選び方、面接のHow toから、病歴聴取、身体診察、診療録記載、採血、研修医のポケット、おすすめアプリまでかゆいところに手が届く1冊!

目次

  • 表紙
  • 巻頭言
  • 自序
  • 目次
  • 編著者略歴 / 執筆者一覧
  • 序論
  • 研修生活のはじめに
  • 総論 ( 1 )
  • 1 学生時代の勉強内容や方法について
  • 2 学生時代に求められる課外活動について
  • 3 学生時代に読むべき本
  • 4 学生時代に英語を学ぶ意義やその方法について
  • 5 簡単に分かる研修病院の選び方のコツ
  • 6 面接に臨むにあたって大事なこと
  • 7 私は何科に進んだらいいの ? に答える
  • 総論 ( 2 )
  • 1 研修医生活を乗り切るためのウエルネスの知識
  • 2 いろいろな指導医との付き合い方
  • 3 研修医のポケットの中身は何がいい ?
  • 4 どんなアプリがいいの ?
  • 5 どんなウェブサイトがいいの ?
  • 6 これでバッチリ 問診の考え方 !
  • 7 これでバッチリ 身体所見の肝
  • 8 これでバッチリ 採血・点滴
  • 9 効果的な選択期間の選び方
  • 10 研修に必要な EBM
  • 11 患者さんとご家族に病状説明する力
  • 12 専門医へのコンサルテーションの仕方
  • 13 研修医に必要な薬剤の知識 ミニマルエッセンシャル
  • 14 シーネの使い方、創傷処置
  • 総論 ( 3 )
  • 1 研修医の知っておくべき介護保険、生活保護 + α
  • 2 研修医が知っておくべき医療安全と質改善
  • 3 自分の将来の志望科とは異なる科で研修する際に、より有意義にするためのマインドセット・コツ
  • 4 後期研修先はどのような観点から選択し、見学時含めてどのような情報を収集すべきか
  • 5 後輩を指導する際に気をつけるべきこと
  • 6 女性医師として
  • 各論
  • 1 内科ローテート 虎の巻
  • 2 外科ローテート 虎の巻
  • 3 救急ローテート 虎の巻
  • 4 麻酔科ローテート 虎の巻
  • 5 小児科ローテート 虎の巻
  • 6 産婦人科ローテート 虎の巻
  • 7 脳神経外科ローテート 虎の巻
  • 8 整形外科ローテート 虎の巻
  • 9 地域研修ローテート 虎の巻
  • まとめ
  • 座談会 初期研修でいちばん大事なことは ?
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序論

P.19 掲載の参考文献
11) 瀬尾恵美子, 他 : 文科省科研費助成研究. 初期臨床研修における研修医のストレスに関する多施設研究 (2010-12). 2013.
12) Rogers D : Which educational interventions improve healthcare professionals' resilience? Med Teach 2016 ; 30:1-6.

総論 ( 1 )

P.26 掲載の参考文献
P.32 掲載の参考文献
1) あぁ. 医師家系. 日経Cadetto 2011年 No.3.
2) 榎木英介 : 医者ムラの真実. ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2013.
3) 米国内科学会日本支部 http://www.acpjapan.org/
5) Patrick HA : Organization culture and its impact on diversity openness in the Information technology organizational context. Dimensions 2010 : 1 (1) : 67-72.
6) Simlin J : Organization culture and impact of diversity openness in the IT-ITES sector (Unpublished MBA dissertation thesis). Christ College Institute of Management, Karnataka. 2006.
7) 医学生の短期留学 (臨床・研究) に関する全国調査 2013年度版 http://www.jmef.or.jp/Elective_Placements/JMEF_Questionnaire_2013.pdf
8) 小澤亘, 他 : 日本・韓国・カナダ3ヵ国における青年ボランティア文化比較研究 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/pdf/no99_09.pdf
P.42 掲載の参考文献
1) 自分が将来目指す専門科の有名な英語の教科書 (例えば内科ならハリソンHarrison) を読破するつもりで毎日決めたページを読む.
2) New England Journal of Medicine (あるいは自分で決めた著名なジャーナル) の決めたセクションを継続的に読む.
3) 自分の好む米国大統領 (Lincoln, Kennedy, Nixon, Reaganなど) の歴史や, ERなどのテレビドラマなど自分が好きなビデオを観る.
4) 佐藤隆美, 中川伸生, 藤谷茂樹編 : 米国臨床留学への道 You Can Do It! 改訂4版. 南山堂, 2014.
5) 佐地勉編 : そのまま使える診療現場のリアル英会話. メディカルビュー社, 2012.
6) 篠田顕子, 石黒弓子, 水野的, 他 : 英語リスニング・クリニック. 研究社, 2002.
P.49 掲載の参考文献
1) Iserson KV : Iserson's Getting into a Residency : A Guide for Medical Students, 8th ed. 2013.
2) 市村公一 : 臨床研修の現在-全国25病院医師研修の実際. 医学書院, 2004.
3) 安藤裕貴, 錢瓊毓 : 研修病院選びかた御法度 第2版. 三輪書店, 2015.
4) 医師臨床研修マッチング協議会 http://www.jrmp.jp
P.54 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献
1) Iserson KV : Important Factors When Choosing A Specialty. Iserson's Getting Into A Residency : A Guide for Medical Students. 6th ed. 2003.
2) Le T, Bhushan V, Shenvi C : First Aid for the Match, 5th ed. McGraw-Hill Education, 2010.
3) シーナ・アイエンガー : 選択の科学. 文芸春秋, 2010.
4) 城繁幸 : 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか. 筑摩書房, 2008.

総論 ( 2 )

P.69 掲載の参考文献
3) 瀬尾恵美子, 前野哲博, 小川良子 : 初期研修における研修医のストレスに関する多施設研究 文部科学省科学研究費基盤研究 https://kaken.nii.ac.jp/d/p/22590452.ja.html
5) 宮崎仁, 木村琢磨, 児玉知之 : 感情と医師研修- (後編) medicina 2005 ; 42 (8) : 1468-1475.
6) こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト~心の健康確保と自殺や過労死などの予防~厚生労働省 http://kokoro.mhlw.go.jp/tool/worker/
7) Harold A. Thomas : Circadian rhythms and shift work-policy resource and education paper (PREP). ACEP https://www.acep.org/clinical---practice-management/emergency-physician-shift-work/
8) Kristine A.K. Lombardozzi : Physician burnout-A threat to quality and integrity. SCCM http://www.sccm.org/Communications/Critical-Connections/Archives/Pages/Physician-Burnout---A-Threatto-Quality-and-Integrity.aspx
10) Dike Drummond : The Difference : Time off vs. life balance- 3 keys for the holidays. The Happy Med http://www.thehappymd.com/blog/bid/363537/The-Difference-Time-Off-vs-Life-Balance-3-keys-for-the-holidays
P.76 掲載の参考文献
1) 日本医事新報社編集部 : 日本医事新報特集号 臨床研修指定病院69施設からきいたこれだけは押さえてほしいルール&マナー. 日本医事新報社, 2014.
2) 八田和大 : 指導医との "うまい" つきあいかた. 臨床研修プラクティス 2004 ; 1 (1) : 64-67.
3) 本田宣久 : レジデントサバイバル Chapter 1 ホウ・レン・ソウ (報告・連絡・相談) を忘れるな 前編. 医学界新聞. 第2568号. http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2568dir/n2568_09.htm
4) 本田宣久 : レジデントサバイバル Chapter 2 ホウ・レン・ソウ (報告・連絡・相談) を忘れるな 後編. 医学界新聞. 第2572号. http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2572dir/n2572_12.htm
5) 岩田健太郎 : Dr. 岩田健太郎のスーパー指導術. 羊土社, 2012.
6) 竹田陽介 : 学校で教えてくれないデキる研修医のつくり方 4. はじめての朝回診. https://resident.mynavi.jp/conts/tsukurikata/index04.html
7) 眞木崇州 : 指導医と上手にコミュニケーションをとるコツ. 臨床研修プラクティス 2006 : 3 (1) : 32-34.
8) 市村公一 : 臨床研修の現在 全国25医師研修病院の実際. 医学書院, 2004.
9) 石丸博康 : 指導医にいつ, コンサルトするか. 臨床研修プラクティス 2006 ; 3 (4) : 26-36.
11) Sackett DL, et al : Evidence-Based Medicine. How to Practice and Teach EBM. Second edition. Churchill Livingstone, 2000.
12) 林寛之 : 教育の極意は, めっちゃ楽しい姿を見せること. 月刊地域医学 2011 ; 25 (12) : 1086-1093.
P.82 掲載の参考文献
2) 塩尻俊明 : medicina 2014 ; 51 (7) : 1182-1188.
6) UpToDate(R) http://www.uptodate.com/
7) Evernote https://evernote.com
8) 佐藤隆一, 他 : 各種アルコール系消毒薬の評価. 医学と薬学 2003 ; 49 (5) : 713-724.
9) CDC : Guidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infections, 2011.
10) 森本康裕, 他 : 知っているようで知らない! 注射・採血・穿刺のコツ. レジデントノート. 羊土社, 2014.
P.89 掲載の参考文献
P.95 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献
1) Cohen-Cole SA : The Medical Interview : The Three-Function Approach, Mosby Year Book, St. Louis 1991.
4) Sanjay S, Craig F : Saint-Frances Guide to Inpatient Medicine 2nd, Lippincott Williams & Wilkins, PA, 2004.
5) ローレンス・ティアニー, 松村正己 : ティアニー先生の診断入門, 医学書院, 東京, 2011.
P.110 掲載の参考文献
1) Steven M : Evidence-Based Physical Diagnosis 2nd Edition, Saunders, PA, 2007.
2) Sackett DL, Haynes RB, Tugwell P : Clinical epidemiology : A basic science for clinical medicine, 1st ed. Little, Brown and Co. Boston, 1985.
6) Jane M : Sapira's Art and Science of Bedside Diagnosis. Lippincott Williams & Wilkins, PA, 2012.
P.119 掲載の参考文献
1) 菅野敬之 : ビジュアル基本手技 写真とイラストでよくわかる! 注射・採血法 改訂版. 東京, 羊土社, 2012.
2) 日本臨床検査標準協議会 (JCCLS) : 標準採血法ガイドライン 第2版 (GP4-A2). 東京, 学術広告社, 2011.
P.124 掲載の参考文献
1) 医師法第16条の2 第1項に規定する医師臨床研修に関する省令 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/hourei/021211.html
2) 医師臨床研修制度の見直しについて 厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/
3) 新・内科専門医制度にむけて 日本内科学会 http://www.naika.or.jp/nintei/shinseido/
4) 亀田総合病院外科系プログラム http://www.kameda-resident.jp/junior/program/program.html#09
5) 沖縄県立中部病院外科系プログラム http://www.hosp.pref.okinawa.jp/chubu/unihawaii/phase2.html
6) 外科専門医修練カリキュラム 日本外科学会 http://www.jssoc.or.jp/other/info/info20110318.html
10) 国保旭中央病院初期研修プログラム http://www.resident.bz/junior/index.html
P.132 掲載の参考文献
1) Sackett DL : Evidence-Based Medicine : How to Practice and Teach EBM, 2nd ed. Churchill Livingstone, 2000.
2) UpToDate(R) http://www.uptodate.com
4) The SPELL 資料集-日常業務での効率の良い情報収集の方法 http://spell.umin.jp/EBM_materials_Step2.html
5) The SPELL「はじめてシート」 http://spell.umin.jp/EBM_materials_BTS.html
7) GRADE working group. The GRADE working group. Available from : http://www.gradeworkinggroup.org/index.htm
8) 相原守夫 : 診療ガイドラインのためのGRADEシステム-第2版-. 弘前, 凸版メディア株式会社, 2015.
9) ARDS診療ガイドライン 2016 http://www.jsicm.org/ARDSGL/ARDSGL2016.pdf
10) JRC蘇生ガイドライン 2015 http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=89493
11) EBM-Tokyo http://ebm.umin.ne.jp/
P.140 掲載の参考文献
11) Li JL, Jia CS, Wang JL, et al : Basic Characteristics of Simplex Reinforcing and Reducing Manipulations of Filiform Acupuncture Needle in Clinical Practice Based upon Data Mining. Zhen Ci Yan Jiu 2015 ; 40 (6) : 497-503.
P.147 掲載の参考文献
4) 林寛之, 他 : うまいコンサルトとは? ERマガジン 2006 ; 3 (4) : 291-310.
5) 寺沢秀一 : 研修医当直御法度. 百例帖. 三輪書店, 2012.
6) 林寛之 : Dr. 林の当直 (裏) 御法度. ER問題解決の極上Tips70. 三輪書店, 2006.
7) 志賀隆 : 考えるER-サムライ・プラクティス. CBR, 2014.
8) 岸本暢将 : 米国式症例プレゼンテーションが劇的に上手くなる方法. 羊土社, 2004.
9) 岩田健太郎 : コンサルテーションスキル. 南江堂, 2011.
10) 川畑雅照 : コンサルテーションについて考えてみよう. medicina 2005 ; 42 : 154-156.
11) 蒲生智哉, 他 : チームを動かすコンサルテーション. JIM 2012 ; 22 (3) : 179-223.
P.155 掲載の参考文献
3) 山中克郎, 澤田寛志, 植西憲達編 : UCSFに学ぶ内科医への近道. 南山堂, 2012.
4) jrc.or.jp/department/section/yakuzaibu/docs/manual%202015.pdf
5) 薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 平成25年度報
7) 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2013年改訂版)
9) 谷口洋貴, 袴田道成, 浅井考介, 他 : サラッと納得! 経口抗凝固薬. 南山堂, 2016.
P.163 掲載の参考文献
1) Boyd AS, Benjamin HJ, Asplund C : Principles of Casting and Splinting. Am Fam Physician 2009 ; 79 (1) : 16-22, 23-24.
2) Boyd AS, Benjamin HJ, Asplund C : Splints and Casts : Indications and Methods. Am Fam Physician 2009 ; 80 (5) : 491-499.
5) Trott AT : Wound and Lacerations Emergency care and Closure 4th ed. Elsevier Saunders. 6) Peterson AS : The "golden period" for wound repair. JLGH 2010 ; 5 : 134-135.
9) Forsch RT : Essentials of skin laceration repair. Am Fam Physician 2008 ; 78 (8) : 945-951.
10) Worster B, Zawora MQ, Hsieh C : Common Questions About Wound Care. Am Fam Physician 2015 ; 91 (2) : 86-92.

総論 ( 3 )

P.174 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ホームページ : 社会保険制度 http://www.mhlw.go.jp/seisaku/dl/21a.pdf
2) 厚生労働省ホームページ : 介護事業所・生活関連情報検索 : 公表されている介護サービスについて http://www.kaigokensaku.jp/publish/
3) 厚生労働省ホームページ : 介護保険制度の概要 : 介護保険とは http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/201602kaigohokenntoha.pdf
4) 主治医意見書記入の手引 https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/40556.pdf
5) 厚生労働省ホームページ : 生活保護制度 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/
6) 木下順二 : 診療所長が知っておくべき制度, 診療所マニュアル 第3版, メディカルサイエンス社, 2011, p84-107.
7) 廣田俊夫 : 診療所長が書く書類 <各種意見書・証明書>. 月刊地域医学 2015 ; 29 (12) : 973-979.
8) 生活保護法指定医療機関の手引-大分県 http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/187871.pdf
9) 生活保護法指定医療機関等の手引き (平成27年3月 岡山市) http://www.city.okayama.jp/contents/000222065.pdf
11) 厚生労働省ホームページ : みんなのメンタルヘルス : 精神障害者保健福祉手帳 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_06notebook.html
12) 福祉と介護のみんなでネット : 療育手帳 http://www.geocities.jp/minna1293/10ryouikutetyou.html
13) 日本年金機構ホームページ : 国民年金・厚生年金保険 障害認定基準 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.html
P.183 掲載の参考文献
1) WHO Patient Safety Curriculum Guide : Multi-professional Edition 2011. http://www.who.int/patientsafety/education/curriculum/tools-download/en/
3) Heinrich HW : Industrial accident prevention, a scientific approach. McGraw-Hill. 1931.
4) Flin R, O'Connor P, Crischton M : Safety at the sharp end : a guide to non-technical skills. Ashgate Publishing Ltd, 2008.
5) Many hands make light the work : The cause and consequences of social loafing, Journal of personality and social psychology, 1979.
6) ローラン・ドゴース : なぜエラーが医療事故を減らすのか. NTT出版株式会社. 2015.
7) Reason JT : Managing the risks of organisatinal accidents. Ashgate Publishing Ltd, 1997.
8) 古谷健夫 : 質創造とTQM. 中部品質管理協会編. 質創造マネジメント. 日科技連出版社, 2013.
9) OJTソリューションズ : トヨタの問題解決. 中経出版, 2014.
P.188 掲載の参考文献
1) 医道審議会医師分科会医師臨床研修部会 報告書 (平成25年12月19日)
3) 中村明澄, 前野哲博 : 研修医が抱えるストレス 実態と対処・予防法. JIM 2004 ; 14 (5) : 424-426.
4) 小野真規子, 前野哲博 : 初期研修医のストレス. レジデントノート 2003 ; 5 (3) : 86-89.
5) Kelly McGonigal著, 神崎朗子訳 : スタンフォードのストレスを力に変える教科書. The Upside of Stress. 2015.
P.195 掲載の参考文献
1) Iserson KV : Iserson's Getting Into A Residency : A Guide for Medical Students, 8th ed. 2013.
2) Desai SP : The Residency Match 101 Biggest Mistakes And How To Avoid Them : http://www.medscape.com/viewarticle/548628#vp_2
P.202 掲載の参考文献
1) 中室牧子 : 「学力」の経済学. ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2015.
5) 大西弘高 : 医学教育を学び始める人のために. 篠原出版新社, 2013.
8) Neher JO, Gordon KC, Meyer B, et al : A five-step "microskills" model of clinical teaching. J Am Board Fam Pract 1992 ; 5 (4) : 419-424.
9) Dale E : Audio-Visual method in teaching. Dryden Press, 1946.
10) 舩越拓 : 後輩の教え方-先輩1年生も今日から教え上手! 前編 : 成人教育の原則と心がまえ. レジデントノート 2015 ; 16 (16) : 3018-3027.
11) 中原淳 : 駆け出しマネジャーの成長論-7つの挑戦課題を「科学」する. 中公新書ラクレ, 2014.
P.208 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査の概況.
2) 総務省 : 就業構造基本調査.
3) 日本女性医師支援センター : 女性医師の勤務環境の現状に関する調査.
4) 安川康介 : 医師における性別役割分担-診療時間と家事労働時間の男女比較-医学教育. 2012 ; 43 (4) : 315-319.
5) 厚生労働省 : 女性医師のさらなる活躍を応援する懇談会 報告書.
6) 日本女医会 http://www.jmwa.or.jp
7) 東京女子医科大学 女性医師再教育センター http://www.twmu.ac.jp

各論

P.217 掲載の参考文献
1) セイントとフランシスの内科診療ガイド 第2版. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2005.
2) 大曲貴夫 : 感染症診療のロジック. 南山堂, 2010.
3) Sabatine MS : Pocket Medicine : The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine, 6th ed. Lippincott Williams & Wilkins, 2016.
4) The SPELL EBM資料集, 英語が苦手な人の便利ツール http://spell.umin.jp/EBM_materials_BeatEnglish.html
P.223 掲載の参考文献
1) Tounsend CM Jr., Beauchamp RD, Evers BM, et al : Sabiston Textbook of SURGERY : The Biological Basis of Modern Surgical Practice, 20th ed. Elsevier, 2016.
2) Brunicardi FC, Anderson DK, Billiar TR, et al : Schwartz's Principles of Surgery, 10th ed. McGraw-Hill Education, 2014.
4) Fleisher LA, Fleischmann KE, Auerbach AD, et al : 2014 ACC/AHA guideline on perioperative cardiovascular evaluation and management of patients undergoing non cardiac surgery : a report of American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on practice guideline. J Am Coll Cardiol 2014 ; 64 : e77
P.229 掲載の参考文献
1) 寺沢秀一, 島田耕文, 林寛之 : 研修医当直御法度 第6版 ピットフォールとエッセンシャルズ, 三輪書店, 2016.
2) 寺沢秀一 : 研修医当直御法度百例帖 第2版, 三輪書店, 2013.
3) 志賀隆, 舩越拓, 嘉村洋志, 他 : 考えるER-サムライ・プラクティス, シービーアール, 2014.
4) Roberts JR : Roberts and Hedges' Clinical Procedures in Emergency Medicine 6th ed. Saunders, 2013
P.233 掲載の参考文献
1) 讃岐美智義 : 麻酔科研修チェックノート 改訂第5版. 羊土社, 2015.
2) 青山和義 : 必ずうまくいく! 気管挿管. 羊土社, 2009.
3) 讃岐美智義編集 : 改訂版 麻酔科薬剤ノート. 羊土社, 2014.
P.238 掲載の参考文献
1) Kliegman MD, Stanton B, et al : Nelson Textbook of Pediatrics. 20th edition. 2015.
2) 神奈川県立こども医療センター小児内科・小児外科 : 小児科当直医マニュアル 改訂第14版. 診断と治療社, 2016.
3) Manual of Pediatric Therapeutics, 7th ed. Lippincott Williams & Wilkings, 2008.
4) 小児科研修ノート. 診断と治療社, 2014.
P.245 掲載の参考文献
1) Cunningham FG, Leveno KJ, Bloom SL, et al : Williams Obstetrics. 24th ed. New York, McGraw-Hill Education, 2014.
2) Berek JS : Berek & Novak's Gynecology. 15th ed. Philadelphia, Lippincott Williams and Wilkins, 2012.
3) 井上真智子編 : 自信をもって診る! 女性の腹痛. レジデントノート 2013 ; 14 : 2964-3033.
4) 井上真智子編 : きちんと学ぶ女性診療-診断と対応のコツ-. レジデント 2014 ; 7 : 5-105.
5) 中山明子, 西村真紀編 : お母さんを診よう. 東京, 南山堂, 2015.
6) 中山理, 藤谷茂樹編 : 産科ICU. INTENSIVIST 2016 ; 8 : 254-463.
7) Advanced Life Support in Obstetrics. http://www.aafp.org/cme/programs/also.html
8) NPO法人周生期医療支援機構, ALSO-Japan. http://www.oppic.net/item.php?pn=also_japan.php
P.250 掲載の参考文献
1) 太田富雄総編集 : 脳神経外科学 改訂12版. 金芳堂, 2016.
2) 河瀬斌, 片山容一, 佐野公俊, 他編集 : 脳神経外科専門医をめざすための経験すべき手術 44. メジカルビュー社, 2007.
3) 日本脳神経外科救急学会編集 : すぐに役立つ脳神経外科救急ハンドブック 改訂2版. メディカ出版, 2015.
4) 田崎義昭, 斎藤佳雄, 坂井文彦著 : ベッドサイドの神経の診かた 改訂18版. 南山堂, 2016.
5) 日本脳卒中学会著 : 脳卒中治療ガイドライン 2015. 協和企画, 2015.
P.255 掲載の参考文献
1) 坂井建雄監訳 : グラント解剖学図譜 第7版. 医学書院, 2015.
2) 田中栄, 中村耕三編集 : 整形外科レジデントマニュアル. 医学書院, 2014.
3) Hoppenfeld S, deBoer P著, 寺山和雄, 辻陽雄, 長野昭監訳 : 整形外科医のための手術解剖学図説 原書第4版. 南江堂, 2011.
P.261 掲載の参考文献
1) 医師法第16条の2第1項に規定する医師臨床研修に関する省令 厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/hourei/021211.html
2) 別添 臨床研修の到達目標 厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/keii/030818/030818b.html
3) 斎藤芳雄 : 死に場所づくり-地域医療・地域福祉のめざすもの. 教育史料出版会, 1992.
4) 松岡史彦, 小林只 : プライマリ・ケア-地域医療の方法-. メディカルサイエンス社, 2012.
5) 葛西龍樹 : スタンダード家庭医療マニュアル-理論から実践まで-. 永井書店, 2005.

最近チェックした商品履歴

Loading...