精神療法 増刊第5号 2018年 精神分析の未来を考える

出版社: 金剛出版
発行日: 2018-06-05
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 09168710
雑誌名:
特集: 精神分析の未来を考える
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,024 円(税込)

目次

  • 特集 特集精神分析の未来を考える

    I 精神分析の現在:総説
     米国での精神分析の現在
     ロンドン・クライン派の現在
     精神力動論の発展:メンタライゼーション
     自己心理学の世界地図
     関係精神分析

    II 精神分析の最前線
     精神分析状況・設定論
     精神分析の新しい技法論
     治療的交流
     関係性理論の発展:新しい地平と批判
     陰性治療反応,羨望そして病理的自己構造論へ

    III 未来の鳥羽口
     ラカン学派の発展
     英国の公的機関における精神分析的精神療法の今後の方向性
     愛着理論から見た発生論
    「50年後のピグル」とウィニコット以後
     エヴィデンスの世界を生き残る

    IV エッセイ
     小此木啓吾と治療構造論
     ピーター・フォナギー
     ドンネル・スターン
     間主観性理論
     アーウィン・ホフマンの儀式と自発性の弁証法
     アルゼンチンの精神分析運動
     アントニーノ・フェロ
     ピエール・マーティとパリ心身症学派
     ジャン・ラプランシュの仕事
     メルツァーの発展
     ベティー・ジョセフと投影同一化の臨床
     アイゲン
     短期力動療法の歴史的発展
     ブロンバーグと外傷の理論
     スターンの出会いのモーメント
     ボストン変化プロセス研究会の成果
     カーンバーグのIPA訓練制度批判と提案
     クリストファー・ボラス
     ブリトンの思考の発展
     現代学派の精神分析:精神分析家の資格をめぐる葛藤

    V 精神分析の未来
     精神分析の未来 個人的見解
     北山理論の発展:有無を言わせながら
     精神分析の未来地図のために

    VI 座談会 精神分析の未来地図

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...