最新医学別冊 診断と治療のABC137 フレイル

出版社: 最新医学社
発行日: 2018-08-01
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 03708241
雑誌名:
特集: フレイル
電子書籍版: 2018-08-01
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,500 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

5,500 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • MAP 眼で見るフレイル
  • 第1章 フレイルの概念・疫学
  • フレイルの概念とその意義
  • フレイルの疫学
  • コラム フレイルとサルコペニアの違い
  • 第2章 フレイルの病態・診断
  • 身体的フレイルの病態と診断
  • 認知的フレイルの臨床的意義
  • 社会的フレイルの実態と定義
  • フレイルとホルモン
  • ビタミンとフレイル
  • フレイルのバイオマーカー探索
  • コラム フレイルの国際比較
  • 第3章 各種病態とフレイル
  • 循環器疾患とフレイル
  • 糖尿病とフレイル
  • COPDとフレイル
  • 骨粗髪症とフレイル
  • がんとフレイル
  • 泌尿器疾患とフレイル
  • オーラルフレイルの概念とその意義
  • 感覚器とフレイル
  • 薬剤によるフレイル
  • 第4章 フレイルの予防と治療
  • 栄養によるフレイルの予防と治療
  • 運動によるフレイルの治療と予防
  • アンドロゲン, ビタミンDはフレイルに有効か ?
  • フレイルに対する漢方薬の効果
  • フレイルに効果が期待される食品と栄養
  • ロコモフレイル外来の取組み
  • 地域で取り組むフレイル予防
  • コラム インターネットがフレイル予防に果たす2つの可能性
  • 第5章 ガイドライン
  • フレイル診療ガイドの概要
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

MAP 眼で見るフレイル

P.9 掲載の参考文献
P.11 掲載の参考文献
4) 小川貴志子, 他 : 「基本チェックリスト」を用いた虚弱判定と虚弱高齢者の血液生化学・炎症マーカーの特徴. 日老医誌 48 : 545-552, 2011.

第1章 フレイルの概念・疫学

P.20 掲載の参考文献
1) 日本老年医学会フレイルに関する日本老年医学会からのステートメント. <http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/20140513_01_01.pdf>
4) Woodhouse K W, et al : Who are the frail elderly? Q J Med 68 : 505-506, 1988.
6) 荒井秀典編 : フレイル診療ガイド2018年版. 日本老年医学会・国立長寿医療研究センター, 2018.
9) 日本老年医学会 : サルコペニア : 定義と診断に関する欧州関連学会のコンセンサスの監訳とQ&A. <https://www.jpn-geriat--soc.or.jp/info/topics/pdf/sarcopenia_EWGSOP-jpn-j-geriat2012.pdf>
13) Tanaka T, et al : Oral Frailty as a Risk Factor for Physical Frailty and Mortality in Community-Dwelling Elderly. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2018 (in press).
15) 荒井秀典編 : フレイルハンドブック. ライフ・サイエンス, 東京, 2016.
P.27 掲載の参考文献
2) WHO : World Report on Aging and Health. WHO Library Cataloguing-in-Publication Data <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/186463/1/9789240694811_eng.pdf>
4) 日本老年医学会 : フレイルに関する日本老年医学会からのステートメント. <https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/20140513_01_01.pdf>
5) 佐竹昭介, 他 : フレイル診断法とエビデンス. Anti-Aging Med 12 (5) : 602-606, 2016.
13) 新開省二, 他 : 『介護予防チェックリスト』の虚弱指標としての妥当性の検討. 日公衛誌 60 (5) : 262-274, 2013.
17) 長寿医療研究開発事業 (27-23) : 要介護高齢者, フレイル高齢者, 認知症高齢者に対する栄養療法, 運動療法, 薬物療法に関するガイドライン作成に向けた調査研究班 : Clinical Question 4フレイルの危険因子は? Clinical Question 5フレイルのアウトカムは?. フレイル診療ガイド 2018年版 (荒井秀典編) p10-14. ライフ・サイエンス, 東京, 2018.
19) 下方浩史, 他 : フレイル・サルコペニアの長期縦断疫学研究. 体力科学 66 (2) : 133-142, 2017.

第2章 フレイルの病態・診断

P.36 掲載の参考文献
P.41 掲載の参考文献
1) Kelaiditi E, et al : IANA/IAGG. Cognitive frailty : rational and definition from an (I. A. N. A./I. A. G. G.) international consensus group. J Nutr Health Aging 17 : 726-734, 2013.
3) Subra J, et al : Platform Team : The integration of frailty into clinical practice : preliminary results from the Gerontopole. J Nutr Health Aging 16 : 714-720, 2012.
18) Solfrizzi V, et al : Italian Longitudinal Study on Aging Working Group. Additive Role of a Potentially Reversible Cognitive Frailty Model and Inflammatory State on the Risk of Disability : The Italian Longitudinal Study on Aging. Am J Geriatr Psychiatry 25 : 1236-1248, 2017.
P.49 掲載の参考文献
6) 新開省二, 他 : 『介護予防チェックリスト』の虚弱指標としての妥当性の検証. 日公衛誌 60 : 262-274, 2013.
9) 藤原佳典 : 健康度に応じた高齢者のシームレスな社会参加・社会貢献の枠組みとその効果. Geriat Med 55 : 155-158, 2017.
11) Berkman L F, et al : Emotional support and survival after myocardial infarction. A prospective, population-based study of the elderly. Ann Int Med 117 : 1003-1009, 1992.
13) Holt-Lunstad J, et al : Social Relationships and Mortality Risk : A Meta-analytic Review. PLoS Med 7 (7) : e1000316, 2010.
P.57 掲載の参考文献
11) Rudman D, et al : Effects of human growth hormone in men over 60 years old. N Engl J Med 323 : 1-6, 1990.
P.65 掲載の参考文献
3) Plantalech L, et al : [Hypervitaminosis D in institutionalized elderly in Buenos Aires]. Medicina (B Aires) 57 : 29-35, 1997.
4) Songpatanasilp T, et al : Combination of alfacalcidol with calcium can improve quadriceps muscle strength in elderly ambulatory Thai women who have hypovitaminosis D : a randomized controlled trial. J Med Assoc Thai 92 (Suppl 5) : S30-41, 2009.
20) 石神昭人 : ビタミンCの事典. 東京堂出版, 東京, 2011.
21) Fusco D, et al : Effects of antioxidant supplementation on the aging process. Clin Interv Aging 2 : 377-387, 2007.
P.73 掲載の参考文献
11) Schiaffino S, et al : Fiber types in mammalian skeletal muscles. Physiological Reviews 91 : 1447-1531, 2010.
16) Islam M R, et al : in Hormones, Metabolism and the Benefits of Exercise Research and Perspectives in Endocrine Interactions (Spiegelma B, eds). p93-102. Springer, U S A, 2017.
P.76 掲載の参考文献

第3章 各種病態とフレイル

P.84 掲載の参考文献
4) Williamson J D, et al : Intensive vs Standard Blood Pressure Control and Cardiovascular Disease Outcomes in Adults Aged ≧ 75 Years : A Randomized Clinical Trial. JAMA 315 : 2673-2682, 2016.
7) Perera V, et al : The impact of frailty on the utilization of antithrombotic therapy in older patients with atrial fibrillation. Age and Ageing 38 : 156-162, 2009, 2009.
12) Lupon J, et al : Prognostic implication of frailty and depressive symptoms in an outpatient population with heart failure. Rev Esp Cardiol 61 : 835-842, 2008.
14) Witham M D, et al : Effect of a seated exercise program to improve physical function and health status in frail patients ≧ 70 years of age with heart failure. Am J Cardiol 95 : 1120-1124, 2005.
17) Zi M, et al : The effect of quinapril on functional status of elderly patients with diastolic heart failure. Cardiovasc Drugs Ther 17 : 133-139, 2003.
P.92 掲載の参考文献
1) 平成28年「国民健康・栄養調査」の結果 厚生労働省ホームページ <http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html> .
2) Fried L P, et al : Cardiovascular Health Study Collaborative Research Group. Frailty in older adults : evidence for a phenotype. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 56 (3) : M146-156, 2001.
7) Schiwartz A V, et al : Older women with diabetes have a higher risk of falls : aprospective study. Diabetes Care 25 (10) : 1749-1754, 2002.
18) 日本老年医学会, 他編 : 高齢者糖尿病診療ガイドライン 2017. p46. 南江堂, 東京, 2017.
P.101 掲載の参考文献
1) 日本呼吸器学会編 : COPD診断と治療のためのガイドライン第5版2018. メディカルレビュー社, 大阪, 2018.
2) 日本老年医学会・国立長寿医療研究センター 荒井秀典編 : フレイル診療ガイド2018年版. ライフ・サイエンス社, 東京, 2018.
3) Fletcher C, et al : The natural history of chronic airflow obstruction. Br Med J 1 (6077) : 1645-1648, 1977.
9) 日本老年医学会 : サルコペニア : 定義と診断に関する欧州関連学会のコンセンサスの監訳とQ&A. <https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/sarcopenia_EWGSOP_pn-j-geriat2012.pdf>
13) 吉川雅則, 他 : COPD : 診断と治療の進歩 III 合併症(全身併存症) 1. 栄養障害. 日内会誌 101 : 1562-1570, 2012.
17) Senda K, et al : Promotion of a proposal to incorporate advance care planning conversations into frailty prevention programs for frail older people. J Frailty Aging 6 : 113-114, 2017.
18) 塩谷隆信 : COPD : 診断と治療の進歩 IV 治療 3. リハビリテーション. 日内会誌 101 : 1609-1616, 2012.
19) 日本呼吸ケアリハビリテーション学会, 他編 : 呼吸リハビリテーションマニュアル-運動療法-第2版. 照林社, 東京, 2012.
20) 日本呼吸ケアリハビリテーション学会, 他編 : 呼吸リハビリテーションマニュアル-患者教育の考え方と実践-. 照林社, 東京, 2007.
P.106 掲載の参考文献
1) 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会編集 : 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版. ライフサイエンス出版, 東京, 2015.
2) 荒井秀典 : フレイルの意義. 日老医会誌 51 : 497-501, 2014.
P.112 掲載の参考文献
1) 公益財団法人がん研究振興財団 : がんの統計 <2017年版>.
2) Cruz-Jentoft Alfonso J, et al : Sarcopenia : European consensus on definition and diagnosis : Report of the European Working Group on Sarcopenia in Older People. Age Ageing 39 : 412-423, 2010.
3) 海道利実, 他 : 【「がん治療と栄養」~最近のトピックス~】がん治療とサルコペニア. 日静脈経腸栄会誌 32 : 822-828, 2017.
5) Radbruch L, et al : Clinical practice guidelines on Cancer Cachexia in advanced cancer patients. 2010 <http://www.cancercachexia.com>
7) 厚生労働省 : 平成28年度版高齢社会白書.
11) 高齢者研究委員会JCOG : 推奨高齢者機能評価ツール.
12) 厚生労働省 : 第3期がん対策推進基本計画. 2018.
P.120 掲載の参考文献
2) 本間之夫, 他 : 排尿に関する疫学的研究委員会. 排尿に関する疫学的研究. 日排尿機能会誌 14 : 266-277, 2003.
3) 国立長寿医療センター : 高齢者尿失禁ガイドライン 2002.
5) 日本老年医学会 : 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン p120-129. メジカルビュー, 東京, 2015.
11) Khullar V, et al : Efficacy and tolerability of mirabegron, aβ (3) -adrenoceptor agonist, in patients with overactive bladder. results from a randomised European-Australian phase 3 trial. Eur Urol 63 (2) : 283-295, 2013.
P.130 掲載の参考文献
1) 第259回中央社会保険医療協議会総会 (11月22日開催) 厚労省配布資料「歯科医療 (その2)」「歯科医療の需要の将来予想 (イメージ)」
2) 厚生労働省保険局高齢者医療課 : 後期高齢者医療広域連合における歯科健診等について. 平成28年8月9日.
3) 平野浩彦, 他編 : 実践! オーラルフレイル対応マニュアル. 東京都福祉保健財団, 東京, 2016.
4) 神奈川県健康増進課/一般社団法人神奈川県歯科医師会 : オーラルフレイルハンドブック. 2018.
6) 日本歯科医学会 : 口腔機能低下症に関する基本的な考え方. 平成30年3月.
P.136 掲載の参考文献
2) Ivers R Q, et al : Visual impairment and falls in older adults : the Blue Mountains Eye Study. J Am Geriatr Soc 46 (1) : 58-64, 1998.
4) Drootin M : Summary of the updated american geriatrics society/british geriatrics society clinical practice guideline for prevention of falls in older persons. J Am Geriatr Soc 59 (1) : 148-157, 2011.
9) Mitchell P, et al : Visual impairment in nursing home residents : the Blue Mountains Eye Study. Med J Aust 166 (2) : 73-76, 1997.
11) 杉浦彩子, 他 : 老人性難聴の疫学. Entoni 211 : 1-6, 2017.
16) Japan Trak 2015調査報告 : <www.hochouki. com/files/JAPAN_Trak_2015_reportv3.pdf>
P.143 掲載の参考文献

第4章 フレイルの予防と治療

P.149 掲載の参考文献
1) 葛谷雅文 : フレイルに対する介入と栄養ケアの重要 臨床栄養別冊 高齢者栄養ケアUPDATE (吉田貞夫編) p204-208. 第一版医歯薬出版, 東京, 2015.
2) Fried L P, et al : Cardiovascular Health Study Collaborative Research Group. Frailty in older adults : evidence for a phenotype. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 56 (3) : M146-156, 2001.
4) 葛谷雅文 : 老年医学におけるSarcopenia & Frailtyの重要性. 日老医誌 46 : 279-285, 2009.
27) 長寿医療研究開発費事業 (27-23) : 要介護高齢者, フレイル高齢者, 認知症高齢者に対する栄養療法, 運動療法, 薬物療法に関するガイドライン作成に向けた調査研究班 (荒井秀典編) : フレイル診療ガイド2018年版. 一般社団法人日本老年医学会, 国立研究開発法人長寿医療研究センター, 2018.
P.156 掲載の参考文献
3) Komi P V : Strength and power in sport, pp128-162. Blackwell, Oxford, 1992.
4) Vitasalo J T, et al : Muscular strength profiles and anthopometry in random samples of men aged 31-35, 51-55 and 71-75 years. Ergonomics 28 (11) : 1563-1574, 1984.
5) Winter D A : "Biomechanics and Motor control of Human Gait : Normal, Elderly and Pathological". Waterloo Biomechanics Press, Ontario, 1991.
6) Santos-Lozaro A, et al : Physical Activity and Alzheimer Disease : AProtective Association. Mayo Clin Proc 91 (8) : 999-1020, 2016.
P.162 掲載の参考文献
1) Orwell E, et al : Endogenous testosterone levels, physical performance, and fall risk in older man. Arch Intern Med 23 : 2124-2131, 2006.
4) Synder P J, et al : Effect of testosterone treatment on body composition and muscle strength in men over 65 years of age. J Clin Endocrinol Metab 84 : 2647-2653, 1999.
8) Barrett-Connor E, et al : Cognitive function and endogenous sex hormones in older women. J Am Geriatr Soc 47 : 1289-1293, 1999.
9) Yamada S, et al : Effects of dehydroepiandrosterone supplementationon cognitive function and activities of daily living in older women with mild to moderate cognitive impairment. Geriatr Gerontol Int 10 : 280-287, 2010.
P.172 掲載の参考文献
2) 葛谷雅文 : フレイルティ : オーバービューと栄養との関連. 日老医誌 51 (2) : 120-122, 2014.
3) 乾明夫 : フレイルと人参養栄湯. phil漢方 58 : 30-33, 2016.
4) 矢数道明 : 臨床応用漢方處方解説. p564. 創元社, 大阪, 1966.
5) 福村直毅他 : 回復期リハビリテーション病棟において補中益気湯は脳血管障害後遺症患者の炎症性合併症発症率を抑制する-多施設ランダム化比較試験による検討-. Jpn J Rehabil Med 54 : 303-314, 2017.
6) 熊本友香, 他 : 加齢男性性腺機能低下症候群に対する補中益気湯の効果の検討. 日東洋医誌 64 (3) 160-165, 2013.
10) 乾明夫 : がん緩和医療と人参養栄湯. phil漢方 (印刷中, 2018)
11) 田中哲二 : 進行期婦人科がんに対する外来TC療法と人参養栄湯併用による抗腫瘍成績改善効果. 漢方医 35 (4) : 370-373, 2011.
12) 熊木昇二 : 人工膝関節置換術後における人参養栄湯の効果. Prog Med 23 : 2993-2996, 2003.
13) 岩田郁, 他 : 肝硬変症に対する人参養栄湯の投与-特に血小板減少への効果について-. 臨と研 72 (3) : 214-218, 1995.
14) 相磯嘉孝, 他 : 糖尿病神経障害に対する人参養栄湯の効果-新規皮膚赤外線体温計「サーモフォーカス (R)」による検討-. 新薬と臨 56 (12) : 2028-2032, 2007.
15) 竹村克己 : エリスロポエチン投与中の血液透析患者の腎性貧血に対する人参養栄湯の補助的有効性について. 漢方と最新治療 9 (3) : 271-227, 2000.
16) 加藤士郎, 他 : 慢性閉塞性肺疾患における3大参耆剤の臨床的有用性. 漢方医 40 (3) : 172-176, 2016.
17) 林天明 : 貧血傾向を有する骨粗鬆症患者に対する人参養栄湯の有用性の検討. phil漢方 60 : 22-23, 2016.
18) 柳裕一郎, 他 : 嗅覚障害における漢方治療について. WE 10 : 7-8, 2005.
19) 五味淵秀人, 他 : 人参養栄湯の男性不妊症への効果. 産と婦 61 (7) : 1028-1030, 1993.
22) 向坂直哉 : フレイルに対する人参養栄湯の臨床検討. phil漢方 64 : 17-19, 2017.
23) 青山重雄 : 骨格筋率低下を伴う体力低下に対する人参養栄湯の効果. Phil漢方 70 : 9-11, 2018.
24) 鈴木伸一, 他 : クラシエ人参養栄湯エキス細粒 特定使用成績調査-高齢者に対する使用実態下での安全性および有効性の検討-. 医と薬 74 (10) : 1285-1297, 2017.
25) 唐方, 他 : 加齢に伴うマウスの小腸粘膜の変化に対する漢方薬の作用-六君子湯, 補中益気湯, 人参養栄湯, 半夏瀉心湯エキス剤の作用-. 日東洋医誌 48 (1) : 7-15, 1997.
32) 藤田日奈, 他 : 白尤の海馬ATP量に対する効果. Phil漢方 59 : 25-27, 2016.
33) 福永浩司, 他 : 抑肝散加陳皮半夏のアルツハイマー病症状改善のメカニズム. Phil漢方 60 : 32-33, 2016.
36) Kim Y-J, et al : Omija fruit extract improves endurance and energy metabolism by upregulating PGC-1α expression in the skeletal muscle of exercised rats. J Med Food 17 (1) : 28-35, 2014.
37) Kim M-H, et al : Food Funct. Ameliorative effects of Schizandra chinensis on osteoporosis via activation of estrogen receptor (ER) -α/-β. Food Funct 5 (7) : 1594-1601, 2014.
39) Nakanishi M, et al : Go-sha-jinki-Gan (GJG) ameliorates allodynia in chronic constriction injury model mice via suppression of TNF-α expression in the spinal cord Molecular Pain 12 : 1-16, 2016.
40) 前田浩行, 他 : 腰痛入院患者に対し漢方薬を用いた多角的検討. 漢方医 41 (1) : 62-64, 2017.
41) 鈴木健司, 他 : 老化促進マウス (SAM) を用いた霊芝の抗老化作用の薬理遺伝学的研究. 和漢医薬会誌 7 : 388-389, 1990.
42) 嶋田豊他 : 高齢者の手足腰の痛み・脱力感・しびれ・冷えに対する八味地黄丸の効果. 日東洋医誌 48 (4) : 437-443, 1998.
45) Gamo Y, et al : An anxiolytic-like effect of kososan is different from the effect of hangekobokuto on two anxiety models in mice. J Trad Med 26 : 11-17, 2009.
46) 岩崎鋼 : 漢方医 33 (4) : 496-497, 2009.
47) 小林中 : 高齢者終末期消化器癌患者のせん妄に対する抑肝散加陳皮半夏の有用性の検討. 漢方医 33 : 423-424, 2009.
48) Sekiguchi K, et al : Effects of yokukansan, a traditional Japanese medicine, on aggressiveness induced by intracerebroventricular injection of amyloid β protein into mice. Phytother Res 23 : 1175-1181, 2009.
51) 溝口和臣, 他 : 老齢ラットにおける漢方薬, 抑肝散の認知機能改善作用と抗不安作用 前頭前野におけるセロトニンおよびドーパミン神経の役割. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集20回・40回 129, 2010.
52) 眞鍋雄太, 他 : 認知症の行動・心理症状に対する抑肝散加陳皮半夏の有用性の検討. 老精医 27 : 438-447, 2016.
P.180 掲載の参考文献
4) Nanri H, et al : Sex difference in the association between protein intake and frailty : assessed using the kihon checklist indexes among the elderly. J Am Med Dir Assoc (in press).
P.189 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献
P.198 掲載の参考文献

第5章 ガイドライン

P.205 掲載の参考文献
7) Kobayashi S, et al : Three-generation Study of Women on Diets and Health Study Group. High protein intake is associated with low prevalence of frailty among old Japanese women : a multicenter cross-sectional study. Nutr J 12 : 164, 2013.
13) Perera V, et al : The impact of frailty on the utilization of antithrombotic therapy in older patients with atrial fibrillation. Age Ageing 38 : 156-162, 2009.

最近チェックした商品履歴

Loading...