歯科衛生士のための食べるを守るシームレスケア

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,520 円(税込)

商品紹介

歯科医療は「歯科医院完結型」から「地域完結型」へと大きく変化しています.歯科診療所に通院されていた患者さんが,全身疾患により治療や入院,介護等が必要となり,通院できなくなっても,歯科衛生士が病院,施設,在宅に訪問して,患者さんに寄り添ったシームレスな口腔健康管理を行うことが求められています.本書では,急性期から回復期,維持期,終末期に至るまで対応できる口腔健康管理の知識・技量と心構えなど症例を交えてわかりやすく実践的に解説しています.専門職として口腔健康管理計画をスムーズに立てる臨床実践力を高められるよう,本書の症例を通じて演習が行えるよう詳細にまとめた歯科衛生士必携の一冊です!

目次

  • Chapter 1 患者さんが居るステージの特徴を知ろう
     Introduction 患者さんの居るステージの特徴を知ろう
     Section 1 急性期における口腔健康管理
      1 急性期の特徴
      2 歯科衛生士の役割
       1-病棟での多職種連携で行う口腔健康管理
       2-周術期等の口腔機能管理
       3-栄養サポートチーム(NST)
       4-口腔ケアチーム
      3 急性期の歯科衛生士介入事例
       1-病棟での歯科衛生士の介入事例
       2-栄養サポートチーム(NST)における歯科衛生士の介入事例
     Section 2 回復期における口腔健康管理
      1 回復期の特徴
      2 歯科衛生士の役割
       1-口腔衛生や口腔機能に関する評価・アセスメント
       2-本人・家族に対する口腔ケアに関する助言
       3-他の職種に対する口腔ケアに関する助言
       4-口腔健康管理の実施
       5-医科歯科連携の窓口機能(歯科標榜のない回復期病院の場合)
       6-FIM評価を準用した口腔健康管理の提案
     Section 3 介護保険施設における口腔健康管理
      1 介護保健施設の特徴
      2 歯科衛生士の役割
       1-施設における口腔健康管理
       2-食べる楽しみのための支援
      3 介護保険施設における口腔健康管理の実際
       1-口腔衛生管理体制加算のための口腔ケア・マネジメント計画書
       2-口腔衛生管理にかかわる助言
       3-口腔衛生管理に関する業務記録
       4-肺炎予防のためのスクリーニング
       5-スクリーニングを行い,中リスクと高リスクに分ける
      4 リスク判定と対応
       1-低リスク利用者の対応
       2-中リスク利用者の対応
       3-高リスク利用者の対応
     Section 4 在宅における口腔健康管理
      1 在宅療養の特徴
      2 歯科衛生士の業務
       1-居宅における療養状況の把握
       2-在宅における口腔健康管理
       3-歯科衛生士の具体的業務内容
     Section 5 終末期における口腔健康管理
      1 終末期の特徴
      2 歯科衛生士の業務
       1-歯科衛生士の役割
       2-終末期における口腔ケア
       3-歯科衛生士の具体的業務内容
     Section 6 脳血管疾患後遺症(左被殻出血)のAさんの事例
      1 急性期
       急性期病院でのAさんの状況
        入院時のAさんの状況
        ICUからの依頼
        病棟からの依頼
        退院時の申し送り
      2 回復期
       回復期病院でのAさんの状況
        入院時のAさんの状況
        Aさんの口腔の課題と対応策
        Aさんのリハビリテーション実施計画
      3 在宅
       退院後の在宅でのAさんの状況
        退院(直)後の状態
        本人・ご家族の歯科への要望
       口腔健康アセスメントの状況
       初回訪問
        歯科衛生士が注意すべきこと
        口腔健康管理計画作成(口腔ケアプラン)のための考え方
        歯科衛生士が行う口腔健康管理計画(口腔ケアプラン)
        本人・家族・他の職種への指導内容
       経過・記録
      4 在宅(終末期)
       3年経過後(87歳)

    Chapter 2 症例と演習
     Case 1 脳血管疾患(脳出血後遺症)
     Case 2 認知症(アルツハイマー型認知症)
     Case 3 認知症(レビー小体型認知症)
     Case 4 神経難病(パーキンソン病):PD
     Case 5 神経難病(脊髄小脳変性症):SCD
     Case 6 神経難病(多系統萎縮症):MSA
     Case 7 神経難病(先天性筋萎縮症:福山型先天性筋ジストロフィー)
     Case 8 神経難病(多発性硬化症)
     Case 9 悪性新生物(膵臓がん)
     Case 10 悪性新生物(上顎洞がん)
     Work 口腔健康管理計画書(口腔ケアプラン)作成のための演習例
      1-研修会の企画
      2-演習のすすめ方

    Appendix 資料編
     Appendix 1 地域包括ケアシステム
     Appendix 2 介護保険について
     Appendix 3 口腔健康管理とは
     Appendix 4 口腔機能低下症とは
     Appendix 5 口腔機能,口腔清掃管理に用いるアイテム
     Appendix 6 口腔衛生管理のポイント

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...