嚥下障害診療ガイドライン 2018年版

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2018-09-10
分野: 臨床医学:外科  >  耳鼻咽喉/頭頸部
ISBN: 9784307371216
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,564 円(税込)

商品紹介

6年ぶりの大改訂で、アルゴリズム、総論やCQなど、全編にわたって大幅にアップデートされた。2012年版の「耳鼻咽喉科外来における対応」という枠を外した、嚥下障害の総合的診療指針が完成した。解説項目は最新の内容に更新し、基礎知識のブラッシュアップに効果的。CQ数は11から14に増え、より細かく診療に対応できるような問題設定がなされた。付録DVDでは、嚥下内視鏡検査・造影検査動画がみられる。総合的かつ実践的なガイドラインに仕上がっている。

目次

  • 第1章 序論
    嚥下障害診療アルゴリズム
    1-1 本ガイドラインについて
    1-2 対象患者

    第2章 総論
    2-1 問診
    2-2 精神機能・身体機能の評価
    2-3 口腔・咽頭・喉頭などの診察
    2-4 嚥下機能評価のための簡易検査
    2-5 嚥下内視鏡検査
    2-6 嚥下造影検査
    2-7 対応基準
    2-8 経過観察を行う場合の注意点
    2-9 嚥下指導を行う場合の注意点
    2-10 専門的な医療機関に紹介する場合の注意点
    2-11 保存的治療
    2-12 外科的治療
    2-13 「評価や治療の適応外」と判断した場合の注意点

    第3章 Clinical Question(CQ)
    CQ1 認知障害は嚥下機能に影響を及ぼすか?
    CQ2 気管切開は嚥下機能に影響を及ぼすか?
    CQ3 嚥下機能評価に簡易検査は有用か?
    CQ4 嚥下機能評価に嚥下内視鏡検査は有用か?
    CQ5 通常の喉頭内視鏡検査と嚥下内視鏡検査の方法・観察点における違いは何か?
    CQ6 嚥下造影検査が必要と判断されるのはどのような場合か?
    CQ7 頭頸部癌の化学放射線治療による嚥下障害にどう対応するか?
    CQ8 口腔ケアは誤嚥や嚥下性肺炎の発症予防に有用か?
    CQ9 嚥下障害に薬物治療は有効か?
    CQ10 嚥下訓練のエビデンスはどこまでわかっているか?
    CQ11 介護環境の整備は嚥下性肺炎の発症予防に有用か?
    CQ12 経口摂取の導入や食事内容・形態のレベルアップの判断に嚥下内視鏡検査は有用か?
    CQ13 胃瘻は嚥下障害患者の管理に有用か?
    CQ14 誤嚥防止手術はQOLを改善するか?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...