子どもの育ちが見える「要録」作成のポイント

出版社: 中央法規出版
著者:
発行日: 2018-11-10
分野: 保健・体育  >  母性・小児保健
ISBN: 9784805857571
電子書籍版: 2018-11-10
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,760 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,760 円(税込)

商品紹介

3法令の改訂(定)に伴い変更された保育所児童保育要録・幼稚園幼児指導要録・認定こども園園児指導要録。幼児期において育みたい資質・能力および幼児期の終わりまでに育ってほしい姿を踏まえた書き方のポイントを伝える。あわせて小学校への接続の考え方と活かし方も解説。

目次

  • 第1章 新要領・指針でここが変わった!
        ―「要録」の意味と改正のポイント
    「要録」の役割
      1 「要録」とは
      2 「要録」の役割

    「要録」の記入内容
      ―子ども理解に基づいて育ちをとらえ評価する
      1 日常の保育の延長に「要録」がある―子ども理解の大切さ
      2 子ども理解を深めるために記録がある
      3 記録の振り返りから育ちをとらえる
      4 育ちの記録を評価するということ

    「要録」の基礎知識と記入のポイント
      ―平成30年改正内容をふまえて
      1 改正の経緯
      2 それぞれの要録の基礎知識と記入のポイント
       ・幼稚園幼児指導要録
       ・保育所児童保育要録
       ・幼保連携型認定こども園園児指導要録

    第2章 「要録」作成の手順のポイント
    「要録」作成までの3つの手順
      1 日々の保育を記録する
      2 1年間の保育記録を振り返る
      3 要録にまとめる

    第3章 育ちつつある姿の書き方
        ―保育の5領域と「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を意識して
     子どもの育ちつつある姿を意識する
      1 ままごと遊びをする姿を見て
      2 絵本の読み聞かせでの姿を見て

    第4章 小学校との連携での「要録」の活かし方
     幼児教育と小学校教育の接続の「要録」
      1 幼児教育と小学校教育の接続と重要性
      2 幼児教育と小学校教育の接続の課題と「要録」

    「要録」を活かした幼児教育と小学校教育の接続
      1 「要録」を児童一人ひとりの指導や学級経営に活かす
      2 「要録」をスタートカリキュラムに活かす

     特別な支援の必要な子どもをつなぐ
      1 引き継ぎシートの目的
      2 各種様式の役割

    資料

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

資料

P.115 掲載の参考文献
内閣府 子ども・子育て支援新制度ホームページ http://www8.cao.go.jp/shoushi/index.html (内閣府ホーム>子ども・子育て支援>認定こども園)

最近チェックした商品履歴

Loading...