• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 看護学一般
  •  >  ナーシング・グラフィカ 健康支援と社会保障(4) 看護をめぐる法と制度

ナーシング・グラフィカ 健康支援と社会保障(4) 看護をめぐる法と制度

出版社: メディカ出版
著者:
発行日: 2019-01-15
分野: 看護学  >  看護学一般
ISBN: 9784840465144
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,024 円(税込)

法律と看護にどのような関連性があるのかを、法律の知識のない人でもイメージしやすいよう特設ページを使って展開しました。表現を徹底的に検討し、法律内容としての正しさを保ちながらも、法律用語を用いずに(もしくはplusα)などで補って、わかりやすく解説しています。多職種連携時代に、看護師が他職種と法的にどのような業務連携・業務分担をするのかをシンプルに分かりやすく解説しました。法律が制定された背景(倫理観や社会のうごき)について随所で触れ、最近の国試の傾向(暗記ではなく理解しているかを試す問題)に対応する知識を育めるようにしました。

目次

  • ◆第1部 保健医療福祉と法の関わりかた
    【1 チーム医療と法の構造】
    <1>医療スタッフに関する法の枠組み
    <2>医療スタッフの業務分担と連携に関する法の枠組み

    【2 医療提供の理念と医療安全:医療法での扱い】
    <1>医療法の歩み
    <2>医療提供の理念
    <3>医療安全
    <4>医療法の理念と実際

    ◆第2部 看護をめぐる法
    【3 人に関する法律】
    <1>医療専門職
    <2>福祉専門職
    <3>非医療・非福祉専門職

    【4 物・場所等に関する法律】
    <1>物に関する法律
    <2>場所に関する法律

    【5 支えるシステムに関する法律】
    <1>お金とサービスに関する法律
    <2>特別な配慮を必要とする人に関する法律

    【6 政策に関わる基本法等の関連法令】
    <1>医療政策に関する法律
    <2>福祉政策に関する法律
    <3>災害政策に関する法律
    <4>情報政策に関する法律
    <5>食品安全政策に関する法律
    <6>人口政策に関する法律
    <7>社会的弱者政策に関する法律
    <8>労働政策に関する法律
    <9>女性政策に関する法律
    <10>環境政策に関する法律

    ◆第3部 法制度を取り巻く考えかた
    【7 インフォームドコンセント】

    【8 看護過誤(医療過誤)】
    <1>医療事故と法的責任
    <2>三つの法的責任
    <3>三つの法的責任はどのような関係にあるか

    【9 法と生命倫理】
    <1>生命倫理総論
    <2>生命倫理各論
    <3>研究倫理
    〔1〕人を対象とする医学系研究に関する倫理指針

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...