• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 看護教育/研究
  •  >  看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術 急性・クリティカルケア看護 第2版

看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術 急性・クリティカルケア看護 第2版

出版社: メヂカルフレンド社
著者:
発行日: 2015-11-25
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784839215897
電子書籍版: 2015-11-25 (第2版第3刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,376 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,376 円(税込)

商品紹介

急性期やクリティカルな状態、救急時、集中ケア、周手術期の臨床で実施する看護技術の根拠を明確にしながら、一つひとつの行為の留意点を、カラー写真やイラストを使って具体的にわかりやすく解説。

目次

  • 表紙
  • 本書の特長と使い方 - よりよい学習のために -
  • 編集 / 執筆者
  • 目次
  • 第I章 急性・クリティカルケア看護の特徴
  • (1) 急性・クリティカルケア看護とは
  • 1 急性期とは
  • 2 クリティカルな状態とは
  • 3 急性・クリティカルケア看護の場
  • 1) 病院内
  • 2) 病院外
  • (2) 急性・クリティカルケア看護の対象と看護技術
  • 1 患者と家族の特徴
  • 1) 患者の特徴
  • 2) 家族の特徴
  • 2 急性・クリティカルケア看護の役割と看護技術
  • 1) 看護の役割
  • 2) 看護技術
  • 第II章 救急時の看護技術
  • (1) 心肺蘇生法
  • 1 救急蘇生法
  • 2 一次救命処置の意義
  • 3 救命の連鎖
  • 1) 心停止の予防
  • 2) 心停止の早期認識と通報
  • 3) 一次救命処置
  • 4) 二次救命処置と心拍再開後の集中治療
  • 4 心停止アルゴリズム
  • 1) BLSのアルゴリズム
  • 2) ALSのアルゴリズム
  • 看護技術の実際
  • [A] 一次救命処置 ( BLS )
  • 1) 医療従事者が実施するBLS ( 院内における対応と方法 )
  • 2) 窒息の解除
  • [B] ACLS
  • [C] 気管挿管の介助
  • [D] 緊急気管切開介助
  • [E] 除細動
  • (2) 緊急時の応急処置
  • 1 緊急患者の観察と留意点
  • 2 緊急度・重症度の判断
  • 3 救急患者の応急処置
  • 1) 移送・搬送
  • 2) 酸素投与
  • 3) 血管確保
  • 4) 止血
  • 5) ギプス固定
  • 6) 創洗浄
  • 7) 胃洗浄
  • 看護技術の実際
  • [A] ストレッチャーでの移送・搬送
  • [B] 担架での移送・搬送
  • [C] 酸素投与
  • [D] 血管確保
  • [E] 直接止血
  • [F] 間接止血
  • [G] ギプス固定
  • [H] 創洗浄
  • [I] 胃洗浄
  • 第III章 集中ケアの看護技術
  • (1) 呼吸管理
  • 1 呼吸不全の定義
  • 2 呼吸不全のある患者の治療と看護
  • 1) 酸素療法
  • 2) 人工呼吸法
  • 3 急性呼吸障害のある患者の看護のポイント
  • 4 呼吸不全患者に必要な看護技術
  • 1) 吸引
  • 2) 口腔ケア
  • 3) 呼吸理学療法
  • 4) 体位ドレナージ
  • 5) 人工呼吸療法
  • 看護技術の実際
  • [A] 口腔内吸引
  • [B] 気管吸引
  • [C] 口腔ケア
  • [D] 呼吸理学療法
  • 1) 強制呼出法 ( ハフィング )
  • 2) 徒手的呼吸介助法
  • [E] 体位ドレナージ
  • [F] 人工呼吸療法
  • (2) 循環管理
  • 1 循環器系の機能
  • 1) 循環調節機構
  • 2) 体循環と肺循環
  • 3) 刺激伝導系
  • 4) 心拍出量を規定する因子
  • 2 循環器系の主なモニタリング
  • 1) 心電図
  • 2) 観血的動脈圧モニター
  • 3) 中心静脈圧モニター
  • 4) スワン - ガンツカテーテル
  • 3 末梢循環促進ケア
  • 看護技術の実際
  • [A] モニター心電図
  • [B] 12誘導心電図
  • [C] 動脈ライン
  • [D] スワン - ガンツカテーテル
  • 1) 肺動脈カテーテル挿入の場合
  • [E] 中心静脈圧 ( CVP ) 測定
  • 1) 中心静脈 ( CV ) カテーテル, S - Gカテーテルを用いた持続モニタリング
  • 2) 動脈圧ラインを用いた観血的測定
  • [F] 深部静脈血栓症 ( DVT ) 予防
  • 1) 下肢挙上, 下肢の自動・他動運動, 下腿マッサージ
  • 2) 弾圧ストッキング着用の場合
  • 3) 間欠的空気圧迫法の場合
  • (3) 輸液・栄養管理
  • 1 体液管理
  • 1) 輸液
  • 2) 輸血
  • 3) 栄養
  • 2 輸液・輸血の経路と管理
  • 1) 輸液・輸血経路
  • 2) 輸液・輸血の投与速度
  • 3 安全対策
  • 1) 感染対策
  • 2) 与薬の原則
  • 看護技術の実際
  • [A] 末梢静脈ライン
  • 1) 輸液ラインの準備
  • 2) 末梢静脈穿刺
  • 3) 末梢静脈路確保
  • [B] 輸液ポンプ, シリンジポンプ
  • 1) 輸液ポンプ
  • 2) シリンジポンプ
  • [C] 中心静脈栄養
  • 1) 中心静脈カテーテル挿入の準備
  • 2) 中心静脈カテーテルの挿入
  • 3) 高カロリー輸液の投与
  • [D] 経管栄養
  • 1) 消化管チューブ ( 胃管 ) の挿入留置
  • 2) 経管栄養
  • [E] 輸血
  • (4) 鎮痛・鎮静管理
  • 1 鎮痛・鎮静とは
  • 2 鎮痛・鎮静・せん妄の評価法
  • 1) 痛み評価スケール
  • 2) 鎮静評価スケール
  • 3) せん妄評価スケール
  • 看護技術の実際
  • [A] 睡眠環境調整
  • [B] リラクセーション
  • [C] せん妄予防
  • [D] 身体拘束
  • 第IV章 周手術期看護の基本技術
  • (1) 術前看護技術
  • 1 術前看護
  • 2 術前検査
  • 3 術前アセスメント
  • 4 術前オリエンテーション
  • 5 手術部位感染
  • 6 術前準備
  • 7 術後合併症予防
  • 8 術前訓練
  • 看護技術の実際
  • [A] 皮膚感染予防
  • 1) シャワー浴・入浴
  • 2) 除毛
  • 3) 臍処理
  • [B] 禁煙・呼吸指導
  • 1) 禁煙指導
  • 2) 腹式呼吸の指導
  • 3) 咳嗽訓練
  • 4) 器具を用いた訓練
  • コーチ ( TM ) ( 最大呼吸法 : 容量型 )
  • トリフロー ( 最大呼吸法 : 流量型 )
  • スーフル ( TM ) ( 再呼吸法 )
  • [C] 離床指導
  • (2) 術中看護技術
  • 1 手術室入室前の患者の特徴
  • 2 術前訪問
  • 3 手術室看護師の役割
  • 1) 器械出し看護師
  • 2) 外回り看護師
  • 4 手術室環境と患者の心理
  • 5 術中看護
  • 1) 麻酔導入介助
  • 2) 電気メス
  • 3) 体温マット
  • 6 外科的手洗い
  • 7 外科的ガウンテクニック
  • 看護技術の実際
  • [A] 全身麻酔導入介助
  • [B] 電気メスの使用
  • [C] 体温マット
  • 1) ウォーターフロータイプ
  • 2) エアフロータイプ
  • [D] 体位管理
  • [E] 褥瘡予防
  • [F] 神経麻痺予防
  • [G] 外科的手洗い
  • [H] 外科的ガウンテクニック
  • (3) 術後看護技術
  • 1 術後看護の基本
  • 2 術後の観察とアセスメント
  • 3 術後に起こりやすい合併症
  • 1) 術後出血
  • 2) 循環器系合併症
  • 3) 呼吸器系合併症
  • 4) 消化器系合併症
  • 5) 精神・神経系合併症
  • 6) 縫合不全
  • 7) 術後感染症
  • 4 早期離床の効果
  • 看護技術の実際
  • [A] 胸腔ドレーン
  • 1) ドレーン挿入と観察
  • 2) ドレーン挿入後の観察
  • [B] 腹腔ドレーン
  • 1) ドレーン挿入と観察
  • 2) 排液の方法 : バネ式低圧持続吸引システム
  • [C] 胃管管理
  • [D] 術後創管理
  • [E] 疼痛管理
  • 1) 一般的な術後疼痛管理
  • 2) 患者管理鎮痛法 ( patient - controlled analgesia : PCA )
  • [F] 早期離床
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...