• HOME
  •  > 
  • 看護学
  •  > 
  • 看護教育/研究
  •  >  看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術 急性・クリティカルケア看護 第2版

看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術 急性・クリティカルケア看護 第2版

出版社: メヂカルフレンド社
著者:
発行日: 2015-11-25
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784839215897
電子書籍版: 2015-11-25 (第2版第3刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,420 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,420 円(税込)

商品紹介

急性期やクリティカルな状態、救急時、集中ケア、周手術期の臨床で実施する看護技術の根拠を明確にしながら、一つひとつの行為の留意点を、カラー写真やイラストを使って具体的にわかりやすく解説。

目次

  • 表紙
  • 本書の特長と使い方 - よりよい学習のために -
  • 編集 / 執筆者
  • 目次
  • 第I章 急性・クリティカルケア看護の特徴
  • (1) 急性・クリティカルケア看護とは
  • 1 急性期とは
  • 2 クリティカルな状態とは
  • 3 急性・クリティカルケア看護の場
  • 1) 病院内
  • 2) 病院外
  • (2) 急性・クリティカルケア看護の対象と看護技術
  • 1 患者と家族の特徴
  • 1) 患者の特徴
  • 2) 家族の特徴
  • 2 急性・クリティカルケア看護の役割と看護技術
  • 1) 看護の役割
  • 2) 看護技術
  • 第II章 救急時の看護技術
  • (1) 心肺蘇生法
  • 1 救急蘇生法
  • 2 一次救命処置の意義
  • 3 救命の連鎖
  • 1) 心停止の予防
  • 2) 心停止の早期認識と通報
  • 3) 一次救命処置
  • 4) 二次救命処置と心拍再開後の集中治療
  • 4 心停止アルゴリズム
  • 1) BLSのアルゴリズム
  • 2) ALSのアルゴリズム
  • 看護技術の実際
  • [A] 一次救命処置 ( BLS )
  • 1) 医療従事者が実施するBLS ( 院内における対応と方法 )
  • 2) 窒息の解除
  • [B] ACLS
  • [C] 気管挿管の介助
  • [D] 緊急気管切開介助
  • [E] 除細動
  • (2) 緊急時の応急処置
  • 1 緊急患者の観察と留意点
  • 2 緊急度・重症度の判断
  • 3 救急患者の応急処置
  • 1) 移送・搬送
  • 2) 酸素投与
  • 3) 血管確保
  • 4) 止血
  • 5) ギプス固定
  • 6) 創洗浄
  • 7) 胃洗浄
  • 看護技術の実際
  • [A] ストレッチャーでの移送・搬送
  • [B] 担架での移送・搬送
  • [C] 酸素投与
  • [D] 血管確保
  • [E] 直接止血
  • [F] 間接止血
  • [G] ギプス固定
  • [H] 創洗浄
  • [I] 胃洗浄
  • 第III章 集中ケアの看護技術
  • (1) 呼吸管理
  • 1 呼吸不全の定義
  • 2 呼吸不全のある患者の治療と看護
  • 1) 酸素療法
  • 2) 人工呼吸法
  • 3 急性呼吸障害のある患者の看護のポイント
  • 4 呼吸不全患者に必要な看護技術
  • 1) 吸引
  • 2) 口腔ケア
  • 3) 呼吸理学療法
  • 4) 体位ドレナージ
  • 5) 人工呼吸療法
  • 看護技術の実際
  • [A] 口腔内吸引
  • [B] 気管吸引
  • [C] 口腔ケア
  • [D] 呼吸理学療法
  • 1) 強制呼出法 ( ハフィング )
  • 2) 徒手的呼吸介助法
  • [E] 体位ドレナージ
  • [F] 人工呼吸療法
  • (2) 循環管理
  • 1 循環器系の機能
  • 1) 循環調節機構
  • 2) 体循環と肺循環
  • 3) 刺激伝導系
  • 4) 心拍出量を規定する因子
  • 2 循環器系の主なモニタリング
  • 1) 心電図
  • 2) 観血的動脈圧モニター
  • 3) 中心静脈圧モニター
  • 4) スワン - ガンツカテーテル
  • 3 末梢循環促進ケア
  • 看護技術の実際
  • [A] モニター心電図
  • [B] 12誘導心電図
  • [C] 動脈ライン
  • [D] スワン - ガンツカテーテル
  • 1) 肺動脈カテーテル挿入の場合
  • [E] 中心静脈圧 ( CVP ) 測定
  • 1) 中心静脈 ( CV ) カテーテル, S - Gカテーテルを用いた持続モニタリング
  • 2) 動脈圧ラインを用いた観血的測定
  • [F] 深部静脈血栓症 ( DVT ) 予防
  • 1) 下肢挙上, 下肢の自動・他動運動, 下腿マッサージ
  • 2) 弾圧ストッキング着用の場合
  • 3) 間欠的空気圧迫法の場合
  • (3) 輸液・栄養管理
  • 1 体液管理
  • 1) 輸液
  • 2) 輸血
  • 3) 栄養
  • 2 輸液・輸血の経路と管理
  • 1) 輸液・輸血経路
  • 2) 輸液・輸血の投与速度
  • 3 安全対策
  • 1) 感染対策
  • 2) 与薬の原則
  • 看護技術の実際
  • [A] 末梢静脈ライン
  • 1) 輸液ラインの準備
  • 2) 末梢静脈穿刺
  • 3) 末梢静脈路確保
  • [B] 輸液ポンプ, シリンジポンプ
  • 1) 輸液ポンプ
  • 2) シリンジポンプ
  • [C] 中心静脈栄養
  • 1) 中心静脈カテーテル挿入の準備
  • 2) 中心静脈カテーテルの挿入
  • 3) 高カロリー輸液の投与
  • [D] 経管栄養
  • 1) 消化管チューブ ( 胃管 ) の挿入留置
  • 2) 経管栄養
  • [E] 輸血
  • (4) 鎮痛・鎮静管理
  • 1 鎮痛・鎮静とは
  • 2 鎮痛・鎮静・せん妄の評価法
  • 1) 痛み評価スケール
  • 2) 鎮静評価スケール
  • 3) せん妄評価スケール
  • 看護技術の実際
  • [A] 睡眠環境調整
  • [B] リラクセーション
  • [C] せん妄予防
  • [D] 身体拘束
  • 第IV章 周手術期看護の基本技術
  • (1) 術前看護技術
  • 1 術前看護
  • 2 術前検査
  • 3 術前アセスメント
  • 4 術前オリエンテーション
  • 5 手術部位感染
  • 6 術前準備
  • 7 術後合併症予防
  • 8 術前訓練
  • 看護技術の実際
  • [A] 皮膚感染予防
  • 1) シャワー浴・入浴
  • 2) 除毛
  • 3) 臍処理
  • [B] 禁煙・呼吸指導
  • 1) 禁煙指導
  • 2) 腹式呼吸の指導
  • 3) 咳嗽訓練
  • 4) 器具を用いた訓練
  • コーチ ( TM ) ( 最大呼吸法 : 容量型 )
  • トリフロー ( 最大呼吸法 : 流量型 )
  • スーフル ( TM ) ( 再呼吸法 )
  • [C] 離床指導
  • (2) 術中看護技術
  • 1 手術室入室前の患者の特徴
  • 2 術前訪問
  • 3 手術室看護師の役割
  • 1) 器械出し看護師
  • 2) 外回り看護師
  • 4 手術室環境と患者の心理
  • 5 術中看護
  • 1) 麻酔導入介助
  • 2) 電気メス
  • 3) 体温マット
  • 6 外科的手洗い
  • 7 外科的ガウンテクニック
  • 看護技術の実際
  • [A] 全身麻酔導入介助
  • [B] 電気メスの使用
  • [C] 体温マット
  • 1) ウォーターフロータイプ
  • 2) エアフロータイプ
  • [D] 体位管理
  • [E] 褥瘡予防
  • [F] 神経麻痺予防
  • [G] 外科的手洗い
  • [H] 外科的ガウンテクニック
  • (3) 術後看護技術
  • 1 術後看護の基本
  • 2 術後の観察とアセスメント
  • 3 術後に起こりやすい合併症
  • 1) 術後出血
  • 2) 循環器系合併症
  • 3) 呼吸器系合併症
  • 4) 消化器系合併症
  • 5) 精神・神経系合併症
  • 6) 縫合不全
  • 7) 術後感染症
  • 4 早期離床の効果
  • 看護技術の実際
  • [A] 胸腔ドレーン
  • 1) ドレーン挿入と観察
  • 2) ドレーン挿入後の観察
  • [B] 腹腔ドレーン
  • 1) ドレーン挿入と観察
  • 2) 排液の方法 : バネ式低圧持続吸引システム
  • [C] 胃管管理
  • [D] 術後創管理
  • [E] 疼痛管理
  • 1) 一般的な術後疼痛管理
  • 2) 患者管理鎮痛法 ( patient - controlled analgesia : PCA )
  • [F] 早期離床
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第I章 急性・クリティカルケア看護の特徴

P.5 掲載の参考文献
1) 山勢博彰・山勢善江編 : 疾患の看護プラクティスがみえる 救命救急ディジーズ, 学研メディカル秀潤社, 2015.
2) 山勢博彰編著 : 救急看護の知識と実際 <臨床ナースのためのBasic & Standard>, メディカ出版, 2009.
3) 山勢博彰編 : クリティカルケアアドバンス看護実践-看護の意義・根拠と対応の争点, 南江堂, 2013.
4) 前川剛志監, 山勢博彰・早坂百合子編 : 急変・救急時看護スキル-その根拠とポイント, 照林社, 2004.
5) 山勢博彰編著 : クリティカルケア看護のQ&A, 医学書院, 2006.
6) 山勢博彰編著 : 院内エマージェンシー -急変時に対応するための知識と技術, メヂカルフレンド社, 2004.
7) 山勢博彰編著 : 救急・重症患者と家族のための心のケア-看護師による精神的援助の理論と実践, メディカ出版, 2010.
8) 山勢善江編 : 救急・クリティカルケアにおける看取り <Nursing Mook 49>, 学研, 2008.
P.9 掲載の参考文献
1) 山勢博彰・山勢善江編 : 疾患の看護プラクティスがみえる 救命救急ディジーズ, 学研メディカル秀潤社, 2015.
2) 山勢博彰編著 : 救急看護の知識と実際 <臨床ナースのためのBasic & Standard>, メディカ出版, 2009.
3) 山勢博彰編 : クリティカルケアアドバンス看護実践-看護の意義・根拠と対応の争点, 南江堂, 2013.
4) 前川剛志監, 山勢博彰・早坂百合子編 : 急変・救急時看護スキル-その根拠とポイント, 照林社, 2004.
5) 山勢博彰編著 : クリティカルケア看護のQ&A, 医学書院, 2006.
6) 山勢博彰編著 : 院内エマージェンシー -急変時に対応するための知識と技術, メヂカルフレンド社, 2004.
7) 山勢博彰編著 : 救急・重症患者と家族のための心のケア-看護師による精神的援助の理論と実践, メディカ出版, 2010.
8) 山勢善江編 : 救急・クリティカルケアにおける看取り <Nursing Mook 49>, 学研, 2008.

第II章 救急時の看護技術

P.34 掲載の参考文献
1) 日本救急医療財団心肺蘇生法委員会監 : 救急蘇生法の指針 2010 (市民用・解説編), 改訂3版, へるす出版, 2006, p.7.
2) 日本救急医療財団心肺蘇生法委員会監 : 救急蘇生法の指針 2015 (市民用・解説編), 改訂5版, へるす出版, 2016.
3) 日本蘇生協議会監 : JRC蘇生ガイドライン 2015, 医学書院, 2016.
4) American Heart Association : ACLSプロバイダーマニュアルAHAガイドライン 2015準拠, シナジー, 2017.
5) American Heart Association : AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドラインアップデート 2015, シナジー, 2016.
6) 濱元淳子・苑田祐樹 : 気管挿管介助と挿管後のケア, 山勢博彰編, クリティカルケアアドバンス看護実践, 南江堂, 2013, p.8-18.
7) 高橋栄治 : 気管挿管, 勝見敦・佐藤憲明編, 急変時対応とモニタリング, 照林社, 2009, p.114-119.
8) 菅野敬之 : 気管挿管の適応, 清水敬樹編, ICU実践ハンドブック, 羊土社, 2012, p.38-42.
9) 水島南子 : 気管切開/輪状甲状間膜穿刺・切開, 清水敬樹編, ICU実践ハンドブック-病態ごとの治療・管理の進め方, 羊土社, 2012, p.111-113.
10) 諸江雄太 : 除細動, 勝見敦・佐藤憲明編, 急変時対応とモニタリング, 照林社, 2009, p.134-139.
11) 日本外傷学会・日本救急医学会監 : 外傷初期診療ガイドラインJATEC, 改訂第4版, へるす出版, 2012, p.6, 31-37.
P.59 掲載の参考文献
1) 日本救急医学会・日本救急看護学会・日本小児救急医学会・日本臨床救急医学会監 : 緊急度判定支援システム CTAS 2008 日本語版/JTASプロトタイプ プロバイダーマニュアル, へるす出版, 2011.
2) 坂口将文・竹熊与志 : 胃管挿入と胃洗浄, 救急医学, 36 (4) : 422-424, 2012.
3) 日本中毒学会 (Japanese Society for Clinical Toxicology) ホームページ 消化管除染 (1) 胃洗浄. jsct.umin.jp/page042.html [2014.Sep.25]
4) デブラ・J・リン-マッカーレ・ウィガン, キャレン・K・カールソン編 : AACN (米国クリティカルケア看護師協会) クリティカルケア看護マニュアル 原著第5版 <看護学名著シリーズ>, エルゼビア・ジャパン, 2007, p.660-667.
5) 柚木知之 : 創の洗浄とデブリードマン, 救急医学, 36 (4) : 433-435, 2012.
6) 荷原隆之 : 急性創傷の治療, 重症集中ケア, 9 (5) : 47-54, 2010.
7) 越智隆弘・福岡富子・安井夏生・他編 : 整形外科ナーシングプラクティス, 文光堂, 2003, p.16-21.
8) 石原晋 : 実践 外傷初療学-生死を分ける最初の1時間, 改訂第2版, 永井書店, 2005, p.236-237.
9) 加藤文雄・加賀良子・大沼扶久子・他 : 整形外科エキスパートナーシング, 改訂第3版, 南江堂, 2003, p.141-155.

第III章 集中ケアの看護技術

P.88 掲載の参考文献
1) 日本呼吸器学会肺生理専門委員会・日本呼吸管理学会酸素療法ガイドライン作成委員会編 : 酸素療法ガイドライン, 日本呼吸器学会, 2006, p.6-9.
2) 中根正樹・森永俊彦・鵜澤吉宏・他 : 気管吸引ガイドライン 2013 (成人で人工気道を有する患者のための), 人工呼吸, 30 : 75-91, 2013.
3) 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会編 : 新呼吸療法テキスト, アトムス, 2012.
4) AARC Clinical Practice Guideline-Humidification during mechanical ventilation, Respir Care, 37 : 887-890, 1992.
5) American Heart Association : ACLS EPマニュアル・リソーステキスト, シナジー, 2014.
6) 日本呼吸療法医学会 : 人工呼吸中の鎮静のためのガイドライン, 2009. http://square.umin.ac.jp/jrcm/contents/guide/page03.html [2015.3.25]
7) 特集/急性呼吸不全に対する呼吸管理ベストプラクティス, 救急医学, 28 (10), 2004.
P.122 掲載の参考文献
厚生労働省 : 輸血療法の実施に関する指針 (改定案) http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/5tekisei3a.html
P.134 掲載の参考文献
1) International association for the study of pain : IASP taxonomy. Available from : http://www.iasp-pain.org/Education/Content.aspx?ItemNumber=1698
2) 日本呼吸療法医学会人工呼吸中の鎮静ガイドライン作成委員会 : 人工呼吸中の鎮静のためのガイドライン, 人工呼吸, 24 : 146-167, 2007.
3) 日本集中治療医学会J-PADガイドライン作成委員会 : 日本版・集中治療室における成人重症患者に対する痛み・不穏・せん妄管理のための臨床ガイドライン, 日本集中治療医学会雑誌, 21 (5) : 539-579, 2014.

第IV章 周手術期看護の基本技術

P.150 掲載の参考文献
1) 浅利誠志・木下承晧・山中喜代治編 : こんなときどうする!? 実践感染管理, 金原出版, 2011, p.56-57.
2) 国公立大学附属病院感染対策協議会編 : 病院感染対策ガイドライン, 改訂版, じほう, 2013, p.144-145.
3) インフェクションコントロール編集室編 : 感染対策 らくらく完全図解マニュアル, メディカ出版, 2009, p.116-119.
4) 川島みどり・鈴木篤監 : 外科系実践的看護マニュアル, 改訂版, 看護の科学社, 2009, p.39-42.
5) 神津玲監, 俵祐一・他 : 一歩先ゆく呼吸リハビリテーション <呼吸器ケア2008年冬季増刊>, メディカ出版, 2008, p.70.
6) 西村祐枝監修 : ナースがカギを握る「早期離床」, 看護ジャーナル, 1 (5) : 20-34, 2011.
7) 金原純司・他 : リスクを管理しながら行う段階的離床と歩行介助, ナーシングカレッジ, 14 (9) : 10-17, 2010.
P.179 掲載の参考文献
1) 弓削孟文 : イラストで学ぶ麻酔看護, メディカ出版, 1997.
2) 田勢長一郎 : 周手術期看護セミナーテキストブック, メディカ出版, 1998.
4) 武田純三監 : ミラー麻酔科学, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007.
5) 小野哲章・酒井順哉 : 電気メスQ&A, 第3版, 日本メディカルネクスト (株), 2007.
6) 小野哲章・渡辺敏監 : ナースのためのME機器マニュアル <JJNスペシャル>, 医学書院, 2011.
7) 高橋邦泰・芳賀信彦編 : 整形外科学テキスト, 改訂第3版, 南光堂, 2011.
8) 田中マキ子, 中村義徳編著 : 動画でわかる手術患者のポジショニング, 中山書店, 2007.
9) 草柳かほる・久保田由美子・峯川美弥子編著 : 手術室看護-術前術後につなげる術中看護 <ナーシング・プロフェッショナル・シリーズ>, 医歯薬出版, 2011.
10) 川島みどり・鈴木篤監 : 外科系実践的看護マニュアル, 改訂版, 看護の科学社, 2009, p. 250-252.
P.205 掲載の参考文献
1) 山勢博彰編 : クリティカルケアアドバンス看護実践, 南江堂, 2013.
2) 清水潤三・曽根光子 : はじめてのドレーン管理, メディカ出版, 2007.
3) 永井秀雄・中村美鈴編 : 臨床に活かせるドレーン&チューブ管理マニュアル, 学研メディカル秀潤社, 2011.
4) 坂本すが・山元友子・井手尾千代美監, 木下佳子編 : 決定版ビジュアル臨床看護技術, 照林社, 2011.
5) 露木菜緒 : 胸腔ドレーンシステムのしくみ, 急性・重症患者ケア, 2 (4) : 828-839, 2013.
6) 西村祐枝・高橋健二 : 腹腔ドレーンシステムのしくみ, 急性・重症患者ケア, 2 (4) : 875-884, 2013.
7) 竹末芳生・藤野智子編 : 術後ケアとドレーン管理, 照林社, 2009.
8) 長尾二郎・炭山嘉伸・中村陽一 : 図解・写真でわかるドレーンの基礎講座, 消化器外科ナーシング, 10 (11) : 10-16, 2005.
9) 福永睦・古河洋 : 腹膜炎手術後のチューブ, 消化器外科ナーシング, 16 (6) : 66-73, 2011.
11) 道又元裕監, 杉山政則・有村さゆり編 : 見てわかる消化器ケア, 照林社, 2012.
12) 道又元裕編 : クリティカルケア看護技術の実践と根拠, 中山書店, 2011.

最近チェックした商品履歴

Loading...