抗酸化の科学

出版社: 化学同人
著者:
発行日: 2019-08-25
分野: 基礎医学  >  基礎医学一般
ISBN: 9784759814200
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

8,140 円(税込)

商品紹介

本書は,酸素と活性酸素・フリーラジカルによって引き起される酸化ストレス傷害を抑制する反応を抗酸化反応と解釈して,広い角度から解説するものである.活性酸素・フリーラジカルが,どこで,どのように産生し,生体傷害がどのように引き起こされるか,一方,酸化ストレス傷害を,どのように防御し,恒常性を維持しているかを解説する.さらに,体内に誘導されている抗酸化酵素や抗酸化タンパク質について理解を深め,かつ,体外から摂取することで予防医学的な役割を担っている抗酸化物質であるトコフェロール,ビタミンK,ビタミンAなどが狭義の抗酸化物質や,広義の抗酸化作用を示すアスコルビン酸やポリフェノールや,アミノ酸類,チオール化合物など還元剤として作用する物質などについて,正しい解釈とわかりやすい内容でまとめる.

目次

  • まえがき/カラー口絵/Overview 抗酸化物質の歴史と概観

    第I部 酸素活性種の科学
     第1章 酸素活性種による酸化ストレス傷害のしくみ 
     第2章 酸化ストレス反応を誘起する無機媒体(気体分子,水)の役割 
     第3章 酸素活性種を生成させる物理・化学的な因子 
     第4章 酸素代謝の機構(体内への酸素の取り込みと排出のしくみ) 
     第5章 酸化ストレス反応を誘起する活性窒素種の役割

    第II部 抗酸化反応の測定
     第6章 酸素活性種(活性酸素,活性窒素)の計測方法

    第III部 活性酸素種・活性窒素種の反応
     第7章 酸素活性分子種(活性酸素・活性窒素,金属イオン)の発生系 
     第8章 生体内で活性酸素・活性窒素の発生する酵素系

    第IV部 抗酸化物質の性質と機能
     第9章 酸化ストレス傷害を制御する抗酸化酵素の性質と機能

    第V部 酸素活性種の制御と医療への応用
     第10章 活性酸素・フルーラジカル障害を抑制する医薬品
     第11章 活性酸素・活性窒素で惹起される病気
     第12章 予防医学(酸化ストレス傷害を予防する食事の摂取)

    第VI部 天然由来の抗酸化物質
     第13章 酸化ストレス反応を抑制する抗酸化物
     第14章 青果物の持つ抗酸化機能

    あとがき

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...