医薬経済 2019年11月1日号

出版社: 医薬経済社
発行日: 2019-11-01
分野: 薬学  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,200 円(税込)

目次

  • ■インフルエンザ治療
     ゾフルーザ」に見る医師の理論構築の限界―経営戦略で基本姿勢崩さない塩野義製薬

    ■ 「多少マシ」決着が招く先行き不安―20年度薬価制度改革の「中間評価」
    ■ 難病の就労支援に医療機関との「壁」―病状を人に伝える難しさを克服するには
    ■ 歩行データで健康寿命延ばす―医工連携の実践者(9)
    ■ 米ICER組織が「根拠薄」とした値上がり7剤―間違いだらけのHTA52
    ■ 策定から2年が過ぎた地域医療構想を考える(下)―現場が望む社会保障制度54
    ■ そごう・西武「惨状」の因果律ードラッグストアやスーパーよりも強かった「相手」
    ■ 贈賄業者はいかにして公務員を籠絡するか―【短期連載】医薬業界と汚職(2)
    ■ 日本人が知らない「早期承認制度」の現実―再生医療の「国際競争」に勝者はいるか
    ■ 悩み深き病院経営に投資ファンドが救いの手―院長の高齢化や診療報酬低迷で生き残りも大変
    ■ 「寄せ集め感」拭えぬ帝人ヘルスケア部門―成り行き任せの「未来事業」に明日はあるか

    【連 載】
    ◆OBSERVER=浜野淳 筑波大学医学医療系講師
    ◆看護学者から見た個別化医療とグローバリズム=地域共生の落とし穴
    ◆医薬経済気象台=政府も認めた景気変調
    ◆製薬企業の経営診断(マニー)=独創技術を武器に世界で存在感
    ◆医政羅針盤=入り口での混乱が阻害する再編統合の検討
    ◆茹であがる前に跳べ=ZOZOから学ぶ「外力」の効用
    ◆経済記事の読み方=後見制度支援預金になお燻る「不安」

    ◆Patient Relations=武田薬品工業社内患者会「TSUNAGU」

    ◆MR活動実態調査レポート=「吸入薬」のディテールで見えてきたもの
    ◆鳥集徹の口に苦い話=病院の「統合・再編」問題 抵抗より本質的な議論深めよ
    ◆フロントライン=難解な「薬価基準制度」と低調な議論
    ◆読む医療=認知症スピリチャリティの理解へ
    ◆時流遡航=哲学の脇道遊行記ー実践的思考法の裏を眺め楽しむ(3)
    ◆平時医療体制の破錠に備える=陸上自衛隊の野外X線装置
    ◆薬のおカネを議論しよう=中印の後発品工場の驚くべき内幕
    ◆オンザスクリュー=NHKの独自性に一石を投じたかんぽ保険問題
    ◆眺望「医薬街道」=早急に具現化すべき医師のタスク・シフト
    ◆薬剤経済学=費用節減のエミシズマブに対する血友病遺伝子療法
    ◆支払いと結果=BCBSのAQC-数少ない費用抑制の成功例
    ◆賛否両論=剛腕官僚の登場に戦々恐々!?

    ◆Current Issues
    ◆明快語録
    ◆ニュースダイジェスト
    ◆時感/編集後記

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...