医薬経済 2020年3月1日号

出版社: 医薬経済社
発行日: 2020-03-01
分野: 薬学  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,200 円(税込)

目次

  • ■「制御不能」寸前の厚労省内部―下船職員は検査も受けずに即復帰
    ■自社から出したくない製薬企業の「打つ手」
      ―新型コロナウイルスが新ステージに入り戦々恐々
    ■地方の離反を招く新型肺炎禍―党内地方議員からも高まる政権不信
    ■高分子で賢く薬を操る―医工連携の実践者(17)
    ■英NICEの新基本原則13項目―間違いだらけのHTA56
    ■小粒に終わった次期介護保険制度改正―現場が望む社会保障制度58
    ■「屋台骨」となる新薬が登場―第一三共と大日本住友はどう育てるか
    ■AI創薬であえて問う「疑問」と「懸念」―大日本住友の取り組みは今後の道しるべとなるか
    ■上場廃止で始まる田辺三菱の「新世界」
      ―三菱ケミカルHDが挑む「化学」と「医薬」の融合成長
    ■「独立系」薬王堂の内憂外患―「東北愛」「固定客化」で生き残り図る
    ■日大OB詐欺師に引っ掛かったサンドラッグ―調剤事業で出遅れて巻き返しに焦ったか
    ■「プランB」で歩むスズケンの将来―後継者計画が頓挫した別所会長の胸中
    ■AMED末松理事長「告発」の行方―任期目前で「大坪騒動」を批判
    ■富士フイルムに近く訪れる「真の危機」―米ゼロックスと対決も、ヘルスケア事業は未熟

    【連 載】
    ◆OBSERVER=鍵本忠尚 株式会社ヘリオス 代表執行役社長CEO
    ◆看護学者から見た個別化医療とグローバリズム=低いプロ意識でも容認された脆い組織
    ◆医薬経済気象台=景気はすでにピークアウト
    ◆製薬企業の経営診断(ニプロ)=事業と市場の拡大戦略が奏功
    ◆医政羅針盤=20年度診療報酬改定と「働き方改革」
    ◆茹であがる前に跳べ=調剤薬局とサブスクリプションモデル

    ◆Patient Relations=特定非営利活動法人 血液情報広場・つばさ

    ◆Healthcare×Trends 持続可能性を探る(3)=注視すべき「PHR業界」の動向
    ◆鳥集徹の口に苦い話=「新型ウイルス」、ランダムサンプリングによる真のリスク評価を
    ◆フロントライン=最近の中医協のあり方に疑問を持つ
    ◆読む医療=がん医療 未来阻む標準化
    ◆時流遡航=哲学の脇道遊行記―実践的思考法の裏を眺め楽しむ(11)
    ◆平時医療体制の破錠に備える=毎年発生する平時医療の破綻
    ◆薬のおカネを議論しよう=新型コロナウイルス論文にみる中国の高度な医学レベル
    ◆眺望「医薬街道」=「オンライン資格確認」の狙い
    ◆オンザスクリュー=批判を集める検事長の定年延長
    ◆薬剤経済学=低価格ミーツー製剤にビジネス機会を見る製薬会社
    ◆支払いと結果=透析PPS-薬剤抑制でも質・結果に悪影響なし
    ◆賛否両論=〝凪〟の改定も、すでに「次」を警戒

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...