• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:一般
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  診断と治療 Vol.108 2020年増刊号 必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法

診断と治療 Vol.108 2020年増刊号 必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法

出版社: 診断と治療社
発行日: 2020-03-24
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 0370999X
雑誌名:
特集: 必修エコー 体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

9,350 円(税込)

目次

  • 特集 必修エコー
       体表から“せまる”全身エコーのアプローチ法

    I 必修エコー入門 エコーの基本的知識
     1.超音波の基本事項
     2.超音波のアーチファクト
     3.ドプラ法の理論と実践
     4.造影超音波検査
     5.エラストグラフィ
     6.エコーレポートの読み方・書き方

    II 必修エコー 次のステップ 超音波検査の資格認定
     1.医師の認定
       日本超音波医学会認定専門医制度について
     2.技師の認定(1)
       日本超音波医学会認定超音波検査士制度と超音波指導検査士制度について
     3.技師の認定(2)
       日本心エコー図学会認定専門技師制度について

    III 全身エコーのアプローチ法
    消化器領域
     1.肝臓
     2.胆道(胆囊,胆管)
     3.膵臓
     4.脾臓
     5.消化管
    循環器領域
     1.循環器(心臓)の解剖   
     2.心臓超音波像と基本走査
     3.代表的な心疾患
    血管領域
     1.大血管
     2.頸動脈
     3.下肢動脈
     4.下肢静脈
    泌尿器領域
     1.腎
     2.膀胱
     3.前立腺
     4.陰囊(精巣・精巣上体)
     5.副腎・後腹膜
    女性領域
     1.女性生殖器
     2.産科
     3.婦人科
     4.乳腺
    頸部領域
     1.甲状腺
     2.副甲状腺
     3.唾液腺
     4.リンパ節(頸部・その他)
    小児科領域
     1.小児の腹部超音波検査の実際
        ―スクリーニングのポイント―
     2.代表的な小児科疾患
    皮膚科・運動器領域
     1.皮膚科
     2.運動器
    救急領域
     1.救急現場における超音波活用の極意
       ―FASTからPOCUSへ―
     2.代表的な救急疾患
    携帯超音波検査
     1.携帯超音波装置の活用
     2.在宅,往診などでの用いられ方
    これからのエコー 取得をめざしたい技術
     1.超音波ガイド下生検およびドレナージ
     2.超音波ガイド下中心静脈穿刺「術」

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...