呼吸器ジャーナル 68/3 2020年

出版社: 医学書院
発行日: 2020-08-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 24323268
雑誌名:
特集: 進行期肺癌治癒への道
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,400 円(税込)

目次

  • 特集 進行期肺癌治癒への道
       ~がんゲノム医療と免疫プレシジョン医療の接点~

    ■プロローグ
    肺癌患者の長期生存戦略

    ■総論
    がんゲノム変異と肺癌
    肺癌における免疫学的バイオマーカーの現状と将来

    ■I.がん細胞遺伝子変異がもたらすもの
    ゲノム変異からシグナル依存へ そのメカニズム 
     (1)EGFR遺伝子変異
    ゲノム変異からシグナル依存へ そのメカニズム 
     (2)ALK融合遺伝子変異
    腫瘍抗原

    ■II.分子標的治療薬最前線
    肺癌診療にゲノム診断をどう生かすのか?
    EGFR-TKI世代ごとの特徴
    EGFR-TKI獲得耐性のメカニズム(特にオシメルチニブ)
    EGFR-チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)と細胞障害性
     抗がん剤もしくは血管新生阻害薬との併用治療
    ALK-TKI薬剤ごとの特徴
    ALK阻害薬耐性
    ROS1/RET/BRAF遺伝子変異肺癌の治療

    ■III.免疫チェックポイント阻害薬の進化:複合免疫療法
    PD-1阻害薬単剤治療効果とその特徴
    細胞障害性抗がん剤と抗PD-1/PD-L1阻害薬の併用効果:
     additiveなのかsynergisticなのか?
    放射線治療とPD-1阻害薬の効果
    VEGFシグナル制御による免疫チェックポイント阻害薬の増強効果
    CTLA-4阻害薬とPD-1阻害薬の効果
    周術期治療としての免疫チェックポイント阻害薬の効果

    ■IV.小細胞肺癌治療の進歩
    小細胞肺癌治療における免疫チェックポイント阻害薬の役割

    ■V.抗悪性腫瘍薬と検査の費用対効果
    抗悪性腫瘍薬と検査の費用対効果

    ●睡眠医学の90年(1930~2020)
    連載第2回 睡眠医学の進歩と覚醒(目を覚ますこと)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...