食べもの通信 No.608 2021年10月号

出版社: 食べもの通信社
発行日: 2021-10-01
分野: 栄養学  >  雑誌
雑誌名:
特集: コロナ禍で国産米が危機に! もっと食べよう“ご飯”
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

660 円(税込)

目次

  • 特集 コロナ禍で国産米が危機に!
       魅力再発見!もっと食べよう“ご飯”

    インタビュー
    歌手 Yaeさん
    農のスローライフ
    歌でも伝えたい

    特集 コロナ禍で国産米が危機に!
       魅力再発見!もっと食べよう“ご飯”
     このままではお米を作る農家がなくなる!
      自由競争で暴落した生産者米価
    「米過剰で価格暴落」は誤り
      米価回復は食料支援と一体で
      東京大学大学院 鈴木宣弘教授に聞く
     生産現場から共同の力で守ってきた米生産
      低米価で将来への不安広がる
      滋賀県農民運動連合会会長 田口源太郎さんに聞く
     最新の研究で判明
      ご飯の最適量は毎食1杯
     レジスタントスターチ
      米のでんぷんは大腸の奥まで到達
      腸内環境を良くし、がんを予防
     最近あまりご飯を食べてない…そんなあなたに
      おいしく簡単、ご飯をもっと
     忙しくてもご飯を中心にきちんと食べたい方へ
      一皿でメインになる&野菜もとれるご飯料理…

    シリーズコロナ危機から命を守る〈13〉
    新型コロナ感染を予防する食事と栄養療法
    WHOによる栄養アドバイス

    ●10月の旬
    「オリーブ」 

    ●岩手・釜津田 10月の山里だより○99
    月夜の豆引き

    ●子どもの食事 おかわりちょうだい!
    五感を使って 食べることが好きな子に
    兵庫県尼崎市  太陽(ひかり)の子保育園

    ●主菜になる豆腐料理㉕
    秋の味覚を楽しむ

    ●ワッハッハ談義○58 行事食・厄除け編(10)
    十三夜の月見にはクリ

    ●暮らしのなかの有害物質㉓
    広がる「香害」被害
    市民の声で進む地方自治体の対策

    ●アレルギーを知って乳幼児期を元気に(5)
    実践 原因食物除去の解除方法
    症状が出ないように少しずつ

    ●続 とっておきの温泉宿(17)
    ポカポカすべすべの黒湯と
    自家製野菜たっぷりの料理
    千葉県・養老渓谷温泉「民宿さかや」

    ●最近の話題から(1)
    地球温暖化の原因は人間の活動
    その脅威の実態―気候影響は数千年続く

    ●最近の話題から(2)
    コロナ禍の影響
    外食産業の壊滅的経営難で激変した食料輸入

    ●続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品
    「そうめんつゆ」

    ●情報カフェ33
    知らないうちに体にたまっている!?
    有害アルミニウム

    ●海外レポート 芸術大国スペイン(4)
    平均寿命では世界第4位 
    予防医学の対策は課題

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...