Allos ergon(アロス エルゴン) 1/2 2021年

出版社: クリニコ出版
発行日: 2021-09-30
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISBN: 9784910396156
雑誌名:
特集: アレルギー性鼻炎に対する外科的治療の可能性と限界
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

3,080 円(税込)

目次

  • 特集 アレルギー性鼻炎に対する外科的治療の可能性と限界

    問題提起 アナフィラキシー様反応とアナフィラキシー反応

    特集 アレルギー性鼻炎に対する外科的治療の可能性と限界
     1 鼻腔形態異常や鼻粘膜過敏性の仕組みとその関係性
       (1)アレルギー性鼻炎の発症メカニズム
       (2)好酸球性副鼻腔炎の発症メカニズムと鼻腔形態異常,鼻粘膜過敏性の関係
     2 下鼻甲介手術 ~下鼻甲介の構造と機能、適応、術式、合併症(dry nose)~
     3 後鼻神経切断術
     4 鼻腔形態異常に対する手術 ~外鼻鼻中隔を中心に~
     5 好酸球性副鼻腔炎の取り扱い
     6 手術治療はどのような症例に行うか? 効果が得られやすい症例は?
        ~アレルギー性鼻炎の重症度に応じた術式選択など~
     7 アレルギー性鼻炎に対する外科的治療の周術期管理と注意点
     8 重症アレルギー性鼻炎に対する手術以外の対応
    「アレルギー性鼻炎の外科的治療の可能性と限界を知る7論文」+番外編

    連載
     分子標的治療薬の新しい展開
      オマリズマブを用いた食物アレルギーの治療
     アレルギー診療をこれから始める(2)
      アレルギー中心拠点病院の活動
     シリーズIge(2)
      抗IgE 抗体のメカニズム 前編
     コロナ禍におけるオンライン診療(2)
      コロナ禍におけるオンライン診療の活用

    Topic
     アレルギー患者へのCOVID-19ワクチン接種の問題点と実際

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...