腎機能別薬剤使用マニュアル 改訂3版

出版社: じほう
著者:
発行日: 2010-03-30
分野: 臨床医学:内科  >  腎臓
ISBN: 9784840740982
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

2,420 円(税込)

商品紹介

臨床現場の質問に応えられる実務書として、多くの医師・薬剤師に活用されてきたマニュアルの改訂3版。今版は、新薬を中心に51品目を追加したほか、添付文書、インタビューフォームに加え、最新のUSP-DI、PDRなどの情報を網羅。また、薬物のタンパク結合率と尿中未変化体・活性代謝物、尿中排泄率、バイオアベイラビリティなどを可能な限り記載しました。

目次

  • 腎機能別薬剤使用マニュアル 改訂3版

    ―目次―

    総論
     1.腎機能と病態生理
      1.腎臓の働き
      2.加齢変化
      3.腎臓の検査方法
      4.診断の進め方
     2.腎における薬物動態
      1.はじめに
      2.糸球体濾過
      3.尿細管分泌
      4.尿細管における薬物吸収
      5.薬物の腎排泄に影響する要因
      6.おわりに
     3.薬剤による腎障害のメカニズム
      1.はじめに
      2.発生機序・分類
      3.診断
      4.代表的な検査
      5.予防・治療
      6.まとめ

    各論
     1.腎機能障害時の薬物投与における留意事項
      1.はじめに
      2.抗菌剤・坑真菌剤・坑ウイルス剤
      3.循環器官用薬
      4.消化器官用薬
      5.解熱鎮痛消炎剤
      6.代謝に対する医薬品
      7.中枢神経用薬
      8.その他
     2.調剤・服薬指導時の留意点
      1.調剤・処方のチェックのポイント
      2.服薬指導
     3.腎透析・腎不全時の薬による注意すべき副作用
     4.腎機能障害時および透析時に通常量使用可能な薬剤
     5.腎機能障害時・透析時の投与量および文献
     6.「腎機能障害時・透析時の投与量」文献一覧

    医薬品名索引

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...