必携 児童精神医学

出版社: 岩崎学術出版社
著者:
発行日: 2010-10-15
分野: 臨床医学:内科  >  精神医学
ISBN: 9784753310074
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,500 円(税込)

商品紹介

臨床実践への示唆に満ちた新しいスタンダード

目次

  • 必携 児童精神医学

    ―目次―

    第?部 アセスメント・診断分類・疫学
     第1章  アセスメント  
     第2章  診断分類 
     第3章  疫 学  

    第II部 特定の障害と臨床的諸問題
     第4章  自閉症スペクトラム障害  
     第5章  多 動  
     第6章  素行障害  
     第7章  少年非行  
     第8章  不登校  
     第9章  不安障害  
     第10章 うつ病と躁病  
     第11章 自殺と意図的な自傷 
     第12章 ストレス障害  
     第13章 強迫性障害  
     第14章 トゥレット症候群とその他のチック障害
     第15章 選択性緘黙 
     第16章 愛着障害  
     第17章 遺尿症  
     第18章 便もらし  
     第19章 睡眠関連障害
     第20章 心身症
     第21章 就学前に起こる問題
     第22章 青年期の障害
     第23章 子どものマルトリートメント

    第III部 リスクファクター
     第24章 知的障害
     第25章 脳障害
     第26章 言語障害
     第27章 読字障害
     第28章 不安定なアタッチメントパターン
     第29章 生まれと育ち
     第30章 逆境を乗り越える
     第31章 学校と仲間の要因

    第IV部 治療とサービス
     第32章 介 入:最初の原則
     第33章 予 防 
     第34章 薬物療法と食事療法
     第35章 行動理論を用いた治療
     第36章 認知療法と対人関係療法
     第37章 システムズ・アプローチと家族療法
     第38章 里親養育と養子縁組
     第39章 各種サービスの構成 

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...