癌診療指針のための病理診断プラクティス 肺癌

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2011-05-02
分野: 基礎医学  >  病理学
ISBN: 9784521733333
シリーズ: 癌診療指針のための病理診断プラクティス
電子書籍版: 2011-05-02 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

19,800 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

19,800 円(税込)

商品紹介

腫瘍の診断において中心的役割をつとめる病理診断は,画像医学の進歩とともにその重要性を増している。本書では,病理医,臨床医が互いに理解を深められるよう,病理診断の基本を解説。また,鑑別診断の章では疾患別にフローチャートを用意して,鑑別すべき病理像も豊富に掲載し,病理医だけでなく,臨床医にも活用しやすい,実用のための書籍となっている。

目次

  • 癌診療指針のための病理診断プラクティス 肺癌

    ―目次―

    1章 病理診断の流れとポイント
    2章 診断のための基本知識
    3章 肺疾患の概要と鑑別診断
    4章 胸膜腫瘍の概要と鑑別診断
    5章 アスベスト症の概要と鑑別診断
    6章 病理検体の取り扱い
    7章 症例の実際

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

2章 診断のための基本知識

P.14 掲載の参考文献
・ 江口研二編. 肺癌治療マニュアル. 初版. 東京 : 中外医学社 ; 2006. p.46-60.
・ 黒崎敦子ほか. 胸部単純写真の読み方 ; 高分解能CT及び病理所見との対比. 肺癌. 2003 ; 43 : 791-8.
・ 森拓二ほか. 肺がんの進展様式とX線診断. 総合臨床. 1982 ; 31 : 1801-5.
・ 松島敏春, 江口研二ほか編. 明解画像診断の手引き. 東京 : 国際医学出版 ; 2003. p.90-100.
・ World Health Organization. Histological Typing of Lung and Pleural Tumours. 3rd ed. Berlin : Springer Germany ; 1999.
P.19 掲載の参考文献
P.26 掲載の参考文献
P.31 掲載の参考文献
P.41 掲載の参考文献
・ 日本肺癌学会編. EBM 手法による肺癌診療ガイドライン. 東京 : 金原出版 ; 2005. p.7-9.
・ 日本肺癌学会編. 臨床・病理肺癌取扱い規約. 東京 : 金原出版 ; 2003. p.86-7.
・ 於保健吉, 雨宮隆太編. 気管支ファイバースコピー. 東京 : 医学書院 ; 1994. p.121-6, 208-16.
・ 下里幸雄編. 肺癌の生検と細胞診. 東京 : 医学書院 ; 1988. p.10.
・ 池田徳彦. 新しい手法を用いた肺癌の早期診断と今後の展望. 北里医学. 2009 ; 39 : 87-94.
・ 国立がんセンター編. 臨床肺癌 II. 東京 : 講談社 ; 1983. p218-9.
・ 安福和弘, 安田一朗監修. 超音波内視鏡による縦隔領域へのアプローチ. 東京 : オリンパスメディカルシステムズ協力. p.3.
・ 安田一朗, 森脇久隆. 縦隔病変のEUS診断. 臨床消化器内科. 2005 ; 20 : 1573-80.
・ 中谷行雄, 野口雅之編. 肺・胸膜腫瘍 II. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 227-37.
・ 石田敦子ほか. 胸腔鏡. 気管支学. 2009 ; 31 : 328-33.
・ 藤村重文編. 呼吸器腫瘍外科学. 東京 : 南江堂 ; 1999. p.83-4.
・ 中澤賢ほか. CTNBの実際. 臨床画像. 2010 ; 26 : 170-81.
・ 石井源一郎. 肺腫瘤性病変迅速診断のpitfall. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 234-7.
P.51 掲載の参考文献
P.58 掲載の参考文献
・ 日本肺癌学会編. EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2005年版. 東京 : 金原出版 ; 2005.
・ 日本肺癌学会編. 臨床・病理 肺癌取扱い規約 (第6版). 東京 : 金原出版 ; 2003.
・ 日本肺癌学会編. 臨床・病理 肺癌取扱い規約 (第7版). 東京 : 金原出版 ; 2010.
・ 伊豫田明. 3学会合同呼吸療法認定士「認定更新のための講習会」テキスト-術後管理における感染対策-. 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会事務局. 2010. p.10-7.
・ 下方薫, 蘇原泰則. 1999年肺癌外科切除例の全国集計に関する報告. 肺癌. 2007 ; 47 : 299-311.
・ World Health Organization. Histological Typing of Lung and Pleural Tumours. Third Edition. Springer Germany. 1999.
P.64 掲載の参考文献
・ 日本肺癌学会編. EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2005年版. 東京 : 金原出版 ; 2005.
・ ASCO Clinical Practice Guideline Update on Chemotherapy for Stage IV NSCLC. J Clin Oncol. 2009 ; 27 : 6251-66.
P.77 掲載の参考文献
P.82 掲載の参考文献
・ Lee JS, Park K, et al. A randomized phase III study of gefitinib versus standard chemotherapy (gemcitabine plus cisplatin) as a first-line treatment for never-smokers with advanced or metastatic adenocarcinoma of the lung. J Thorac Oncol 2009 ; 4 (Suppl 1) : S283 (abstr PRS.4).

3章 肺疾患の概要と鑑別診断

P.88 掲載の参考文献
・ Mark EJ. Lung Biopsy Interpretation. Baltimore : Williams & Wilkins ; 1984. p.113-30.
・ 松原修, 大河内康実ほか. 間質性肺炎の見方 : 病理組織反応の型と原因について. 病理と臨床. 2000 ; 18 : 241-7.
・ Corrin B, Nicholson AG. Pathology of the Lungs. 2nd ed. Churchill Livingstone : Elsevier ; 2006.
P.100 掲載の参考文献
・ 坂下信吾ほか. 前癌病変と非浸潤癌. 医学のあゆみ. 2008 ; 224 (13) 1025-9.
・ 下里幸雄, 井内康輝編. 腫瘍鑑別診断アトラス 肺. 第2版. 東京 : 文光堂 ; 2004.
P.110 掲載の参考文献
P.120 掲載の参考文献
・ Travis WD, Brambilla E, et al. Pathology and genetics of tumours of the lung, pleura, thymus and heart. Lyon : IARC press ; 2004.
・ Travis WD, Brambilla E, et al. IASLC/ATS/ERS International multidisciplinary classification of lung adenocarcinoma. J Thorac Oncol. in press.
・ Clayton F. The spectrum and significance of bronchioloalveolar carcinomas. Pathol Annu. 1988 ; 23 Pt 2 : 361-94.
P.140 掲載の参考文献
・ IARC WHO Classification Tumors of the Lung, Pleura, Thymus and Heart. 2004.
・ 下里幸雄, 井内康輝. 小細胞肺癌. 腫瘍鑑別診断アトラス 肺 第2版. 東京 : 文光堂 ; 2004. p.98-113.
・ 深山正久ほか. 病理と臨床診断に役立つ免疫組織化学. 東京 : 文光堂 ; 2007. 臨時増刊号 Vol.25.
P.149 掲載の参考文献
・ 日本肺癌学会編. 臨床・病理 肺癌取扱い規約 (改訂第7版), 東京 : 金原出版, 2010.
・ 後藤明輝, 深山正久. 大細胞癌の組織診断 (大細胞神経内分泌癌を除く). 病理と臨床. 2010 ; 28 (2) : 156-61.
・ 大場岳彦, 石川雄一 : 肺神経内分泌腫瘍の分類と組織診断. 病理と臨床. 2010 : 28 (2) : 151-5.
・ 後藤明輝, 深山正久 : リンパ上皮腫様. 深山正久ほか編. 病理形態学キーワード. 東京 : 文光堂 ; 2010 : p.56-7.
・ 廣島健三, 中谷行雄. 肺肉腫様癌の分類と組織診断. 病理と臨床. 2010 : 28 (2) : 162-9.
P.158 掲載の参考文献
P.170 掲載の参考文献
・ Arrigoni MG, et al. Atypical carcinoid tumors of the lung. J Thorac Cardiovasc Surg. 1972 ; 64 : 413-21.
・ Travis W, et al. World Health Organization Classification of Tumours. Pathology and Genetics of Tumours of the Lung, Pleura, Thymus and Heart. Lyon : IARC Press ; 2004.
・ Folpe AL, et al. Thyroid transcription factor-1 : immunohistochemical evaluation in pulmonary neuroendocrine tumors. Mod Pathol. 1999 ; 12 : 5-8.
P.197 掲載の参考文献
・ Wick MR, et al. Pseudoneoplastic lesions of the lung and pleural surfaces. In : Leslie KO, Wick MR, editors. Practical Pulmonary Pathology, a diagnostic approach. Philadelphia : Churchill Livingstone, et al. ; 2005, 649-72.
・ 米盛葉子ほか. 炎症性偽腫瘍lymphoplasmacytic sclerosing variantはIgG4関連systemic fibrosing diseaseに属する. 日病会誌 2007 ; 96 : 345.
P.209 掲載の参考文献
・ 亀田陽一. 硬化性血管腫・乳頭腫・腺腫. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 263-72.

4章 胸膜腫瘍の概要と鑑別診断

P.232 掲載の参考文献
・ Travis WD, et al. Mesenchymal tumours. In : Travis WD, et al. editors. WHO Classification of Tumours. Pathology and Genetics. Tumours of the Lung, Pleura, Thymus and Heart. Lyon : IARC Press ; 2004. p. 141-4.
・ Brunnemann RB, et al. Extrapleural solitary fibrous tumor : a clinicopathologic study of 24 cases. Mod Pathol. 1999 ; 12 : 1034-42.
・ Young RH, et al. Solitary fibrous tumors ('fibrous mesotheliomas') of the peritoneum. A report of three cases and a review of the literature. Arch Pathol Lab Med. 1990 ; 114 : 493-5.
・ Churg A, et al. Solitary fibrous tumor and malignant version of solitary fibrous tumor. In : Churg A, et al. editors. Tumors of the Serosal Membranes, AFIP Atlas of Tumor Pathology, 4th series, fascicle 3. Washington DC : Armed Forces Institute of Pathology ; 2006. p. 103-6, 119-21.
P.238 掲載の参考文献
P.247 掲載の参考文献
・ Travis WD, Brambilla E, et al. Tumours of the Lung, Pleura, Thymus and Heart (World Health Organization Classification of Tumours). Lyon : IARC press ; 2004.
・ Churg A, Cagle PT, et al. Tumors of the serosal membranes. AFIP Atlas of Tumor Pathology Series 4, vol.3 American Registry of Pathology in Collaboration with the Armed Forces Institute of Pathology ; Washington DC : 2006.
・ Whitaker D, Henderson DW, et al. The concept of mesothelioma in situ : implications for diagnosis and histogenesis. Semin Diagn Pathol. 1992 ; 9 : 151-61.
・ Robinson BWS, Chahinian AP, (eds). Mesothelioma. London : Martin Dunitz Ltd ; 2002.
・ 亀井敏昭, 石川雄一ほか編. アスベストと中皮腫. 東京 : 篠原出版新社 ; 2007.
・ 井内康輝監. 画像と病理像から学ぶ中皮腫アトラス. 東京 : 篠原出版新社 ; 2009.
・ Marchevsky AM. Application of immunohistochemistry to the diagnosis of malignant mesothelioma. Arch Pathol Lab Med. 2008 ; 132 : 397-401.
P.259 掲載の参考文献
・ Churg A, Cagle PT, et al. Separation of benign and malignant mesothelial proliferations, Tumors of the Serous Membrane. Washington DC : ARP press ; 2006, p.83-102.
・ 亀井敏昭. 反応性中皮. 亀井敏昭ほか編. アトラス細胞診と病理診断. 東京 : 医学書院 ; 2010. p.132-5.
・ 武島幸男, 櫛谷桂ほか. 胸膜悪性中皮腫の組織診断 (1) 反応性病変との鑑別. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 288-93.
P.265 掲載の参考文献
・ Staging Manual in Thoracic Oncology. Goldstraw P, FRCS, Executive Editor, Editorial Rx Press, USA : 2009.
P.272 掲載の参考文献
・ Fletcher CDM, et al., editors. WHO classification of tumours. Pathology and genetics. Tumours of soft tissue and bone. Lyon : IARC Press ; 2002.
★ Weiss SW, Goldblum JR, editors. Enzinger and Weiss's soft tissue tumors, 5th ed. St Louis : Mosby ; 2007.

6章 病理検体の取り扱い

P.304 掲載の参考文献
・ 岡輝明. 肺の非腫瘍性疾患の病理診断を行うための検体の取り扱いと肺構造の要点. 病理と臨床. 2006 ; 24 : 792-800.
・ 岡輝明. 肺腫瘍の組織診断 正しい診断へのアプローチ 肺・胸膜腫瘍生検診断のpitfall. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 228-33.
・ 佐藤之俊, 奥村栄ほか. 正しい外科切除標本の取り扱い方 肺の切除標本の取り扱い方. 臨床外科. 2003 ; 58 : 449-55.
・ 蔦幸治, 横瀬智之ほか. 術中迅速病理診断における肺癌の線維化巣評価の工夫. 病理と臨床. 2004 ; 22 : 91-4.
・ 吉田浩一, 加藤靖文ほか. 正しい外科切除標本の取り扱い方 肺の切除標本の取り扱い方. 臨床外科. 2003 ; 58 : 287-93.
★ Dail and Hammar's pulmonary pathology. Tomashefski JF, Jr., et al. editors. 3rd ed. New York : Springer ; 2008.
★ Tumors of the Lower Respiratory Tract. Colby TV, et al. Atlas of tumor pathology, Third Series. Washington, D. C. : Armed Forces Institute of Pathology ; 1995.
★ Pathology of the lung. Corrin B, Niocholson AG. 2nd ed. Philadelphia : Churchill Livingstone ; 2006.
★ Practical pulmonary pathology. Leslie KO, Wick MR, editors. 1st ed. Philadelphia : Churchill Livingstone ; 2005.
★ Spencer's pathology of the lung. Hasleton PS, editor. 5th ed. New York : McGraw-Hill ; 1996.
★ Surgical pathology of non-neoplastic lung disease. Katzenstein AA. 4th ed. Philadelphia : Saunders Elsevier ; 2006.
★ 外科病理マニュアル. 深山正久ほか編. 病理と臨床 26 臨増. 東京 : 文光堂 ; 2008.
★ 臨床・病理 肺癌取り扱い規約【改訂 第7版】抜粋. 日本肺癌学会編. http://www.haigan.gr.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=20 ; 2010.

7章 症例の実際

P.312 掲載の参考文献
P.316 掲載の参考文献
P.326 掲載の参考文献
・ 井上哲郎ほか. 臨床症状と身体所見. 日胸. 2003 ; 62 : S32-7.
・ 青山克彦ほか. 肺線維化病変合併肺癌症例の術後急性増悪に対するステロイド予防投与. 臨床呼吸生理. 2003 ; 35 : 123-6.
・ 千田雅之ほか. 限局性間質性肺炎からの肺癌手術後急性増悪例の検討. 胸部外科. 2005 ; 58 : 22-5.
P.332 掲載の参考文献
・ Broers JL, et al. Immunocytochemical detection of human lung cancer heterogeneity using antibodies to epithelial, neuronal, and neuroendocrine antigens. Cancer Res. 1987 ; 47 : 3225-34.
・ Folpe AL, et al. Thyroid transcription factor-1 : immunohistochemical evaluation in pulmonary neuroendocrine tumors. Mod Pathol. 1999 ; 12 : 5-8.
P.336 掲載の参考文献
・ Hiroshima K. Small cell carcinoma : Distinction from large cell neuroendocrine carcinoma. In : Maldonado JG, Cervantes MK, editors. Small Cell Carcinomas : Causes, Diagnosis and Treatment. New York : Nova Science Publishers ; 2009. p. 101-21.
P.340 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...