がん治療レクチャー 2/2 2011年 分子標的治療薬

出版社: 総合医学社
発行日: 2011-05-28
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 21855684
雑誌名:
特集: 分子標的治療薬―最新の選び方・使い方―
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

6,160 円(税込)

目次

  • がん治療レクチャー 2/2 2011年 分子標的治療薬

    ―目次―

    特集 分子標的治療薬―最新の選び方・使い方―

    I.がん分子標的治療薬の基礎知識 
     Q1.がん分子標的治療薬とは
     Q2.がん分子標的治療薬の理解のための分子生物学
     Q3.がん分子標的治療薬の薬理学

    II.がん分子標的治療薬の使い方 
     【抗体薬】
     Q4.リツキシマブ
     Q5.トラスツズマブ
     Q6.セツキシマブ
     Q7.パニツムマブ
     Q8.ベバシズマブ
     Q9.イブリツモマブ チウキセタン
     Q10.ゲムツズマブ オゾガマイシン
     
     【小分子化合物】
     Q11.ゲフィチニブ
     Q12.エルロチニブ
     Q13.イマチニブ
     Q14.ニロチニブ
     Q15.ダサチニブ
     Q16.スニチニブ
     Q17.ソラフェニブ
     Q18.ラパチニブ
     Q19.エベロリムス
     Q20.テムシロリムス
     Q21.ボルテゾミブ
     
    III.がん分子標的治療薬の副作用とその対策
     Q22.心毒性
     Q23.皮膚毒性
     Q24.神経毒性
     Q25.血栓塞栓症
     Q26.消化管穿孔
     Q27.薬剤性肺障害
     Q28.電解質異常(低マグネシウム血症を含む)
     Q29.甲状腺機能低下症
     Q30.膵外分泌異常(高アミラーゼ,高リパーゼ血症)
     
    IV.臓器別にみる がん分子標的治療薬の使い方
       −重要な臨床試験成績を紹介しながら−
     Q31.肺がん
     Q32.胃がん
     Q33.結腸直腸がん
     Q34.肝がん
     Q35.腎がん
     Q36.乳がん
     Q37.消化管間質腫瘍
     Q38.急性骨髄性白血病
     Q39.慢性骨髄性白血病
     
    V.トピックス
     Q40.最近,期待されているがん分子標的治療薬は?
        (ASCO 2010トピックス)
     Q41.がん分子標的治療薬と分子マーカー

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...