癌診療指針のための病理診断プラクティス 食道癌・胃癌

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2012-02-06
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784521733357
シリーズ: 癌診療指針のための病理診断プラクティス
電子書籍版: 2012-02-06 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

19,800 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

19,800 円(税込)

商品紹介

腫瘍の診断において中心的役割をつとめる病理診断は,画像医学の進歩とともにその重要性を増している。本書では,病理医,臨床医が互いに理解を深められるよう,病理診断の基本を解説。また,鑑別診断の章では疾患別にフローチャートを用意して,鑑別すべき病理像も豊富に掲載し,病理医だけでなく,臨床医にも活用しやすい,実用のための書籍となっている。

目次

  • 表紙
  • 刊行にあたって
  • Contents
  • 執筆者一覧
  • 1章 病理診断の流れとポイント
  • 2章 診断のための基本知識
  • 上部消化管癌取扱い規約における病理診断の概説
  • 食道癌取扱い規約と病理
  • 胃癌取扱い規約と病理
  • 胃癌生検の問題点
  • 上部消化管癌の細胞診
  • 上部消化管癌と粘液形質
  • 上部消化管癌診断の実際
  • EMR / ESD標本の取扱いと病理診断
  • EMR / ESD標本の病理診断, その周辺
  • 追加治療の検討に必要な組織所見と評価方法
  • 脈管侵襲の精度管理
  • 組織像からみた悪性度診断
  • Topic p53染色陽性の消化管上皮増殖疾患診断上の位置づけ
  • 消化管癌の病期分類
  • 上部消化管癌の内視鏡診断
  • 標準的な食道癌・胃癌の診断学
  • NBIの基礎と病理
  • NBI拡大観察による咽頭・食道癌の診断と病理
  • NBI拡大観察による胃癌の診断と病理
  • 化学療法に関連する病理診断
  • カルチノイド腫瘍
  • GIST
  • 上部消化管リンパ腫
  • テクノロジーの進歩と組織発生から遺伝子診断まで
  • 3章 疾患の概要と鑑別診断
  • 食道癌および関連疾患
  • 良性腫瘍と非腫瘍性病変の病理診断
  • GERD, NERD, REの内視鏡と生検診断
  • Barrett食道
  • Barrett腺癌
  • 上皮内腫瘍 - 扁平上皮系
  • 特殊な悪性腫瘍
  • 食道癌の外科療法と化学放射線療法
  • 胃癌および関連疾患
  • Helicobacter pylori胃炎の病理学
  • non - Helicobacter pylori胃炎の病理学
  • 非腫瘍性病変 - 胃潰瘍
  • 良性上皮性腫瘍
  • 悪性上皮性腫瘍
  • 悪性上皮性腫瘍, その他
  • 胃巨大皺襞の鑑別診断
  • IIc病変の鑑別診断
  • 腺癌と外科・化学・放射線療法
  • 4章 症例の実際
  • 症例1 胃底腺型胃癌
  • 症例2 表層拡大型胃癌
  • 症例3 胃癌 ( いわゆるひとかき癌 )
  • 症例4 咽頭癌
  • 症例5 胃癌, 食道癌
  • 症例6 食道扁平上皮癌
  • 症例7 食道悪性黒色腫
  • 症例8 Barrett食道腺癌
  • 症例9 十二指腸悪性リンパ腫
  • 症例10 1cm以下の十二指腸早期癌 ( 0 - IIa )
  • 参考文献
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

2章 診断のための基本知識

P.12 掲載の参考文献
食道疾患研究会編. 食道癌取扱い規約. 第1版. 東京 : 金原出版 ; 1969.
食道疾患研究会編. 臨床・病理 食道癌取扱い規約. 第3版. 東京 : 金原出版 ; 1973.
日本食道疾患研究会編. 臨床・病理 食道癌取扱い規約. 第9版. 東京 : 金原出版 ; 1999.
日本食道学会編. 臨床・病理 食道癌取扱い規約. 第10版補訂版. 東京 : 金原出版 ; 2008.
Hamilton SR, Aaltonen LA. World Health Organization Classification of Tumours, Pathology and Genetics of Tumours of the Digestive System. Lyon : IARC Press ; 2000.
Sobin LH, et al. editors. TNM Classification of Malignant Tumours. 7th ed. UK : Wiley-Blackwell ; 2009.
中村恭一ほか. 消化管の病理と生検診断. 東京 : 医学書院 ; 2010.
P.18 掲載の参考文献
日本胃癌学会編. 胃癌取扱い規約. 第14版. 東京 : 金原出版 ; 2010.
Sobin LH, et al. editors. TNM Classification of Malignant Tumors. 7th ed. UK : Wiley-Blackwell ; 2009.
P.24 掲載の参考文献
日本胃癌学会編. 胃癌取扱い規約. 第14版. 東京 : 金原出版 ; 2010. p.26-41.
菅井有. 改定された胃生検分類の問題点. 胃生検分類における我々の考え方. 第100回日本病理学会総会 (ワークショップ). 2011. 4. 横浜.
中村恭一. 胃癌の構造. 第3版. 東京 : 医学書院 ; 2005. p.59-106.
下田忠和. 胃. 向井清ほか編. 外科病理学. 第4版. 東京 : 文光堂 ; 2006 : 459-82.
大倉康男. 鑑別ポイント 生検. 深山正久, 大倉康男編. 取扱い規約に沿った腫瘍鑑別診断アトラス 胃. 東京 : 文光堂 ; 2009 : 227-47.
河内洋ほか. "横這型胃癌" の臨床病理学的特徴. 胃と腸. 2010 ; 45 : 1203-11.
菅井有ほか. 核異型度に基づいた腸型分化型胃粘膜内癌の分子病理学的検討-特に腸型低異型度胃癌における分子解析. 胃と腸. 2010 ; 45 : 1212-25.
菅井有. 胃高分化管状腺癌. 深山正久, 大倉康男編. 取扱い規約に沿った腫瘍鑑別診断アトラス 胃. 東京 : 文光堂 ; 2009 : 55-62.
菅井有, 中村眞一. 大腸病変における免疫染色の有用性 (臨時増刊号). 病理と臨. 2007 ; 25 : 57-64.
九嶋亮治ほか. 低異型度分化型胃癌の病理学的特徴-腺腫との鑑別を含めて. 胃と腸. 2010 ; 45 : 1086-96.
P.31 掲載の参考文献
神谷誠. グルコマンナンを用いたセルブロック作製. Medical Technology. 2007, 35 : 546-7.
三宅康之ほか. 胸腹水におけるコロジオンバッグを用いたセルブロック組織診の意義. 臨床検査. 1997 ; 41 : 595-7.
礒田浩二ほか. 電気泳動用のアガロースを用いた簡便なセルブロック作製法. 病理と臨床. 2007 ; 25 : 1287-90.
早田正和ほか. 私の工夫 サンドイッチ法を用いたアルギン酸ナトリウム・セルブロック法の工夫. 病理と臨床. 2008 ; 26 : 195.
山田寛, 伊藤智雄. セルブロック作製における簡便化の方法. 病理技術. 2011 ; 74 : 21-3.
P.37 掲載の参考文献
阿部達也. 生体防御の最前線で働く粘液ムチンの性質と機能. 2009. http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbt/molb/abe/mucinrev.pdf
井藤久雄ほか. 病理医のための組織学の基礎. 胃. 病理と臨床. 2004 ; 22 : 189-97.
Filipe MI, Ramachandra S. The Histochemistry of Intestinal Mucins ; Changes in Disease. In : Whitehead R, editor. Gastrointestinal and Oesophageal Pathology. Edinburgh : Churchill Livingstone ; 1995. p73-95.
中山淳ほか. 胃腺粘液の組織化学と機能解析. 第94回日本病理学会総会技術講習会 (日本病理学会・日本組織細胞化学会合同) テキスト. 2005. p.45-50.
松原亜季子ほか. 胃癌の亜分類と形質発現分類の意義. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 596-605.
下田忠和. 胃食道接合部領域の特性とバレット食道ならびに接合部癌における最近の知見. 日消誌. 2008 ; 15 : 1309-24.
P.47 掲載の参考文献
西巻正ほか. 癌巣内に消化性潰瘍を合併する胃癌の病理組織学的分析. 日消誌. 1985 ; 82 : 2544-53.
P.56 掲載の参考文献
日本胃癌学会編. 胃癌治療ガイドライン. 第3版. 東京 : 金原出版 ; 2010.
菅井有ほか. 深達度診断の標準化. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 635-41.
河内洋. 浸潤様式の評価, 臨床意義について. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 642-7.
大倉康男. 食道異型上皮の組織診断. 病理と臨床. 2010 ; 28 : 585-90.
P.66 掲載の参考文献
P.72 掲載の参考文献
日本食道学会編. 食道癌診断・治療ガイドライン2007年版. 東京 : 金原出版 ; 2007.
Mine S, et al. Tumor laterality is related to prognosis in patients with esophageal squamous cell carcinoma results from a pilot study. Dis Esophagus. 2010 ; 23 : 46A.
真能正幸ほか. 食道m3・sm1癌の臨床病理. 胃と腸. 2002 ; 37 (1) : 11-7.
小山恒男ほか. 転移のあったm3・sm1食道癌の特徴. 胃と腸. 2002 ; 37 : 71-4.
幕内博康ほか. 食道m3・sm1癌の治療成績. EMRと手術の長期予後. 胃と腸. 2002 ; 37 (1) : 53-63.
日本胃癌学会編. 胃癌治療ガイドライン医師用2010年10月改訂第3版. 東京 : 金原出版. 2010.
岩本淳一ほか. ESD施行早期胃癌における未分化型癌混在病変の検討. Prog Digest Endosc. 2008 ; 73 (2) : 54-7.
渡辺玄ほか. 未分化型混在早期胃癌の病理学的特徴と問題点. リンパ節転移と肉眼的特徴. 胃と腸. 2007 ; 42 (11) : 1577-87.
P.82 掲載の参考文献
P.88 掲載の参考文献
有馬美和子ほか. 前癌病変の色素内視鏡診断. 消化器内視鏡. 2006 ; 18 : 443-52.
千野修ほか. 早期食道癌存在診断・質的診断の進歩. 胃と腸. 2008 ; 10 : 1431-41.
友利彰寿. 癌の深達度診断-食道. 田尻久雄, 小山恒男編. 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断. 東京 : 羊土社 ; 2009.
八尾恒良ほか. 胃癌の浸潤範囲の内視鏡診断. 胃と腸. 1972 ; 7 : 725-37.
八尾恒良ほか. 胃の陥凹型SM 癌の病理組織構築と対比した内視鏡所見-pSM2 癌診断のための観察方法と診断限界. 胃と腸. 2008 ; 7 : 1109-25.
中原慶太ほか. 早期胃癌の肉眼型-決め方・考え方とその典型像 1) 0I型, 0IIa型. 胃と腸. 2009 ; 4 : 507-21.
長浜孝. ESD 時代の早期胃癌の内視鏡診断-側視鏡を用いた分化型早期胃癌の術前精密検査と拡大内視鏡について. 第22回日本消化器内視鏡学会九州セミナー. 2009 : 7-11.
中村恭一. 胃癌の構造. 第3版. 東京 : 医学書院 ; 2005.
P.94 掲載の参考文献
P.99 掲載の参考文献
Yokoyama A, et al. Multiple cancers associated with esophageal and oropharyngolaryngeal squamous cell carcinoma and the aldehyde dehydrogenase-2 genotype in male Japanese drinkers. Cancer Epidemiol Biomakers Prev. 2002 ; 11 : 895-900.
佐野寧ほか. 狭帯化RGB filter内蔵narrow band imaging (NBI) systemの開発・臨床応用. 胃と腸. 2001 ; 36 : 1283-7.
井上晴洋ほか. 早期食道癌の深達度診断の進歩. 胃と腸. 2008 ; 43 : 1479-88.
有馬美和子ほか. 早期食道癌深達度診断の進歩. 胃と腸. 2008 ; 43 : 1489-98.
P.104 掲載の参考文献
P.110 掲載の参考文献
Iizuka T, et al. Phase II evaluation of cisplatin and 5-fluorouracil in advanced squamous cell carcinoma of the esophagus : Japan Esophageal Oncology Group Trial. Jpn J Clin Oncol. 1992 ; 22 : 172-6.
P.114 掲載の参考文献
Rosai J. Rosai and Ackerman's Surgical Pathology. 9th ed. Mosby. 2004 ; 815-6.
伊藤正男, 井村裕夫ほか編. 医学大辞典. 第2版. 東京 : 医学書院 ; 2009.
Greenson JK, editor. Diagnostic Pathology Gastrointestinal. Salt Lake City : Amirsys Inc ; 2010.
日本胃癌学会編. 胃癌取扱い規約. 第14版. 東京 ; 金原出版 : 2010. p.36-7.
藤盛孝博. 消化管の病理学. 第2版. 東京 : 医学書院 ; 2008.
藤盛孝博ほか. 胃癌診断に必要な病理の組織-内視鏡摘除材料の病理診断のために-. 消化器内視鏡. 2010 ; 22 (1) : 18-36.
笹川力, 大坂道敏ほか. ヒトのGEP内分泌系の細胞とそのホルモン. 医学のあゆみ. 1973 ; 84 (9) : 499-507.
P.122 掲載の参考文献
大橋明子ほか. State of the art. GISTの臨床病理と分子生物学の最前線. 胃がんperspective. 2010 ; 3 (4) : 24-34.
廣田誠一. 病理診断に役立つ分子生物学. 第2部 病理診断医になじみのある疾患関連分子. KIT (解説編). 病理と臨床. 臨時増刊号. 2011 ; 29 : 169-73.
廣田誠一. 病理診断に役立つ分子生物学. 第2部 病理診断医になじみのある疾患関連分子. KIT (診断編). 病理と臨床. 臨時増刊号. 2011 ; 29 : 174-80.
P.129 掲載の参考文献
Leoncini L, et al. Burkitt lymphoma. In : Swerdlow SH, Harris NL, et al. editors. WHO classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues. IARC Press ; 2008. p.262-4.
P.142 掲載の参考文献
Pituch-Noworolska A, et al. Circulating tumour cells and survival of patients with gastric cancer. Anticancer Res. 2007 ; 27 (1B) : 635-40.
Yie SM, et al. Detection of survivin-expressing circulating cancer cells (CCCs) in peripheral blood of patients with gastric and colorectal cancer reveals high risks of relapse. Anticancer Res. 2007 ; 27 (1B) : 535-9.
Ikoma D, et al. Circulating tumor cells and aberrant methylation as tumor markers in patients with esophageal cancer. Ann Surg Oncol. 2008 ; 15 (11) : 3073-82.

3章 疾患の概要と鑑別診断

P.150 掲載の参考文献
Adler RH, et al. Papilloma of the esophagus. Association with hiatal hernia. J Thorac Surg. 1959 ; 37 : 625-35.
石黒信吾. 食道. 向井清ほか編. 外科病理学. 第4版. 東京 : 文光堂 ; 2006. p.397-426.
中村恭一ほか. 消化管の病理と生検診断. 東京 : 医学書院 ; 2010. p.40-3, 83-5.
坂本穆彦ほか. 標準病理学. 第4版. 東京 : 医学書院 ; 2010. p.417-23.
P.158 掲載の参考文献
P.163 掲載の参考文献
星原芳雄. GERDとBarrett食道-診断基準の国際的相違と問題点-. 消化器内視鏡. 2009 ; 21 (8) : 1145-52.
Greenson JK編. Diagnostic Pathology Gastrointestinal. Salt Lake City : Amirsys Inc ; 2010.
GERD研究会編. 本郷道夫監. GERDガイドラインの策定に向けて. 東京 : ヴァンメディカル ; 2007.
藤盛孝博. 消化管の病理学. 第2版. 東京 : 医学書院 ; 2008.
P.167 掲載の参考文献
小山恒男ほか. Barrett食道癌の境界を読む. 胃と腸. 2004 ; 39 : 1243-9.
小山恒男ほか. Barrett食道およびBarrett食道癌の拡大観察. 臨消内科. 2006 ; 21 : 407-13.
日本食道学会編. 食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月版. 東京 : 金原出版 ; 2007.
Shaheen NJ, et al. Radiofrequency ablation in Barrett's esophagus with dysplasia. N Engl J Med. 2009 ; 28 ; 360 (22) : 2277-88.
田沼徳真ほか. Barrett食道・Barrett食道癌の内視鏡診断. 臨消内科. 2008 ; 23 : 153-61.
P.173 掲載の参考文献
Gabbert HE, et al. Squamous cell carcinoma of esophagus. In : Hamilton SR, Aaltone LA, editors. WHO Classification of Tumors. Pathology and Genetics. Tumor of the Digestive System. Lyon : IARC Press ; 2000.
下田忠和. 食道の異形成dysplasiaの考え方と臨床的取り扱い. 病理と臨床. 2007 ; 25 : 687-92.
八尾隆史ほか. 食道上皮内扁平上皮癌とintraepithelial neoplasiaの鑑別. 胃と腸. 2009 ; 44 : 1741-8.
大倉康男. 食道癌取扱い規約に定義された上皮内腫瘍の病理組織学的検討. 胃と腸. 2009 ; 44 : 1735-40.
八尾隆史. 消化管の前癌病変の病理診断. 日消誌. 2010 ; 107 : 1723-51.
藤盛孝博. 消化管の病理学. 東京 : 医学書院 ; 2004.
河内洋ほか. 食道上皮内腫瘍性病変の組織像と遺伝子異常. 胃と腸. 2007 ; 42 : 173-86.
P.177 掲載の参考文献
Bosman FT, et al. editors. WHO Classification of Tumours of the Digestive System. World Health Organization Classification of Tumours. Lyon : IARC Press ; 2010.
井出博子. 特殊組織型の食道癌. 病理の立場から : 肉眼診断を中心に. 胃と腸. 2005 ; 40 : 279-87.
幕内博康ほか. 特殊組織型の食道癌-内視鏡の立場から. 胃と腸. 2005 ; 40 : 320-36.
八尾隆史ほか. 特殊組織型食道癌の病理組織学的・免疫組織学的特徴. 胃と腸. 2005 ; 40 : 288-300.
P.190 掲載の参考文献
がん研究振興財団. がんの統計. 2009年版.
日本食道疾患研究会編. 食道癌治療ガイドライン. 東京 : 金原出版 ; 2002.
日本食道学会編. 食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月版. 東京 : 金原出版 ; 2007.
桑野博行. 食道癌. 杉本恒明, 小俣政男ほか編. 内科学. 第9版. 東京 : 朝倉書店 ; 2007.
Muro K, et al. A phase II study of chemoradiotherapy in patients with stage II, III esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) : (JCOG 9906). Proc Am Soc Clin Oncol. 2007 ; 25 : 18s (abstr 15137).
桑野博行編. エキスパートが伝える食道外科up-to-date. 東京 : 中外医学社 ; 2010.
P.204 掲載の参考文献
Joel KG, editor. Diagnostic Pathology: Gastrointestinal. 1st ed. Salt Lake City : Amirsys ; 2010.
Cecilia M, et al. Gastrointestinal Pathology : An Atlas and Text. 3rd ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2007.
Robert DO, John RG, editors. Surgical Pathology of the GI Tract, Liver, Biliary Tract and Pancreas. 2nd ed. Philadelphia : Saunders ; 2009.
Christine A, et al. Gastorointestinal and Liver Pathology. 2nd ed. ELSEVIER ; 2011. p.86.
P.218 掲載の参考文献
村上忠重, 鈴木武松. 病理─胃・十二指腸潰瘍のすべて. 東京 : 南江堂 ; 1971. p.79-102.
中村恭一. 胃癌の構造 (第3版). 東京 : 医学書院 ; 2005.
中村恭一ほか. 現代病理学大系 消化管 I 第12巻A. 東京 : 中山書店 ; 1984.
P.225 掲載の参考文献
日本胃癌学会編. 胃癌取扱い規約. 第14版. 東京 : 金原出版 ; 2010. p.26, 33-4, 42-3, 66-8.
九嶋亮治. 管状腺腫 (腸型・胃型). 深山正久ほか編. 胃癌. 腫瘍病理鑑別診断アトラス. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.38-48.
滝澤登一郎. 胃の病理形態学. 東京 : 医学書院 ; 2003. p.162-8.
喜納勇. 胃腺腫. dysplasia, 異型上皮巣. 病理と臨床. 1991 ; 9 (臨時増刊号) : 264.
Bosman FT, et al. ed. WHO classification of tumours of the digestive system. Lyon : IARC ; 2010. p.10-2, 46-58.
九嶋亮治ほか. 胃腺腫の病理診断, 特に胃型 (幽門腺型) 腺腫について. 胃と腸. 2003 ; 38 : 1377-87.
P.230 掲載の参考文献
Lauwers GY, et al. Gastric Carcinoma. WHO Classification of Tumors of the Digestive System. Bosman FT, et al (eds). Lyon : IARC Press ; 2010. p.48-58.
深山正久, 大倉康男編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌. 東京 : 文光堂 ; 2009.
P.236 掲載の参考文献
深山正久, 大倉康男編. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌. 東京 : 文光堂 ; 2009.
九嶋亮治. 特殊型胃癌の病理像と臨床的特徴. 胃と腸. 2010 ; 45 (12) : 1867-8.
P.241 掲載の参考文献
Appleman HD. Localized and extensive expansions of the gastric mucosa : mucosal polyps and giant folds. In : Appleman HD, editor. Pathology of the Esophagus, Stomach, and Duodenum. New York : Churchill Livingstone ; 1984. p.104-19.
Bluth RF, et al. Immunolocalization of transforming growth factor-α in normal and diseased human gastric mucosa. Hum Pathol. 1995 ; 26 : 1333-40.
浜田勉ほか. びまん浸潤型胃癌と鑑別を要する炎症性病変. 胃と腸. 2002 ; 37 (13) : 1687-99.
斉藤康晴ほか. スキルス胃癌と鑑別を要する非腫瘍性疾患-巨大皺襞性胃炎. 胃と腸. 2010 ; 45 (4) : 550-5.
樋口勝彦ほか. Helicobacter pylori除菌療法にて改善した胃巨大皺襞症の1例. 胃と腸. 2002 ; 37 (13) : 1741-6.
八尾恒良ほか. 胃悪性リンパ腫の集計成績. 胃と腸. 1980 ; 15 : 906-8.
Lewin KJ, Appleman HD. Tumors of the esophagus and stomach. Washington : AFIP ; 1996.
Mills SE, et al. Sternberg's Diagnostic Surgical Pathology. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2000.
P.248 掲載の参考文献
磨井正義, 望月福治. 胃疾患のX線・内視鏡診断と臨床病理 陥凹型早期胃癌の診断の要点. 東京 : 医学書院 ; 1993. p.19-23.
中村恭一. 胃癌の構造. 第3版. 東京 : 医学書院 ; 2005. p.59-106.
磨井正義, 望月福治. 胃疾患のX線・内視鏡診断と臨床病理 悪性所見に乏しいIIc型早期胃癌. 東京 : 医学書院 ; 1993. p.26-8.
吉川時弘ほか. 早期癌と術前診断された進行胃癌症例の検討. 日消外会誌. 1990 ; 23 : 2221-6.
貝原信明ほか. いわゆる早期胃癌類似進行癌. 胃と腸. 1986 ; 21 : 867-71.
磨井正義, 望月福治. 胃疾患のX線・内視鏡診断と臨床病理 Malignant cycleとは. 東京 : 医学書院 ; 1993. p.24-5.
吉野正. 悪性リンパ腫. 深山正久, 大倉康男編. 取り扱い規約に従った腫瘍鑑別診断アトラス 胃. 東京 : 文光堂 ; 2009. p.171-82.
P.253 掲載の参考文献

4章 症例の実際

P.258 掲載の参考文献
八尾隆史ほか. 新しいタイプの胃癌-胃底腺型胃癌 : 臨床病理学的特徴と発育進展様式および悪性度. 胃と腸. 2010 ; 45 (7) : 1192-202.
P.288 掲載の参考文献
川元健二ほか. 腫瘍性・腫瘍様十二指腸小病変の診断. 胃と腸. 2001 ; 36 : 1507-27.
稲土修嗣ほか. 十二指腸疾患の拡大内視鏡診断. 胃と腸. 2007 ; 42 : 753-61.
稲土修嗣. 十二指腸隆起性病変の通常観察・NBI・拡大内視鏡による鑑別診断. 消化器内視鏡. 2009 ; 21 : 1523-9.
郷田憲一ほか. 十二指腸隆起性病変アトラス 腺癌. 消化器内視鏡. 2009 ; 21 : 1560-2.
十二指腸の小病変. 胃と腸. 2001 ; 36 (12).
消化管の拡大内視鏡観察 2007. 胃と腸. 2007 ; 42 (5).
十二指腸隆起性病変をみたら. 消化器内視鏡. 2009 ; 21 (10).
松井敏幸, 岩下明徳監. 八尾建史著. 胃拡大内視鏡. 東京 : 日本メディカルセンター ; 2009.

最近チェックした商品履歴

Loading...