糖尿病治療薬のサイエンス

出版社: 南山堂
著者:
発行日: 2012-06-01
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784525237912
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,280 円(税込)

商品紹介

インクレチン関連薬の登場により大きく変わる糖尿病治療。経口糖尿病治療薬とインスリンの作用メカニズム、病態~みた薬剤選択と併用療法、具体的な処方と注意点から新規薬剤の開発の可能性まで。

目次

  • 糖尿病治療薬のサイエンス

    ―目次―

    第I部 序論
     序論

    第II部 総論
     第1章 糖尿病治療薬の種類と使い若

    第III部 糖尿病治療薬の基礎
     第2章 α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)
     第3章 SU薬と速効型インスリン分泌促進薬(グリニド)
     第4章 ビグアナイド薬の分子医学
     第5章 チアゾリジン薬
     第6章 DPP-4阻害薬
     第7章 GLP-1受容体作動薬の多彩な作用
     第8章 インスリン

    第IV部 糖尿病治療薬の臨床
     第9章 α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)
     第10章 グリニド薬
     第11章 SU薬
     第12章 ビグアナイド薬
     第13章 チアゾリジン薬
     第14章 DPP-4阻害薬
     第15章 GLP-1受容体作動薬の臨床
     第16章 インスリン
     
    第V部 新薬の開発に向けて
     第17章 SGLT2阻害薬への期待
     第18章 新規2型糖尿病治療薬としての
         GPR40作動薬およびGPR119作動薬
     第19章 グルコキナーゼ活性化薬(GKA)

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...