分子消化器病 10/2 2013年6月号

出版社: 先端医学社
発行日: 2013-06-01
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 1348995X
雑誌名:
特集: 自己免疫性消化器疾患の病態にせまる
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,530 円(税込)

目次

  • 分子消化器病 10/2 2013年6月号

    ―目次―

    特集 自己免疫性消化器疾患の病態にせまる

    Overview
    自己免疫性膵炎は全身病か 
    原発性硬化性胆管炎と潰瘍性大腸炎はなぜ合併するのか 
    原発性胆汁性肝硬変の自己抗原は何か
    自己免疫性肝炎の自己抗原は明らかとなったか 
    炎症性腸疾患は自己免疫疾患か 
    自己免疫性胃炎の病因はどこまでわかっているのか 
    好酸球性消化管障害はなぜ発症するのか 
    Unclassified colitisについてどこまで解明されたか 

    □連載

    ■海外ラボ紹介 
     第1回 Cleversラボ(Hans Clevers) 
      第2回 Chisariラボ(Francis V. Chisari) 

    ■新しい消化器疾患動物モデル 第10回
      オートファジーの異常と肝発癌モデル 

    ■シグナル伝達を理解するために必要な知識 第38回
      R-spondinによるWntシグナル伝達 
      亜鉛によるシグナル伝達:「亜鉛シグナル」とは 

    ■質量分析の消化器疾患の診療・研究への応用 第6回
      中実用化をめざしたバイオマーカー探索 
         〜大腸癌組織膜蛋白質のプロテオーム解析〜 

    ■海外論文解説―World Wide Topics― 第38回
      インフラマソームによる腸内細菌叢の構成異常は
       非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)や肥満の進展を
       制御する幼少期の抗菌薬投与は
       腸細菌叢を変化させ脂肪量を変える
     
    ■日本人のヒット作品 第26回
       微小管を介したミトコンドリアの局在変化
        はNLRP3インフラマソームの活性化を促進する

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...