2型糖尿病治療の新展開

出版社: 先端医学社
著者:
発行日: 2014-03-01
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784884079598
電子書籍版: 2014-03-01 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

2,860 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,716 円(税込)

商品紹介

新規糖尿病治療薬「SGLT2 阻害薬」の可能性を多角度からコンパクトに解説する医療者必携の一冊。

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • PART 1 ナトリウム依存性グルコース輸送体 ( SGLT ) の基礎を知る
  • 1. 生体内のグルコース輸送体は2種類
  • 2. SGLTのアイソフォームとその分布・はたらき
  • 1) SGLT1
  • 2) SGLT2
  • 3) SGLT3~6
  • 3. 腎臓におけるグルコース再吸収の機序
  • 4. ポイント
  • PART 2 SGLT2阻害薬の開発の経緯をみる
  • 1. SGLT2阻害薬の親化合物はフロリジン
  • 2. 第一世代SGLT2阻害薬は選択性の低さから開発が中止
  • 3. 第二世代SGLT2阻害薬の開発が世界中で進行中
  • 4. SGLT2阻害薬への期待
  • 5. ポイント
  • PART 3 SGLT2阻害薬の基礎データをみる
  • 1. 腎臓はグルコース代謝を担う重要な臓器
  • 2. 2型糖尿病患者では近位尿細管からのグルコース再吸収の閾値が上昇
  • 3. SGLT2阻害薬の薬物動態
  • 4. SGLT2阻害薬のSGLT2阻害活性と選択性
  • 5. SGLT2阻害薬の薬理作用と臨床効果
  • 6. SGLT2阻害薬の安全性
  • 7. SGLT2阻害薬の薬物動態
  • 8. ポイント
  • PART 4 SGLT2阻害薬の臨床データをみる
  • 1. SGLT2阻害薬の尿糖排泄・血糖降下作用
  • 1) 未治療例における検討
  • 2) 経口血糖降下薬で血糖コントロール不十分例における検討
  • 3) インスリンで血糖コントロール不十分例における検討
  • 2. 体重減少作用
  • 3. 血圧・脂質への影響
  • 4. 尿酸値への影響, 腎機能への影響
  • 5. 安全性
  • 6. ポイント
  • PART 5 SGLT2阻害薬の特徴を知る
  • 1. SGLT2阻害薬の血糖降下薬としての特徴
  • 1) SGLT2阻害薬の血糖低下作用
  • 2) 低血糖リスク
  • 2. SGLT2阻害薬が体重, 血圧, 血清脂質に及ぼす影響
  • 1) 体重減少作用
  • 2) 血圧, 血清脂質への影響
  • 3. SGLT2阻害薬の副作用
  • 4. 各種SGLT2阻害薬の特徴
  • 1) ダパグリフロジン
  • 2) カナグリフロジン
  • 3) トホグリフロジン
  • 4) イプラグリフロジン
  • 5) エンパグリフロジン
  • 6) ルセオグリフロジン
  • 5. ポイント
  • PART 6 2型糖尿病治療におけるSGLT2阻害薬の位置づけを探る
  • 1. 第一選択薬としての可能性を探る
  • 1. 2型糖尿病治療における薬剤選択
  • 2. 糖尿病治療の第一選択薬の条件
  • 3. SGLT2阻害薬のHbA1c低下効果
  • 4. SGLT2阻害薬を第一選択で使用する好適例
  • 5. ポイント
  • 2. 併用療法の可能性を探る
  • 1. 2型糖尿病治療における併用療法の考え方
  • 2. 他の経口血糖降下薬と併用したときのHbA1c低下効果
  • 3. インスリン製剤との併用効果
  • 4. 日本人を対象とした併用試験成績
  • 5. 2型糖尿病の併用療法におけるSGLT2阻害薬の位置づけ
  • 6. ポイント
  • 3. SGLT2阻害薬のベネフィットを展望する
  • 1. 血糖コントロールにおけるSGLT2阻害薬への期待
  • 2. 体重減少作用
  • 3. 血圧, 血清脂質に及ぼす影響
  • 4. 血清尿酸値低下作用
  • 5. 肝機能, 腎機能への影響
  • 6. SGLT2阻害薬のそのほかのベネフィット
  • 7. ポイント
  • PART 7 SGLT2阻害薬に関する臨床応用Q & A
  • Q1. わが国では6種類のSGLT2阻害薬が発売予定ですが, どのように使い分けたらよいのでしょうか ?
  • Q2. SGLT2選択性の違いは臨床効果に影響を及ぼしますか ?
  • Q3. DPP - 4阻害薬やSU薬の二次無効例に対しても有効ですか ?
  • Q4. 空腹時血糖値だけでなく食後血糖値も下がるのでしょうか ?
  • Q5. SGLT2阻害薬の有効性は投与を開始してからどのくらい持続するのでしょうか ?
  • Q6. SGLT2阻害薬を高齢者に使用するときの注意点はありますか ?
  • Q7. SGLT2阻害薬は腎機能障害のある患者さんにも使用できますか ?
  • Q8. 尿糖が増えるということは, 糖尿病が悪化したのではないですか ?
  • Q9. SGLT2阻害薬で体重が低下し, それが長期間維持できるのはなぜでしょうか ?
  • Q10. SGLT2阻害薬で血圧が低下するのはなぜでしょうか ?
  • Q11. SGLT2阻害薬はどのような機序を介して血清脂質に影響を及ぼしますか ?
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

PART 1 ナトリウム依存性グルコース輸送体 ( SGLT ) の基礎を知る

P.17 掲載の参考文献
1) 金井好克 : 糖の動態と代謝 腎尿細管における糖輸送. 日本臨牀 55 (増刊 糖尿病 1) : 59-64, 1997
2) 金井好克 : 糖尿病基礎研究の進歩 糖代謝概論 腎尿細管における糖輸送の分子機構. 日本臨牀 60 (増刊7 新時代の糖尿病学 1) : 141-150, 2002
3) 大久保博史, 中津祐介, 浅野知一郎 : 糖尿病治療の分子標的としてのグルコーストランスポーター, 細胞工学 31 : 548-552, 2012
4) 大谷裕一郎, 浅野知一郎 : SGLT2阻害薬. カレントテラピー 30 : 670-674, 2012

PART 2 SGLT2阻害薬の開発の経緯をみる

P.27 掲載の参考文献
4) Vick H, Diedrich DF, Baumann K : Reevaluation of renal tubular glucose transport inhibition by phlorizin analogs. Am J Physiol 224 : 552-557, 1973
10) Oku A, Ueta K, Nawano M et at : Antidiabetic effect of T-1095, an inhibitor of Na (+) -glucose cotransporter, in neonatally streptozotocintreated rats. Eur J Pharmacol 391 : 183-192, 2000

PART 3 SGLT2阻害薬の基礎データをみる

P.42 掲載の参考文献
7) 門脇孝, 窪田直人, 小畑淳史 : 新規血糖降下薬SGLT2阻害薬のこれからの糖尿病治療における位置づけ. Ther Res 34 : 1429-1440, 2013

PART 4 SGLT2阻害薬の臨床データをみる

P.57 掲載の参考文献
3) Kaku K et al : Efficacy and safety of dapagliflozin monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes inadequately controlled with diet and exercise. ADA2013, #1163-P
5) 加来浩平, 高野泰樹, 池谷泰明ほか : 新規SGLT2阻害薬Tofoglifiozinの日本人2型糖尿病患者における有効性及び安全性の検証-第II/III相臨床試験結果. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 熊本, 5月16-18日, 2013
6) Kashiwagi A, Takinami Y, Kazuta K et al : Ipragliflozin improved glycaemic control with additional benefits of reductions of body weight and blood pressure in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus : BRIGHTEN Study EASD2011, #149
7) Haneda M et al : Empagliflozin monotherapy for 12 weeks improves glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes (T2DM). ADA2013, #1144-P
8) Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A et al : Luseogliflozin (TS-071), aselective SGLT21nhibitor, improves glycemic control and lowers body weight in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. ADA2013, #1039P
14) Food and Drug Administration. FDA Briefing Document NDA 202293. Dapagliflozin 5 and 10mg. 2011. http://www.fda.gov/downloads/AdvisoryCommittees/Committees-MeetingMaterials/Drugs/EndocrinologicandMetabolicDrugsAdvisoryCommittee/UCM262994.pdf
15) Food and Drug Administration. FDA Briefing Document NDA 204042. Invokana (canagliflozin) tablets. Food and Drug Administration, 2013. http://www.fda.gov/downloads/AdvisoryCommittees/CommitteesMeetingMaterials/Drugs/EndocrinologicandMetabolicDrugsAdvisoryCommittee/UCM334550.pdf

PART 5 SGLT2阻害薬の特徴を知る

P.74 掲載の参考文献
1) Kaku K et al : Efficacy and safety of dapagliflozin monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes inadequately controlled with diet and exercise. ADA2013, #1163-P
3) Kashiwagi A, Takinami Y, Kazuta K et al : Ipragliflozin improved glycaemic control with additional benefits of reductions of body weight and blood pressure in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus : BRIGHTEN Study EASD2011, #149
4) 加来浩平, 高野泰樹, 池谷泰明ほか : 新規SGLT2阻害薬Tofogliflozinの日本人2型糖尿病患者における有効性及び安全性の検証-第II/III相臨床試験結果, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 熊本, 5月16-18日, 2013
5) Haneda M et al : Empagliflozin monotherapy for 12 weeks improves glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes (T2DM). ADA2013, #1144-P
6) Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A et al : Luseoglifiozin (TS-071), a selective SGLT2 inhibitor, improves glycemic control and lowers body weight in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. ADA2013, #1039P
10) Nauck M, Del Prato S, Rohwedder K et al : Long-term efficacy and safety of add-on dapagliflozin vs add-on glipizide in patients with T2DM inadequately controlled with metformin : 2-year results. ADA2011, #40-LB
17) Sten16f K, Cefalu WT, Kim KA et al : Efficacy and safety of canagliflozin monotherapy in subjects with type 2 diabetes mellitus inadequately controlled with diet and exercise. Diabetes Obes Metab 15 : 372-382, 2013

PART 6 2型糖尿病治療におけるSGLT2阻害薬の位置づけを探る

P.85 掲載の参考文献
1) 糖尿病治療ガイド 2012-2013, 日本糖尿病学会編, 文光堂, 東京, 2013
2) 岩本安彦, 川田祐一郎, 弘世貴久ほか : 糖尿病治療の新展開-インクレチン関連薬, 特にDPP-4阻害薬の可能性-. Prog Med 30 : 2181-2188, 2010
4) Kaku K et al : Efficacy and safety of dapagliflozin monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes inadequately controlled with diet and exercise. ADA2013, #1163-P
6) Kashiwagi A, Takinami Y, Kazuta K et al : Ipragliflozin improved glycaemic control with additional benefits of reductions of body weight and blood pressure in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus : BRIGHTEN Study EASD2011, #149
7) 加来浩平. 高野泰樹, 池谷泰明ほか : 新規SGLT2阻害薬Tofogliflozinの日本人2型糖尿病患者における有効性及び安全性の検証-第II/III相臨床試験結果. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 熊本, 5月16-18日, 2013
8) Haneda M et al : Empagliflozin monotherapy for 12 weeks improves glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes (T2DM). ADA2013, #1144-P
9) Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A et al : Luseogliflozin (TS-071), a selective SGLT2 inhibitor, improves glycemic control and lowers body weight in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. ADA2013, #1039P
13) Nauck M, Del Prato S, Rohwedder K et al : Long-term efficacy and safety of add-on dapagliflozin vs add-on glipizide in patients with T2DM inadequately controlled with metformin : 2-year results. ADA2011, #40-LB
P.96 掲載の参考文献
P.104 掲載の参考文献
3) Kaku K et al : Efficacy and safety of dapagliflozin monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes inadequately controlled with diet and exercise. ADA2013, #1163-P
5) Kashiwagi A, Takinami Y, Kazuta K et al : Ipragliflozin improved glycaemic control with additional benefits of reductions of body weight and blood pressure in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus : BRIGHTEN Study EASD2011, #149
6) 加来浩平, 高野泰樹, 池谷泰明ほか : 新規SGLT2阻害薬Tofogliflozinの日本人2型糖尿病患者における有効性及び安全性の検証-第II/III相臨床試験結. 果. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 熊本, 5月16-18日, 2013
7) Haneda M et al : Empagliflozin monotherapy for 12 weeks improves glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes (T2DM). ADA2013, #1144-P
8) Seino Y, Sasaki T, Fukatsu A et al : Luseogliflozin (TS-071), a selective SGLT2 inhibitor, improves glycemic control and lowers body weight in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. ADMO13, #1039P
14) 嶺尾郁夫 : 肥満・インスリン抵抗性と尿酸排泄. 高尿酸血症と痛風 17 : 39-45, 2009

最近チェックした商品履歴

Loading...